セインツFWチェ・アダムスがスコットランド代表初招集! 過去には故郷イングランドの世代別代表でプレー

2021.03.17 01:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンに所属するFWチェ・アダムス(24)がスコットランド代表に初招集された。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

シェフィールド・ユナイテッド、バーミンガムでのブレイクを経て2019年夏にサウサンプトンに加入したアダムスは、プレミアリーグ2年目となった今シーズンに28試合7ゴール4アシストと見事な数字を残している。

その進境著しいレスター生まれの24歳は過去にイングランドの世代別代表でプレー経験があったものの、祖父母のルーツがあるスコットランド代表でのプレーを今回決断した。

16日に2022年カタール・ワールドカップ(W杯)の欧州予選グループFの戦いに向けたスコットランド代表を発表したスティーブクラーク監督は、4年前に前任者のアレックス・マクリーシュ監督が招集に動いたこともあるアダムスの今回の決断に満足感を示している。

「先週始めに、彼が自分の国としてスコットランドを選ぶことに興味を持っているという情報を得た。ありがたいことに、何度か話をした後、彼は我々の味方になってくれた」

「彼と一緒に仕事ができることを楽しみにしているし、彼がチームに多くのゴールをもたらしてくれることを期待している」

なお、サウサンプトンにはスコットランド代表の主力を担うMFスチュアート・アームストロングが在籍しており、アダムスの今回の選択によってクラブ、代表チームの両方で同僚となる。

アダムスのスコットランド代表デビューが期待される今月の代表ウィークでは25日にオーストリア代表戦、28日にイスラエル代表戦、31日にフェロー諸島代表戦の3試合を戦う予定だ。

関連ニュース
thumb

デンマークが5発圧勝! 22得点無失点の圧巻スタッツで6連勝《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループF第6節、デンマーク代表vsイスラエル代表が7日に行われ、ホームのデンマークが5-0で勝利した。 予選5戦全勝でグループ首位に立つデンマークと、前節オーストリア代表に大勝を飾って2位をキープしたイスラエルによる上位対決。 勝ち点5差の頂上決戦は立ち上がりからデンマークが押し気味に試合を進めていくが、最初の決定機はイスラエルに訪れる。11分、自陣からのロングカウンターで最終ラインと駆け引きしたザハビが裏へ飛び出してGKとの一対一をモノにする。しかし、これは抜け出しの場面でオフサイドの判定となった。 その後は再びデンマークが攻勢を強めていくが、イスラエルの強度の高い対人守備に苦戦。それでも、前半半ば過ぎの28分には波状攻撃からゴールをこじ開ける。28分、スコフ・オルセンのヘディングの落としに反応したダムスゴーアが鋭い右足のミドルシュートを枠に飛ばす。これはGKのファインセーブに阻まれるが、こぼれ球に詰めたユスフ・ポウルセンが冷静に押し込んだ。 さらに、畳みかけるデンマークは直後の31分、相手陣内右サイドの位置で得たFKの場面でキッカーのヴァスからの正確なクロスをオフサイドラインぎりぎりで飛び出したケアーが頭で合わせた。 闘将ケアーの5年3カ月ぶりのゴールによって沸きに沸くスタジアムの後押しを受け、さらに攻勢を強めるデンマーク。すると41分、左サイド深くでメーレが上げたクロスを中央に走り込んだダムスゴーアが一度タメてファーに流すと、これをスコフ・オルセンが見事な左足ボレーでゴール左隅へ突き刺した。 3点リードで試合を折り返したデンマークは後半も相手を圧倒。キックオフ直後に続けて決定機を作り出すと、序盤には再びヴァスの高精度のプレースキックがゴールをもたらす。58分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でヴァスがファーサイドへ絶妙なボールを入れると、これをデラネイが渾身のダイビングヘッドで押し込んだ。 この4点目で早々に勝利を決定づけたデンマークは、注目の逸材FWダラミーなど出場機会の少ない選手たちに出番を与える余裕の采配を見せる。 そして、試合終了間際の91分にはボックス手前左の好位置で得たFKの場面でキッカーのストリーガー・ラーセンが入れた正確なクロスをファーで競り勝ったコーネリウスが頭で合わせ、途中出場の2選手がゴールショーを締めくくる5点目を奪った。 そして、このまま相手の反撃を無失点で凌ぎ切ったデンマークは、予選6連勝に加えて22得点無失点という圧巻のパフォーマンスを継続している。 また、同日行われたオーストリア代表vsスコットランド代表は、アウェイのスコットランドが0-1で勝利した。 この試合の勝利で2位浮上の可能性があったスコットランドは、前半の30分にダイクスのPKによるゴールで先制に成功。以降は相手にボールを握られて押し込まれる状況が続くが、持ち味の堅守と粘り強い戦いでゴールを割らせず。 試合終盤にかけてはバウムガルトナーを中心とするオーストリアの攻勢に晒されたものの、何とか逃げ切り1-0で勝利。イスラエルの敗戦によってグループ2位に浮上した。 なお、フェロー諸島代表vsモルドバ代表は、ホームのフェロー諸島が2-1で勝利している。 デンマーク代表 5-0 イスラエル代表 【デンマーク】 Y・ポウルセン(28分) ケアー(31分) スコフ・オルセン(41分) デラネイ(58分) コーネリウス(91分) オーストリア代表 0-1 スコットランド代表 【スコットランド】 ダイクス(30分[PK]) 2021.09.08 06:19 Wed
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧の同僚5名! ロバートソンやティアニーらスコットランド代表メンバー26名が発表《カタールW杯欧州予選》

スコットランドサッカー協会(SFA)は24日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むスコットランド代表メンバー26名を発表した。 スティーブ・クラーク監督は、今回のメンバーにDFキーラン・ティアニー(アーセナル)、DFアンドリュー・ロバートソン(リバプール)、FWライアン・フレイザー(ニューカッスル)ら主力を招集した。 なお、MFスコット・マクトミネイ(マンチェスター・ユナイテッド)は負傷のため招集外となっている。 また、日本代表FW古橋亨梧とセルティックで同僚であり好調を維持しているMFデイビッド・ターンブルやFWジェームズ・フォレスト、FWライアン・クリスティらも招集。MFルイス・ファーガソン(アバディーン)、GKザンダー・クラーク(セント・ジョンストン)が初招集を受けている。 スコットランド代表は勝ち点5でグループFの2位に位置。9月1日にアウェイでデンマーク代表(9pt/1位)、同4日にホームでモルドバ代表(1pt/6位)、同7日にアウェイでオーストリア代表(4pt/4位)と対戦する。 今回発表されたスコットランド代表メンバー26名は以下の通り。 ◆スコットランド代表メンバー26名 GK リアム・ケリー(マザーウェル) クレイグ・ゴードン(ハート・オブ・ミドロシアン) ザンダー・クラーク(セント・ジョンストン) DF ネイサン・パターソン(レンジャーズ) デクラン・ギャラガー(アバディーン) スティーブン・オドネル(マザーウェル) グレッグ・テイラー(セルティック) ジャック・ヘンドリー(オーステンデ/ベルギー) スコット・マッケンナ(ノッティンガム・フォレスト/イングランド) リアム・クーパー(リーズ・ユナイテッド/イングランド) グラント・ハンリー(ノリッジ/イングランド) キーラン・ティアニー(アーセナル/イングランド) アンドリュー・ロバートソン(リバプール/イングランド) MF ルイス・ファーガソン(アバディーン) デイビッド・ターンブル(セルティック) カラム・マクレガー(セルティック) ジョン・マッギン(アストン・ビラ/イングランド) ケニー・マクリーン(ノリッジ/イングランド) ビリー・ギルモア(ノリッジ/イングランド) スチュアート・アームストロング(サウサンプトン/イングランド) FW ライアン・フレイザー(ニューカッスル/イングランド) リンドン・ダイクス(QPR/イングランド) チェ・アダムス(サウサンプトン/イングランド) ジェームズ・フォレスト(セルティック) ライアン・クリスティ(セルティック) ケビン・ニスベット(ハイバーニアン) 2021.08.25 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

スコットランドでもコロナが猛威…約1500人の感染者がユーロ観戦と判明

ユーロ2020を観戦したファンが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染するケースが報告されている中、スコットランドでも大きな問題となっているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 先日は、フィンランド代表を応援するためにロシアのサンクトペテルブルクへと旅行したファンたちが、新型コロナウイルスに感染。ロシアはデルタ株(インド株)が流行していた中、フィンランド国内で約300件の感染が確認されたと発表されていた。 ロシアからフィンランドに戻る約3000人の内約800人のコロナウイルス検査を行っていなかったという報告もあり、大きな問題となった中、スコットランドではそれを超える報告があるようだ。 スコットランド公衆衛生局(PHS)によると、確認されている1991件の新型コロナウイルスの感染のうち、3分の2にあたる人が18日に行われたユーロ2020ののイングランド代表vsスコットランド代表を観戦していたと答えているとのことだ。 また、そのうちの397人はウェンブリー・スタジアムを実際に訪れたファンとのことだ。 PHSの報告によると、55件はグラスゴーでのファンゾーン、38件はハムデン・パークでのスコットランド代表vsクロアチア代表、37件はスコットランド代表vsチェコ代表に関連しているという。 また、スタジアムやファンゾーンのみならず、パブや家でのパーティなど非公式な集まりで試合を観戦した人も多くいるという。 その結果、1470件がユーロ2020に関連しており、20歳から39歳で9割が男性だということもわかったようだ。 なお、このイングランドvsスコットランドでは、チェルシーに所属するスコットランド代表MFビリー・ギルモアが新型コロナウイルスの陽性判定を受け、隔離措置をとることとなっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ユーロ期間中にトレーニングに励むスコットランド代表メンバー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxMDVvYTNLeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.30 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

スコットランドはユーロ敗退も、胸を張るロバートソン「この国のキャプテンであることを誇りに思う」

スコットランド代表のキャプテンであるDFアンドリュー・ロバートソンが、ユーロ2020を去ることになったチームを誇った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ロバートソンは22日に行われた、グループD最終節のクロアチア代表戦で先発出場。チームの同点ゴールに関与するなど過去2戦に引き続き献身的なプレーを見せたが、後半失点を重ねたこともあり1-3で敗れた。 この結果、勝てば決勝トーナメント進出の可能性もあったスコットランドだが、グループステージ最下位に転落。敗退が決定し、23年ぶりの参加となった国際大会でグループステージ突破の目標は達成できなかった。 試合後のインタビューに応じたロバートソンは、結果を悔やみつつも対戦相手であるクロアチアを称賛。そのうえで、グループステージ3試合を全力で戦ったチームを誇っている。 「この結果はとても残念だね。クロアチアはなぜワールドカップで決勝まで進出したのかを、この試合で示していた。特に後半、彼らは豊富な経験を発揮していたし、(ルカ・)モドリッチがゲームを動かした」 「とはいえ、この国と選手たちのキャプテンであることをとても誇りに思っている。僕たちに足りない部分があるのは理解しているが、母国のファンから受けた愛は特別なものだったよ。このチームは多くの可能性を秘めており、これをさらに発展させることが重要だ」 2021.06.23 12:48 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーロ敗退決定のスコットランド、指揮官はチームに誇り「できる限りの努力をして前進し続けた」

スコットランド代表のスティーブ・クラーク監督が、ユーロ2020敗退も前向きな姿勢を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 スコットランドは22日に行われたグループD最終節で、クロアチア代表と対戦。勝てば決勝トーナメント進出の可能性が高まる一戦、先制点を許したもののMFカラム・マクレガーのゴールによって同点で後半に。しかし、後半は徐々にクロアチアに主導権を握られると2ゴールを奪われ、1-3で敗れた。 この結果、スコットランドはグループステージ最下位となり、ユーロ敗退が決定。23年ぶりに挑んだ国際大会を、1分け2敗の成績で終えた。 試合後の会見に出席したクラーク監督は、敗退に失望感を露わにしつつもチームの成長を強調。久しぶりの大舞台から、選手もコーチ陣も学べることが多かったと語っている。 「今は失望している。だがここから自分たちに何ができるかを考えたい。そして、次の国際大会に参加するまで23年もかからないようにしたいね」 「失点する前や失点直後、何かを得られるかもしれないと感じる時間帯があった。その間に何かを見せられた可能性もあったが、全体的にクロアチアのほうが上だった」 「我々はできる限りの努力をして、前進し続けた。このような形で終わってしまったことは残念だが、23年ぶりにこの大会に参加できたこと、大会への取り組み方など、喜ぶべきことはたくさんあったと思う」 「我々は競争しようとしていた。残念ながら十分な力を発揮できなかったが、コーチ陣も含めてこの結果から学ぶことができるだろう」 2021.06.23 11:42 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly