18歳の逸材WGユヌス・ムサがアメリカ代表を選択!

2021.03.16 01:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バレンシアに所属するFWユヌス・ムサ(18)は、アメリカ代表で戦うことを正式に決断したようだ。アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)が15日に公式サイトで発表した。

アーセナルの下部組織出身のユヌス・ムサは、2019年の夏にバレンシアに加入。リザーブチームでのプレーを経て、今シーズンからトップチームに昇格すると、FWフェラン・トーレスの抜けた右ウイングでレギュラーを掴み、ここまでラ・リーガ24試合に出場。第8節のヘタフェ戦ではプロ初ゴールを決めていた。

2002年11月29日にガーナ人の両親を持つユヌス・ムサは、ニューヨークで生を受けたが、イタリアのジョルジョーネ・カルチョの下部組織に入団するために渡伊。その後、2012年夏にアーセナルの下部組織に移籍すると、2019年夏にバレンシアに加入するまで7年間イングランドで過ごした。

そのためアメリカのほかにガーナ代表、イタリア代表、イングランド代表でプレーする権利も持っており、アンダー世代の代表ではイングランド代表に呼ばれることが主だったが、2020年11月に行われた国際親善試合のウェールズ代表戦でアメリカ代表デビューを飾っており、どのA代表を選ぶかが注目されていた。

そんな中、USSFは公式サイトで「イングランド、ガーナ、イタリア、アメリカの代表資格を持つユヌス・ムサは、アメリカ代表として国際大会に出場することを選択した」との声明を発表。

また、ユヌス・ムサ本人も「僕がアメリカ代表を選択したことは難しいことではなかった。自分の生まれた国を代表することが一番正しい選択だと思ったんだ」と理由を説明している。

関連ニュース
thumb

第二のプリシッチ現れるか! プリシッチが地元にトレーニング施設を開設 「すべての子供たちに刺激を」

チェルシーのアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが自ら携わったトレーニング施設を訪れた。アメリカ『FOX43』が伝えている。 アメリカのペンシルベニア州ハーシーで生まれたプリシッチは、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)ネーションズリーグ決勝を終えて母国での休暇中に地元を訪問。自身のルーツとなったPAクラシックというクラブへと足を運んだ。 そこで子供たちとボールを蹴り、汗を流したプリシッチ。自身のチェルシーやアメリカ代表のレプリカユニフォームを着用した子供たちとの交流にはご満悦の様子だった。 「ここにいるすべての子供たちに刺激を与えられたり、みんなが自分のユニフォームを着てくれているのを見られてうれしいね。本当に素晴らしい」 「ランカスターの8歳の子供から質問は、イギリスのメディアよりも手厳しいね。確かに難しい質問もあるけれど、子供たちと受け答えをするのはいつだって楽しいよ」 さらに、自らも資金を寄付し、施設の設計を手伝った『プリシッチのたまり場』のオープンセレモニーではリボンカットも行った。デザインは彼が小さいときのイギリスでの経験から着想を得ているという。 「僕が1年間イングランドで過ごしていたときに、このようなフィールドがあって、それを元にしているんだ」 「とても特別なことだった。子供たちが来て、誰もがかれもやって来て、コーチなしで遊んで、楽しむことができた。そこで僕はたくさんのことを学び、ゲームへの情熱も高まったんだ。だから僕が想像したものを与えられたらって思っていたんだよ。(施設は)思っていたよりもずっと良くて、とてもかっこいいね」 今季のチェルシーでアメリカ人史上初のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を経験しただけでなく、先日にメキシコ代表とのCONCACAFネーションズリーグ決勝で決勝ゴールを挙げ、母国を初代王者に導いたプリシッチ。母国でより人気が高まるなか、第二のプリシッチ発掘にも力を注いでいるようだ。 2021.06.12 16:29 Sat
twitterfacebook
thumb

アメリカ代表がCONCACAFネーションズリーグの初代王者に輝く!プリシッチの延長戦のPKが決勝点に

CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)ネーションズリーグ決勝のアメリカ代表vsメキシコ代表が6日に行われ、3-2で勝利したアメリカが優勝に輝いた。 今回が初開催となるCONCACAFネーションズリーグ。UEFAネーションズリーグを参考にした大会で、連盟に所属している42カ国のうち、2018年のワールドカップ北中米カリブ海予選で5回戦まで進んだ通称“ヘキサゴナル”と呼ばれる6カ国(アメリカ、パナマ、ホンジュラス、コスタリカ、メキシコ、トリニダード・トバゴ)を除いた34カ国による予選が2018年9月から始まった。 この結果をもとに、UEFAネーションズリーグのようにリーグAからリーグCまで組み分けられ、リーグAに入ったヘキサゴナルを含む12カ国が本選のグループステージ参加権を獲得。そして、その12カ国を3チーム4グループに分けたグループステージが2019年10月から11月にかけて行われた。 その結果、各グループで首位となったアメリカ、メキシコ、ホンジュラス、コスタリカが決勝トーナメントへ進出。この決勝トーナメントは、本来2020年6月に予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で現在まで延期に。 今月3日にようやく準決勝が行われ、ホンジュラスを1-0で下したアメリカと、PK戦でコスタリカを破ったメキシコが決勝へ進出。2019年のCONCACAFゴールドカップ決勝と同じカードとなった。 そして6日の決勝戦は、開始62秒でFWヘスス・マヌエル・コロナ(ポルト)がボックス左で相手のパスをカットし、そのままネットを揺らしてメキシコが先制する予想外のスタートを切る。 しかし、アメリカも27分のセットプレーで、左ポストに嫌われた味方のヘディングシュートのこぼれ球をMFジョバンニ・レイナ(ドルトムント)が押し込んで、同点で試合を折り返す。 後半はタイトな展開となったものの79分に、途中出場のMFディエゴ・ライネス(ベティス)のカットインからのゴールでメキシコが勝ち越し。しかしながら82分、アメリカは再びセットプレーからMFウェストン・マッケニー(ユベントス)がヘディングシュートを決めて、試合は延長戦に突入する。 そして延長後半9分、ここで試合が動く。速攻を仕掛けたアメリカは、右サイドからボックス中央のFWプリシッチ(チェルシー)にボールが渡ると、プリシッチがドリブルを仕掛けた際に、メキシコDFカルロス・サルセド(ティグレス)に倒されPKを獲得。これを自ら決めて土壇場で勝ち越すと、この後更なるドラマが。 試合終了間際の120分、メキシコのCKのシーンでMFルイス・ロモ(クルス・アスル)のヘディングシュートがDFマーク・マッケンジー(ヘンク)の手に当たり、PKを獲得。これを決めてPK戦突入かに思われたが、主将MFアンドレス・グアルダード(ベティス)のシュートを、先発したGKザック・ステッフェン(マンチェスター・シティ)の負傷交代によって投入されたGKイーサン・ホーヴァス(クラブ・ブルージュ)がストップしてみせた。 最後の最後まで目が離せない劇的な展開となった一戦は、3-2でアメリカが制し、初代王者に輝いた。 2021.06.07 18:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ツバーの決勝弾でスイスがアメリカに逆転勝利!《国際親善試合》

国際親善試合のスイス代表vsアメリカ代表が30日に行われ、2-1でスイスが勝利した。 6月に開幕するユーロ2020に向けて良い準備をしたいスイスは、GKゾンマーやリカルド・ロドリゲス、ジャカ、ザカリアや主力をスタメンで起用。[3-4-1-2]の布陣で2トップはセフェロビッチとブレカロが起用された。 試合は3トップにレイナ、サージェント、アーロンソンを並べたアメリカが開始早々に得点する。5分、レイナの右クロスがエルベディのクリアミスを誘うと、ボックス内のアーロンソンに当たったこぼれ球を最後はレットゲットがゴールに流し込んだ。 先制を許したスイスだったが、すぐに反撃。すると10分、味方のパスで右サイドを抜け出したヴィドマーがダイレクトクロスを供給すると、ボックス左手前で受けたR・ロドリゲスがシュート。ブロックに入ったキャノンのかかとにディフレクトしてコースの変わったシュートはゴール右隅に吸い込まれた。 一進一退が展開が続く中、スイスが追加点のチャンスを迎える。40分、ループパスでボックス右に抜け出したヴィドマーのダイレクトクロスが、デストの腕に当たりPKを獲得。しかし、R・ロドリゲスのPKはゴール右に外れた。 同点で迎えた後半、スイスは開始早々の48分に決定機。右CKをファーサイドのザカリアが折り返すと、最後はゴール前のシェアが頭で合わせたが、これはわずかに枠の上に外れた。 その後はスイスがやや押し気味に試合を進めていく。すると63分、ボックス左手前まで持ち上がったツバーがクロスがファーサイドで対応したデストに当たると、絶妙な折り返しとなったボールを最後はゴール前に詰めたツバーが押し込んだ。 結局、これが決勝点となりスイスが2-1で勝利している。 スイス 2-1 アメリカ 【スイス】 R・ロドリゲス(前10) ツバー(後18) 【アメリカ】 レットゲット(前5) 2021.05.31 05:11 Mon
twitterfacebook
thumb

元コロンビア代表GKが提言「コパ・アメリカをディエゴ・マラドーナ杯に改名しよう」

コロンビア代表で68キャップを数えたレネ・イギータ氏が、ディエゴ・マラドーナ氏の逝去を受けてある提案をした。スペイン『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。 昨年11月25日に60歳にしてこの世を去った、フットボール界のレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏。世界中のファンが悲しみに暮れ、現在も死に関する調査が行われるなど影響が残る中、生前に友人関係にあったイギータ氏が、SNSを通じてこんな提案をした。 「我々は最高の南米チームを受け入れる準備ができている。素晴らしいことに、コロンビアとアルゼンチンのが共同開催となるコパ・アメリカが近づいてきている」 「そこで、ディエゴ・マラドーナへのオマージュとして、名前をコパ・アメリカ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナにするのはどうだろうか」 昨年開催予定だった同大会は、新型コロナウイルスの影響で今年の6月11日から7月10日に行われることに。招待国としての参加が予定されていたカタール代表とオーストラリア代表は参加を見送った。 なお、マラドーナ氏への追悼の意を表して、古巣クラブであるナポリはスタジアム名を「スタディオ・サン・パオロ」から「スタディオ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナ」に変更。また、アルゼンチンではリーグカップ名を「コパ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナ」とし、改名後初代王者には、同氏の古巣ボカ・ジュニアーズが輝いている。 1985年から2009年にかけて、主に母国コロンビアのクラブで活躍したイギータ氏。時にセットプレーのキッカーを務めることもあり、FKやPKからキャリア通算41ゴールを記録したことでも知られている。また、しばしばエキセントリックなプレーで不必要なリスクを犯すこともあったそのスタイルから「エル・ロコ(狂人)」というあだ名がつけられていた。 2021.04.17 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

5日前にリーガ初ゴールのDFデスト、アメリカ代表初ゴールは左サイドからの精密ミドル「あれは“FIFAゴール”さ」

バルセロナのDFセルジーニョ・デストがアメリカ代表でも初ゴールを決めた。 アメリカ代表は25日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。デストは左サイドバックで先発出場した。 すると34分、自陣左サイドからドリブルで持ち上がると、バイタルエリア左から中央へ切り込み、ペナルティーアーク手前で右足を一閃。GKが届かないゴール右に突き刺し、先制点をマークした。なお、デストのゴールで勢いに乗ったアメリカはゴールを重ね、4-1で大勝している。 デストは、21日に行われたラ・リーガ第28節のレアル・ソシエダ戦でラ・リーガ初ゴールを含むドブレーテの活躍をみせ、アメリカ人史上初の1試合複数ゴール達成者となっていた。 試合後、デストはゴールについて解説。人気サッカーゲーム「FIFA」のイメージだと語った。 「あれは“FIFAゴール”さ。FIFAでもカットインしてファーポストに打つと入るだろ?笑」 「ステフ(GKザック・ステッフェン)とレジー(・キャノン)に今日の試合で点を取ると話していたんだ。その通りになってとてもうれしいよ」 また、左手首を指さすゴールセレブレーションについては、事前から仕込んでいたようだ。 「試合前にクリスチャン・プリシッチと話したんだ。もし点を取ったら、(手首を指しながら)『僕たちの時は来た』という意味を込めてこのセレブレーションをやろうってね。そしてその通りやったんだ」 そして、最後にはチームの勝利を喜んでいる。 「チームみんなハッピーだと思うよ。4-1は悪い結果じゃないからね」 「今日のように結果を出し続けなくてはならないし、大切なのはゴールを決めて、W杯まで全ての試合に勝つだけさ」 <span class="paragraph-title">◆【動画】これが“FIFAゴール”!カットインしてファーポストにミドルシュート</span><span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/USMNT?ref_src=twsrc%5Etfw">@USMNT</a> <a href="https://t.co/2G4zduXNQu">pic.twitter.com/2G4zduXNQu</a></p>&mdash; Sergiño Dest (@sergino_dest) <a href="https://twitter.com/sergino_dest/status/1375196206876475399?ref_src=twsrc%5Etfw">March 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.03.26 12:22 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly