35歳モンレアル、ソシエダと2022年まで契約延長

2021.03.31 22:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダは3月31日、ナチョ・モンレアル(35)と2022年6月まで契約を延長したことを発表した。2019年夏にアーセナルからソシエダに加入したモンレアルは、移籍初年度の昨季は公式戦33試合に出場。コパ・デル・レイ決勝進出に貢献した。そして今季もここまでラ・リーガで16試合に出場して1ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグで7試合1ゴールと35歳となった中、引き続き主力として活躍している。


契約延長したモンレアルは公式サイトにて以下のようにコメントしている。

「本当に嬉しい。移籍してきた当初から本当に愛されていると感じているんだ。全てがポジティブに進んでいる。チームが機能しているからこそ、ここでの生活を続けることができるんだよ」
関連ニュース
thumb

5年以上疑われ続けたシャビ・アロンソ、レアル時代の脱税容疑に対して無罪判決降る

レアル・ソシエダBで監督を務めているシャビ・アロンソ氏だが、再び脱税疑惑での無罪が決定した。スペイン『エル・ムンド』が報じた。 シャビ・アロンソは、レアル・マドリーに所属していた2010年から2012年の間に自身の肖像権に関する脱税が2015年ごろから疑われていた。しかし、税務署の調査が入る中でもシャビ・アロンソはこの件に関して完全に否定。そのようなことはないと主張を続けていた。 この脱税疑惑はその後も疑われ続け、2018年3月にはスペイン検察によって懲役5年及び罰金5億円が求刑された。 しかし、8日、マドリッドの地方裁判所はシャビ・アロンソの脱税疑惑に対して無罪判決を出し、彼の税務顧問であるイバン・ザルドゥア氏、およびコンサルタント・シェル・カンパニーのイグナシ・マエストレ・カサノヴァ氏に対しても無罪であるとした。 2015年9月に始まった今回の疑惑。疑われながらも無罪を主張していたが、シャビ・アロンソの主張が正しい事となった。 <span class="paragraph-title">【動画】アトレティコ戦で見せたアロンソの超絶ピンポイントフィード!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTOWlLaVU5bCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 21:46 2021.04.09 21:48 Fri
twitterfacebook
thumb

バスク人の矜持! アスレティック主将ムニアインはコパ決勝敗戦後、1人でラ・レアルの優勝称える

先週末に行われた2019-20シーズンのコパ・デル・レイ決勝、アスレティック・ビルバオとレアル・ソシエダによるバスク・ダービーにおいて、敗れたアスレティック主将FWイケル・ムニアインがまさに圧巻の振る舞いを見せた。『ESPN』が伝えている。 今回の一戦は当初、2020年4月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期に。その後、一時はラ・リーガ同様に無観客開催での実施を検討していたが、滅多にないバスク・ダービーを愛するサポーターの前で戦いたい両クラブは、優勝チームに付与されるヨーロッパリーグ(EL)出場権を辞退してまで、有観客開催にこだわった。 しかし、1年近く経過した段階でもコロナウイルスの終息の目途が立たず、今月17日には2020-21シーズンの決勝戦(バルセロナvsアスレティック)が控えている事情もあり、最終的に両クラブは有観客での開催を断念。今月3日に中立地セビージャにて、一部ゲストと報道陣のみの入場を認めた無観客で戦うことになった。 その試合では見ごたえのある拮抗した攻防が繰り広げられた中、後半半ばにFWミケル・オヤルサバルが決めたPKによるゴールが決勝点となり、1-0で勝利したソシエダが33年ぶり3度目の優勝を果たした。 試合終了後には歓喜に沸くソシエダ陣営と、多くの選手がピッチに突っ伏すアスレティック陣営という、勝者と敗者のコントラストが明瞭に。 そして、敗れたアスレティックの多くの選手たちはセレモニー後、ピッチで大騒ぎするライバルをしり目に足早にロッカールームへと引き上げていった。 そういった中、唯一ピッチ上に残っていたのが、カピタンのムニアインだった。 ムニアインは準優勝チームに贈呈された盾を脇に抱えてソシエダのトロフィーリフトに合わせて惜しみない拍手を捧げた。さらに、両手を身体の前で組みながら歓喜に沸くライバルチームから目をそらさずに、最後まで敬意を示し続けた。 以前からバスク人としての連帯感を強調する両クラブは互いを尊重し、サポーター同士の関係性も良好であることが知られているが、敗戦直後にムニアインが見せた矜持はなかなか真似できない素晴らしい振る舞いだった。 なお、今回のムニアインの素晴らしい振る舞いによって、17日に控えるバルセロナとの今シーズンの決勝戦ではラ・レアルのサポーターからも盛大な後押しが期待できるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】ムニアインはコパ決勝敗戦後、1人でラ・レアルの優勝称える</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Athletic Club captain Iker Muniain stayed to watch and applaud the entirety of Real Sociedad&#39;s trophy lift and celebrations.<br><br>Fuel for the next Copa del Rey final in two weeks <a href="https://t.co/JzmJiVcX1Y">pic.twitter.com/JzmJiVcX1Y</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1379084600480260103?ref_src=twsrc%5Etfw">April 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.04.07 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「これぞ真のサポーターだ!」優勝会見で監督が熱唱「バモス!レアル・ソシエダ!!」

レアル・ソシエダを率いるイマノル・アルグアシル監督が熱狂的なクラブ愛を見せた。 ソシエダは3日、コパ・デル・レイ2019-20決勝戦でアスレティック・ビルバオと対戦し、0-1で勝利。33年ぶり3度目の優勝を飾った。 新型コロナウイルスの影響により約1年間の延期を経て、実現した伝統の“バスク・ダービー”による決勝戦を制したソシエダ。アルグアシル監督にとっては幼少期からの憧れのクラブをタイトルに導いた。 アルグアシル監督は試合後の記者会見中、「監督モード」から「サポーターモード」に移ることを宣言すると、羽織っていたジャケットを脱ぎ、スタッフから手渡されたユニフォームに身を包む。そしてクラブタオルを手にしながら、「レアル(・ソシエダ)に関係するすべての人々に捧げる。行け!レアル!頑張れ!レアル!行くぞ!」と全力で叫んだ。 このシーンがスペインサッカー連盟(RFEF)のツイッターで公開されると、普段は温厚なアルグアシル監督の絶叫姿が大きな反響を呼び、「これぞ真のサポーターだ!」「これこそがフットボール」「熱い」とその情熱に感激する声が多く寄せられた。 ソシエダの下部組織出身のアルグアシル監督は1990年にファーストチームに昇格すると、DFとして公式戦128試合に出場。現役引退後はソシエダのスタッフとして凱旋し、2018-19シーズン途中からファーストチームの指揮官を務めている。 アルグアシル監督にとっては現役時代と合わせて愛するクラブでの初タイトル。それだけに喜びを抑えきれなかったようだ。 <span class="paragraph-title">◆【音量注意】アルグシアル監督が魂の叫び!</span><span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtR1BUTVc5ZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.05 19:54 Mon
twitterfacebook
thumb

オヤルサバルのPK弾でバスク・ダービーを制したソシエダが33年ぶり3度目の優勝を飾る!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ2019-20決勝戦のビルバオvsレアル・ソシエダが3日に行われ、0-1でソシエダが勝利した。この結果、ソシエダが33年ぶり3度目の優勝を飾った。 新型コロナウイルスの影響により約1年間の延期を経て、実現した伝統の“バスク・ダービー”による決勝戦。 今季のコパ・デル・レイでも決勝に駒を進めているビルバオは、イニャキ・ウィリアムズとラウール・ガルシアを2トップに据えたフラットな[4-4-2]を採用。中盤は右からベレンゲル、ダニ・ガルシア、ベンセドール、ムニアインが並んだ。 対するソシエダは、3トップにポルトゥ、イサク、オヤルサバルを並べた[4-3-3]の布陣を採用。中盤はアンカーにスビメンディ、インサイドハーフにシルバとメリノを起用した。 大粒の雨が降りしきる中で始まった試合は、立ち上がりから激しいボールの奪い合いが展開される。互いにシュートまで持ち込めない時間が続く中、ビルバオは32分に左サイドからカットインしたイアゴ・マルティネスがミドルシュートを放つと、これが枠を捉えたがGKレミロが弾き出す。 ハーフタイムにかけても、両チームがアタッキングサードまでボールを運ぶも最後の場面で粘り強い守備を見せ、シュートを許さず。結局、前半はゴールレスのまま終了した。 迎えた後半もソシエダがボールをポゼッションし、ビルバオがカウンターを狙う展開が続く。すると58分、中盤でパスをカットしたスビメンディのロングスルーパスに反応したポルトゥがボックス内でイニゴ・マルティネスに後ろから倒され、PKを獲得。 また、主審はイニゴ・マルティネスにレッドカードを提示。しかしオンフィールドレビューの結果、イニゴ・マルティネスのレッドカードは取り消され、改めてイエローカードが掲示された。 それでもソシエダは、獲得したPKをオヤルサバルがゴール右に突き刺し、先制に成功した。 1点を追う展開となったビルバオは、68分にベンセドールを下げてウナイ・ロペスを、76分にベレンゲルとダニ・ガルシアを下げてビジャリブレとベスカなど攻撃的な選手を立て続けに投入し攻撃に厚みを加えた。 スコアが動いたことにより球際での激しさが増す中、ソシエダは集中した守りで最後までビルバオの攻撃を退け、1-0で勝利。この結果、ソシエダが33年ぶり3度目のコパ・デル・レイ優勝を飾った。 2021.04.04 06:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGの新監督候補に挙がったシャビ・アロンソ氏がソシエダと契約延長

レアル・ソシエダは26日、Bチームのシャビ・アロンソ監督(39)との契約延長を発表した。 シャビ・アロンソ監督は2022年6月30日までの契約を結んだとのことだ。 現役時代はレアル・ソシエダの他、エイバル、リバプール、レアル・マドリー、そしてバイエルンでプレー。2017年7月に現役を引退すると、レアル・マドリーのユースのコーチに就任。2019年7月からはソシエダのBチームで監督を務めていた。 そのシャビ・アロンソ氏は、来シーズンからドルトムントの監督に就任することが決定しているマルコ・ローゼ監督の後任として、ボルシアMGの新指揮官候補に挙がっていたが、ソシエダでキャリアを続けることを決めたようだ。 今回の契約延長について「プロジェクトの中で成長を続ける」とし、「今シーズンは自分自身にチャレンジするようなより多くの目標と野心を持っている」と語り、古巣でキャリアを積むことに意欲を示した。 2021.03.26 20:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly