試合中に強盗被害に遭ったマルキーニョスが声明を発表「こっちは無事。ディ・マリアもどうか」

2021.03.15 16:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
強盗被害に遭ったパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスがSNSを通じて声明を発表している。

マルキーニョスは14日、リーグ・アン第29節のナント戦の最中に自宅が強盗に見舞われた。パリ近郊では強盗が多発しており、PSGでも1月にGKセルヒオ・リコとFWマウロ・イカルディが同様の被害に遭っていた。

ナント戦では、MFアンヘル・ディ・マリアも同じ時間帯に自宅が強盗に襲われており、こちらは指揮官の判断で急遽交代し、家族の下へ急行するに至っていた。

マルキーニョスはプレスを通じて、自身のインスタグラムで事件時に自宅にいた家族が無事であることを報告。ディ・マリアの安否も心配している。

「PSGのブラジル代表選手であるマルキーニョスの報道官は、PSGとナントの試合中、選手の両親の自宅が強盗に押し入られたことを確認しました。しかし、誰も被害を受けておらず、全員無事です。被害の大きさよりも恐怖を感じています」

「フランス当局は調査を開始します。ディ・マリアも同様の(無事である)声明を発表できることを願っています」

関連ニュース
thumb

交代告げられ、不満そうなメッシ…PSG指揮官が説明

交代を告げられ、不満げな表情を浮かべたパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は指揮官としての決断を下したまでとの姿勢を示した。フランス『Le Parisien』が報じている。 2年ぶりのリーグ・アン優勝を目指すPSG。ここまで開幕5連勝と最高のスタートを切ったなか、19日に本拠地で行われた第6節でリヨンをホームに迎え撃つと、この試合も2-1の逆転勝利で飾り、6連勝を達成した。 さらに首位の座をより揺るぎないものにしたPSGだが、強敵リヨンもしっかりと叩いた結果以上に話題を呼んだのがこの試合に先発して、1-1の76分にピッチを後にしたメッシのポチェッティーノ監督に対する態度だ。 ベンチに向かって歩くメッシは握手を交わそうとしたテクニカルエリアのポチェッティーノ監督から手が差し伸べられたが、それに応じず、短めに何かしらのやり取りをして、表情を曇らせたまま立ち去っていった。 今も世界最高の選手に数えられるメッシの不穏な振る舞いに注目が集まるなか、ポチェッティーノ監督は試合後、交代を決断した理由や本人の様子を尋ねられると、説明するとともに、わだかまりなしを強調した。 「誰もが知ってのとおり、我々のチームには素晴らしい選手が35人もいる。各試合でメンバーを選び、先発を決める。それと、試合中はチームや選手の利益のために決断しなければならない」 「それは良い結果に繋がれることもあれば、そうならないこともある。我々は決断を下すためにピッチの端にいるのだ。決断する必要がある。それが喜ばれるものだろうが、そうじゃなろうがね」 「(ベンチに下がる)レオに様子を聞いたら、『大丈夫』と返してきた」 2021.09.20 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「完全なるでっち上げ」 PSG幹部レオナルド、メッシの報酬巡る報道を強く非難

パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏がアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの報酬を巡る報道を非難した。 今夏にバルセロナからのフリートランスファーでPSGに電撃加入したメッシ。PSGと1年延長オプションが付随した2年契約を結び、パリでのキャリアを歩み出したなか、フランス『レキップ』が18日、受け取るであろうサラリーに関する詳細を一面で報じた。 基本年俸は3000万ユーロ(約38億6000万円)。2年目以降はロイアリティボーナスとして1000万ユーロ(約12億8000万円)が上乗せされ、1年間の契約延長オプションも行使されれば、PSGの総支給額は1億1000万ユーロ(約141億5000万円)になるというものだ。 しかし、イギリス『デイリー・メール』によると、レオナルドSDがこの報道を強く否定。クラブを代表して、メッシも19日に行われるリーグ・アン第6節のリヨン戦で本拠地デビューが期待される前日というタイミングでのリーク報道に不快感を露わにしたという。 「受け入れることなどできない。完全なる虚偽だ。それは伝えておかなければならない。敬意を欠いたものであり、我々にとって好ましいものでもない」 「このタイミングというもの理解しかねる。契約期間も、金額も、真実と大きくかい離している。守秘義務もあるのだが、事実じゃないと言うことができる」 「契約期間は2年だ。間違っているし、受け入れられない。気に入らない」 2021.09.20 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

リーグ戦6連勝のPSG、指揮官はチームの姿勢称える 「失点後に見せた努力とキャラクターに満足」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督がリーグ戦での勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)初戦のクラブ・ブルージュ戦で格下相手にドローという失態を冒したPSGは、19日に行われたリーグ・アン第6節においてリヨンをホームで迎え撃った。この日がホームデビュー戦となったFWリオネル・メッシがいくつかの決定機を作ったものの、なかなか先制点を奪えずにいると54分に失点を献上。嫌な雰囲気が流れ始めたものの、63分にFWネイマールがPKを決めて同点に追いつくと、試合終了間際にFWマウロ・イカルディがヘディングシュートを叩き込み、劇的な逆転勝利を収めている。 リーグ戦開幕から6連勝を飾ったポチェッティーノ監督は試合後のインタビューに応じた際、調整期間が短かったチームは難しい時期にあると強調。そのうえで、選手たちが成長のため適切な姿勢を示していることを喜んだ。 「我々は今、難しい時期にあると思う。なぜなら、仕事をする時間があまりないなかであっても、最善の方法で進化しなければならないからだ。後半の失点後に見せた努力とキャラクターにはとても満足しており、非常に嬉しい。この試合で良いところはたくさんあったね」 「もちろん、時間がないなかであっても、あんなにも早くお互いに連携をとろうとした彼らの努力に満足している。彼らはお互いを知り、リンクを作っている非常に良い状態にあるだろう。今日は本当に良い勝利であり、とても嬉しいよ」 2021.09.20 12:21 Mon
twitterfacebook
thumb

イカルディが後半ATに劇的逆転弾! PSGがメッシホームデビューを白星で飾る開幕6連勝《リーグ・アン》

リーグ・アン第6節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsリヨンが19日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが2-1で逆転勝利した。   開幕5戦全勝で首位に立つPSGが、ボス新体制で7位に位置するリヨンをホームで迎え撃ったリーグ屈指の強豪対決。   PSGはミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)初戦でメッシ、ネイマール、ムバッペの新トリデンテを初お披露目したものの、格下クラブ・ブルージュに五分の戦いに持ち込まれて痛恨の1-1のドロースタートとなった。そのドローからのバウンスバックを図る一戦ではメッシが待望のホームデビューを飾り、ムバッペ、ネイマール、ディ・マリアと共にアタッキングユニットを形成した。   1トップにムバッペ、2列目に右からディ・マリア、メッシ、ネイマールを並べる守備度外視の布陣でリヨンとのビッグマッチに臨んだPSG。立ち上がりから攻守が目まぐるしく入れ替わるオープンな展開となった中、ディ・マリアとメッシのアルゼンチンコンビが良い関係性でフィニッシュに絡んでいく。   以降はシャキリ、エカンビの両翼を起点にリヨンが効果的にカウンターを繰り出し、強豪対決らしいがっぷり四つの攻防が続く。その中でこの日の主役のメッシが続けて見せ場を作る。   まずは32分、カウンターからボックス手前左でボールを受けたネイマールが相手守備を引き付けて絶妙なヒールパスを落とすと、これに抜け出したメッシがボックス左でGKと一対一の絶好機を迎える。だが、右隅を狙ったシュートはGKアントニー・ロペスが粘り強く残した足にはじき出される。さらに、37分にはボックス手前の好位置で得たFKの場面で、メッシが左足で直接狙うが、このシュートは枠の右上隅を叩いた。   結局、0-0のスコアで試合を折り返したPSGは後半もなかなかリズムを掴めない。すると、54分には左サイドのエカンビへあっさりとサイドチェンジを許すと、そこからの折り返しを中央に走り込んだパケタに左足で流し込まれ、先制点を奪われた。   すぐさま反撃に出たホームチームは流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めないが、63分にはボックス左で仕掛けたネイマールがDFデナイヤーのファウルを誘い、PKを獲得。メッシがキッカーを務めれば、加入後初ゴールとなるが、ここはネイマール自らキッカーを務め相手GKの逆を突くシュートを流し込んだ。   ひとまず追いついて落ち着きを取り戻したPSGはボールの主導権を握りながら逆転ゴールを目指す。74分にはメッシに後半最初の見せ場が訪れるが、ボックス手前から放った左足のシュートは枠の右に外れた。   ホームで勝ち切りたいポチェッティーノ監督は76分にメッシを下げてハキミ、82分にはディ・マリアに替えてイカルディを投入。ハキミとネイマールを両サイドに置き、イカルディとムバッペを2トップに配した布陣でゴールをこじ開けにかかる。   一連の交代でより攻撃にスピードと迫力が出てきたものの、敵地で引き分け良しとするリヨンにうまく時計を進められて試合は1-1のまま4分のアディショナルタイムに突入する。だが、ここで底力を見せたPSGは92分、左サイド深くで仕掛けたムバッペが絶妙な浮き球のクロスを上げると、イカルディが相手DFの死角から飛び出す巧みな動き出しから冷静にヘディングシュートを叩き込んだ。   そして、イカルディの値千金の逆転ゴールでリヨンとの強豪対決を制したPSGが、CL初戦ドローを払しょくするリーグ開幕6連勝を飾った。 2021.09.20 05:48 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシの新居はお城? 第二次世界大戦時に大統領も過ごした歴史ある62億円の物件

今夏パリ・サンジェルマン(PSG)に加入したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。パリの生活がまだ安定していないということが先日報じられた。 チームメイトであるアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアによれば、現在もまだホテル暮らしが続いているメッシ。バルセロナ時代は海も近く、風景も良いカステルデフェルスに住んでいたこともあり、リラックスできていないようだ。 そのメッシは新居を探しているが、パリ郊外にある城に引っ越す可能性があるという。 現在は五つ星ホテルの「ロイヤル・モンソー」で過ごしているメッシ。妻のアントネラ・ロクソさんも永住権を得たいと考えているようだが、自宅の条件が家探しを難しくしているようだ。 イギリス『サン』によると、ロクソさんが求める自宅の条件としては、屋内プールやジム、複数の子供部屋、ガレージ、プライベートシネマ、エアコン設備、庭園だという。 バルセロナ時代に住んでいた自宅にはこれらの設備があり、小さなコートもあったようだ。 ロクソさんはパリ郊外のヌイイ=シュル=セーヌにある家を見つけたようだが、所有者がメッシが契約することを知り、家賃を8500ポンド(約128万円)引き上げたとされ、その家に興味を持たなくなったようだ。 なお、現在興味を持っているのは4100万ポンド(約62億円)で取引されているお城とのこと。これは1899年に建てられ、フランスのシャルル・ド・ゴール元大統領が第二次世界大戦中に滞在した場所とのこと。広大な敷地に建てられている城は30部屋があるという <span class="paragraph-title">【写真】メッシ一家が住むかもしれないパリ郊外のお城</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Messi is looking to rent a Paris castle called the Pink Palace worth £41m <a href="https://t.co/XRhTtlnaP2">https://t.co/XRhTtlnaP2</a></p>&mdash; Irish Sun Sport (@IrishSunSport) <a href="https://twitter.com/IrishSunSport/status/1438887874489950210?ref_src=twsrc%5Etfw">September 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.18 20:02 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly