今治に2名の外国籍選手が加入! 「持てる力をチームに」

2021.03.26 10:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
FC今治は26日、FWバルデマール・アウグスト・ティー(23)とDFオスカル・リントン(28)の加入を発表した。ともに日本政府の新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日する。ギニアビサウ共和国出身のバルデマールは身長188cmのFWで、ポルトガル3部のアモラFCから加入。背番号は「11」に決定した。一方、4試合のパナマ代表歴経験を持つオスカル・リントンは身長185cmのDFで、背番号「17」の着用が決定。パナマ1部のコスタ・デル・エステからの期限付き移籍加入となる。両選手はクラブを通じて意気込みを語っている。


◆バルデマール・アウグスト・ティー
「まず第一に、FC今治の一員として戦えるこの機会を与えてくれた関係者の方に感謝します。私はFC今治ファミリーの一員となることを誇りに思います。コロナ禍の中、渡航制限、隔離とチームに合流できていない状況ですが、一刻も早くチームに合流できることを待ち遠しく思っています。合流後はクラブの選手、関係者と早く馴染めるよう努力し、FC今治の目標を達成するために一所懸命頑張ります。よろしくお願いします」

◆オスカル・リントン
「私のことを信頼し、クラブに加入できることとても嬉しく思います。自分の持てる力をチームに注ぎ、クラブの目的を達成するためにがんばります」
関連ニュース
thumb

今治MF福田翔生がトレーニングマッチで負傷、全治は5〜6週間

FC今治は14日、MF福田翔生の負傷を発表した。 クラブの発表によると、福田は11日に行われたレノファ山口FCとのトレーニングマッチで負傷したとのことだ。 検査の結果、右足関節外側じん帯損傷並びに距骨骨挫傷と診断。全治は5〜6週間程度とのことだ。 福田は2019年に東福岡高校から今治に入団。昨シーズンは明治安田J3で18試合に出場。今シーズンも1試合に出場していた。 2021.04.14 13:42 Wed
twitterfacebook
thumb

今治FWレオミネイロが全治6カ月…左足骨折で近日中に手術

FC今治は24日、FWレオミネイロの戦線離脱を報告した。 レオミネイロは20日に行われた明治安田生命J3リーグ第2節のアスルクラロ沼津戦で76分からピッチに立ったが、85分に交代。左足関節脱臼骨折で近日中に手術が予定され、術後6カ月程度を要する見込みだ。 昨夏にファジアーノ岡山から完全移籍加入したレオミネイロは今季で今治在籍2年目。沼津戦が今季初出場だった。 2021.03.24 18:35 Wed
twitterfacebook
thumb

今治のFW陳祥煜が中国スーパーリーグの深センに完全移籍

FC今治は10日、中国人FW陳祥煜(チェン・シャンユ/19)が中国スーパーリーグの深セン市足球倶楽部へ完全移籍することを発表した。 陳祥煜は中国江蘇省出身。江蘇省江陰体育学校附属高校から2020年に今治に加入。そのままJFLの高知ユナイテッドSCへと期限付き移籍していた。 深センは昨シーズンの中国スーパーリーグで15位。今シーズンも中国スーパーリーグで戦う。 2021.03.10 11:36 Wed
twitterfacebook
thumb

今治のMF岡山和輝が全治3〜4週間、昨季はJ3で28試合出場

FC今治は6日、MF岡山和輝の負傷を発表した。 クラブの発表によると、岡山は1日に行われたトレーニングで負傷したとのこと。検査の結果、右足ハムストリング損傷と診断されたとのことだ。 なお、全治3〜4週間程度を要する見込みとのことだ。 岡山は2020シーズンの明治安田J3で28試合に出場し2得点を記録していた。 2021.03.06 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

今治が早稲田大学のFW梁賢柱の入団を発表、神戸、大宮の下部組織出身

FC今治は3日、早稲田大学のFW梁賢柱(リャン・ヒョンジュ/22)の入団を発表した。背番号は「16」をつける。 梁賢柱は埼玉県出身で、ヴィッセル神戸U-12、大宮アルディージャU-15を経て、東京朝鮮中高級学校へと進学。その後、早稲田大学へと進学した。 2020年の関東大学サッカーリーグ1部では、5得点を記録していた。 梁賢柱はクラブを通じてコメントしている。 「この度、FC今治に加入することになりました早稲田大学の梁賢柱(リャン・ヒョンジュ)です」 「コロナ禍という難しい状況の中で、「サッカーができる環境」を作ってくださり、加入に携わっていただいた多くの関係者の皆様、ありがとうございました」 「またこれまで指導してくださった監督、コーチ、常に私を応援してくれた両親や仲間達に感謝します」 「私はFC今治に加入するまで、3つのJクラブに練習参加させていただきました。心に刻まれたのは、プロの選手は『何かを持っている』ということです。その『何か』とは高い技術力だけではなく、深い感受性があることです。 練習生の立場、その時間で、プロ選手たちの中でも埋もれず、自分を信じ、発揮しようと強く取り組んだ結果、FC今治という素晴らしいクラブに加入することができました」 「プロキャリアをFC今治でスタートできるこの喜びと練習生期間に感じたプロの世界で生き抜くための覚悟は、忘れません」 「そして、この今治という自然豊な町で戦える事に感謝し、「サッカーを通じた元気」を体現する中で、活気溢れる地域作りに貢献していきたいです」 「最後に自分のストロングである「ゴールを奪う姿勢」「明るい性格」で、"FC今治と言えばリャンヒョンジュ"と言われるように頑張ります。 応援よろしくお願いします」 2021.03.03 12:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly