長崎がオファーと報道のFWウェリントン・ラト、監督が会談を明かす…その後に2ゴールの活躍

2021.03.13 19:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
V・ファーレン長崎が獲得に動いていると報じられているアトレチコ・ゴイアニエンセのFWウェリントン・ラト(28)だが、クラブが話し合いを行ったようだ。

ウェリントン・ラトに対して、長崎が公式オファーを出したと報道。1年間のレンタル移籍で10万ドル(約1080万円)を支払う契約、さらにレンタル終了後に100万ドル(約1億800万円)で買い取りオプションが付いている条件とされていた。

しかし、アトレチコ・ゴイアニエンセはこの条件では納得せず。そのため、長崎は新たなオファーを出す必要があるとされている。

そんな中、ブラジル『グローボ』によるとアトレチコ・ゴイアニエンセの監督を務めるジョアン・パウロ・サンチェス氏がウェリントン・ラトと移籍について話をしたとのこと。移籍が決まるまでは試合に集中するように話をしたと明かした。

「今日起こったことを明かそうと思う。昼食後にラトと個人的な話をした。半年前、彼はフェロヴィアリオにいた。彼はここにやってきて、連絡を取った。そして、彼はキャリアを飛躍させる可能性を持っている」

「前の試合では、すでに少し動揺しており、本来の彼とは違うパフォーマンスだった。今日。彼はセリエAでプレーする男に戻る必要があるという話をした」

「幸いなことに、彼はそれに応え、2ゴールを決めてくれた。そして、現在彼の状況は代理人の手に委ねられている」

その話を受けたウェリントン・ラトは、11日に行われたカンピオナート・ゴイアーノのジャタイエンセ戦に出場。発破が効いたのか2ゴールの活躍を見せ、チームの2-0の勝利に貢献していた。

長崎は再オファーを出すと報じられているが、果たしてJリーグにやってくるだろうか。



関連ニュース
thumb

勝利の長崎が磐田の今節戦わずしての昇格決定を阻止! 残留かけた関門海峡ダービーは北九州に軍配【明治安田J2第39節】

明治安田生命J2リーグ第39節の4試合が13日に各地で行われた。 昇格圏2位京都サンガF.C.との勝ち点差を縮めるためにも勝利を積み上げたい3位のV・ファーレン長崎はホームで残留争いの渦中にある15位の栃木SCと対戦した。引き分け以下に終わると、首位ジュビロ磐田の昇格が決まる長崎だが、開始早々の4分に先制する。敵陣右の中央でFKを得ると、ウェリントン・ハットが鋭いクロス。すると、ゴール前での混戦が生まれ、栃木の守備陣が身体を張ってゴールを守るものの、最後は江川が流し込んだ。 これで勢いのついた長崎は11分にボックス内でウェリントン・ハットが倒されてPKを獲得。一度はGKオビ・パウエル・オビンナが凌いだものの、蹴る前にラインから離れていたとしてやり直しの判定になり、2度目のPKのこぼれ球をキッカーのウェリントン・ハットが押し込んで、追加点を奪った。2点をリードして試合を折り返すと、64分に米田がボックス内で倒されて獲得したPKを途中出場の都倉がゴール左下隅に決めて3-0とし、その後ゴールを割らせることなく完封勝利。これにより、長崎が暫定的に京都との勝ち点差を「4」まで詰め、逆転昇格に望みを繋いだ。 降格圏に沈む21位のギラヴァンツ北九州はアウェイの維新みらいふスタジアムで降格争いから抜けつつある14位のレノファ山口と対戦。関門海峡ダービーとなる一戦は互いにチャンスを作りながらも無得点のまま折り返すと、後半はやや押され気味だった北九州が76分に均衡を破る。右サイドでのプレッシングから西村が自陣でボールを奪うと、前線でこのボールを受けた高橋が左を駆け上がってきた椿に繋ぐ。すると、その高橋がさらに左から椿を追い越してボックス内左で再度ボールを受け、ダイレクトでゴール左上に突き刺して先制。これが決勝点となり、関門海峡ダービーは北九州に軍配が上がった。 こちらも残留争いを強いられる20位の愛媛FCはアウェイのデンカビッグスワンスタジアムで7位のアルビレックス新潟と対戦。生き残るためには勝ち点3を積み上げたい愛媛だったが、31分にCKの混戦からロメロ・フランクにゴールを許すと、前半のうちに反撃に出るもそのまま試合を折り返す。後半はGK岡本を中心にゴールを守り、攻撃面ではカウンターから決定機を作りつつもゴールは生まれず、90+1分にPKを決められて万事休す。他会場で北九州が勝利したことにより、暫定的に21位に沈む結果となった。 ◆第39節 ▽11/13(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 愛媛FC レノファ山口 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ギラヴァンツ北九州</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-0 栃木SC FC琉球 2-2 ジェフユナイテッド千葉 ▽11/14(日) 《13:00》 SC相模原 vs ファジアーノ岡山 《13:05》 ヴァンフォーレ甲府 vs 松本山雅FC 《14:00》 モンテディオ山形 vs 大宮アルディージャ 水戸ホーリーホック vs ジュビロ磐田 FC町田ゼルビア vs ザスパクサツ群馬 ツエーゲン金沢 vs 東京ヴェルディ 京都サンガF.C. vs ブラウブリッツ秋田 2021.11.13 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【昇格条件】磐田は3年ぶりJ1昇格に王手! 2位京都も、長崎&甲府次第で12年ぶりのJ1へ

明治安田生命J2リーグ第39節が13日、14日にかけて行われる。 今節では、J1に昇格する2チームが決定する可能性があり、首位のジュビロ磐田、2位の京都サンガF.C.が対象となる。 第38節で直接対決となった両チームは、磐田が1-0で勝利。しかし、3位のV・ファーレン長崎が東京ヴェルディに勝利したため、昇格決定とはならず。それでも今節は決定の可能性がある。 ◆第38節終了時順位表 1位:勝ち点83 ジュビロ磐田 2位:勝ち点78 京都サンガF.C. 3位:勝ち点71 V・ファーレン長崎 4位:勝ち点70 ヴァンフォーレ甲府 ◆第39節対戦カード ▽11月13日(土) V・ファーレン長崎(3位) vs 栃木SC(15位) ▽11月14日(日) ヴァンフォーレ甲府(4位) vs 松本山雅FC(22位) 水戸ホーリーホック(10位) vs ジュビロ磐田(1位) 京都サンガF.C.(2位) vs ブラウブリッツ秋田(13位) 残りは4試合。最大で獲得できる勝ち点は「12」となり、それぞれの直接対決は次節、磐田vs長崎が組まれているのみだ。 磐田は明日の試合を待たずして、今日にも昇格が決定する可能性がある。3位の長崎が栃木に勝利できなければ、その時点で3年ぶりのJ1復帰が決定する。 長崎が栃木に勝った場合でも、水戸に勝利か引き分けで自力で決めることも可能。最後に敗れたのは7月17日の第23節、モンテディオ山形戦。15戦無敗を考えれば、J1への切符をほぼ手中に収めていると言って良いだろう。ただ、優勝を目指すにはしっかりと勝利しておきたい。 【磐田昇格条件】 ・13日の試合で長崎が引き分け以下に終わる ・14日の試合で水戸に引き分け以上の結果 一方で2位の京都にも今節での昇格決定の可能性があるが、3つの条件をクリアする必要があり、今節での昇格決定はハードルが高くなっている。 まずは、長崎が13日の試合で敗れることが大前提。引き分け以上では次節に持ち越される。長崎が仮に敗れた場合でも、甲府が最下位の松本に引き分け以下の結果になることが必要となる。さらに、秋田に勝利することも必須だ。 2クラブの結果を受けて決まり、自力では決められない状況だが、今節勝利すれば次節では自力で決めることが可能となる。最後にJ1の舞台で戦ったのは2010年。12年ぶりのJ1の舞台まであと一歩となっている。 【京都昇格条件】 1.13日の試合で長崎が敗戦 2.14日の試合で甲府が引き分け以下 3.14日の試合で秋田に勝利 2021.11.13 11:07 Sat
twitterfacebook
thumb

「11月11日11時11分はわがまま」ドイツW杯でもゴール、長崎の元日本代表FW玉田圭司が今季限りで現役引退

V・ファーレン長崎は11日、元日本代表FW玉田圭司(41)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 玉田は千葉県出身で、習志野高校から1999年に柏レイソルへと入団した。 高卒1年目でデビューを果たした玉田はリーグ戦5試合に出場。2年目、3年目と出場機会にあまり恵まれなかったが、4年目の2002年には、2ndステージから就任したマルコ・アウレリオ監督に見出され、13試合に出場し、初ゴールを含む3得点を記録した。 5年目の2003年にはエースとしての信頼を受け、28試合に出場し11得点を記録。2004年も10得点を記録した。 2006年には名古屋グランパスへと移籍すると、名古屋でもコンスタントに試合出場。2015年にセレッソ大阪へ移籍すると、2017年に名古屋へ復帰。2019年から長崎でプレーしていた。 ここまでJ1通算366試合99得点、J2通算162試合34得点、リーグカップ通算31試合5得点、天皇杯で通算31試合7得点を記録していた。 また、2004年から2010年までは日本代表にも選出。2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)のメンバーに選ばれると、グループステージ第3戦のブラジル代表戦では、先制点となるゴールを記録。2010年の南アフリカW杯にもメンバー入りし、2試合に出場していた。代表通算72試合16得点。 現在もつける背番号11にあやかり、2021年11月11日、11時11分に引退を発表した玉田はクラブを通じてコメントしている。 「突然ですが、私玉田圭司は、2021シーズンをもって現役を引退することを決めました。まずは、今日11月11日11時11分に発表したいという僕のわがままを聞いてくださったクラブにとても感謝しています」 「3年間でしたが、長崎のサポーターの皆さんの温かさを感じることができました。本当にありがとうございました」 「そして、これまでお世話になった柏レイソル、名古屋グランパス、セレッソ大阪、日本代表の関係者、ファン・サポーターの方にも感謝の想いを伝えたいです」 「今シーズンもあと1ヶ月をきり、4試合を残すのみとなりましたが、笑ってシーズンが終われるよう毎日を楽しく過ごしたいと思っています。ありがとうございました」 なお28日のホーム最終戦となるファジアーノ岡山戦で引退セレモニー実施。12月には引退会見を行うという。チームは現在3位で逆転での昇格の可能性もまだ残している状況だ。 2021.11.11 11:58 Thu
twitterfacebook
thumb

天王山は磐田に軍配! 長崎&甲府も昇格へ向けて勝ち点伸ばす【明治安田J2第38節】

明治安田生命J2リーグ第38節の全11試合が7日に各地で行われた。 磐田(勝ち点80)と京都(勝ち点78)による首位攻防戦は、山田のゴールが決勝点となった磐田に軍配が上がった中、J1昇格圏を狙わんとする3位長崎(勝ち点68)と4位甲府(勝ち点67)は、それぞれアウェイ戦に臨んだ。 味の素スタジアムに乗り込んだ長崎は、前半はなかなか決定機を作ることができず、後半もしばらく膠着状態が続いたが、76分に途中出場の都倉が均衡を破る。味方のパスからボックス右に侵攻した毎熊のクロスを頭で合わせて先制に成功した。 ようやく生まれたこのゴールでペースを掴んだ長崎は、90分には東京Vの攻撃をいなしてカウンターを発動。左サイドから都倉がボックスまで運び、ラストパスをこちらも途中出場の名倉が押し込んで、試合を決定づける追加点に。 さらに95分にも、カウンターから米田のダメ押し弾が決まり、終わってみればアウェイで0-3の快勝となった。 一方、ミクニワールドスタジアム北九州で残留争い中の北九州と相見えた甲府も、90分を通じて苦戦を強いられた。2度のチャンスを作った前半を経て迎えた後半、立ち上がりの53分に試合を動かす。左サイドの宮崎からボックス手前で斜めのパスを受けた長谷川が、足裏を使った華麗なターンでDF2人を一気に抜き去ると、最後はGKの飛び出しを冷静に見切ってゴールに流し込んだ。 これで優位に試合を運べるようになった甲府は、70分過ぎに鳥海がペナルティエリアで相手に倒されPKを獲得。これを決めれば勝利が大きく近づいていたが、野津田のシュートはGK田中に止められてしまった。 この結果、最後まで1点差のままだった甲府は、なんとかそのリードを保って逃げ切りに成功。2位浮上に向けてなんとか結果を残した。 そのほか、残留争いでは、上述の北九州に加え、降格圏に沈む相模原、愛媛、松本の4チームはいずれも勝利できず。今節の順位変動は起こらなかった。 ◆第38節 ▽11/7 ブラウブリッツ秋田 1-1 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 1</span>-0 モンテディオ山形 大宮アルディージャ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 レノファ山口FC</span> ジェフユナイテッド千葉 2-2 水戸ホーリーホック 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> 松本山雅FC 1-1 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 1</span>-0 京都サンガF.C. 愛媛FC 0-0 FC町田ゼルビア ギラヴァンツ北九州 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ヴァンフォーレ甲府</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-1 ツエーゲン金沢 ザスパクサツ群馬 1-1 SC相模原 2021.11.07 20:16 Sun
twitterfacebook
thumb

長崎MF鍬先祐弥が交通事故、前方不注意で衝突「大変申し訳ございませんでした」

V・ファーレン長崎は2日、MF鍬先祐弥の交通事故を報告した。 クラブによると、1日の18時ごろに長崎県大村市岩松町で発生。鍬先が国道34号線を走行中、自らの不注意により渋滞で停車している前方の乗用車に接触した。 なお、相手の運転手、鍬先共にケガはなく、迅速に警察に届け出て、必要な対応をして居るとのことだ。 鍬先はクラブを通じてコメントしている。 「この度は、私の不注意により事故を起こしてしまいました。相手の方や関係各所の皆様にご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした」 「今回の事の重大さを認識し反省するとともに、今後より一層交通安全に努めていきます」 また、長崎は今回の件を受け「相手の方や関係各所の皆さまに多大なご迷惑をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます」と陳謝。「弊クラブでは、再度、選手・スタッフへの注意喚起をするとともに、今後も安全運転への教育を徹底していく所存です」と再発防止に努めるとした。 2021.11.02 14:27 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly