サウサンプトン移籍は「自分の力を証明したかった」南野拓実が日韓戦に意気込む「内容よりも結果が大事」

2021.03.24 12:54 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表は24日、国際親善試合の韓国代表戦に向けた合宿3日目を迎えた。

2019年11月以来となる国内での代表活動。今回のメンバーには、昨年のヨーロッパ遠征では招集されなかったJリーグ組も14名招集され、新たな選手も多く名を連ねた。

22日からトレーニングをスタートたせた日本代表。3日目のトレーニング前に選手たちがオンライン取材に対応した。

海外組として参加するサウサンプトンのFW南野拓実。今回のメンバーでは経験を積んでいる方の選手となるが、その点については「それなりに試合に出させてもらっているという感覚はありますし、今回国内組の選手も多くて、初招集の選手たちが多い中で、結構呼ばれている選手たちがしっかり中心になって、チームを引っ張っていかないといけないというところがあると思います」とコメント。トレーニングでは先頭でランニングを行うなどしていたが「それを特別意識しているわけではないですが、そういったところは重要かなと思います」と、チームを引っ張る自覚も生まれていると語った。

その南野は、昨年の欧州遠征時はリバプールに所属していたが、出場機会を求めてサウサンプトンへとレンタル移籍。移籍後はチームの成績は出ていないものの、南野は2ゴールの活躍を見せている。

現在のコンディションについては「コンディションはリバプールにいた時よりも試合に出場する時間も多くなってきていますし、そこの部分では良い感じになってきていると思います。問題ないです」とコメント。サウサンプトン移籍については「僕は単純に試合に出場したくて、自分の力を証明したかったので、この機会をオファーが来た時に使いたいと思いましたし、シーズンが終わってからその決断がよかったなと思えるようにしたいです」と語り、環境を変えたかったと明かした。

サウサンプトンでは2列目の左で起用されることが多い南野。移籍したことでの発見については「移籍して継続的に試合に出ることで自分のリズムもつかめて、良さを出せてきていると思います。選手にとって一番重要なのは試合に出続けることだなと感じました」とし、リバプール時代に継続して試合に出られなかったことの難しさを感じたと明かした。

またプレッシャーに関しては「出場時間が増えているのでゴール前でのプレー時間も増えて、そこで慣れるということは重要です」と語り、「リバプールにいた時よりもゴール前でのリズムを取り戻しつつあると思いますし、よくなっているところの1つです」と、感覚としても取り戻し、変なプレッシャーを感じていないと明かした。

今回の日本代表には世代別の代表で共にプレーしていたDF中谷進之介(名古屋グランパス)やMF川辺駿(サンフレッチェ広島)が初招集を受けている。新しい選手もそのほか増えた中では「確かに今回の代表で凄く若い選手も増えてきているなと思いますし、アンダーで一緒にやっていた選手たちも練習で質が高いなと感じていますし、すぐに代表の力になれる選手だと思います。そういった選手たちの特徴を生かしつつ、良い試合ができたらと思います」と語り、新たなチームでも結果を出したいと語った。

その南野は、トップ下でプレーする可能性が高いが、ポジションについては「ポジションは自分が決めることじゃなくて、監督に与えられたポジションで全力を尽くすだけだなと思っています」とコメント。一方で役割については「自分が求められているところはゴールやアシストの結果だと思いますし、どこのポジションに入っても良いポジショニングをとってターンからシュートとか、攻撃のつなぎ役になるとか、相手にとって怖い選手であるためにどうすれば良いかということを考えてプレーしたいなと思います」とコメント。「誰がどこのポジションに入ってということはあまり気にしていないです」と、ポジションよりもプレーの内容にフォーカスしたいとした。

前回の欧州遠征では、善戦しながらもメキシコ代表に敗れていた。その試合の課題については「メキシコ戦は前半もチャンスがあった中で決め切れずに負けてしまって、ワンチャンスを決める重要性とかはみんなが共有して感じている部分だと思います」とコメント。「僕は特に攻撃の選手ですし、そういう部分にこだわっていかないといけない。ワールドカップではそういった部分がものをいうと思います」とし、「今回も2試合でそういう部分にこだわっていければと思います」としっかりとゴールを奪い切ることが大事であると語った。

また韓国戦については「やっぱり色々な意味で注目度の高い一戦だと思いますし、どういう状況であれ日韓戦は非常に重要だと理解しています」と語り、「A代表では初めての日韓戦なので、全然重みが違うと思いますし、僕自身も内容よりも結果が大事な試合だと理解しています。良い準備をしたいです」と語り、必勝を口にした。

関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.81】U-24フランス戦MVPとも言われる存在感。マルチタスクで東京五輪金メダルに貢献へ/旗手怜央(川崎フロンターレ/MF)

東京五輪1次リーグ突破のかかった7月28日のU-24フランス戦(横浜)。三好康児(アントワープ)、相馬勇紀(名古屋)と、試合ごとに左サイドアタッカー要員を入れ替えてきた森保一監督が大一番に抜擢したのが、旗手怜央(川崎F)だった。 右太ももの張りで別メニュー調整が続いていた三笘薫(川崎F)ではなく、旗手を選んだことは、傍目から見てもサプライズに映ったが、背番号13をつける男は序盤からグイグイと飛ばした。開始早々の8分にペナルティエリア手前から強烈シュートをお見舞いし、対面に位置するランダル・コロ・ムアニ(ナント)に激しく寄せていく。 そして前半27分の久保建英(レアル・マドリード)の先制弾のシーンでは、上田綺世(鹿島)の強烈シュートを相手GKポール・ベルナルドーニ(アンジェ)が弾いた瞬間、いち早くこぼれ球に反応した。DFを引きつける鋭い動きで久保がフリーになったのは確か。黒子の仕事で彼は1点目をお膳立てしたのだ。 旗手の活躍はこれだけではなかった。前半34分の酒井宏樹(浦和)の追加点の場面では、久保との連携で起点となり、後半25分の三好の3点目をアシスト。前田大然(横浜)が入ってきた後半34分以降は左サイドバック(SB)に下がってプレーした。 今回のフランスがU-24世代のベストチームではないにせよ、これだけ屈強で大柄な面々と対峙しても全く動じず、互角以上の強度と運動量を発揮し、4-0勝利の原動力になれるとは、本人も想像していなかったかもしれない。日頃、辛口のサッカー解説者・セルジオ越後氏もサッカー専門誌上で「フランス戦のMVP」に挙げるほど、旗手は大きなインパクトを残した。 疲労蓄積が進み、出場停止やケガ人が出る可能性も高い決勝トーナメント以降は彼のような“伏兵"がさらに効果的な働きをしなければいけない。その布石を打てたことで、本人も大いに自信を深めたに違いない。 振り返れば1年半前の2020年1月。旗手はAFC・U-23選手権(タイ)惨敗の屈辱感を胸に秘め、川崎フロンターレの大卒新人として新たな一歩を踏み出していた。その時点で半年後の東京五輪は遠く、彼自身も「五輪は夢のまた夢」と発言していた。 しかしながら、新型コロナウイルスの影響で1年延期が決定。その間、彼は川崎で力を蓄えた。同期の三笘が華々しい活躍を見せる傍らで、旗手自身は試合に出られないことも多かったが、シーズン終盤に左SBで起用されてから状況が一変。「攻撃から守備まで柔軟にこなすマルチタスク」として評価を一気に上げ、森保監督と横内昭展コーチに認められる形になった。 僕は試合に出られるなら何でもいい。SBにしても、前のポジションにしても、見えるものも毎試合変わりますし、それに対して臨機応変に対応していかないといけない。今はその対応がうまくいっているんじゃないかと思います」と本人も語っていたが、前目のポジションで五輪に出ることはあまり考えていなかったはず。あくまでSBとして世界と対峙することを主眼に置いていたはずだ。けれども、ふたを開けてみれば、アタッカーとしての存在感を大いに発揮する形になっているのだから、サッカーはどう転ぶか分からない。ポリバレント性が評価されていなかったら、18人のメンバー入りもなかったわけだから、本当に幸運の男だ。こういうラッキーボーイが出現してこそ、日本は高いステージまで勝ち上がり、53年ぶりのメダルに手が届くのだ。 決勝トーナメント以降の旗手の起用法は森保監督の胸先三寸だろう。ただ、遠藤航(シュツットガルト)と田中碧(デュッセルドルフ)、中山雄太(ズヴォレ)が1枚ずつ警告をもらっていることを考えると、この先は左SBでの出場が増えそうだ。遠藤か田中に何かあれば、中山は板倉滉(フローニンゲン)とともにボランチをこなさなければいけなくなる。そういった状況が31日の準々決勝・ニュージーランド戦(カシマ)で起きないとも限らない。だからこそ、万能プレーヤーには最高の準備をしてもらう必要がある。 「対戦相手がどこであろうと僕自身は試合ができることが毎回楽しみ。国際舞台を経験できる機会というのはなかなかないこと。今回、五輪という素晴らしい場なので、そこでしっかりやりたいと思ってます。 どこで出ても重要になるのは、連携やプレー1つ1つの精度。自分のやりたいことと周りにいる選手のやりたいことを意思疎通し、個人的なミスやパスミスを減らしていくこと。そういった基本的なことをしっかりやれれば、得点失点にしっかりつながるんじゃないかと思ってます」 大会直前に地に足の着いたコメントをしていた旗手。そんな言い回しを聞いていても、人間的に一皮剥けた印象もある。今、ここで頂点まで突き進み、彼自身もステップアップのチャンスをつかめれば、静岡学園高校時代の恩師・川口修監督から託された「UEFAチャンピオンズリーグに出るような選手になれ」という高みにも手が届くかもしれない。 いい流れが来ている今のタイミングを逃す手はない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.07.31 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【U-24日本代表プレビュー|準々決勝】不安材料は酒井宏樹が不在のSB、気をつけたいNZの高さ/vsU-24ニュージーランド代表【東京五輪】

31日、東京オリンピックの男子サッカー準々決勝が行われる。我らがU-24日本代表は、U-24ニュージーランド代表と対戦する。 勝てばベスト4入り。2012年のロンドン・オリンピックと同じ舞台にまでたどり着く。目指す金メダルまではあと3つ。その第一歩を踏み出す。 <span class="paragraph-title">◆唯一の3連勝、状態は良好</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210731_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 中2日での難しい日程、そして高温多湿というサッカー以外の競技でもアスリートたちに多くの影響を出しているこの気候。そんな中、開催国のプレッシャーもある日本だったが、グループステージでは16チーム中唯一の3連勝で突破を果たした。 大会前から森保一監督をはじめ選手たちも公言していた金メダルに向けて、グループステージ突破は必須だったが、3連勝という結果を残せたことは大きな力となっているはずだ。 南アフリカ、メキシコ、フランスと苦しいグループとも言われたが、各国が調整や選手招集に大きく苦しむ中、日本は大きなバックアップも受けてチーム作りを進めてきた。その結果が出たグループステージだったと言えるだろう。 ここまでの戦いで失点もU-24メキシコ代表戦のFKが直接入ったもののみ。流れの中からの決定機は3試合を通じてほとんど作らせていない。結果だけでなく、内容を見ても大きな手応えを感じているはずだ。 フランス戦ではリードを奪ったこともあり、選手をわずかでも休ませることができた。その辺りのマネジメントが上手くいっていることも金メダルへの好材料といえるだろう。 気にすべきは出場停止にリーチがかかっている選手が多いという点か。すでにフランス戦でDF酒井宏樹(浦和レッズ)がイエローカードをもらい、このニュージーランド戦を欠場する。現在、MF遠藤航(シュツットガルト)、MF堂安律(PSV)、DF中山雄太(ズヴォレ)、MF田中碧(川崎フロンターレ)、DF冨安健洋(ボローニャ)が1枚もらっている状態。このニュージーランド戦が終われば一度リセットされるが、勝ち上がらなければ意味をなさない。ハードに行きつつも、カードはもらわない戦いが求められることとなる。 <span class="paragraph-title">◆危険なのは高さと強さ</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210731_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対するニュージーランドは、グループBを2位で通過。1勝1分け1敗という成績だった。 初戦のU-24韓国代表戦では、難しい試合をしながらもワンチャンスをものにして1-0で勝利。勝ち切る強さを持っており、最終戦のU-24ルーマニア代表戦もしたたかに引き分けて勝ち上がりを決めた。 一方で、第2戦のU-24ホンジュラス代表戦では2-3と敗戦。終始リードして戦っていながらも、終盤に押し込まれて敗れたという稚拙な試合運びも見せていた。 そのホンジュラス代表は、大会前に日本が対戦。調整もまだしっかりできていない状態だったとはいえ、3-1で日本が勝利した相手だ。チーム力という観点から行けば、日本の方が優位に立てるだろう。 しかし、気をつけなければいけない相手でもある。それは高さと強さ。ヨーロッパでも戦っている選手がいるニュージーランドにおいては、その強度は低くなく、油断しては足元をすくわれる可能性はある。 特に警戒すべきはオーバーエイジで参加しているバーンリーのFWクリス・ウッドだ。プレミアリーグでも通用している高さを持つウッド。A代表が二ユージーランドと対戦した直近の2試合は、2014年に4-2、2017年に2-1と日本が勝利しているものの、ニュージーランドの3点は全てウッドが決めたものだ。 クロスからの失点、セットプレーの対応など、流れを無視した得点も奪える相手。CKなどの対応にはしっかりと行いたい。 <span class="paragraph-title">◆予想スタメン[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210731_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK:谷晃生 DF:橋岡大樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、三笘薫 FW:上田綺世 監督:森保一 これまでから大きなメンバー変更はないと見る。GKは4試合連続でGK谷晃生(湘南ベルマーレ)だろう。徐々に落ち着いたプレーが増え、安定感も増してきた。3試合目のクリーンシートを目指してもらいたい。 最も懸念されるのが酒井の不在だ。フランス戦で見せたFWアンドレ=ピエール・ジニャックへの対応はニュージーランドも狙ってくるはず。中に絞ってしっかりと競り合えるSBが不在であることは、日本の唯一の不安材料と言っても良い。 代役は間違いなくDF橋岡大樹(シント=トロイデン)だろう。フランス戦も酒井に代わって途中出場し、予行演習は行えた。高精度のクロスで何度か決定機を生み出した点もプラス。ジニャック対応も本来の橋岡の強みである対人の強さを見せていた。クリス・ウッド相手にどういう対応を見せられるか。橋岡の真価が問われるだろう。 センターバックはDF吉田麻也(サンプドリア)とDF冨安健洋(ボローニャ)だろう。安定感は抜群。2人の連携でしっかりと対応してクリーンシートを目指してもらいたい。 左サイドバックもDF中山雄太(ズヴォレ)で変わりないだろう。3試合連続での先発で、徐々に安定してきている状況。前の組み合わせが変わった中でどういう動きを見せるかに注目だ。 ボランチはともに累積警告がリーチだが、MF遠藤航(シュツットガルト)とMF田中碧(デュッセルドルフ)で間違いない。安定したパフォーマンスを見せている中で、休みを与えられる試合展開にできるのが理想だ。 2列目も右にMF堂安律(PSV)、中央にMF久保建英(レアル・マドリー)が入ることは間違いなさそうだ。久保は4戦連発に期待がかかる。フランス戦は休めただけに、万全の状態で勢いづけるゴールを期待したい。 そして注目の左サイドだが、満を辞してMF三笘薫(川崎フロンターレ)と予想する。ここまで三好康児(アントワープ)、相馬勇紀(名古屋グランパス)、旗手怜央(川崎フロンターレ)と唯一3試合とも違う選手が先発したポジション。4枚目のカードとして三笘が相手の守備網を切り裂くことを期待したい。 1トップも悩ましいところだが、FW上田綺世(鹿島アントラーズ)と予想する。フランス戦を休んだFW林大地(サガン鳥栖)という手もあるが、ゴールへ向かうクオリティという点では上田はフランス戦で素晴らしいものを見せた。自身のゴールはなくとも2点につながるシュートを打てたことが大きな違いだ。林のポストプレーで2列目を生かすという選択肢もあるが、上田のゴールへ向かう動きで2列目を生かすという戦い方を期待したい。 負ければ敗退の一発勝負。なでしこジャパンの無念を晴らすために勝利が期待される一戦。U-24ニュージーランド代表戦は31日の18時にキックオフを迎える。 2021.07.31 14:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「永遠のヒーロー」攻守に躍動、1ゴールのDF酒井宏樹が元相棒との再会を喜ぶ

U-24日本代表のDF酒井宏樹が、友人との再会を喜んだ。 U-24日本代表は28日に、東京オリンピックのグループステージ最終節でU-24フランス代表と対戦。酒井は右サイドバックとして3試合連続の先発出場を果たした。 引き分け以上でグループステじ突破が決まる日本と、2点差以上の勝利で自力でグループステージ突破を決められるフランスの一戦。しかし、日本が前半に2点を奪うと、後半も2点を奪い、4-0で勝利。16チーム中唯一の3連勝で決勝トーナメント進出を決めた。 酒井はこの試合も右サイドバックで先発。守備対応、攻撃参加とピッチで躍動すると、チームの2点目を豪快に決めて五輪初ゴールを記録。しかし、イエローカードをもらってしまい、準々決勝では出場停止となることが決まった。 試合後、酒井はマルセイユ時代の同僚であり、現在はメキシコのティグレスへと移籍したFWフロリアン・トヴァンとの2ショットをインスタグラムで掲載。さらに、この試合でゴールを決めたMF久保建英、MF三好康児、FW前田大然との4ショットを掲載して喜びに浸った。 酒井はフランス語で「日本でフランス代表に会えたことをとても嬉しく思います」とし、「フロ(フロリアン・トヴァン)、5年間本当にありがとうございました。何度もお世話になりました。あなたは永遠のヒーローです」と綴り、チームメイトであったトヴァンへの敬意を示した。 また日本語でもメッセージを掲載している。 「ここ日本でフランスと試合できてまさか自分が得点するとは思いませんでした。サッカーの神様に感謝します!」 ⁡ 「そして5年間一緒だった相棒との試合はとても運命的でした。彼のおかげで長い間マルセイユでプレーする事が出来たことを感謝しています。一生大切な友人です」 <span class="paragraph-title">【写真】元相棒との2ショット&得点者4名の仲良しショットも!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CR3_9TNJZdw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CR3_9TNJZdw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CR3_9TNJZdw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Hiroki Sakai 酒井宏樹(@hiroki.sakai_19)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.07.29 18:26 Thu
twitterfacebook
thumb

フランス紙が日本を採点、最高点はMF久保建英「スピードで苦しめた」、酒井宏樹、旗手怜央も高評価

U-24フランス代表を相手に0-4で快勝したU-24日本代表。フランス『レキップ』が、日本の選手たちを採点した。 28日、東京オリンピックのグループステージ最終節でフランスと日本が対戦。フランスとしては勝利しかグループステージ突破の道がない状況で日本戦に臨んだ。 前半に日本はMF久保建英、DF酒井宏樹がゴール。後半にはMF三好康児、FW前田大然がネットを揺らし、0-4で日本が勝利。3連勝で日本は突破を決めた。 『レキップ』は両チームを採点。最高点は久保の8点(10点満点)。高い評価を下した。 「昨シーズンレアル・マドリーからヘタフェにレンタルされた攻撃的MFは、ライン間でプレーを楽しみ。フランスをスピードで苦しめた」 「目を見張るのは、28分には先制点を決め、34分には2点目のゴールを生み出し、一定の結果を残した」 「ハーフタイムに三好と交代。三好が3点目を決めた」 また、長らくフランスでプレーし1ゴールを決めた酒井は7点の評価。 「元マルセイユの右サイドバックは、ティモシー・ペンベレとの競り合いを制し、背後にしっかりと走り込んだ。ゴールは攻撃への貢献に報いるものだった」 「54分に交代したが、日本はすでに次に向けて考えることができた」 またDF旗手怜央についても評価。フランスを苦しめたとした。 「左サイドでとても活発に動き、定期的にゴールに迫ってシュートを放った。最初のシュートはベルナルドーニにセーブ、52分、57分のシュートは正確性を欠いた。しかし、彼のプレーはフランスを疲弊させた」 ◆U-24日本代表採点 GK 谷晃生 6 DF 酒井宏樹 7 吉田麻也 6 冨安健洋 5 中山雄太 6 MF 田中碧 6 遠藤航 6 堂安律 6 久保建英 8 旗手怜央 7 FW 上田綺世 6 監督 森保一 7 2021.07.29 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

東京五輪ベスト8が決定! 3連勝で首位通過の日本は準々決勝でニュージーランドと対戦《東京オリンピック》

28日、東京オリンピックの男子サッカーのグループステージ全日程が終了。ベスト8進出国が決定した。 U-24日本代表は、グループAで強豪3カ国と同居。当初は死の組とも言われたグループだったが、終わってみればグループステージで唯一3連勝を収め、首位で通過した。 また、グループAは最終戦で日本に敗れたU-24フランス代表は3位となり敗退。2位にはU-24メキシコ代表が入った。 グループBは敗戦スタートとなったU-24韓国代表がU-24ルーマニア代表、U-24ホンジュラス代表相手に連勝。ホンジュラス戦は6-0と圧勝して首位通過を決めた。2位にはその韓国に初戦で勝利したU-24ニュージーランド代表が入っている。 グループCは初戦で2人のケガ人を出した優勝候補のU-24スペイン代表が1勝2分けとして首位通過。2位には最終戦でU-24オーストラリア代表に0-2で勝利したU-24エジプト代表が最下位からの逆転突破を決めた。U-24アルゼンチン代表は3位で敗退した。 グループDは連覇を目指すU-24ブラジル代表が2勝1分けで首位、2位にはU-24コートジボワール代表が入り、U-24ドイツ代表は3位で敗退となった。 なお、準々決勝では日本はニュージーランドと対戦することが決定した。 【最終順位】 ■グループA 1.日本 勝ち点9 2.メキシコ 勝ち点6 3.フランス 勝ち点3 4.南アフリカ 勝ち点0 ■グループB 1.韓国 勝ち点6 2.ニュージーランド 勝ち点4※得失点0 3.ルーマニア 勝ち点4※得失点-3 4.ホンジュラス 勝ち点3 ■グループC 1.スペイン 勝ち点5 2.エジプト 勝ち点4 ※得失点差+1 3.アルゼンチン 勝ち点4 ※得失点差-1 4.オーストラリア 勝ち点3 ■グループD 1.ブラジル 勝ち点7 2.コートジボワール 勝ち点5 3.ドイツ 勝ち点4 4.サウジアラビア 勝ち点0 ◆準々決勝 ▽7月31日(土) 《17:00》 U-24スペイン代表 vs U-24コートジボワール代表ー【27】 [宮城スタジアム] 《18:00》 U-24日本代表 vs U-24ニュージーランド代表ー【25】 [県立カシマサッカースタジアム] 《19:00》 U-24ブラジル代表 vs U-24エジプト代表ー【28】 [埼玉スタジアム2002] 《20:00》 U-24韓国代表 vs U-24メキシコ代表ー【26】 [横浜国際総合競技場] ◆準決勝 ▽8月3日(火) 《17:00》 【26】勝者 vs 【28】勝者ー【30】 [県立カシマサッカースタジアム] 《20:00》 【25】勝者 vs 【27】勝者ー【29】 [埼玉スタジアム2002] ◆3位決定戦 ▽8月6日(金) 《20:00》 【29】敗者 vs 【30】敗者 [埼玉スタジアム2002] ◆決勝 ▽8月7日(土) 《20:30》 【29】勝者 vs 【30】勝者 [横浜国際総合競技場] 2021.07.28 22:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly