「彼はピッタリ」クラブOBがユベントスにアグエロ獲得のススメ「テベスのようになれる」

2021.03.31 21:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスやインテルなどで活躍し、イタリア代表としてもプレーしたフランコ・カウジオ氏が、古巣に対してアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)を獲得すべきだと進言した。カウジオ氏は、ユベントスやインテルの他、レッジーナやパレルモ、ウディネーゼ、レッチェなどでプレー。セリエAでは458試合に出場し66ゴール11アシストを記録したウインガーだ。

そのカウジオ氏は、今シーズン限りでマンチェスター・シティからの退団が決定したアグエロについて、古巣のユベントスが獲得すべきだと、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で言及した。
「彼はユベントスにピッタリだ。100%コンディションが良ければ、多くのクラブに役立つことを証明している」

「アグエロは32歳だが、歳をとっているとは言えない。もし私がユベントスにいたならば、彼はまだ多くのことができると確信しているため、2年間の契約をオファーするだろう」

また、かつてシティからユベントスへと移籍加入した同じ元アルゼンチン代表のFWカルロス・テベスを引き合いに出し、同じ道を辿れると語った。

「彼はテベスのようになることができるが、テベスが持っていたようなやる気と勝利への意欲がなければならない」

テベスはユベントスに2シーズンしか在籍していなかったが、公式戦96試合で50ゴール19アシストを記録するなど、得点源として活躍を見せていた。

1 2

関連ニュース
thumb

ユベントス、コロナ禍の不適切な給与支払いの実態明らかに…キエッリーニのメッセージアプリの内容が流出

ユベントスの不適切な選手への給与支払いの実態が明らかになった。 イタリア『Il Fatto Quotidiano』は、元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(現ロサンゼルスFC)が2020年3月当時に『WhatsApp』のグループチャットに送ったメッセージを元に、クラブが選手側が放棄したと見られていた給与の支払いに関する不正行為を報じた。 ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。 また、イタリア国内と並行して欧州サッカー連盟(UEFA)の独立財務管理委員会(CFCB FC)は、クラブライセンスおよびファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則の違反の可能性について、ユベントスに対する正式な調査を開始している。 そのユベントスに関しては、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック時に選手サイドが4カ月分の給与放棄に合意したとの公式なリリースが出されていた。だが、この一件に関しては以前からクラブサイドが秘密裏に給与を支払っていた可能性が報じられており、今回の『Il Fatto Quotidiano』の報道によってそれが裏付けられる形となった。 今回、同紙が独自に入手したキエッリーニが『WhatsApp』のグループチャットに送ったとされるメッセージでは、クラブと選手サイドで秘密裏の給与支払い合意と共に、その事実を隠すように指示が出されていたことが判明した。 「みんな、こんにちは。知っての通り、僕らはこの困難な時期にクラブとすべての従業員を助けるために、ファビオ(・パラティチ)と会長と話し合っている。最終的な提案は次の通りだ。4カ月分の給与が不足している。シーズンをなんとか終えることができた場合は3カ月分、中断した場合は2.5カ月分が(秘密裏に)支払われる」 「会長は、7月1日に1カ月分の給与を支払い、残りは20/21シーズンに支払うことを保証した。彼らは、チーム全体の感受性に本当に感謝している。もし良ければ、明日、会長が上記を保証する署名入りの書類を持ってくる」 「株式市場法により、出てくるであろうコミュニケーションは、4カ月の放棄に関するものにすぎない。この契約の詳細については、インタビューで話さないように求められている」 さらに、その後日送ったとされるメッセージでは、「みんなは数日中に会長と僕が署名したものと同じ全てに値するシートを受け取ることになる。 今シーズンの残り数カ月の給与を放棄することを誓約するものだ。その後、各自の弁護士または代理人に連絡が入り、同時に今シーズンと次のシーズンに有効な契約が締結される。ユベントスは、クラブを支援するために4カ月の支払いを免除するというプレスリリースを行う予定だ。すべてに感謝するよ」 なお、『Guardia di Finanza(イタリアの金融警察)』はユベントスが今回の一件で当時在籍した17選手に対して、総額5660万ユーロ(約80億2000万円)から6180万ユーロ(約87億6000万円)を秘密裏に支払うとの合意を確認しており、その金額分が同期間に申告すべきだった支出からそっくり除外されていたようだ。 キエッリーニに関してはユベントスのクラブ幹部としての復帰の可能性が先日に報じられたが、仮に今回の一件で主導的な立場で不正に関与したと判断された場合、その復帰の道は非常に困難と言わざるを得ない。 2022.12.02 23:53 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFAが役員総退陣のユベントスに対する調査開始! UEFA主催大会締め出しなどの処分の可能性…

欧州サッカー連盟(UEFA)の独立財務管理委員会(CFCB FC)は1日、クラブライセンスおよびファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則の違反の可能性について、ユベントスに対する正式な調査を開始した。 ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。 今後の捜査次第ではイタリア国内での高額な罰金や強制降格の可能性まで伝えられるユベントスだが、今回はUEFAによる調査の開始が発表された。 CFCB FCの調査は、イタリア企業取引委員会(CONSOB)とトリノの検察官が主導した手続きの結果として最近公表された金融違反の疑いに焦点を当てている。 CFCB FCは2022年8月23日、ユベントスと和解契約を締結。この和解契約は、2018年、2019年、2020年、2021年、2022年に終了する会計年度に関して、クラブが以前に提出した財務情報に基づいて締結されたものだった。 だが、前述のイタリア国内での調査の結果、クラブの財務状況が、和解合意が締結された時点でCFCB FCによって評価されたものと大幅に異なる場合、または新しい実質的な事実が発生、または判明した場合、CFCB FCは、和解契約を終了し、適切と思われる法的措置を講じ、該当するUEFAのCFCB手続き規則に従って懲戒処分を課す権利を留保する。 なお、CFCB FCは各国当局に協力し、調査が進行中の間、この問題についてこれ以上コメントすることはないという。 仮に、今回のCFCB FCの調査によって問題が発覚した場合、ユベントスにはチャンピオンズリーグなどのUEFA主催コンペティションからの一定期間の締め出しや高額な罰金が科される見込みだ。 2022.12.02 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新体制構築中のユベントス、デル・ピエロ氏入閣の可能性

ユベントスのレジェンド、アレッサンドロ・デル・ピエロ氏が、重役として古巣に復帰する可能性があるようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。 クラブはすぐさまジャンルカ・フェレーロ氏を新会長に任命し、再構築に向けてスタートさせているが、まだまだ混乱の最中。来年1月18日に予定されている株主総会で新理事会メンバーが正式に発表され、そこが再出発となる。 そんな中、興味深い情報として、現役時代にユベントスに9年間にわたって在籍し、クラブ最多となる705試合の出場記録を持つ言わずと知れたレジェンドの復帰の可能性が伝えられた。フェレーロ新会長とマウリツィオ・スカナヴィーノ新CEOは、サッカーとユンベントスについて深い理解がある人物を必要としており、デル・ピエロ氏がその点で最適な人材と見込んでいるようだ。 同氏にはスポーツ・ディレクターとして立場や、バベル・ネドベド氏が務めた副会長のポジションが用意されていると言われるが、本人はクラブが総辞職を発表した直後のコメントで古巣復帰を否定していた。 なお、ユベントス入閣については同じレジェンドの一人であるダビド・トレゼゲ氏が「呼ばれれば戻るつもり」と意欲を示している。 2022.12.01 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

トレゼゲが混乱ユーベに救いの手「呼ばれれば戻るつもり」

元ユベントスのダビド・トレゼゲ氏が、古巣の騒動を受けてクラブ復帰を検討していることを明かしている。 ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。 クラブはすぐさまジャンルカ・フェレーロ氏を新会長に任命し、再構築に向けてスタートさせているが、まだまだ混乱の最中。トレゼゲ氏はイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』の取材で一連の騒動について見解を示し、要求があればクラブに復帰する意思があることを確認した。 「これは主に官僚的、管理的な問題だと思う。しかし、アンドレア・アニェッリは、スタジアム、スポーツセンター、セカンドチームなど、素晴らしい仕事をした。彼はそのお手本だ」 「ユーベでは選手として10年、引退後も7年間携わったが、その後はスペインでスポーツ・ディレクターのコースを受講した。フットボールの別の側面を知るためにね」 「2021年に私はユベントス のアンバサダーとしての活動を終了し、スポーツの世界に戻ることを選んだ。ユーベではその機会はなかったが、私にとってユーベは常にホームだ。呼ばれれば戻ってくるよ」 トレゼゲ氏は2000年から2010年までの10年間をユベントスで過ごし、公式戦320試合171ゴール40アシストを記録した。カルチョスキャンダルでセリエB降格になった際もチームにとどまるなど、クラブへの強い愛を示していた。 2022.11.30 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

幹部が総退陣のユベントス、アッレグリ監督はひとまず留任へ

クラブ幹部が総退陣となった激震のユベントスだが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はひとまず留任することになるようだ。 ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。 クラブはすぐさまジャンルカ・フェレーロ氏を新会長に任命したが、クラブの今後が不透明ということもあり、アッレグリ監督の去就にも注目が集まるところ。 そういった中、同クラブの株式の過半数を所有する『Exor』の会長であり、アニェッリ家の血をひくジョン・エルカーン氏が、同監督の留任を発表した。 「アッレグリはユベントスプロジェクトの重要な部分であり、我々は彼が再び勝利することを信頼している」 一方、アッレグリ監督はエルカーン氏の声明後、『フットボール・イタリア』の取材に対して現時点での自身の考えを明らかに。ひとまずピッチの出来事だけに集中していると語った。 「株主からの親近感を感じることは常に非常にポジティブなことであり、ジョン・エルカーンがこのような言葉をかけてくれたことに感謝している」 「この数年間の仕事、情熱、そして勝利において、私は常にアンドレア・アニェッリのサポートに頼ることができた」 「アンドレアとジョンはユベントスという世界において参考人であり、我々全員が望む結果を得るために、ピッチでの日々の仕事に集中し続けなければならない」 エルカーン氏の前述の声明によると、アッレグリ監督は少なくとも今シーズンいっぱいはユベントスを指揮することが確実だが、今後の捜査次第では高額な罰金や強制降格の可能性まで、あらゆるリスクを抱えており、今夏にクラブを離れる可能性は十分にある模様だ。 2022.11.30 06:14 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly