ELでトッテナム撃破の立役者、オルシッチ代理人がイタリアからのオファー認める「連絡を取り合っている」

2021.03.20 21:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ディナモ・ザグレブのクロアチア代表FWミスラフ・オルシッチ(28)に対して、イタリアのクラブが興味を持っているようだ。

オルシッチは、かつてスペツィア(当時はセリエB)でプレーした経験があり、その後は、母国クロアチアのリエカや韓国の全南ドラゴンズや蔚山現代、中国の長春亜泰とアジアでプレーしていた。

2018年7月にディナモ・ザグレブに加入すると、今シーズンはここまでリーグ戦で21試合14ゴール6アシスト、ヨーロッパリーグ(EL)で10試合5ゴール2アシストの活躍を見せている。
特に話題を集めたのは、18日に行われたELラウンド16・2ndレグのトッテナム戦だ。

1stレグで2-0と敗れていたディナモ・ザグレブだが、オルシッチがハットトリックの活躍を見せて逆転勝利。チームのベスト8進出に大きく貢献していた。

そのオルシッチの代理人であるブランコ・フチカ氏がイタリア『カルチョ・メルカート』でコメント。ELでの活躍を語るとともに、イタリアへの復帰についても語った。

「彼はストライカーではなくウインガーだが、今は3シーズンにわたって全ての大会でチームのトップスコアラーだ」

「ハットトリックは信じられないほどのセンセーションだったし、彼はとても幸せそうだった。真実は、彼はここ数年とても良いプレーをしているということだ。昨シーズンのチャンピオンズリーグでのデビュー戦(アタランタ戦)でハットトリックをしているのを忘れてもらっては困る」

「彼はスペツィアでもっとプレーするに値していた。でも、イタリアの経験は助けになった。まだ若く、言語も知らず、試合の戦術的な側面を学ばなければならなかった。それは彼が言われた言い訳だった」

「いくつかのイタリアのクラブと連絡を取り合っている。彼は28歳になるが、イタリアへ戻ることを断ることはできない」

関連ニュース
thumb

【CLグループE総括】チェルシー首位通過、ミラン2位通過の順当な結果に

グループEは順当な結果となった。チェルシーは開幕2試合こそ躓いたものの、グループ最大のライバルであったミラン相手に連勝を収め、勢いそのままに首位通過。そのミランもチェルシーに連敗を喫したわけだが、他の4試合で3勝1分けの成績を収め、2位で通過することになった。2大会連続の決勝トーナメント進出を目指したザルツブルクや、初のグループステージ突破が悲願だったディナモ・ザグレブは無念の敗退となった。 ■グループE順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.チェルシー[13/4/1/1/6] 2.ミラン[10/3/1/2/5] 3.ザルツブルク[6/1/3/2/-4] 4.ディナモ・ザグレブ[4/1/1/4/-7] ◆監督交代が転機に…後半4連勝で首位通過~チェルシー~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221104_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> チェルシーは初戦のザグレブ戦と第2節のザルツブルク戦は監督交代を挟んだ過渡期にあり、1分け1敗のスロースタートに。だが、第3節でグループ最大のライバルと目されたミランからホームで3-0の快勝を収めると、続く第4節でも敵地で0-2の勝利。一気に首位に躍り出て、第5節のザルツブルク戦の勝利でグループ突破を決めた。そして、最終節では初戦で敗れたザグレブに借りを返すことに成功した。 やはり鍵となったのは監督交代。グループ初戦でザグレブに敗戦を喫した直後、新オーナーはトーマス・トゥヘル監督を解任し、グレアム・ポッター監督を招聘する博打に打って出ると、これが奏功。まだ攻守に課題の多いチームではあるものの、新たな風を取り入れたことが選手らの奮起に繋がり、第3節からの4連勝という結果となって表れた。 見事に首位突破を決めたことで、ラウンド16ではクラブ・ブルージュやフランクフルト、ライプツィヒといった比較的与し易い相手と当たる可能性が高まった。ただ、パリ・サンジェルマンやインテルなど、強豪も少なくない。 ◆イタリアの雄が9シーズンぶりの決勝トーナメントへ~ミラン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221104_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 11年ぶりのセリエA制覇という実績を携えて挑んだミラン。ザルツブルク、ザグレブとの開幕2試合で1勝1分けの成績を収め好スタートを切ったが、強敵チェルシーには2連敗。現状におけるセリエAとプレミアリーグの差を痛感する結果となった。 それでも、格下と見られたその他2クラブ相手にはほぼ取りこぼすことなく勝ち点を重ねた結果、最終的に勝ち点10を積み上げ2位通過。9シーズンぶりに決勝トーナメントへの切符を掴んだ。 キーマンとなったのは最後の2試合で3ゴールを挙げる活躍を披露したジルーだろう。衰え知らずの36歳は、今大会は全試合で先発出場し、4ゴールをマーク。古巣のチェルシー戦では遠慮がちだったが、とりわけ最終節のザルツブルクとの2位通過をかけた対決では2ゴール2アシストで全得点に絡んだ。 ◆新エース負傷で得点力が低下…ELで雪辱狙う~ザルツブルク~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221104_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループEで台風の目になったのはこのザルツブルク。国内9連覇中のオーストリアの絶対王者は、ミランとチェルシーとの開幕2試合を2分けで乗り切ると、第3節でザグレブに勝利し、好位置につけた。 ただ、2勝目が挙げられず迎えた最終節は、前述の通りミランとの2位突破をかけた直接対決に。しかし、第5節でチェルシーに惜敗し事切れたか、その最終節で4失点大敗。初めてCL決勝トーナメントに進んだ昨季から2年連続のベスト16入りを目指したが、今年はヨーロッパリーグに回ることになった。 ザルツブルクは新戦力のフェルナンドの活躍が期待されたが、リーグ戦7試合で4ゴール4アシストのマークしていた新ストライカーは、ケガで第2節以降欠場。今大会でチームが一度も複数得点が挙げられなかったのは、この男の不在が非常に大きかった。 ◆悲願の決勝T初進出は叶わず~ディナモ・ザグレブ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221104_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> クロアチアの絶対王者は今季も歯が立たずの結果に。チェルシーを破った初戦こそ期待が高まったが、続くミラン戦で敗れると、第2節以降は1分け4敗という成績に終わり、最下位でヨーロッパの舞台を後にすることになった。 その中で、チェルシーに土をつける一発を決めたオルシッチは一人気を吐く存在に。韓国のKリーグでも活躍した29歳はミラン戦でもネットを揺らしたが結果は伴わず。チームはまたしてもグループステージ敗退で、悲願の決勝トーナメント進出は叶わなかった。 2022.11.04 18:01 Fri
twitterfacebook
thumb

首位通過決定済みのチェルシーがザカリアのデビュー弾で逆転勝利! アーセナルとの週末ダービーへ弾み《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループE最終節、チェルシーvsディナモ・ザグレブが2日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-1で逆転勝利した。 2戦未勝利からの3連勝によって最終節を前に首位通過を決定したチェルシー(勝ち点10)は、3位でのヨーロッパリーグ(EL)行きに可能性を残す最下位のザグレブ(勝ち点4)とのグループリーグ最終戦に臨んだ。 今週末にアーセナルとのビッグロンドン・ダービーを控える中、直近のブライトン相手の新体制初黒星を払しょくしたいポッター監督は、このホームゲームで先発7人を変更。負傷の守護神ケパに代えてGKメンディを起用したほか、ザカリアを加入後初起用。また、負傷明けのクリバリやアスピリクエタ、オーバメヤンといったベテランを送り込んだ。 この試合でスターリングとオーバメヤンの2トップ、トップ下にハヴァーツを配置した[4-3-1-2]でスタートしたチェルシー。すでに突破を決めていることもあり、立ち上がりから緩さを見せると、ザグレブにその隙を突かれる。 7分、右サイドでモハラミがフリーで上げたクロスにファーでオルシッチが競ると、DFアスピリクエタの後頭部に当たったボールが浮き球の形でゴール前にこぼれる。これをペトコビッチが難なく頭で押し込んだ。 あっさりと先制を許したチェルシーは以降もシステムのミスマッチの部分、強度の問題でプレスが嵌り切らない場面が散見も、時間の経過と共にボールを握って押し返していく。16分にはハヴァーツの見事なアーリークロスに反応したスターリングに最初の決定機も、ここはボレーシュートを枠に飛ばせない。 それでも、直後の18分には後方からのビルドアップからジョルジーニョのグラウンダーのスルーパスに反応したオーバメヤンがボックス右に抜け出して絶妙なヒールパスを供給。これに中央で反応したスターリングが細かいステップワークでDFを外して左足のグラウンダーシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 早い時間帯の同点ゴールで完全に落ち着きを取り戻したチェルシーは、マウント、ジョルジーニョを起点に中盤でボールを動かしながらゲームをコントロール。すると、30分には右サイドでのスターリングとのパス交換でボックス右に抜け出したマウントがゴールライン際から鋭角なプルバック。DFが触ってゴール前にこぼれたところに詰めたザカリアが右足を振り抜くと、相手DFのゴールカバーに遭ったものの、ボールはそのままゴールラインを割った。 デビュー戦となったザカリアの価千金のデビューゴールで逆転に成功したチェルシー。以降は決定機こそ作れないものの、相手の反撃を危なげなく抑え込んで前半を1点リードで終えた。 迎えた後半、立ち上がりに与えたセットプレーでシュタロに決定機を許したが、ここはGKメンディの好守で凌ぐ。52分にはオーバメヤンが狙いすましたミドルシュートでゴールに迫るが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 時間の経過と共に後半も主導権を掴んだチェルシーは、なかなか追加点を奪えないが、64分にはハヴァーツ、オーバメヤン、クリバリを下げてチアゴ・シウバ、ギャラガー、ブロヤを投入する3枚替えを敢行。アーセナル戦を睨んで主力を下げていく。 後半半ばから終盤にかけても最少得点差のまま試合が進んでいく中、久々の出場で大きな負荷がかかったザカリアがプレー続行不可能となり、ロフタス=チーク、殊勲のスターリングを下げてプリシッチを投入したホームチーム。 ボールを握って相手をゴールから遠ざけつつ、マウントやギャラガーのシュートで相手GKを脅かす。86分にはチルウェルのクロスからゴール前にフリーで飛び込んだチアゴ・シウバに試合を決めるチャンスが訪れたが、ゴール至近距離でシュートを枠に飛ばせない。 それでも、試合終盤の相手の攻勢を危なげなく凌いだポッターのチームが2-1の逆転勝利を飾り、グループリーグを勝利で終えると共に週末のアーセナル戦に弾みを付けている。 2022.11.03 07:19 Thu
twitterfacebook
thumb

「もう一歩踏み出さなければ」次節引き分けでGS突破のミラン、ピオリ監督はその考えを否定「我々の考え方ではない」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、ディナモ・ザグレブ戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ミランは25日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE第5節でディナモ・ザグレブとアウェイで対戦した。 今シーズンのCLではチェルシーに連敗。初戦でもザルツブルクに引き分けており、3位という状況でこの一戦に臨んだ。 勝たなければ敗退の危機でもあった試合。しかし、ミランは高いパフォーマンスを見せる。 試合を支配すると39分にマッテオ・ガッビアが先制ゴール。1点リードで後半を迎えると、50分にはラファエル・レオンが追加点を奪うと、59分にはオリヴィエ・ジルーがPKを決めて3点差。69分にはオウンゴールで追加点を奪い、0-4で快勝した。 これにより2位に浮上したミラン。昨シーズンはグループステージ敗退だったが、突破に希望が見えた。 「我々は困難なスタートを切っていたが、落ち着いてきた。前線はとても危険だった。なぜなら我々には強力なフォワードがいるからだ」 「良い勝利だったが、我々はザルツブルク戦でファンの前でもう一歩踏み出さなければいけない」 「今では、チームはこういった決定的な試合に慣れている。ミスを犯すことはできないことを理解していた」 「我々は自分たちのクオリティを認識しているが、誰も過小評価はしていない。前回と比較して、重要なステップとなるグループを通過するというクオリティを今シーズンは持っている」 最終節は3位のザルツブルクとの試合。引き分け以上で突破が決まるが、敗れれば敗退となる。 ピオリ監督は、その前のリーグ戦に集中するとコメント。ザルツブルク戦は引き分けで良いという考えはしないとした。 「ドローで良い?まずはトリノ戦のことを考えよう。それからザルツブルク戦の準備をする。なぜなら、我々はリーグでもうまくやっており、継続していきたいからだ。次にザルツブルク戦のことを考える」 「引き分けで十分だと考える必要はない。それは、我々の考え方ではない」 結果だけでなく内容も良かった試合だが、まだまだ戦いは続くと語るピオリ監督。改めて、ザルツブルク戦が大事になるとした。 「ポジティブな状況もあれば、相手にやられる回数を減らすなど改善すべき点もある。個人の成長が集団の成長にも繋がる」 「この試合が岐路になったか?いいや、それはザルツブルクとの試合だろう。なぜなら、チャンピオンズリーグで昨シーズン以上の成績を残すための決定的な試合となるはずだからだ」 2022.10.26 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ディナモ・ザグレブに4発快勝のミランが2位浮上《CL》

ミランは25日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE第5節でディナモ・ザグレブとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 前節チェルシーに敗れて連敗を喫し、最下位に転落したミラン(勝ち点4)はジルーを最前線に、2列目に右からレビッチ、デ・ケテラエル、レオンと配置する[4-2-3-1]で臨んだ。 3位ディナモ・ザグレブ(勝ち点4)に対し、一進一退の攻防で立ち上がっていく。膠着した展開で推移していた中、32分に好機。右サイドからのカルルのクロスにジルーがヘッド。枠を捉えていたが、GKの好守に阻まれた。 それでも39分に先制する。トナーリのFKからガッティがダイビングヘッドでゴールに突き刺した。 ミランが1点をリードして迎えた後半、開始5分に追加点。左サイドをレオンがするすると持ち上がってボックス内へ。GKと一対一となり、これを決めきった。 突き放したミランは続く58分、ボックス内でトナーリが倒されてPKを獲得。これをジルーが決めて3点目を挙げると、69分に4点目。レオンの左クロスがリュビチッチのオウンゴールを誘った。 このまま4-0で快勝したミランが2位に浮上。最終節、ザルツブルクに勝利すると決勝トーナメント進出が決まる状況となった。 2022.10.26 06:09 Wed
twitterfacebook
thumb

CL決勝トーナメント進出へ必勝期すミラン、ピオリ監督「このチームはチャンスを生かすのが得意」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ突破のため必勝を誓った。イタリア『スカイ』が伝えている。 CLグループEでチェルシー相手に手痛い連敗を喫し、グループステージ残り2試合の時点で3位に転落したミラン。25日に敵地で行われる第5節のディナモ・ザグレブ戦で引き分け以下に終わると、自力での決勝トーナメント進出が消滅する可能性のある厳しい状況だ。 試合に先立って開かれた記者会見で、ピオリ監督は必勝が求められるこの試合の重要性を強調。自分たちのクオリティを発揮したうえで、勝利を掴みたいと意気込んだ。 「我々に決勝トーナメント進出のチャンスはある。そして、このチームはチャンスを生かすのが得意だ。ディナモ・ザグレブも非常に良いチームで、彼らは2021年12月以来ホームで負けていない。CLならではのトップゲームが待っているが、我々の準備はできている」 「トランジションに注意し、明晰なプレーが必要になるだろう。それはこの試合の重要な側面だ。グループステージの突破がほぼ決定づけられる重要な試合だからこそ、細部にまで注意を払う必要がある。我々は長い時間をかけて、自分たちのアイデンティティを確立してきた。だから、この試合でも自分たちの知っているやり方でプレーしなければならない」 また、ピオリ監督はCLで今季いまだ先発がないFWアンテ・レビッチに言及。同選手の勝負強さを称え、重要な場面での活躍を期待した。 「アンテは偉大な選手であり、何も問題はない。偉大な選手とは、こうした試合で作られるものだ。我々はすでに素晴らしいチームではあるが、個人のプレーで試合が決まることもあるだろう」 2022.10.25 17:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly