イングランド代表MFライスがヒザのじん帯損傷、離脱は約4週間「努力できる全てのことを」

2021.04.06 09:54 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムは5日、イングランド代表MFデクラン・ライスの負傷を発表した。クラブの発表によると、ライスはイングランド代表の活動で負傷。ヒザの外側の靭帯を損傷しており、リハビリをスタートしたとのことだ。

ライスは、3月31日に行われたポーランド代表戦で負傷。この試合ではフル出場を果たしていたが、試合終盤に負傷していたとのことだ。


クラブに戻りメディカルチームの検査を受けたところ、じん帯損傷と診断された。

今回のケガについてライスは「もちろん、このケガをしたことは失望している。でも、元気出し、すでにリハビリを開始したいる、選手たちをピッチに戻ることを望んでいるよ」とコメント。「そこには居られないけど、努力できる全てのことをして、とてもポジティブなシーズンを続けるためにもチームをサポートしたい」と前向きに語った。

また、デイビッド・モイーズ監督は「残念だ。イングランドの試合の後、彼が出場できないことはわかっていたが、とにかく先に進む。その気持ちで失望を乗り越えてきた」とコメント。「他の選手にもチャンスを与えるし、それがチームというものだ。我々はそこに対応できるチームがあることを願っている」とチーム力が試されると語った。

なお、イギリス『BBC』によると、ライスの離脱期間は4週間程度とのこと。ライスが欠場したウェストハムだが、5日に行われたプレミアリーグ第30節のウォルバーハンプトン戦では2-3で勝利を収め4位に浮上していた。

1 2
関連ニュース
thumb

逆転勝ちでトップ4争いに踏みとどまりのウェストハム、指揮官「欧州挑戦権獲得を信じ続けねば」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が満足感を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 3日に行われたプレミアリーグ第34節で14位バーンリーのホームに乗り込んだ5位ウェストハム。19分に先制を許したが、イングランド代表FWマイケル・アントニオがその3分後に同点弾をマークすると、27分に勝ち越しゴールを決め、2-1の勝利を収めた。 2連敗の悪い流れを逆転勝利で止め、同じく今節を制した4位チェルシーとの勝ち点差「3」を維持したウェストハム。トップ4争いに踏みとどまったモイーズ監督は試合後、逆転勝利に導いた選手たちを労い、欧州挑戦権の獲得を強く願った。 「チームは非常に良く戦ってくれた。2-1での勝利だが、それ以上のものがあったと感じている。最後は運も味方につけたが、見事だったね」 「私はヨーロッパの大会に出たい。成し遂げられたら、さぞかし信じられないような達成感があるだろう。今の我々はチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内からもそう遠くない。(滑り込めると)信じ続けなければね」 「残り4試合。笑顔でいたいね。おそらく全部勝たなければならない。今夜のようなプレーができれば、ほとんどのチームと勝負していけるはずだ」 なお、ウェストハムの残り試合で8位エバートン、14位ブライトン&ホーブ・アルビオン、19位WBA、15位サウサンプトンと対戦する。 2021.05.04 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アントニオの2ゴールで逆転勝利のウェストハムが3試合ぶりの勝利で5位浮上!《プレミアリーグ》

ウェストハムは3日、プレミアリーグ第34節でバーンリーと対戦し、2-1で勝利した。 2連敗中の6位ウェストハム(勝ち点55)が、前節4試合ぶりの白星を挙げた16位バーンリーのホームに乗り込んだ一戦。 クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ負けられないウェストハムだが、17分にボックス右から仕掛けたウッドをスーチェクが倒してしまいPKを献上。このPKをウッドにゴール左隅に決められた。 先制を許したウェストハムはすぐに反撃。すると21分、右サイド深くでパスを受けたリンガードのバックパスをコウファルがダイレクトクロス。これをゴール左に手前に走りこんだアントニオがヘディングで流し込んだ。 同点弾で勢いづくウェストハムは、29分にもボックス左横でパスを受けたベンラーマがゴールへ向かうクロスを入れると、ゴール前に抜け出したアントニオがワンタッチで流し込み、逆転に成功した。 立て続けにゴールを挙げたウェストハムは、34分にピンチ。ロートンのロングフィードでボックス右から侵入したヴィドラにゴールを脅かされたが、ループシュートはゴール前でドーソンがクリアした。 1点のリードで後半を迎えたウェストハムは、64分にもピンチ。バイタルエリア手前でボールを受けたマクニールがゴール前にロングパスを供給すると、ディオプのクリアボールをボックス中央右のブラウンヒルがボレーシュート。さらにGKファビアンスキが弾いたボールをジェイ・ロドリゲスが詰めたが、これはウェストハムDFが体を投げ出したブロックで防いだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した状態が続いたが、ウェストハムは試合終盤にチャンスを迎える。90分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けるとドリブルで持ち上がったフォルナルスのスルーパスでボックス右から侵入したリンガードがシュートを放ったが、これは相手GKに当たり、ゴール右に外れた。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。3試合ぶりの白星で連敗をストップしたウェストハムが、トッテナムをかわし5位に浮上している。 2021.05.04 06:50 Tue
twitterfacebook
thumb

1人にその値段は…ウェストハムが60億円のチェルシーFW獲得を断念

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)を諦めるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 エイブラハムはチェルシーの下部組織で、UEFAユースリーグを2連覇。2017-18シーズンからファーストチームに昇格すると、そのままスウォンジーにレンタル移籍。翌シーズンはアストン・ビラへレンタル移籍をした。 2019-20シーズンからは、チェルシーの戦力としてフランク・ランパード監督の下でプレーし、プレミアリーグで34試合に出場し15ゴール4アシストを記録。今シーズンも期待を寄せられていたものの、昨シーズンほどの活躍はできず。また、ランパード監督の解任や自身のケガの影響で、最近は出場機会を得られていない状況が続いている。 一方で、ウェストハムは、攻撃面の強化のためにトップターゲットとして獲得に乗り出していたが、金銭的な理由から諦める可能性が浮上。モイーズ監督は、23歳の選手1人のために4000万ポンド(約60億7400万円)という大金は出せないと考えているようだ。 「それが妥当な金額なら、我々はその争いから除外されるだろう。我々はそのような資金を持っておらず、その価格でストライカーを獲得することはできない」 「我々の総支出かって?もしかしたらそうかもしれない。それはわからないが」 「ただ、1人の選手にその金額はかけられない。私だったら驚くね」 2021.05.03 21:46 Mon
twitterfacebook
thumb

エイブラハム獲得レースにレスターも参戦か

チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)を巡る争いにレスター・シティも参戦しているようだ。 昨季にフランク・ランパード前監督の下で飛躍を遂げ、今季もここまで公式戦31試合の出場で12得点6アシストの数字を残すエイブラハム。しかし、今年1月下旬からトーマス・トゥヘル監督が率いるようになってから出番を減らして、将来が疑問視され始めている。 直近のプレミアリーグ8試合に限ってもわずか1試合の途中出場で、しかも3分間のプレータイムにとどまるなか、ウォルバーハンプトンやアストン・ビラから視線が注がれているが、イギリス『Football Insider』によれば、レスターも獲得に注力しているという。 レスターは今季、元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディとナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョの2トップで戦うスタイルを確立。ブレンダン・ロジャーズ監督は上述した2選手のバックアップ、競争相手になり得るストライカーの獲得を求めている模様だ。 一方、今夏の動向が注目される選手であるエイブラハムの契約は2023年まで。以前から取り沙汰された延長交渉も決裂したとみられるチェルシーだが、見合ったオファーが届かなければ、条件面を改めた内容で再び交渉の席につく可能性もあるようだ。 なお、『ESPN』によれば、ウェストハムやニューカッスルも関心を示しており、チェルシーは希望売値として移籍金4000万ポンド(約60億3000万円)を求めているという。 2021.05.01 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「腐った決断」とモイーズが酷評したバルブエナの退場処分、上訴により取り消しに

ウェストハムのパラグアイ代表DFファビアン・バルブエナの退場処分が取り消されたようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 ハルブエナは24日、プレミアリーグ第33節でチェルシーと対戦。トップ4を争う大事な一戦となったが、43分にティモ・ヴェルナーがゴールを決めてチェルシーが先制する。 追いつきたいウェストハムだったが、81分にベン・チルウェルに対するファウルでバルブエナが退場。そのまま0-1で敗れていた。 このシーンではチェルシーが攻め込んでいる中、クリアされたボールがバルブエナの元へ。前線へクリアのために蹴り出した際、寄せていたチルウェルの右ふくらはぎに蹴っておろした足が当たり、スパイクの裏が当たっていた。 これにはVARが介入すると、主審のOFR(オン・フィールド・レビュー)に委ねられることに。クリス・カバナー主審はチェックの後、バルブエナの退場を宣告していた。 不可抗力としか思えない事象だったが、最も厳しい一発退場となったバルブエナ。試合後、ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督は“試合をプレーしたことがない”誰かによってなされたと、この退場処分に不満を爆発させていた。 また、「本当に悪い決断であり、本当に腐った決断だった。与えられるべきでない」とし、「彼のどこが踏もうと思っていたのか。審判が本当に貧弱だ」とまくし立てていた。 ウェストハムはこの退場について異議申し立てをすると、この退場処分が却下。バルブエナは5月3日に行われる第34節のバーンリー戦に出場することが可能となった。 <span class="paragraph-title">【動画】ウェストハムvsチェルシー ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=g1otimr72eup1utxlkv2ft3u9" async></script> 2021.04.28 11:18 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly