徳島が宮代大聖の初ゴールでJ1ホーム初勝利!横浜FCは開幕6連敗【明治安田J1第6節】

2021.03.21 16:09 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
21日、明治安田生命J1リーグ第6節の徳島ヴォルティスvs横浜FCが鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、2-1で徳島が勝利した。ここまで未勝利の徳島と横浜FCの一戦。互いに初勝利を目指しての対戦となった。

ホームの徳島は前節からのスタメン変更は3名。安部、浜下、河田が外れ、石井、渡井、垣田が入った。

対する横浜FCはスタメンを2名変更。武田、ジャーメインが外れ、高木、杉本を起用した。

雨が降りしきる中、徳島は勝てばホームでのJ1初勝利となる一戦。徳島は3連敗、横浜FCは5連敗と、連敗を止めたい両者の対決となった。

立ち上がりは徳島が横浜FCゴールに迫るシーンもあったが、決定機は作れない。すると12分にアクシデント。横浜FCのFWクレーベが左足を痛めて座り込み、そのままピッチを後へ。FW伊藤翔を急遽投入することとなった。

徳島は右サイドバックの岸本を効果的に使い、攻勢を強める。対する横浜FCはなかなか攻撃の形を作れず、こう着状態のまま試合が進む。

徳島は41分にチャンス。左サイドへのスルーパスへ抜け出した渡井がマギーニョと競り合いながらボックス内侵入。マギーニョに奪われたかと思われたが、奪い返してシュートもブロックに遭う。

直後の42分には右サイドへと展開。低い位置から岸本がアーリークロスを入れると、ニアサイドの垣田には合わない。それでも流れたボールをファーサイドでカバーに入った杉本がヘッド。これがGK六反の脇を抜けてゴールに決まり、オウンゴールで徳島が先制する。

ラッキーな形で前半に先制した徳島。ここまで3試合で先制しながらも逆転されているだけに、なんとかリードを守って試合を進めたい展開となる。

しかし、迎えた後半は横浜FCが押し込むことに。すると58分にスコアを動かす。

左CKを得た横浜FCは瀬古がゴール前にクロス。これをファーサイドで袴田が滞空時間の長いヘッド。これが決まり、横浜FCが同点に追いつく。このゴールは袴田にとって初ゴールとなった。

またしても先制しながら追いつかれてしまった徳島。その中で66分に小西と垣田を下げ、鈴木徳真、浜下瑛を投入する。

この交代でトップに宮代をあげた徳島。すると、その宮代が結果を残す。

73分、自陣でボールを奪うと、パスを受けた渡井がドリブルで持ち上がりながらスルーパス。これに反応した宮代が抜け出すと、ボックス内に侵入。GK六反が飛び出すもループシュート。袴田がクリアに戻るが、わずかに届かずに勝ち越しに成功する。

徳島は77分に渡井、藤原を下げ、河田篤秀、藤田征也を入れる。

その後も横浜FCにペースを握らせないと、そのままアディショナルタイムへ。追いつきたい横浜FCはパワープレーで攻め込むが、ゴールを奪えない。

徳島は決死の守りで最後まで許さずタイムアップ。2-1で勝利した徳島は、今シーズン初勝利とともに、J1でのホーム初勝利を記録した。対する横浜FCは開幕6連敗とトンネルから抜け出せない状況となった。

徳島ヴォルティス 2-1 横浜FC
【徳島】
オウンゴール(前42)
宮代大聖(後28)
【横浜FC】
袴田裕太郎(後13)
関連ニュース
thumb

【Jリーグ出場停止情報】FC東京DF渡辺剛と福岡DF奈良竜樹が次節出場停止

Jリーグは24日、出場停止選手を発表した。 代表マッチウィークを挟んで3週間ぶりにJ1リーグが再開。そのJ1からはDF渡辺剛(FC東京)と、DF奈良竜樹(アビスパ福岡)の2人が、ともに警告の累積による1試合停止となる。 一方、通常通り行われていたJ2からはDF舞行龍ジェームズ(アルビレックス新潟)、MF平野佑一(水戸ホーリーホック)、そしてDFチャン・ミンギュ(ジェフユナイテッド千葉)の3名が出場停止に。 チャン・ミンギュは19日に行われた第19節のジュビロ磐田戦の後半アディショナルタイムに相手の決定機阻止で一発退場を命じられていた。 【明治安田生命J1リーグ】 DF渡辺剛(FC東京) 第19節 vs徳島ヴォルティス(6/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF奈良竜樹(アビスパ福岡) 第20節 vs浦和レッズ(6/27) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF舞行龍ジェームズ(アルビレックス新潟) 第19節 vsブラウブリッツ秋田(6/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFチャン・ミンギュ(ジェフユナイテッド千葉) 第20節 vsギラヴァンツ北九州(6/26) 今回の停止:1試合停止 MF平野佑一(水戸ホーリーホック) 第20節 vsアルビレックス新潟(6/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2021.06.21 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

職域でのワクチン接種が解禁、選手たちの接種も進む可能性…Jリーグ村井満チェアマン「様々な関係者に働きかけを」

JリーグとNPBは21日、「第34回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。 今回の連絡会議の議題は、緊急事態宣言が解除されたことによるマネジメントの変化について。そして、21日からスタートする職域でのワクチン接種が本格化する中、その対応などについて議論がなされた。 これまでは、医療従事者や高齢者に対して優先的に新型コロナウイルスのワクチン接種が進められてきたなか、日本国民の多くがワクチンを早急に接種できるように職域での接種が解禁となる。 企業や大学などが自ら医療従事者や会場を確保し、1000人以上の規模で実施することが求められる職域接種。これに関して、Jリーグクラブについては「57クラブがあり、北海道から沖縄まで全国に分散しており、ワクチン接種が都道府県によって進捗度合いが違うために全てクリアしているわけではない」とJリーグの村井満チェアマンはコメント。「いくつかのカテゴリー、責任企業やスポンサーなどがあるところがそういったものを利用して接種してほしい」と語り、クラブの母体となっている企業やスポンサー企業の中で実施する可能性を示唆した。 一方で、市民クラブなどもある状況だが「様々な関係者に働きかけを行っている」とコメント。「地域企業との連携も図っている」とし、「Jリーグから働きかけるものやクラブが主導で行うパターンもある」と色々なパターンで接種が進むようにと語った。 また、時期についても「7月を目処に、オリンピックの中断中に接種が進められればと思っている」と語り、今後1カ月の間に接種が進んでいくことになるとのこと。多くの選手たちが早期にワクチンを接種できるように動いていると語った。 また、NPBの斉藤惇コミッショナーは「NPBは職域の接種はカバーできる体制ができた」とコメント。「球団単体で行うところや機構で大学や医療機関と協力して職域を作ってやるということで、関係者全員が接種できる体制を作っている」と周囲との協力もあって実現するとのことだ。 ワクチン接種で1つ変化が起こりそうなことは濃厚接触者の判定だ。これまでと同様のルールで濃厚接触者を特定すべきかどうかは、ここから議論が行われるという。 専門家チームの座長を務める賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は「ワクチンを打った方は濃厚接触者の定義にハマるかどうかはこれから議論が行われる」とコメント。「政府や厚労省の議論を見ながら」と、国の判断として、ワクチン接種者の取り扱いがどうなるかを見る必要があるとした。 また、JリーグやNPB独自の濃厚接触者の定義があるが、その点については「濃厚接触者から外せるかを見ていこうと議論がなされた」と語り、対応を考えて行っている途中とのことだ。 選手のみならず、観客もワクチン接種が今後進んでいくことになるが、動員数の変更については国の判断に合わせていくとコメント。1万人、または50%の少ない方という制限が変わるのかにも注目が集まる。 2021.06.21 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島MF遠藤康が右ハムストリング筋損傷で全治4週間

鹿島アントラーズは21日、MF遠藤康の負傷を発表した。 クラブの発表によると、遠藤は16日に行われた天皇杯2回戦のY.S.C.C.横浜戦で負傷したとのことだ。 遠藤はチームドクターによる検査の結果、右ハムストリング筋損傷と診断。全治は約4週間とのことだ。 今シーズンの明治安田生命J1リーグで12試合に出場。YBCルヴァンカップで7試合に出場していた。 2021.06.21 10:37 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南が逆転で6試合ぶりの白星! 浦和はユンカー2発も2度のリードを守り切れず【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、浦和レッズvs湘南ベルマーレが20日に埼玉スタジアム2002で行われ、アウェイの湘南が3-2で勝利を収めた。 ルヴァンカップではヴィッセル神戸との接戦の末にプライムステージ進出を決めた浦和。古巣対戦の金子をリーグ戦12試合ぶりにスタメンで起用した。かたやFC東京に完敗を喫してルヴァンカップ敗退が決まった湘南は負傷明けのタリクがリーグ戦3試合ぶりに先発に名を連ねた。 セットプレーからゴールに迫る回数の多かった序盤の浦和は攻め残っていた槙野が点に絡む。小泉が左のハイサイドへスルーパスを送り、明本がダイレクトでクロスを入れる。ゴール前で混戦となるも槙野が倒れながらも粘ってキャスパー・ユンカーへわたすと、チームトップスコアラーは冷静に左隅を射抜いて見せた。 攻撃の形を作れない湘南は、浦和のビルドアップへ圧力をかけて決定機を作る。ゴールキックを受けた金子から岩波へのパスを、ウェリントンがボックス左でカット。田中聡へ戻してゴール前に送られると、池田がスルーして、最後は古巣対戦となった山田が右足で沈めた。 浦和は直後に縦一本のパスからユンカーが抜け出してシュート。さらにはボックス手前の左から伊藤敦樹がミドルで狙うが、いずれもGK谷がセーブする。35分にはユンカーが自陣で小泉とのパス交換を経てスルーパスを送ると、抜け出した田中達也が1人で長い距離を運ぶ。だが、ペナルティエリア手前で追い付いた高橋に対応されてしまう。 次第にボールを持つ時間が増えた湘南はシンプルにウェリントンへ当てるのでなく、中盤で揺さぶりながら機をうかがう。フィニッシュに至るシーンは作れないものの、押され気味だった展開に一つ間を入れた。 同点で迎えた後半もホームチームが先に試合を動かす。クリアボールを自陣中央でユンカーが落とし、小泉は高い最終ラインの裏へスルーパスを送る。ハーフウェイラインより少し高い位置でリターンを受けたユンカーはファーストタッチでDF2人を置き去りにし、飛び出してきたGK谷の動きを見て鮮やかなループシュート。美し過ぎるカウンターがさく裂し、53分に浦和が再びリードを奪った。 攻勢を強める浦和は64分、縦パスを受けたユンカーが左右のステップでマークをはがし、ボックス手前左から狙うも右のポストに嫌われてしまう。直後には大久保、ユンカーにゴール前で決定機が訪れるも、どちらもGK谷が立ちはだかり、ビッグセーブでチームを救った。 なかなかシュートまで持ち込めない湘南だったが、70分に高さが生きる。右サイドで作って田中聡、山田を経由して左へ展開すると、左サイドにポジションを移していた畑が相手をかわしてボックス左角付近からインスイングのクロス。対応にきたGK鈴木彩艶の前に入ったウェリントンが頭で合わせ、またしても試合を振り出しに戻した。 さらに87分、湘南は相手のビルドアップのミスを突いてマイボールにすると、名古が左に叩いて梅崎がクロスを送る。一度はDFにブロックされるが、自ら拾って再びファーへクロス。ボックス右でこぼれ球を拾った岡本は左足でニアを抜き、湘南がついに逆転に成功した。 残り時間は浦和の猛攻にさらされたものの、湘南が凌ぎ切って6試合ぶりの白星を手にした。一方の浦和は2度のリードを守り切れずに逆転負け。ユンカーがメンバー入り後、初の黒星を喫した。 浦和レッズ 2-3 湘南ベルマーレ 【浦和】 キャスパー・ユンカー(前9、後8) 【湘南】 山田直輝(前27) ウェリントン(後25) 岡本拓也(後42) 2021.06.20 21:57 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島、ファン・アラーノの劇的同点弾で勝ち点1を拾う…仙台は降格圏脱出も逃げ切れず【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、鹿島アントラーズvsベガルタ仙台が20日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ホームの鹿島は現在9位に位置。ルヴァンカップのプレーオフステージ突破を決め、16日に行われた天皇杯第2回戦のY.S.C.C.横浜戦でも8-1の快勝と好調を維持するなかでの今節に向け、小泉をエヴェラウドに変更して試合に臨む。 一方、仙台は現在18位と残留争いの渦中。9日に行われた天皇杯第2回戦のいわてグルージャ盛岡に0-1の敗戦を喫しての今節に向け、GKストイシッチをリーグ戦で初先発させ、巻き返しを図る。 試合は立ち上がりから仙台が縦に速い展開でゴールに迫る。1分に西村が左サイドの氣田からのクロスにヘディングで合わせ、ゴールに迫るが、ここはGK沖がセーブ。対する鹿島も18分、右サイドの土居が上げたクロスにエヴェラウドが頭で合わせるが、ここはGKストイシッチにキャッチされてしまう。 さらに、2分後にもゴール前の混戦から常本がシュートを放つも、これは枠の右に外れた鹿島だが、26分にもカウンターから決定機。ピッチ中央からドリブルでボールを持ち上がった荒木が右サイドを駆け上がった常本にラストパスを出す。バイタルエリア右からフィニッシュに持ち込むが、GKストイシッチが触れたボールを石原にゴールライン手前でクリアされる。 その鹿島は前半アディショナルタイム1分、バイタルエリア手前からディエゴ・ピトゥカが浮き球パスを出すと、エヴェラウドがゴール前に頭で折り返して、同じくボックス内で待ち構える上田がヘッド。しかし、クロスバーに嫌われる。 後半も立ち上がりから攻める鹿島だが、GKストイシッチの牙城を崩せずにいると、61分にマルティノス、アピアタウィア久、上原を投入した仙台が均衡を破る。63分、アピアタウィア久が後方からロングフィードを出すと、これに反応した西村が犬飼と入れ替わり、最後はGK沖までかわして、無人のゴールにボールを流し込んだ。 追いかける展開を強いられた鹿島は失点直後に松村、小泉を投入。さらに、86分にファン・アラーノとJリーグ初出場の林も送り込み、GKストイシッチが立ちはだかり続ける状況の打開を試み続けると、最後の最後にこじ開ける。 後半アディショナルタイム7分、右CKのクリアボールを敵陣右サイドの深くで拾ったファン・アラーノが左足で低い弾道のクロスを送ると、誰にも触れられることなく、そのままゴールに吸い込まれ、鹿島が土壇場で追いついた。 結局、試合は白黒つかず、1-1でタイムアップ。鹿島が意地の勝ち点1を獲得した。一方の仙台は4戦無敗を継続。暫定ながら残留圏の16位に順位も上げたが、最後の最後に勝ち点2を取りこぼす結果に終わった。 鹿島アントラーズ 1-1 ベガルタ仙台 【鹿島】 ファン・アラーノ(後45+7) 【仙台】 西村拓真(後18) 2021.06.20 19:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly