CL敗退のナーゲルスマン監督がメンタリティを悔やむ「カウンターの強さに敬意を払いすぎていた」

2021.03.11 11:53 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督がリバプール戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。ライプツィヒは10日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでリバプールとアウェイで対戦した。

1stレグはホームで0-2と敗れていたライプツィヒ。前半から押し込むも得点を奪えず。一方のリバプールは、70分にモハメド・サラー、74分にサディオ・マネがゴールを奪い2-0で敗戦。2戦合計4-0でラウンド16敗退となった。

ナーゲルスマン監督はリバプールのパフォーマンスを評価。試合の展開に慣れるのに時間がかかったことを悔やんでいた。

「リバプールは今日のより良いチームであり、当然ながら勝ち進んだ。必要なゴールを決めるのに十分なパンチがなかった。特に立ち上がりは、リバプールがプレッシャーをあまりかけてこなかったので、リバプールの試合になれるのに時間がかかった」

「そのため、我々は止まった状態からのプレーが多く、良いシーンをほとんど作れなかった。考えすぎて、簡単なミスをしてしまった。試合を構築するには遅すぎたし、必要な状態になることができなかった。このような時にチームを前に進ませられるファンがいないことに特に気がつくことになる」

それでもチームは攻めの姿勢を崩さなかったものの、結果が出なかったとコメント。リバプールの得点を評価。敗退を悔やみながらも受け入れる必要があるとした。

「25分ぐらいからは少し良くなり、勇気を出して攻撃していた。それでも大きなチャンスをほとんどなかった。我々は攻撃に対する決定的な動きを欠いていた」

「エンドが変わっても、同じような状態が続いた。0-1では実際にはそれほど危険性が高くないものであり、ディフェンスが上手くいっていなかった。0-2の後にゲームは終わってしまった。この2得点はリバプールの個人のクオリティを示している」

「サラーとマネが前線でやっていることは本当にユニークだ。リバプールのカウンターの強さに敬意を払いすぎていたことが、長い時間に渡って見受けられていた」

「我々の選手たちも人間だ。今日は最大限の成果をあげることができなかったし、だからこそリバプールが勝ち残ったと思う。我々はそれを受け入れ、沈み込ませ、数時間は悲しまなければならない」
関連ニュース
thumb

タイトルを狙うライプツィヒ、マーシュ新監督はチームに自信「一緒に楽しい時間を過ごせるはず」

RBライプツィヒのジェシー・マーシュ監督が、チームのスカッドの充実ぶりを誇った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ライプツィヒは2019年夏からチームで指揮を執っていたユリアン・ナーゲルスマン監督が、バイエルンに引き抜かれる形で退任。後任として、ザルツブルクで指揮を執っていたマーシュ監督の就任を4月に発表した。 かつてライプツィヒを率いたラルフ・ラングニック氏の下でアシスタントコーチを務めた経歴を持っているマーシュ監督には、ブンデスリーガ2位、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16、DFBポカール準優勝に終わった昨季以上の成績が期待されている。 マーシュ監督も、ドイツ『Mitteldeutsche Zeitung』のインタビューに応じた際、昨季ブンデスリーガで28ゴールを記録したフランクフルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバを獲得するなどして、戦力アップしたチームには自信を持っているとコメント。質も層も向上したチームを、上手く導きたいと意気込んだ。 「我々はおそらく、リーグで最も幅広い質を備えたチームだと思う。基本的に、ブンデスリーガでは2チームを編成することができるだろう。私がチームの可能性を十分に引き出すことができれば、一緒に楽しい時間を過ごせるはずだ」 また、マーシュ監督はインタビューの中で、チームには現在アンドレ・シウバだけでなくデンマーク代表FWユスフ・ポウルセン、ノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロート、韓国代表FWファン・ヒチャン、U-21オランダ代表FWブライアン・ブロビーと5人のストライカーがいることに言及。2トップを採用するチームでストライカーの数が多過ぎるという声もあるが、適切なターンオーバーは可能だと強調している。 「ストライカーが4人いれば、すべてのポジションをバックアップできる。(選手の出場時間については)解決策が見つかるはずだ。特に今は5人の交代が許されているのだから、ベンチに座る選手の力が必要とされており、皆がチャンスを得られるだろう」 2021.07.30 17:17 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒに痛手、プレシーズンマッチでDFサラッチが前十字じん帯断裂

RBライプツィヒは24日、ウルグアイ代表DFマルセロ・サラッチの負傷を発表した。 サラッチは23日に行われたモンペリエとのプレシーズンマッチに後半出場。しかし、試合中に負傷しプレー続行が不可能に。ストレッチャーで運び出される事態となっていた。 シーズン開幕前の試合での負傷に試合後、ジェシー・マーシュ監督は「ちょっとショックだった」とケガを心配していた。 一夜明け、チームはサラッチのケガの状態を発表。検査の結果、右ヒザ前十字じん帯の断裂と診断。数カ月離脱することを発表した。 サラッチは2018年7月にアルゼンチンのリーベル・プレートからライプツィヒに完全移籍。2020年1月からはガラタサライへとレンタル移籍していたが、今夏復帰していた。 2020-21シーズンは左サイドバックとしてスュペル・リグで27試合に出場し2アシストを記録していた。 2021.07.24 20:58 Sat
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、クライファートの買取オプションを行使せず

ライプツィヒは20日、ローマに所属するオランダ代表FWユスティン・クライファート(22)の退団を発表した。 オランダサッカーのレジェンド、パトリック・クライファート氏の息子として知られるユスティン・クライファートは、父同様に母国の名門アヤックスでプロデビュー。2018年夏にローマ入りしたが、加入後2シーズンで思うような活躍を見せられず、昨季はライプツィヒに買い取りオプション付きのレンタルで移籍していた。 しかし再起を図ったライプツィヒでは、公式戦29試合に出場し4ゴール1アシストに留まり、完全移籍には至らなかった。 なお、クライファートの新天地としては昨シーズンにリールをリーグ・アン優勝に導いたクリストフ・ガルティエ監督が新たに就任したニースが濃厚だと報じられている。 2021.07.20 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがザビッツァーに関心! ハルステンベルクと2枚獲り狙う?

ドルトムントがRBライプツィヒのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(27)の獲得に動いているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。 2015年以降、ライプツィヒの絶対的な主力に君臨するザビッツァー。しかし、2022年までとなっている現行契約を延長する意思はなく今夏のタイミングでの退団が有力視されている。 そのオーストリア代表にはトッテナムなど、プレミアリーグのビッグクラブからの関心が伝えられているが、ドルトムントが獲得レースに参戦する構えのようだ。 ドルトムントの新指揮官を務めるマルコ・ローゼ監督はライプツィヒの礎を築いたラルフ・ラングニック氏の系譜を受け継ぐ指導者であり、高い戦術理解度とセントラルMFを主戦場に中盤の複数ポジションをこなせるユーティリティ性を持つザビッツァーは打ってつけの人材と言える。 なお、ザビッツァーの契約解除金は5000万ユーロ(約65億5000万円)に設定されているが、契約終了まで1年を切っているという事情もあり、2000万ユーロ(約26億2000万円)程度の金額で獲得が可能と見られている。 先日にはドイツ代表DFマルツェル・ハルステンベルク(29)へ関心が報じられたばかりのドルトムントだが、ライプツィヒから2選手を補強することになるのか…。 2021.07.07 19:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがハルステンベルク獲得に動く?

ドルトムントがRBライプツィヒに所属するドイツ代表DFマルツェル・ハルステンベルク(29)の獲得に動き出しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 マルコ・ローゼ新監督の下で新シーズンに臨むドルトムントは、左サイドバックとセンターバックでプレー可能なハルステンベルクに関心を示している模様だ。 『ビルト』が伝えるところによれば、ドルトムントは29歳DFの獲得に向けて800万ユーロ(約10億5000万円)のオファーを掲示したという。ただ、ライプツィヒは1200万ユーロ(約15億8000万円)を要求しているようで、現時点で交渉はまとまっていないようだ。 ただ、ライプツィヒとの契約が2022年夏までとなっているハルステンベルクに契約延長の意思はなく、今夏のタイミングでチームを去る可能性は高いという。 一方、ドルトムントではポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ、ドイツ代表DFニコ・シュルツと左サイドバックの枚数は揃っているが、いずれもウイングバックに近い攻撃寄りのプレースタイルということもあり、使い分けは十分に可能だ。また、ローゼ監督が3バックを採用する場合は、左利きのスピード派のセンターバックとしてアジリティに難があるDドイツ代表DFマッツ・フンメルスとの補完性は抜群だ。 なお、2015年に加入して以降、長らくライプツィヒの主力として活躍してきたハルステンベルクは、2011年から2013年までドルトムントのリザーブチームにあたるドルトムントⅡでプレーした経験を持っている。 2021.07.03 18:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly