かつて批判したストーンズを称賛するキーン「イングランドにとって大きな財産になる」

2021.03.26 13:43 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーン氏がイングランド代表で活躍するマンチェスター・シティのジョン・ストーンズを称賛した。イギリス『ミラー』が伝えている。

2016年夏にエバートンからシティに加入したストーンズは負傷などもあり、序列を落とした時期もあったが、今シーズンはジョゼップ・グアルディオラ監督の信頼を取り戻して、ここまで公式戦26試合に出場。鉄壁の守備陣を担う1人として、首位チームを支えている。また、イングランド代表でも25日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI第1節のサンマリノ代表戦で先発出場を果たし、勝利に貢献した。

充実の日々を過ごすストーンズに対してかつて「子供のように簡単にボールを奪われる」と辛辣な批判を浴びせていたキーン氏も称賛。イギリス『ITV』に出演した際、代表でも既にDFハリー・マグワイアを上回っていると語った。

「(ジョン・)ストーンズはミスを減らし、(リーグ戦でも)いくつかのゴールを決めている。そして代表だと、ガレス(・サウスゲイト)は彼に後方からのプレーを求めているね」

「彼は自信を失っている時期があったが、そこから立ち直って成長を見せている。以前の彼はボールから簡単に目を離すプレーが多かったが、あの時期は集中力を失っていたのだと思う」

「彼はイングランドにとって大きな財産になるだろう。彼のフォームを見ると、(ハリー・)マグワイアよりも上だと思うね。ガレスが3バックの布陣を選択するのであれば、ポゼッションに慣れているストーンズは主力選手の1人になるはずだ」

関連ニュース
thumb

混沌とするトッテナムの監督人事、クラブOBが名乗り?「間違いなく検討する」

監督人事が難航を極めるトッテナムだが、クラブOBであるユルゲン・クリンスマン氏(56)が名乗り上げたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 昨シーズン途中にジョゼ・モウリーニョ監督を解任し、シーズン終盤はライアン・メイソン監督が暫定的に指揮を執っていたトッテナム。新シーズンに向けては新たな監督を招へいすることで動いていた。 当初は、インテルの指揮官を退任したアントニオ・コンテ監督や、パリ・サンジェルマン(PSG)で指揮を執るマウリシオ・ポチェッティーノ監督、ローマの監督を退任したパウロ・フォンセカ監督らが候補に挙がるも交渉が決裂。フィオレンティーナを電撃退団したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、ファンの抗議もあり、交渉を行わなかった。 監督不在のままとなっているトッテナム。そんな中、クラブOBであるクリンスマン氏が『BBC』にコメント。興味を持っていることを明らかにした。 事の発端はユーロ2020を取材している中で、ギャリー・リネカー氏が尋ねたことにある。トッテナムの監督に興味があるのかと尋ねると「間違いなく検討するだろう。まあ、希望されない場合は無理にとは言わない」と語っており、オファーがあれば考えるとした。 クリンスマン氏は、現役時代はドイツ代表のエースとしても活躍し、トッテナムのほか、シュツットガルトやインテル、バイエルンなどでプレー。引退後はドイツ代表の監督として指導者キャリアをスタート。その後は、バイエルンやアメリカ代表で監督を務め、2019-20シーズンには一時的にヘルタ・ベルリンでも監督を務めていた。 また、クリンスマン氏はモウリーニョ監督が解任された際に、ダニエル・レヴィー会長に連絡した際のやりとりも明かした。 「彼がモウリーニョを解任した後、私は彼に電話した。『ダニエル、今はどうしてる?』と聞いたら、『今やることがたくさんあるから、クラブのことを整理して後で話そう』と言われた」 「それからは色々な違う名前が出てきて、それが無くなっていくのを見た。変わらないよ」 混沌とするトッテナムの監督人事だが、実績あるOBが空いていることは、会長の頭の片隅にあるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻連発!クリンスマン氏がトッテナム時代に決めたスーパーゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCcjJxUzEyOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.19 10:56 Sat
twitterfacebook
thumb

アンフィールドのスタンド拡張計画が承認、収容人数は6万人超えに

リバプールは、本拠地アンフィールドのスタンド拡張の再開発案がリバプール市議会の計画委員会に承認されたことを発表した。 この再開発案により、アンフィールドの収容人数は現在の約5万4000人から7000人増加し、約6万1000人が収容可能となる。 また、同時に今後5年間で最大6回のコンサート及びイベントをスタジアムで実施できる許可が下りたという。 この計画は地元住民、企業、ファン、および利害関係者と協議を2度にわたって実施。2014年に最初の計画が承認され、2016年に現在の収容人数まで拡張を行った。 2020年2月に2度目の協議を行っていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて計画はストップしていた。 リバプールのアンディ・ヒュージス取締役社長は次のようにコメントしている。 「これは、より多くのサポーターをアンフィールドに連れてくるための私たちの計画の大きなマイルストーンだ。本事業の企画過程において、厳しい2段階のパブリックコンサルテーションを実施したので、ご協力いただいた皆様に感謝したい」 「この拡張は、複雑な計画環境を管理する能力に基づいていることは当初から明らかだった。地域住民や地域社会の協力を得ることができるかどうか、そしてプロジェクトが経済的に実行可能であることを保証できるかどうかだった」 「非常に予測不可能な年だったが、我々はこのプロジェクトを進めるために確実性を求めており、そこに到達するために取らなければならないいくつかのステップがまだある」 <span class="paragraph-title">【画像】アンフィールドの完成予想図</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Liverpool have been granted planning permission for their proposed £60million Anfield Road stand expansion.<br><br>Here’s what the new stand will look like once completed <a href="https://twitter.com/hashtag/awlive?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#awlive</a> [<a href="https://twitter.com/virtual_planit?ref_src=twsrc%5Etfw">@virtual_planit</a>] <a href="https://t.co/OJg732M03i">pic.twitter.com/OJg732M03i</a></p>&mdash; Anfield Watch (@AnfieldWatch) <a href="https://twitter.com/AnfieldWatch/status/1404748506749980676?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.19 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ガットゥーゾ招へいから手を引いたのはファンの抗議が原因だった!

一瞬で白紙に戻ったトッテナムのジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の招へい計画は、トッテナムのファンクラブの抗議が影響していたようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 今年4月にジョゼ・モウリーニョ氏(現ローマ監督)を解任して以降、残るシーズンを暫定的にコーチのライアン・メイソン氏に託して戦い抜いたトッテナム。だが、30歳の暫定指揮官の継続は考慮しておらず、来季に向けて経験と実績に長けた監督の招へいに尽力している。 しかし、それがことごとく水の泡に帰している現状だ。今月に入ってアントニオ・コンテ、パウロ・フォンセカと、いずれもセリエAのクラブを退任したばかりの名将との交渉が報じられたが、いずれも金銭面の問題で破談に。そして、直近ではフィオレンティーナの監督をわずか23日で退任したガットゥーゾとの接触が伝えられたが、一晩でその線も消えたと、イギリス『アスレティック』が報道した。 その具体的な理由については述べられていなかったものの、どうやらクラブのサポーター・トラストが関係しているようだ。『BBC』によれば、過去に同性愛やサッカー界における女性の立ち位置について物議を醸したイタリア人指揮官の着任に反対する声が多く、SNSでも「#NoToGattuso」というハッシュタグがトレンド入りした模様。 そして同メディアが伝えるところによると、『トッテナム・ホットスパー・サポーター・トラスト』は「我々はサポーターの思いをクラブに伝えることができる。今回も明確に伝えた。我々はファンやサポーターの、数々の監督候補に対する懸念を認識し、それに対応する」と声明を出していたようだ。 なお、これまでにトッテナムはユリアン・ナーゲルスマンやブレンダン・ロジャーズ、エリク・テン・ハグといったそうそうたる顔ぶれの招へいを試みたが、いずれも実現せず。また、マウリシオ・ポチェッティーノに復帰を説得したものの、パリ・サンジェルマンが阻止したという。 2021.06.18 22:19 Fri
twitterfacebook
thumb

ファーディナンドとハッセルバインク、デパイがユナイテッドで失敗した理由を語る

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏とチェルシーのレジェンドであるジミー・フロイド・ハッセルバインク氏が、リヨンに所属しているオランダ代表FWメンフィス・デパイがユナイテッドで失敗した理由について、イギリス『BT SPORT』で言及した。 現在開催されているユーロ2020にオランダ代表の主力として参加しているデパイは、2015年の夏にPSVからユナイテッドに2500万ポンド(約38億円)で移籍。加入前年度にはエールディビジで22ゴールを挙げて得点王に輝いていたこともあり、サポーターからの期待は大きかった。 しかし、ファン・ハール監督が率いるチームでリーグ戦29試合に出場したものの2ゴール1アシストと鳴かず飛ばずのパフォーマンスに。さらに翌シーズンにはジョゼ・モウリーニョが監督に就任し、出場機会は激減。リーグ戦に4試合しか出られず、冬の移籍市場でリヨンへの移籍が決まった。リヨンではここまで公式戦178試合76得点55アシストと本来の実力を発揮しており、今夏にはバルセロナへの移籍が噂されている。 そんなデパイがユナイテッドで好成績を残せなかった理由について、ファーディナンド氏は様々な要素が影響したと分析している。 「いろいろなことが原因だと思う。タイミング、時期、場所、そして成熟度。彼は若すぎたのかもしれない。適切な時期に適切なコーチングを受けられなかったのも原因の一つだ」 また、ハッセルバインク氏は、デパイがモウリーニョ監督の好むタイプの選手ではなかったと話している。 「モウリーニョがどのような選手を好むかは周知の通りだが、彼はそれとは全く異なる。他の選手に走ってもらい、ボールを持つことで自分の力を発揮するタイプだ。彼は愛されていることを実感する必要がある」 「彼は気難しいイメージがあるが、そんなことはない。自らのサッカーを愛しているし、確固としたスタイルでプレーしたいと思っている。能力が高い上に、オランダ代表を背負っているためにプレッシャーも大きいはずだ」 17日にユーロのグループC第2節でオーストリア代表を2-0で下し、グループステージ首位通過を決定づけたオランダ代表で10番を背負うデパイ。母国を2度目の優勝に導くことはできるだろうか。 2021.06.18 15:01 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールのコナテ獲得を評価するOB「クラブにとって最高の契約になるだろう」

かつてリバプールで活躍した経歴を持つ元イングランド代表FWピーター・クラウチ氏が、古巣の補強を評価した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 今シーズン、センターバックが相次いで長期離脱したリバプールは来シーズンの王座奪還に向けRBライプツィヒからU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテ(22)を3500万ポンド(約54億5000万円)の契約解除金を支払うことで獲得。193cmの高さとスピードを兼ね備えたコナテには即戦力として高い期待がかけられている。 かつてリバプールで公式戦135試合出場で42ゴール18アシストの成績を残したクラウチ氏もこの補強を称賛。コナテはリバプールにとって必要な選手だと語った。 「イブラヒマ・コナテは、リバプールにとって最高の契約だろう。私はディフェンダーとしての彼が好きだよ。それにリバプールは正直言って、センターバックに誰かを必要としていた」 「ジョー・ゴメスとジョエル・マティプの負傷の記録を見ると、全く安心できない。それに、ヴィルヒル・ファン・ダイクは長期間負傷欠場をしていたから、戻ってきた彼がどんな選手になっているかは分からない状況だ」 「ヴィルヒルがベストな状態に戻るには、時間がかかるかもしれない。だからリバプールには今、準備できている選手が必要だ。彼らはバックラインにより多くの経験を必要としていた。コナテは決してベテランではないが、既に多くのビッグゲームでプレーしている」 また、クラウチ氏はリバプールが今夏さらなる補強に動くだろうと推測。層の薄い前線を補強ポイントに挙げている。 「リバプールは適切な選手が現れれば、新たなフォワードの獲得に乗り出すかもしれないね。今シーズン、モハメド・サラーは依然として多くのゴールを決めたが、サディオ・マネとロベルト・フィルミノは大きく調子が落ち込んだ」 「もし、クラブにもう1人トップフォワードが所属していたら、マネやフィルミノは何試合か欠場していただろう」 2021.06.18 12:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly