アグエロの復活を喜ぶペップ「彼からすれば、ゴールがすべて」

2021.03.14 10:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。2季ぶりのプレミアリーグ優勝にまい進するシティは13日に行われた第28節でフルアムとアウェイで対戦。ゴールレスで試合を折り返したが、後半に3ゴールを奪い切り、3-0で快勝した。

公式戦21連勝ストップの黒星を喫した前節のマンチェスター・ユナイテッド戦から見事にバウンスバックのグアルディオラ監督。試合後、「大きく、素晴らしい勝利だ」と満足感を示した。


「タフで厳しいスタジアムで全体的に良い試合ができたね。彼らはアンフィールドで勝利して、最高の形でここに戻ってきた。我々はそんな彼らをうまくコントロールできた」

そんな一戦のトピックはアグエロだ。長らくケガに苦しんだが、このフルハム戦に洗髪すると、60分に獲得したPKのチャンスからリーグ戦で実に約1年2カ月ぶりのゴールを記録した。

さらに、今季初のフル出場も達成。グアルディオラ監督もシティ歴代最多得点記録者の活躍に賛辞を送っている。

「もちろん、重要だ。彼からしてみれば、ゴールがすべて。ガブリエウ(・ジェズス)もそうさ。誰もがバスに飛び乗りたがっている。彼がそういう状況なのは大歓迎だ! 彼のゴールは非常に大きかった。久々のフル出場でもあったしね」
関連ニュース
thumb

優勝決定後の一戦で乱戦のペップ「想定内」 フェラン・トーレス&カーソンにも言及

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がプレミアリーグ制覇後一発目の試合を制した喜びとスペイン代表FWフェラン・トーレスに賛辞を送った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 13日に行われた第36節のリバプール戦で2位マンチェスター・ユナイテッドが敗れたため、2シーズンぶり7度目のリーグ優勝が決定したシティ。14日に行われたニューカッスルとのアウェイ戦は載冠後最初の試合となり、打ち合いの末に4-3で競り勝った。 王者の貫禄を示す形で2度のビハインドを跳ね除け、優勝決定後の初戦をリーグ新記録のアウェイ12連勝で飾ったグアルディオラ監督。試合後、選手たちを労い、3つ目のタイトルに向けて弾みをつける勝利だと語った。 「チャンピオンだからこそのミスを犯した。ここ数日間、選手たちの気が少し散漫だったのを鑑みれば、普通のことだ。こうなるのは想定内だったが、最初の1分から最後の1分まで、魂は完全にあった」 「本当に嬉しく、これを糧にしてくれれば良い。こうなり得るのもわかりきったことだったが、最終的に勝てた。これからチームで祝杯をあげ、(18日に予定する次節の)ブライトン戦に向けて準備をする」 「(29日に行われるチェルシーとの)チャンピオンズリーグ(CL)決勝に向けてもより集中して、準備をしていけるはずだ」 スペイン人指揮官はまた、ハットトリックの活躍を披露したフェラン・トーレスにも触れ、称賛した。 「今晩だけの話じゃない。もちろん、今晩の活躍も大きなものだったが、彼がイングランドでの1stシーズンで残す数字は素晴らしい。ウィングとしての加入だったが、ストライカーとしての働きも求められている」 「セルヒオ(・アグエロ)やガブリエウ(・ジェズス)がいないときにそこで使われ、リーズ戦やクリスタル・パレス戦でゴールを決めた。出場時間は多くないが、プレーすれば、ゴールセンスを示してくれている」 そして、加入後初出場を果たした35歳のイングランド人GKスコット・カーソンについても述べた。 「彼はロッカールームや大きなクラブでの経験を生かして、自分の意見をどんな選手にもはっきりと言っていける。素晴らしい人物であり、今日の試合でプレーできたのは私のみならず、選手全員が喜んでいる」  2021.05.15 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

王者シティがフェラン・トーレスの初ハットで打ち合い制す! PL新記録のアウェイ12連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、ニューカッスルvsマンチェスター・シティが14日にセント・ジェームズ・パークで行われ、アウェイのシティが3-4で勝利した。 13日に行われた2位マンチェスター・ユナイテッドの敗戦によって2シーズンぶり7度目のリーグ制覇を成し遂げたシティ。 今季残りの目標をチェルシーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝に定める中、リーグ残り3試合では各自のコンディション維持にあてられる。前節、そのチェルシーに1-2で敗れた中で臨んだ16位のニューカッスルとのアウェイゲームでは、先発5人を変更。ウォーカー、ギュンドアン、ベルナルド・シウバを復帰させたほか、第3GKのカーソンに加入後初の出場機会を与え、今夏のバルセロナ行きが決定的なエリック・ガルシアを起用した。 ニューカッスルが今季リーグ王者を称えるガード・オブ・オーナーでピッチに迎え入れた一戦は、すでにホームチームが残留を確定させたこともあり、ゆったりとしたリズムで進んでいく。 この試合、本来の[4-3-3]の布陣に戻したシティは、立ち上がりから圧倒的にボールを支配して予想通り、相手陣内でハーフコートゲームを展開。ボックス付近でガブリエウ・ジェズスやフェラン・トーレスがフィニッシュまで持ち込んでいくが、相手の人数をかけた守備をこじ開けるまでには至らず。 シティが攻めあぐねる状況が続く中、ここ数試合堅守速攻で結果を残してきたニューカッスルが狙い通りの形から先にゴールをこじ開ける。25分、ロングカウンターで得た左CKの場面でキッカーのシェルヴェイがファーに絶妙なクロスを入れると、競り勝ったクラフトのヘディングシュートがゴール左隅に決まった。 さらに、畳みかけるニューカッスルは35分にもボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのシェルヴェイが直接狙うが、これは惜しくもクロスバーを叩いてセットプレーでの連続ゴールとはならず。 一方、この試合でプレミアリーグ記録のアウェイ12連勝が懸かるシティは、ここから王者の底力を見せる。まずは39分、相手を完全に押し込んでボックス左のロドリがマイナスに落としたボールをボックス左角のカンセロが右足のダイレクトシュート。相手DFにディフレクトしたボールがゴール右下隅の完璧なコースに決まる。 続く42分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのギュンドアンが右足インスウィングのクロスを入れると、ニアで反応したカンセロが右足アウトを使った巧みなダイレクトボレーをゴール右隅に流し込み、瞬く間に試合を引っくり返した。 このままシティの1点リードで前半終了かに思われたが、ニューカッスルが粘りを見せる。前半アディショナルタイムにサン=マクシマンの背後への抜け出しから相手を押し込んでボックス右でスルーパスを受けたジョエリントンがDFアケと交錯。そして、VARでサン=マクシマンの抜け出しの場面のオフサイドの可能性を含め細かいチェックが入った中、最終的にPKが与えられる。これをキッカーのジョエリントンが冷静に決めた。 思わぬ打ち合いとなった試合は後半も同様の展開に。その流れの中で先にゴールをこじ開けたのは、またしてもホームチーム。61分、ボックス左で仕掛けたジョー・ウィロックがDFウォーカーに倒されてPKを獲得。ここでウィロックが自らキッカーを務めると、右を狙ったシュートは10年ぶりのプレミアリーグ出場となったGKカーソンに見事な反応でストップされるが、こぼれ球をウィロックが冷静に流し込んだ。 再び追う展開となったシティだったが、前半の戦いを再現するかのように連続ゴールで試合を引っくり返す。まずは64分、右サイドで仕掛けたジェズスがボックス内に侵入してライン際からマイナスのクロス。これをゴール前のフェラン・トーレスが左足ワンタッチで流し込む。 さらに、直後の66分には自陣ボックス付近からのリスタートから相手を押し込み、ボックス手前でフリーとなったカンセロが右足を一閃。この強烈なシュートは右ポストを叩くも、跳ね返りに反応したフェラン・トーレスが見事な右足のダイレクトボレーで押し込み、プロキャリアで初のハットトリックを達成した。 その後、カンセロを下げてメンディをピッチに送り出したシティは、試合を通して苦しんだ相手のカウンターを封じ込めるためにボールを握って不用意なロストを避けるゲームコントロール優先の戦い方にシフト。 試合終盤にかけては攻撃的なカードを切ったニューカッスルが決死のパワープレーでゴールをこじ開けにかかるが、シティは今度こそ冷静に相手の攻撃を撥ね返し続けて試合をクローズ。 この結果、今季王者として臨んだ初戦でド派手な打ち合いを制したシティがプレミアリーグ新記録となるアウェイ12連勝を達成した。 2021.05.15 06:03 Sat
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネ、次節ニューカッスル戦も回避 照準はCL決勝へ

マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは、14日に行われるニューカッスル戦も欠場するようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのパリ・サンジェルマン(PSG)戦で82分までプレーし、クラブ初の決勝進出に貢献したデ・ブライネ。しかし、直後のプレミアリーグ第35節のチェルシー戦では、ターンオーバーを敷いたとはいえ、ベンチ外となっていたことは 少なからず心配する声が挙がっていた。 ジョゼップ・グアルディオラ監督によれば、デ・ブライネは軽微な筋肉系のトラブルを抱えているとのこと。状態は良くなってきているとしながらも、すでにプレミアリーグ優勝を決めていることに加え、後に重要な一戦が控えていることから、ニューカッスル戦では起用しない方向で進めているようだ。 「彼がトレーニングに復帰し、精神的にも肉体的に100%の状態に戻ってこれたなら、(チャンピオンズリーグ)決勝でプレーするチャンスはあるだろう」 「それまでに、チームや個々の選手の状態を確認するための3試合が残されている。今後の試合はニューカッスル、ブライトン、エバートンだ。そして最後にチェルシーと対戦する。決勝に向けて準備する最善の方法は、毎日良好なトレーニングをすることだ」 2021.05.14 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFA、ラポルテのスペイン国籍取得を認定

マンチェスター・シティのDFアイメリク・ラポルテ(26)のスペイン国籍取得が、国際サッカー連盟(FIFA)に無事承認されたようだ。フランス『レキップ』が報じている。 フランス南西部の出身でバスクにルーツのあるラポルテは、フランスとスペインの両国籍を持つ。アンダー年代ではフランス代表としてプレーし、2016年10月のA代表初招集の以降、三度の招集を受けていたが、これまで出場機会はない状況だった。 そこに目を付けたスペインサッカー連盟(RFEF)はラポルテとコンタクトを取り、スペイン代表としてプレーできるよう働きかけていることが、スペイン『マルカ』の報道で先日明らかに。そしてこの度、その認可がFIFAから正式に下りたことで、晴れてスペイン代表でプレーする権利を得た。 FIFAのスポークスマンが『AFP』にしたコメントによると、この承認は「即時性」を持つもので、ラポルテはすでにラ・ロパでプレーできる資格があるとのこと。6月15日にはユーロ2020の初戦を迎えるルイス・エンリケ監督率いるスペイン代表にとって、心強い戦力が加わることになった。 なお、スペイン代表の直近の試合は6月5日に行われるポルトガル代表との親善試合となっている。 2021.05.14 19:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アグエロがバルサと交渉? スペイン人記者が明かす「誰もが望んでいる」

今シーズン限りでマンチェスター・シティを退団することが決定しているアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)だが、バルセロナ加入が近づいているようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 アグエロは2011年7月にアトレティコ・マドリーからシティへと完全移籍で加入。10シーズンを過ごした今夏、契約満了を受けて退団することが決定している。 この10シーズンで、公式戦通算388試合に出場し258ゴール74アシストを記録しているアグエロ。盟友であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも在籍するバルセロナが、当初から興味を示していた。 そんな中、『BBC』でスペイン人ジャーナリストのギジェム・バラゲ氏がコメント。アグエロとバルセロナはすでに話し合いを行っていると語った。 「まだ完了はしていないが、誰もがそれが実現することを望んでいる。クラブとアグエロ陣営は話し合いを行っている」 「コストを削減する必要があることは理解しており、4つの独立した監査を行い、どれぐらいの資金があるかを確認している。つまり、メッシにどのような契約条件を与えるかを考えている」 「しかし、そのような背景がある中で、移籍市場でのチャンスを探している。アグエロはフリーで、マルティン・ブラースヴァイトを改善できるだろう。多くの選手を売る必要もあり、そうしようとしているが、その場合はアグエロ加入の確実性があることを意味している」 アグエロを獲得できれば、前線の選手を売却することができるバルセロナ。一方で、昨夏も騒動になった大エースのメッシとの契約延長も行う必要があり、今夏の移籍市場での動きは難しい立場にある。 それでも、アグエロを獲得することでメッシをチームに留まらせる可能性は上がり、戦力としても、メッシの退団抑止にも効果を持つアグエロの獲得は願ったり叶ったりだろう。 「メッシからの要求ではないが、彼らがやろうとしていることは、メッシを説得する方法の1つであることは確かだ」 「しかし、ドルトムントのアーリング・ハーランドに示した興味は一歩下がっている。外部から資金が調達できるのであれば、復活させたいようだ」 2021.05.14 10:02 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly