鎌田が後半から出場のフランクフルト、CL出場権争うドルトムントとのポイント差を7に拡大《ブンデスリーガ》

2021.04.04 00:41 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第27節、 ドルトムントvsフランクフルトが3日に行われ、1-2でフランクフルトが競り勝った。フランクフルトのMF鎌田大地は後半から出場し、MF長谷部誠は出場停止で欠場している。来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う5位ドルトムントと4位フランクフルトの上位対決。


ドルトムント(勝ち点43)は前節、ハーランドの劇的同点弾でケルンに何とか引き分けたものの、格下相手に勝ち点2を失った格好。フランクフルトとは4ポイント差を付けられ、3日後にマンチェスター・シティとのCL準々決勝を控えるチームは、サンチョが負傷欠場となった中、ハーランド、ロイス、T・アザールの3トップで臨んだ。

一方、前節ウニオン・ベルリンに5発圧勝としたフランクフルト(勝ち点47)は、代表帰りの鎌田がベンチスタート、長谷部が累積警告により出場停止となった中、アンドレ・シウバとヨビッチの2トップで臨んだ。

立ち上がりから攻勢をかけたのはドルトムントだったが、先制したのはフランクフルト。11分、コスティッチが左サイドからクロスを上げると、シュルツのオウンゴールを誘った。

さらに15分、コスティッチの左クロスからアンドレ・シウバがヘディングシュートで追加点に迫る。

追うドルトムントは21分にハーランドが決定機を迎えれば、続く25分にはアザールのスルーパスを受けたハーランドがGKとの一対一となったが、トラップの好守に阻まれた。

それでも前半終了間際の45分、ドルトムントの攻勢が実る。ロイスの右CKからジャンが胸で落とし、ゴール前のフンメルスが左足ボレーで蹴り込んだ。

迎えた後半、ユネスに代えて鎌田をトップ下に投入したフランクフルトは開始3分に鎌田がボックス中央から際どいシュートを浴びせる。

そのフランクフルトがペースを握る展開となると、65分にはFKからイルザンカーがヘッドでゴールへ押し込むも、VARの末オフサイドでノーゴールに。

それでもアンドレ・シウバや鎌田がゴールに迫っていくと、87分に勝ち越す。ロングカウンターに転じた流れから左サイドゴールライン際のコスティッチがクロスを上げきり、ファーサイドのアンドレ・シウバがヘッドで押し込んだ。

これが決勝点となってフランクフルトが勝利。ドルトムントとのポイント差を7に広げ、4位の座を堅守している。
関連ニュース
thumb

ボルシアMGの新指揮官はフランクフルトのヒュッター監督に決定、3年契約を締結

ボルシアMGは13日、今シーズン限りでフランクフルトを退団するアディ・ヒュッター監督(51/写真右)が来シーズンから指揮官に就任することを発表した。 なお、契約期間は2021-22シーズンから3年間となる。 ボルシアMGのマックス・エーベル氏は「アディ・ヒュッターを迎えられてとても満足している」とコメント。「我々のチーム、クラブにとて、彼は夏から我々の目の前にある課題と目標にとって、最高の監督だ」と歓迎した。 ボルシアMGは今シーズンのチャンピオンズリーグに出場したものの、リーグ戦では振るわずに現在8位に位置。さらに、マルコ・ローゼ監督(写真左)が来シーズンからドルトムントの監督に就任することがすでに発表されており、後任を探している状況となっていた。 ヒュッター監督が最有力候補として浮上していた中、予想通りの結果に。来シーズンはどんなチームを作るのか注目を集めることとなる。 オーストリア人指揮官のヒュッター氏は、ザルツブルクやヤング・ボーイズで指揮を執ると2018年7月にフランクフルトの監督に就任。2018-19シーズンは7位で終えると、チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場。2019-20シーズンは過密日程もありブンデスリーガでは9位に終わっていた。 それでも、今シーズンはここまで勝ち点53を積み上げて現在4位。来シーズンはCLに出場する可能性残している状況だ。 2021.04.13 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部のフランクフルトがヒュッター監督の今季限りでの退任を発表「CL出場が目標」

フランクフルトは13日、アディ・ヒュッター監督(51)が今シーズン限りで退団することを発表した。契約条項により、2023年6月30日までの契約を破棄することが可能だったとのことだ。 クラブの発表によると、ヒュッター監督は12日の夜遅くにクラブ幹部へ、13日の朝にチームへと報告を済ませたとのことだ。 今回の決定についてヒュッター監督はクラブを通じてコメント。「簡単な決断ではない」とし、チャンピオンズリーグ出場が目標だと語った。 「新しいシーズンに向けて新しい章に進むという決断は、私にとっては簡単なことではなかった。ここで3年間、信じられないほどに成功を収め、激しさを経験した」 「私とチームは、今シーズンの終わりに素晴らしい結果を残して締めくくりたいと思う。歴史的なチャンスがある。今重要なことは、フランクフルトの成功だ」 「我々はリードを守り、チャンピオンズリーグに出場したいと思っている。我々は全てをこの目標に捧げる」 また、スポーツ・ディレクター(SD)のフレディ・ボビッチ氏もヒュッター監督の退任にコメント。残りシーズンを全力で戦うと意気込んだ。 「アディ・ヒュッターは、フランクフルトのために並外れたことをし、チャンピオンズリーグに出場することでシーズンを締めくくることができる」 「これは今シーズンが終わるまでの5週間で我々が全力で取り組むべき目標だ」 オーストリア人指揮官のヒュッター監督は、ザルツブルクやヤング・ボーイズで指揮を執ると2018年7月にフランクフルトの監督に就任した。 2018-19シーズンは7位で終えると、チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場。2019-20シーズンは過密日程もありブンデスリーガでは9位に終わっていた。 それでも今シーズンはここまで勝ち点53を積み上げて現在4位。来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に出場する可能性残している状況だ。 2021.04.13 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田と長谷部にも影響? フランクフルト監督がライバルの監督就任か

日本代表MF鎌田大地やMF長谷部誠が所属するフランクフルトが大きく揺らぐ可能性がありそうだ。 ドイツ『ビルト』によると、チームを率いるアディ・ヒュッター監督(51)が今夏で退団する可能性があるとのこと。ボルシアMGの監督に就任する可能性があるようだ。 オーストリア人指揮官のヒュッター氏は、ザルツブルクやヤング・ボーイズで指揮を執ると2018年7月にフランクフルトの監督に就任した。 2018-19シーズンは7位で終えると、チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場。2019-20シーズンは過密日程もありブンデスリーガでは9位に終わっていた。 それでも今シーズンはここまで勝ち点53を積み上げて現在4位。来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に出場する可能性残している状況だ。 一方で、ボルシアMGは今シーズンのCLに出場したものの、リーグ戦では振るわずに現在8位に位置。さらにマルコ・ローゼ監督が来シーズンからドルトムントの監督に就任することが発表されており、後任を探している状況となっている。 これまでの最有力候補として名前が挙がっていたヒュッター監督だが、ボルシアMGのスポーツ・ディレクターを務めるマックス・エーベル氏も他の候補者との交渉をやめたと語り、「プランB」が存在していないことを明かした。 チームの状況を考えれば、CLに挑戦できる可能性が高いフランクフルトに残留した方がよさそうだが、ヒュッター監督の決断はいかに。シーズン中にも発表される可能性もあるようだ。 2021.04.12 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「ピッチ上で最高の男」、1G1Aの鎌田大地をヒュッター監督が絶賛「100%満足している」

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督が日本代表MF鎌田大地を絶賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 フランクフルトは10日、ブンデスリーガ第28節でヴォルフスブルクと対戦した。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を争う両者の上位対決。フランクフルトとしては勝利を収めて勝ち点差を縮めたいところだった。 試合は開始6分でMFリドル・バクがゴールを決め、ヴォルフスブルクが先制。嫌な立ち上がりとなったが、8分に鎌田がゴールを奪いすぐさま同点とする。さらに27分にはルカ・ヨビッチにゴールが生まれ逆転に成功して前半を終えた。 後半も立ち上がりに失敗したフランクフルトは、46分にFWヴォウト・ヴェグホルストにゴールを許し同点とされる。しかし54分、鎌田のアシストからアンドレ・シウバがゴール奪い勝ち越しに成功。61分にはエリク・ドゥルムのゴールが決まり4-2とすると、オウンゴールで1点を返させるも4-3で上位対決を制した。 試合後、ヒュッター監督がパフォーマンスを高く評価。ここ11試合で3失点しかしていないヴォルフスブルクから4ゴールを奪ったことw評価した。 「絶対的なトップマッチであり、純粋にスペクタクルだった。両チームのパフォーマンスは素晴らしかった。両者とも、何もせずに今があるわけではない」 「合計7ゴールというのは、これまでヴォルフスブルクが11試合で3失点しかしていないことを考えると、想像できないものだった。でも、今回は5-5、5-3、5-6だったかもしれない」 「最後にホームで勝者としてピッチをさるのは素晴らしいことだ。この試合は完売に値するものだった。選手は多くのことを成し遂げたので、疲れ果てていると思う。自分の限界を超えて、あのような形で試合をしなければならなかった」 「特に、これまでヴォルフスブルクに4度も負けており、この試合で勝てたことは嬉しい。両チーム共コンディションが良く、多くのことが懸かった競った試合だった。しかし、良いゲームでもあった」 また、この試合の先制ゴールを決めたほか、アシストを記録した鎌田を絶賛。サポーターの後押しも力になったと語った。 「鎌田大地は、ゴールだけでなく、私にとってピッチ上で最高の男だった。彼はボールを奪い切り、3-2とした。ボールの有無にかかわらず、彼のパフォーマンスと走る意欲には100%満足している」 「ルカ・ヨビッチが久々にゴールを決めたことも嬉しい。彼はボールを手にすると、それを決めに行く。4-2にしたエリック・ドゥルムのゴールもとても重要で、勝利のカギとなった。彼は右サイドで多くの勢いをつけ、パフォーマンスが良かった」 「スタジアムの外にいるファンも無視できない。みんなマスクをしていると聞いたが、それが最も大事なことだ。応援してくれたことは私にとって最高の喜びであり、選手たちにとっても大きな力となった」 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地が躍動!1ゴール1アシストで勝利に貢献</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="eeG-6Agsf68";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.04.11 20:45 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田1G1Aのフランクフルト、打ち合いとなったヴォルフスブルクとの上位対決を制す《ブンデスリーガ》

フランクフルトは9日、ブンデスリーガ第28節でヴォルフスブルクをホームに迎え、4-3で競り勝った。フランクフルトのMF鎌田大地は92分までプレー、MF長谷部誠は89分から出場している。 前節ドルトムントとのチャンピオンズリーグ出場権争いを制した4位フランクフルト(勝ち点50)は、鎌田が先発に復帰。出場停止で欠場した長谷部がベンチスタートとなった。 ここ11戦で9勝と好調を持続する3位ヴォルフスブルク(勝ち点54)に対し、鎌田がトップ下に入る[3-5-2]で臨んだフランクフルトは3分にピンチ。スルーパスに抜け出したヴェグホルストにGKと一対一の局面を作られるが、GKトラップが好守で凌いだ。 しかし6分、ヴェグホルストの落としを受けたボックス手前右のバクに左足でミドルシュートを決められ、先制されてしまう。 それでも8分、フランクフルトがすかさず追い付く。決めたのは鎌田。左サイドからのクロスをボックス右のドゥルムがダイレクトでマイナスに折り返すと、鎌田が右足ダイレクトで蹴り込んだ。 鎌田の今季5ゴール目で追い付いたフランクフルトはヴォルフスブルクに押し込まれる展開が続いたが、27分に逆転する。アンドレ・シウバがボックス右ゴールライン際から粘り強く折り返し、ヨビッチがダイレクトで蹴り込んだ。 ハーフタイムにかけてはフランクフルトが試合をコントロール。1点をリードしたまま前半を終えた。 しかし後半開始1分、フランクフルトは追い付かれてしまう。ソウの横パスをカットされ、バクのスルーパスからヴェグホルストに決められた。 それでも54分、フランクフルトが勝ち越す。鎌田がブレカロからボールを奪って前方右へスルーパス。ボックス右のアンドレ・シウバがゴール左へシュートを蹴り込んだ。 さらに61分、フランクフルトが突き放す。コスティッチが左サイドを抜け出してクロスを入れ、アンドレ・シウバがプッシュ。シュートは右ポストに直撃するも、ルーズボールを拾ったドゥルムが左足でねじ込んだ。 終盤の85分にオウンゴールで1点差に詰め寄られたフランクフルトだったが、4-3で逃げ切り。前節ドルトムント戦に続き、上位対決を制して初のCL出場に大きく近づいている。 2021.04.11 00:46 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly