ブライトン戦欠場のバイリー、代表先で新型コロナ感染…いまだ帰国できず

2021.04.05 11:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドに所属するコートジボワール代表DFエリック・バイリーの新型コロナウイルス感染が発覚した。バイリーは先の代表ウィークでコートジボワール代表の活動に呼ばれ、1試合に出場。ユナイテッドは代表ウィーク明けの4日にプレミアリーグ第30節のブライトン&ホーブ・アルビオン戦に臨んだが、バイリーの姿はなかった。


オーレ・グンナー・スールシャール監督は10戦負けなしの3連勝で飾った試合後にメンバー外だったバイリーについて、代表活動中に新型コロナウイルス陽性判定を受け、いまだ帰国の途にさえもつけていない現状を明かした。

「彼は不幸にもしばらく我々と一緒にいられない。彼はコートジボワールにいて、新型コロナウイルスの陽性判定が示され、まだ帰国できていないんだ」

今季もケガがちだが、DFハリー・マグワイア、DFビクトル・リンデロフに次ぐセンターバックとして従事するバイリー。来夏に契約切れの去就も注目されるなか、今季はここまで公式戦15試合に出場している。
関連ニュース
thumb

米『フォーブス』発表の世界クラブ価値ランキングでバルサが初の1位、ユナイテッドはついにトップ3から陥落

アメリカ経済誌『フォーブス』による世界で最も価値のあるサッカークラブのランキングが12日に発表され、バルセロナが初めてトップに立つこととなった。 今回発表された『フォーブス』のクラブ価値ランキングは、2019-20シーズンの収益や営業利益をもとに換算。レンタル移籍による収入は除外され、チームの価値は株式と純負債による企業価値となる。 これには不動産の価値は含まれないものの、チームのスタジアムが生み出す経済性は含まれることとなる。 バルセロナの価値は47.6億ドル(約5220億円)とされ初めて1位に。過去16年間の1位はレアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドの2クラブが占有しており、マドリーが5回、ユナイテッドが11回輝いていた。また、マンチェスター・ユナイテッドはトップ3からも外れ4位に転落。代わりにバイエルンが3位に浮上した。 トップ20のクラブでは、価値の平均が22.8億ドル(約2500億円)となり、2年前から30%増加。新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが起き、収益が減少したものの増加している状況となった。 一方で、収益は平均で4億4100万ドル(約483億7000万円)となり、2017-18シーズンから9.6%減少。一方で、営業利益は70%も下がり、平均2300万ドル(約25億2300万円)と大幅に減少しており、各クラブが苦しんでいる状況が如実に表れている。 ◆2019-20シーズン世界クラブ価値ランキング 1位:バルセロナ(スペイン) 価値:47億6000万ドル(約5220億円) 収益:7億9200万ドル(約868億6000万円) 営業利益:6220万ドル(約68億2200万円) 2位:レアル・マドリー(スペイン) 価値:47億5000万ドル(約5211億6000万円) 収益:7億9200万ドル(約868億8700万円) 営業利益:9200万ドル(約100億9000万円) 3位:バイエルン(ドイツ) 価値:42億1500万ドル(約4624億1000万円) 収益:7億300万ドル(約771億2300万円) 営業利益:4920万ドル(約54億円) 4位:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 価値:42億ドル(約4607億6500万円) 収益:6億4300万ドル(約705億5000万円) 営業利益:1億6660万ドル(約182億8000万円) 5位:リバプール(イングランド) 価値:41億ドル(約4498億2000万円) 収益:6億1900万ドル(約680億円) 営業利益:6190万ドル(約68億円) 6位:マンチェスター・シティ(イングランド) 価値:40億ドル(約4388億5000万円) 収益:6億900万ドル(約668億1400万円) 営業利益:-200万ドル(約2億2000万円) 7位:チェルシー(イングランド) 価値:32億ドル(約3510億7400万円) 収益:5億2000万ドル(約570億5000万円) 営業利益:3470万ドル(約38億円) 8位:アーセナル(イングランド) 価値:28億ドル(約3071億9000万円) 収益:4億3000万ドル(約471億7500万円) 営業利益:4730万ドル(約51億9000万円) 9位:パリ・サンジェルマン(フランス) 価値:25億ドル(約2742億7500万円) 収益:5億9900万ドル(約657億1600万円) 営業利益:-450万ドル(約4億9400万円) 10位:トッテナム(イングランド) 価値:23億ドル(約2523億6300万円) 収益:4億9400万ドル(約542億円) 営業利益:1億3420万ドル(約147億2500万円) 11位:ユベントス(イタリア) 価値:19.5億ドル(約2139億6300万円) 収益:4億4100万ドル(約483億8900万円) 営業利益:-1400万ドル(約15億3600万円) 12位:ドルトムント(ドイツ) 価値:19億ドル(約2084億5000万円) 収益:4億500万ドル(約444億3300万円) 営業利益:1510万ドル(約16億5700万円) 13位:アトレティコ・マドリー(スペイン) 価値:10億ドル(約1096億9000万円) 収益:3億6800万ドル(約403億6500万円) 営業利益:6170万ドル(約67億6800万円) 14位:インテル(イタリア) 価値:7億4300万ドル(約815億円) 収益:3億2300万ドル(約354億3000万円) 営業利益:1310万ドル(約14億3700万円) 15位:エバートン(イングランド) 価値:6億5800万ドル(約721億7500万円) 収益:2億3500万ドル(約257億7800万円) 営業利益:1500万ドル(約16億4500万円) 16位:ミラン(イタリア) 価値:5億5900万ドル(約613億2000万円) 収益:1億6500万ドル(約181億円) 営業利益:-9240万ドル(約101億3600万円) 17位:ローマ(イタリア) 価値:5億4800万ドル(約601億円) 収益:1億5600万ドル(約171億1100万円) 営業利益:-1億840万ドル(約118億9000万円) 18位:ウェストハム(イングランド) 価値:5億800万ドル(約557億2000万円) 収益:1億7500万ドル(約191億9500万円) 営業利益:-2420万ドル(約26億5500万円) 19位:レスター・シティ(イングランド) 価値:4億5500万ドル(約499億1000万円) 収益:1億8900万ドル(約207億3200万円) 営業利益:-4930万ドル(約54億1000万円) 20位:アヤックス(オランダ) 価値:4億1300万ドル(約453億円) 収益:1億7200万ドル(約188億7000万円) 営業利益:170万ドル(約1億8600万円) <span class="paragraph-title">【動画】世界一の価値を持つクラブの象徴、リオネル・メッシが記録樹立</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKMmJHQ2hiZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.13 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルが復活リンガードの獲得に再挑戦! 買い取り目指すウェストハムと競合か

ウェストハムで出色のパフォーマンスを披露するイングランド代表MFジェシー・リンガード(28)を巡り、アーセナルの動きもあるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 リンガードは今年1月に出場機会を求め、マンチェスター・ユナイテッドからウェストハムにローン移籍。すると、プレミアリーグで来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを演じるチームのなかで、ここまで9試合の出場で8得点4アシストとハイパフォーマンスを披露して、先の代表ウィークで縁遠くなりつつあったイングランド代表返り咲きも果たした。 そんなリンガードの恩恵を受けるウェストハムはもちろん、買い取りを目指しているが、アーセナルも名乗り。今冬に獲得を目指した際にヨーロッパリーグ(EL)で直接的なライバルになり得るチームということもあり、ユナイテッドから拒否されたアーセナルだが、再び獲得に動いており、今夏の完全移籍に向けて問い合わせを行った模様だ。 アーセナルは今冬、レアル・マドリーからのシーズンローンでノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールを獲得したが、来季もとどめられるか否か不透明。他にも創造性に溢れる中盤として、売り出し中のMFエミール・スミス・ロウもいるが、ウーデゴールが去ったときの一手として、ウェストハムで輝きを放つリンガードに目を光らせているようだ。 なお、リンガードとの契約をあと1年残すユナイテッドは延長意向を示している様子だが、それが叶わなければ、今夏が現金化のタイミングに。ローマも関心を抱いているといわれ、ウェストハムでの活躍ぶりを加味して移籍金3000万ポンド(約45億1000万円)を求めているとみられる。 2021.04.12 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ロイ・キーン、去就揺れるケインについて…「ユナイテッドを気に入っているはず」

去就に揺れるトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(27)にとって、マンチェスター・ユナイテッド行きに心が傾く一戦になったかもしれない。イギリス『メトロ』が報じている。 トッテナムは11日に本拠地で行われたプレミアリーグ第31節でユナイテッドと対戦。先日のイギリス『スカイ・スポーツ』で今季のトッテナムが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃せば、今夏の移籍を直訴すると報じられたケインもフル出場したが、後半の3失点で1-3の逆転負けを喫した。 元アイルランド代表MFのロイ・キーン氏は自身の古巣であるユナイテッドの関心も取り沙汰されるケインについて、今回の試合が赤い悪魔の一員としてプレーする自身の姿を想像するキッカケになったに違いないと語った。 「ケインにとって、過去12カ月間におけるユナイテッドの成長ぶりを耳にするなかで、今日の試合で目にしてみて、確実にこういう考えを巡らせたに違いない。『マンチェスター・ユナイテッドでフロントのトップマンになれるかも?』ってね。彼が得られるであろうサービスを考えれば、ケインはユナイテッドのことを気に入っているはずだ。そんな気がする。ただの直感なのだがね」 そんなユナイテッドは2017年のヨーロッパリーグ(EL)を最後にタイトルから遠ざかっているが、ロイ・キーン氏はケインが加入すれば、両者が求めるトロフィーに近づける“Win-Win”の移籍だと主張した。 「ケインがユナイテッドにいたら、夜の次に昼が続くのと同じように、トロフィーを獲得できるようになるだろうね。マンチェスター・ユナイテッドはシティとのギャップを埋めつつある。ケインは新たにその大きな一歩になるだろう。ケインはたぶん海外に行きたがっていない。マンチェスター・ユナイテッドには依然として大きな惹きつける力がある」 なお、ケインは昨年、トッテナムに対する忠誠心を口にしつつ、タイトルから縁遠い状況との葛藤も吐露。アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが今季限りで退団するマンチェスター・シティも関心を示しているとされる。 2021.04.12 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

マクトミネイ、審判団を責めず…「そういうこともある」

マンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイが回想した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは11日に行われたプレミアリーグ第31節でトッテナムと対戦。前回対戦で1-6の大敗を喫した相手とのリベンジマッチで先制を許したが、後半の3ゴールでスコアをひっくり返して、敵地で逆転勝利を収めた。 そんなユナイテッドは34分にウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがゴール。しかし、その直前の場面でマクトミネイの韓国代表FWソン・フンミンに対するファウルがVARも加入する形でとられ、先制点が取り消された。 18分の警告で強くいきづらくなるなか、ジャッジによるものだが、先制点取り消しのきっかけになってしまったマクトミネイ。しかし、オーレ・グンナー・スールシャール監督の声がけで冷静さを保ってプレーできたようだ。 フル出場して逆転劇に貢献したマクトミネイは試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で振り返り、勝利のポイントとしてハーフタイム中に指揮官から届けられたメッセージを明かしている。 「監督からのメッセージは明確だった。冷静さを保つことが大事だったんだ。『パニックになる必要なんてない。まだ1点差なのだから』ってね。前にもこういう状況を経験したことがあり、僕らにも良いキャラクターがあるのもわかっていたんだ。本当に手強いチームを相手にボールを持ちたいと思う良い選手たちがいることもね」 また、自身に下ったファウル判定により、得点が取り消されたシーンにも言及。マクトミネイは個人的にVARを好まないとした上で、判定に納得がいかない姿勢を示したが、クリス・カバナー主審をはじめとする審判団を悪く言うのを嫌った。 「あの件についてはこれから色々と言われるだろうが、審判は判定を下さなければならず、それがゲームの一部となる。僕個人としてはVARのファンじゃない。あれは明らかにゴールで、レフェリーの明らかなミスだが、そういうこともある」 「僕らからしたら、完全に不公平なものだったが、戦い続けないとダメだった。僕らが前半の終盤に披露した戦いをあのせいで台無しにするわけにもいかなかったしね。でも、本当にすごく難しい試合で3ポイントを掴みとれたのは嬉しいよ」 「素晴らしい勝利さ。後半はポジティブな要素ばかりだった」 起死回生の同点弾を記録したブラジル代表MFフレッジについても「彼がボックスにいるのが変な感じだったね!」と愛あるイジリを飛ばしたマクトミネイはチームとしてのリベンジ達成に喜びの心境を語っている。 「試合の前から色々と言われていたからね。それは僕らの意識にもあった。あの試合での出来事を忘れないように、しっかりとした戦いをするのが使命だったんだ。今日は前回よりもはるかに良い試合だったね」 2021.04.12 16:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「僕の仕事はゴールを決めることじゃないが…」 同点弾のフレッジがさらなる得点誓う

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFフレッジが決意を新たにした。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは11日に行われたプレミアリーグ第31節でトッテナムと対戦。前回対戦で1-6の大敗を喫した相手とのリベンジマッチでVAR判定による先制点取り消しや、リードを許す逆境に直面したが、後半の3ゴールで見事に逆転勝ちした。 この試合にボランチの一角でフル出場したフレッジは前半こそ精彩を欠いたが、後半に運動量を生かして攻守に奮闘。57分に華麗なコンビネーションプレーからゴール前に駆け上がっていき、逆転劇に足がかりとなる同点ゴールを記録した。 オーレ・グンナー・スールシャール監督からの信頼も厚いフレッジは試合後、クラブメディアとのインタビューでユナイテッド加入後公式戦4ゴール目となる値千金の一発を振り返り、さらなる活躍を誓った。 「すごく嬉しいね。僕の今季第1号だ。僕の仕事がゴールを決めることじゃないのはわかっているが、得点できるとすごく嬉しいもの。今季にもっとゴールを決めていけるようにこの調子を続けていきたい」 「前半はうまくいっていなかったが、ハーフタイム中にドレッシングルームで色々話し合ってからうまくプレーできるようになり、サイドも使えるようになった。ゴールを決めてから、スペースも増えた」 「それは僕らにとってすごく重要なことであり、この状態を続けていかないとね」 また、前半にウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがゴールネットを揺らした直前のシーンでスコットランド代表MFスコット・マクトミネイのファウルがあったとして取り消された件にも言及。VARも介入してのジャッジだったが、フレッジはノーファウルだったと見解を示した。 「前半のあのゴールは認められるべきものだった。スコット・マクトミネイのファウルじゃなかったと思う。でも、カバーニが後半に2点目を決めてくれてすごく嬉しかった」 「彼は素晴らしい男。僕らのためにたくさんのトライとランをしてくれる。今日はすごくハッピーだ。まだ試合があるから、この調子を続けていかないと。突っ走っていかないとね」 2021.04.12 15:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly