かつて批判したストーンズを称賛するキーン「イングランドにとって大きな財産になる」

2021.03.26 13:43 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーン氏がイングランド代表で活躍するマンチェスター・シティのジョン・ストーンズを称賛した。イギリス『ミラー』が伝えている。

2016年夏にエバートンからシティに加入したストーンズは負傷などもあり、序列を落とした時期もあったが、今シーズンはジョゼップ・グアルディオラ監督の信頼を取り戻して、ここまで公式戦26試合に出場。鉄壁の守備陣を担う1人として、首位チームを支えている。また、イングランド代表でも25日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI第1節のサンマリノ代表戦で先発出場を果たし、勝利に貢献した。

充実の日々を過ごすストーンズに対してかつて「子供のように簡単にボールを奪われる」と辛辣な批判を浴びせていたキーン氏も称賛。イギリス『ITV』に出演した際、代表でも既にDFハリー・マグワイアを上回っていると語った。

「(ジョン・)ストーンズはミスを減らし、(リーグ戦でも)いくつかのゴールを決めている。そして代表だと、ガレス(・サウスゲイト)は彼に後方からのプレーを求めているね」

「彼は自信を失っている時期があったが、そこから立ち直って成長を見せている。以前の彼はボールから簡単に目を離すプレーが多かったが、あの時期は集中力を失っていたのだと思う」

「彼はイングランドにとって大きな財産になるだろう。彼のフォームを見ると、(ハリー・)マグワイアよりも上だと思うね。ガレスが3バックの布陣を選択するのであれば、ポゼッションに慣れているストーンズは主力選手の1人になるはずだ」

関連ニュース
thumb

図太い神経!B・フェルナンデスのPK失敗後に、相手サポへ踊りを見せるマルティネス「エミ、愛してる」

アストン・ビラのアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、PK後に例のアクションを行った。 アストン・ビラは25日、プレミアリーグ第6節でマンチェスター・ユナイテッドとオールド・トラッフォードで対戦した。序盤こそ後ろに重い状況が続いたが、次第に挽回。一進一退の攻防を見せ、試合終盤の88分にコートニー・ホースが先制点を挙げた。 このまま逃げ切りたいアウェイチームだったが、直後にユナイテッドにPKを献上。守護神マルティネスはクリスティアーノ・ロナウドがキッカーを務めると思ったのか、背番号「7」に向かって「かかってこいよ!」と自信たっぷりに叫んだ。 だが、実際にキッカーを務めたのはブルーノ・フェルナンデス。しかも、大きく枠を外し、ボールはゴール裏に陣取るユナイテッドサポーターへ向かって一直線。すると、マルティネスはサポーターの方を向き、あのダンスを披露した。 コパ・アメリカ2021のコロンビア代表戦でもPKストップの際に見せていたこのダンス。ファンからも「ダンス可愛いすぎ」、「ゴールパフォーマンスみたい」、「エミ、愛してる」といった声が寄せられた。 実際にセーブせずとも、失敗したならばマルティネスの勝ちだ。難を逃れたアストン・ビラはこのまま逃げ切り、リーグ戦3勝目を手にしている。 <span class="paragraph-title">【動画】B・フェルナンデスのPK失敗後、相手サポへ踊りを見せるマルティネス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Emiliano Martinez to the Man Utd fans after Bruno Fernandes missed the penalty. This man is a living legend. <a href="https://t.co/ooQInzKLJ9">pic.twitter.com/ooQInzKLJ9</a></p>&mdash; Football Shithousery (@FootyRustling) <a href="https://twitter.com/FootyRustling/status/1441766976611708932?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

再生回数は556万回以上!スタンド観戦の脳性麻痺の少年と喜びを分かち合うフルアム選手「これがサッカーのすべて」

フルアムの選手たちがスタンドの子供と喜びを分かち合った。 フルアムは24日、オンラインでいじめを受けていたという脳性麻痺を患う13歳の少年、リス・ポーターくんを名誉選手として登録。クラブの公式サイトでもメンバーの一員として紹介した。 翌25日、チャンピオンシップ(イングランド2部)第9節でブリストル・シティと対戦したフルアム。50分にアレクサンダル・ミトロビッチが先制点を挙げると、選手は一目散にスタンドへ。観戦に訪れていたポーターくんの下へと駆け出した。 多くの選手がポーターくんを囲み、ゴールの喜びを分かち合う。ネースケンス・ケバノなどは柵を乗り越えてスタンドイン。ポーターくんと抱き合いながらこの瞬間を共にした。 このシーンが収められた動画には「賞賛されるべき」、「美しいシーン」、「これがサッカーのすべて」などのコメントが。動画は多くの人の注目を集め、再生回数は556万回以上にも上った。 クラブは試合後「フラムの誰もが完全にリスに触発された」として、次のような声明を発表している。 「逆境に直面したときの彼の態度と、他の人を助けるという彼のコミットメントの両方に、我々がどれほど感銘を受けたかを彼に示したかったのだ」 残念ながら試合は終盤に追い付かれて引き分けに終わってしまったが、ポーターくんをはじめ、この場に居合わせた人々にとっては忘れられない瞬間となったことだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】脳性麻痺の少年とゴールの喜びを分かち合うフルアムの選手たちが感動的</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A beautiful moment in the beautiful game…<a href="https://twitter.com/hashtag/COYW?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYW</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FFC</a> <a href="https://t.co/nCBY0qt2ci">pic.twitter.com/nCBY0qt2ci</a></p>&mdash; Mark Twomey (@markjtwomey) <a href="https://twitter.com/markjtwomey/status/1441783061180469249?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「今シーズンベスト」3連勝立役者の1人、ラムズデールのビッグセーブに脚光「ナンバーワンは確保された」

アーセナルのイングランド代表GKアーロン・ラムズデールがビッグセーブでチームを救った。 ラムズデールは今夏、シェフィールド・ユナイテッドから移籍金+インセンティブの最大3000万ポンド(約44億8000万円)の長期契約で加入した。11日の第4節でアーセナルデビューを果たすと、クリーンシートで今季初勝利に貢献。翌節も無失点に抑えるなど、日本代表DF冨安健洋とともにチームの立て直しに一役買っていた。 26日に行われた第6節、トッテナムとのノース・ロンドン・ダービーでも先発出場。3-0で迎えた79分には加入後初失点を喫するも、試合終了間際にはビッグセーブで危機を救った。 トッテナム、ルーカス・モウラのフィニッシュはDFの足に当たってディフレクト。ドライブ回転のかかったシュートがゴール左上隅へ向かうが、賢明に手を伸ばしたラムズデールが指先で触れると、ボールはバーにはじかれて事なきを得た。 コースも変わり、非常に難しい状況下でのファインセーブにファンも興奮。「今シーズンのベスト」、「ナンバーワンは確保された」、「今まで見た中で最高のセーブ、古典になる」のような賞賛が相次いだ。さらに、セカンドボールにいち早く反応した冨安も含め「このバックラインは非常に有望」との声が寄せられた。 前半にも好セーブを披露していたラムズデール。スタメン奪取後は3戦全勝と、チームに勢いをもたらしている。 <span class="paragraph-title">【動画】終了間際、ラムズデールがビッグセーブでピンチを救う</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">You still wonder why Ramsdale cost Arsenal a fortune?<br><br>This is it right here.<br><br>Phenomenon!<br><br>Epic!<a href="https://twitter.com/hashtag/COYG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYG</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/NLD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NLD</a> <a href="https://t.co/IhwRyasABZ">pic.twitter.com/IhwRyasABZ</a></p>&mdash; Committed Gooner (@pancofm) <a href="https://twitter.com/pancofm/status/1442180740364439560?ref_src=twsrc%5Etfw">September 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

頭蓋骨骨折乗り越え、336日ぶり得点のウルブスFW「このゴールは僕だけでは祝えない」

ウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネスが336日ぶりの得点に心境を語った。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 2018年夏からウルブスに在籍するヒメネスは、昨年11月に行われたプレミアリーグのアーセナル戦でダビド・ルイスと衝突。頭蓋骨骨折の重傷と診断され、手術を行っていた。 その後復帰を果たすも、ヘッドギアの装着が義務付けられることに。そして、8カ月にも渡る長期間の離脱を経て、今シーズンの開幕節となるレスター・シティ戦で公式戦復帰を果たしていた。 ヒメネスは26日、第6節のサウサンプトン戦に先発出場。61分にGKジョゼ・サからのロングボールに反応すると、ドリブルでボックス内へと侵入し、冷静にゴールネットを揺らした。結局、このゴールが決勝点となり、試合は1-0でウルブスが勝利を収めている。 2020年10月のニューカッスル戦以来、公式戦336日ぶりのゴールとなったヒメネスは試合後、喜びの感情を語った。 「ゴールに近づいていることはわかっていたし、そのために戦っていたよ。チーム全員がそれにふさわしい働きをしていたと思う」 「いつゴールが生まれるのかと思っていた。とてもいい気分だったよ。5試合のうち4試合は信じたくない内容だったけど、この調子を続けなければならない。ファンはいつも僕らと一緒にいて、応援してくれている。これはチームにとって本当に重要なことなんだ」 また、自身のツイッター(@Raul_Jimenez9)では、長期離脱中に自らを支えてくれた人たちとゴールの喜びを分かち合いたいと綴った。 「このゴールは僕だけでは祝えない。家族、チームメイトのみんな、医師や理学療法士など、いつも私を支えてくれて、私がより強くなって戻ってくることを信じて疑わなかったすべての人たちと分かち合いたいね」 「これが僕の進むべき道であり、さらに上を目指すための努力を続けていくよ」 <span class="paragraph-title">【動画】ピッチサイドからみらラウール・ヒメネスの336日ぶりの技ありゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What a goal. What a player. <br><br>We are going to get tired of watching this. <br><br><a href="https://t.co/tTxOJ1lkS6">pic.twitter.com/tTxOJ1lkS6</a></p>&mdash; Wolves (@Wolves) <a href="https://twitter.com/Wolves/status/1442232257356390405?ref_src=twsrc%5Etfw">September 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 17:50 Mon
twitterfacebook
thumb

レジェンドのアンリ氏、アーセナル買収に前向きの『Spotify』CEOとNLダービーを試合観戦

アーセナルのレジェンド、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が、クラブの買収に前向きな『Spotify』のCEOと試合観戦に興じる姿が目撃された。 アンリ氏は26日に行われたアーセナルvsトッテナムのノース・ロンドン・ダービーをスタンドで観戦。昔のアーセナルのユニフォームを着用してスタンドに座る姿が目撃されていた。 また、その隣には音楽ストリーミングサービス『Spotify』の共同創設者兼最高経営責任者(CEO)であるスウェーデン人のダニエル・エク氏(38)の存在があった。 幼少期からアーセナルのファンだというエク氏。今年4月にアーセナルの買収に意欲的なコメントを残しており、アーセナルのオーナーである『クロエンケ・スポーツ&エンターテインメント(KSE)』がクラブを売却するつもりなら、次期オーナーに立候補するとも公言していた。 アンリ氏は「DNAを再注入したい」と考えており、エク氏の思想には好意的な模様。ほかにもクラブの黄金期支えたデニス・ベルカンプ氏やパトリック・ヴィエラ氏も賛同の意を示している。 一方で、現オーナーのスタン・クロエンケ氏は売却する意思がないことを強調している。 この日はダービーで快勝したアーセナルだが、観戦に訪れた2人はどのような話題に興じていたのだろうか。今後の動向にも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】何を話した?『Spotify』のCEOと試合観戦するアンリ氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Thierry Henry Daniel Ek <a href="https://t.co/91lir82u1u">pic.twitter.com/91lir82u1u</a></p>&mdash; AFTV (@AFTVMedia) <a href="https://twitter.com/AFTVMedia/status/1442173811776897024?ref_src=twsrc%5Etfw">September 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 17:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly