鳥栖がボイン高校からU-17韓国代表歴のあるGKオム・イェフンを獲得

2021.04.01 15:38 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は1日、韓国人GKオム・イェフン(18)の加入を発表した。

オム・イェフンはボイン高校から鳥栖に加入。過去にはU-17韓国代表歴もある守護神だ。

鳥栖はキム・ミノがAC長野パルセイロへとレンタル移籍しており、GKは守田達弥、板橋洋青、朴一圭の3名となっていた。

オム・イェフンはクラブを通じてコメントしている。

「今シーズンサガン鳥栖に加入致しました、オム・イェフンです。この素晴らしいチームに加入できたことを嬉しく思います」

「応援してくださる皆様に、常に感謝の気持ちを忘れず、チームの勝利の為にゴールを守っていきたいと思います。応援宜しくお願い致します」



関連ニュース
thumb

JFL目指す沖縄SVが鳥栖退団のDF安在和樹を獲得

サガン鳥栖は19日、DF安在和樹(27)が九州リーグの沖縄SVへと完全移籍することを発表した。 安在は東京Vの下部組織出身。ジュニア、ジュニアユース、ユースと昇格し、2013年にトップチーム昇格を果たした。 東京Vで2017年までプレーすると、2018年にサガン鳥栖へと完全移籍。2020年にはレノファ山口FC、2021年には東京Vへと期限付き移籍していた。 2021シーズンは明治安田生命J2リーグで12試合の出場に。鳥栖では2シーズンを過ごし、J1通算23試合、リーグカップで9試合1得点、天皇杯で4試合1得点を記録していた。 安在はクラブを通じてコメントしている。 「沖縄SVに加入することになりました安在和樹です。JFL昇格に向けて一生懸命頑張ります。よろしくお願いします!」 2022.01.19 12:19 Wed
twitterfacebook
thumb

再出発の鳥栖の新ユニフォームは“躍動感”と“Victory”がテーマ! 英国のデザインチームが手がける

サガン鳥栖は14日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。 2021シーズンは金明輝監督の下で戦うと、近年苦しんでいた残留争いから一転、アカデミー育ち選手を含めた若手を中心に堅守を武器に戦った。 開幕6戦無敗を記録するなどし、上位を常に争い続けることに。シーズン終盤は勝ち点を落とすことが増え、最終的には7位でフィニッシュしたが、これまでとは違ったシーズンを送った。 一方で、パワハラ問題などクラブ内に問題を抱え、金明輝監督は退任。愛媛FCで指揮を執ったことのある川井健太監督の下で戦う2022シーズンは、継続してニューバランスのユニフォームを着用する。 デザインは英国のニューバランスフットボールのデザインチームが行い、シンプルながら機能性を盛り込んだデザインで、クラブの魂からインスパイアされたデザインが随所に施されている。そんな中、2022年は、「BE CONVENTIONAL」「THINK SMART」をテーマにデザインされている。 1stユニフォームは、サガン鳥栖のプレースタイルであるピッチ全体を駆け回る躍動感と、エンブレムに描かれている天然記念物のカチガラスの羽からインスパイアされた、動きのあるデザインに。サガンブルーの中にサガンピンクをグラデーションでデザインすることで、シャープで軽やかに選手が躍動することをイメージしている。 2ndユニフォームは、サガン鳥栖の力強さとエンブレムのコンセプトである“Victory(勝利)”からインスパイアされたヴィクトリーロードをセンターに配置した新しいデザインに。2本配置したヴィクトリーロードは、ともにサガンブルーからサガンピンクへのグラデーションとなっており、上昇気流にのって勝利をつかみ取ることを表現している。また、ヴィクトリーロードのグラデーションの中にもデジタルカモフラージュを配置し、シンプルな中にもこだわりがあるデザインとなっている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】サガン鳥栖の2022シーズン新ユニフォームは“躍動感”と“Victory”</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="OGIC4QExKwM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>2022新体制発表ユニフォームオークション開催のお知らせ<br>\<br>2022新体制発表時に着用した選手直筆サイン入りユニフォーム一式ゲットのチャンス<br> <a href="https://t.co/Qn3EUYhHsY">https://t.co/Qn3EUYhHsY</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%83%B3%E9%B3%A5%E6%A0%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サガン鳥栖</a> <a href="https://t.co/iJFn6eOua6">pic.twitter.com/iJFn6eOua6</a></p>&mdash; サガン鳥栖公式 (@saganofficial17) <a href="https://twitter.com/saganofficial17/status/1481974180891721728?ref_src=twsrc%5Etfw">January 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

戦力様変わりの鳥栖、2022年の選手背番号発表! 3年ぶり復帰の小野裕二が新10番に

サガン鳥栖は14日、2022シーズンの選手背番号を発表した。 昨季の明治安田生命J1リーグで7位と躍進を遂げた鳥栖。その躍進のシーズンで指揮を執った金明輝前監督は退任してしまったが、J1挑戦11年目でクラブ創設25周年目を迎える今季は川井健太新監督の下で戦う。 その今季に向けては移籍が取り沙汰されたDFエドゥアルドが残留した一方で、多数主力に移籍が相次いで顔ぶれが大きく様変わり。チームの半数以上が復帰組を含めて新加入というメンバー構成となっている。 背番号は3年ぶり復帰となるMF小野裕二が「10」に決定。同じく3年ぶり復帰のMF福田晃斗は「6」、7年ぶり復帰の藤田直之は「14」に決まった。 そのほか、既存メンバーでは昨季途中に昇格を果たしたDF中野伸哉が「13」に変更。MF飯野七聖も新たに「2」をつけ、MF本田風智は「8」を着用する。 ◆選手背番号一覧 GK 1.守田達弥 12.深谷圭佑←品川CC/新加入 21.オム・イェフン 31.岡本昌弘←愛媛FC/完全 40.朴一圭 DF 3.エドゥアルド 5.ジエゴ←徳島ヴォルティス/完全 13.中野伸哉※背番号変更 20.ファン・ソッコ 26.孫大河←立正大学/新加入 30.田代雅也 42.原田亘←FC今治/完全 MF 2.飯野七聖※背番号変更 4.島川俊郎 6.福田晃斗←アルビレックス新潟/完全 7.中野嘉大←北海道コンサドーレ札幌/完全移行 8.本田風智※背番号変更 10.小野裕二←ガンバ大阪/完全 14.藤田直之←セレッソ大阪/完全 18.西川潤←セレッソ大阪/期限付き 22.佐藤響←流通経済大学/新加入 23.菊地泰智←流通経済大学/新加入 27.相良竜之介 32.湯澤洋介 37.小泉慶 44.堀米勇輝←ジェフユナイテッド千葉/完全 FW 11.宮代大聖←川崎フロンターレ/期限付き 15.梶谷政仁←国士舘大学/新加入 16.荒木駿太←駒澤大学/新加入 19.垣田裕暉←鹿島アントラーズ/期限付き 25.藤原悠汰←明治大学/新加入 29.岩崎悠人←北海道コンサドーレ札幌/期限付き延長 33.石井快征←愛媛FC/復帰 監督 川井健太 2022.01.14 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖で3名が新型コロナ陽性、2名は濃厚接触者から陽性に、1名はチームトレーニングに参加後に陽性に

サガン鳥栖は10日、トップチーム3選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、3名のうち2名は7日に陽性反応を受けた選手の濃厚接触者だったとのことだ。 当該選手Aは7日に濃厚接触者となり隔離。8日に喉の痛み、鼻水の症状があり、9日に医療機関でPCR検査を実施し陽性診断を受けたとのことだ。なお、発熱はないが、依然として喉の痛み、鼻水の症状があるという。 当該選手Bも7日に隔離。症状もなく、9日に医療機関で受けたPCR検査では陰性となっていたが、10日に咳、喉の違和感、倦怠感、発熱の症状があり、38.2℃を記録。再びPCR検査を受け、陽性と診断された。 当該選手Cは濃厚接触者ではなく、8日と9日にトレーニングに参加。9日には喉の違和感があり、10日に38℃の発熱。喉の痛みも引き続きあり、医療機関でPCR検査を受けたところ陽性と診断された。 なお、保健所と連携して濃厚接触者の調査を進めているとのことだ。 2022.01.11 10:07 Tue
twitterfacebook
thumb

J昇格請負人だったウーゴ・マラドーナの訃報/六川亨の日本サッカー見聞録

昨年末のこと、残念なニュースが飛び込んできた。一昨年末に亡くなったディエゴ・マラドーナの末弟であるウーゴ・マラドーナ(52歳)が急逝したとの報道だ。死因はナポリにある自宅で心臓発作を起こしたらしい。 ディエゴ自身もこれまで放映された映画やアマゾンTVが放送しているドラマなどで、ナポリ時代に薬物に手を出したことを告白している。もしかしたらウーゴも同じ道を辿ったとしたら、兄ディエゴは“英雄"だったかもしれないが、ファミリーにとってナポリ時代は悔やまれてならない。 ウーゴの存在を身近に知ったのは、92年に浜松市をホームにするPJMフューチャーズに加入した時だった。 PJMは、アメリカ人のポール・J・マイヤーが開発した人材育成のための能力開発システムで、当時、本田技研の研修を担当していた桑原勝義氏が興味を持ったことから“おとぎ話"はスタートした。桑原は藤枝東高時代に高校選手権で優勝し、その後は日本代表にも選ばれた好選手で、本田サッカー部の監督も歴任した(現JFL理事長)。 桑原氏の夢は、一貫した育成システムで育てた選手を2002年のW杯で日本代表に送り込むことだった。そのために本田を辞め、87年にクワバラスポーツクラブと、本田サッカー部の選手を中心にしたPJMフューチャーズを立ち上げた。 当初の予定は7年後の94年にJSL(日本サッカーリーグ)1部入りを果たすことだったが、時代はJリーグ創設へと動き出した。 Jリーグ入りへ、静岡からはJSL1部のヤマハと本田に加え、県リーグ所属の清水クラブ(後の清水エスパルス)の4チームが名乗りを上げた(その後は中央防犯、現アビスパ福岡もJリーグ入りを表明)。後発であり劣勢が否めないPJMにとって、Jリーグ入りへ起死回生の策だったのが当時29歳のディエゴ・マラドーナの獲得だった。 90年7月、PJMフューチャーズのオーナーでありPJMジャパンの社長の有田平は「移籍金は20億円以上、年俸も希望次第」と発表した。しかしナポリとの契約が93年5月まで残っていたため、マラドーナの獲得は夢のまま終わった。 そんなPJMフューチャーズに転機が訪れたのは東海リーグに昇格した91年、マラドーナ3兄弟の末弟であるウーゴを獲得したことだった。兄に似てずんぐりむっくりの体型のウーゴは、「背番号10は兄ディエゴのためにとっておく」と話していた。ディエゴの夢である「兄弟3人(ラウルとウーゴ)でプレーする」ための布石ではないかと報道されることもあった。 残念ながら兄ディエゴは90年イタリアW杯後の91年にコカイン服用の疑いでイタリア警察から告発され、FIFAからは15ヶ月の出場停止処分を受け、兄弟が揃って日本でプレーする夢はかなわなかった。 それでもウーゴはPJM(後の鳥栖フューチャーズ)でプレーした92年から94年の3年間(東海リーグとJFL)で49試合出場31ゴール、95年は福岡ブルックスに移籍し、JFLでは27試合出場で27ゴールを奪ってJリーグ昇格に貢献、97年には札幌でもチームをJリーグ昇格へと導いた。 偉大すぎる兄と比較されながらも、そのひたむきなプレーは鳥栖や福岡、札幌のファン・サポーターの脳裏に焼き付いているのではないだろうか。遅ればせながら、哀悼の意を表します。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.01.10 12:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly