バルセロナが大逆転勝利で決勝進出! セビージャはPK失敗に後半土壇場被弾で無念の敗退…《コパ・デル・レイ》

2021.03.04 07:49 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コパ・デル・レイ準決勝2ndレグ、バルセロナvsセビージャが3日にカンプ・ノウで行われ、延長戦までもつれ込んで激闘を制したバルセロナが2戦合計3-2のスコアで決勝進出を決めた。敵地での前回対戦で0-2の完敗を喫したバルセロナだが、先週末に行われたラ・リーガではデンベレとメッシの2ゴールによって今季3度目の対戦でセビージャに初勝利。その勝利の勢いを持ち込んで臨んだ今回の2ndレグでは、その試合と全く同じスタメンを採用。負傷交代したペドリも無事スタメンに名を連ねた。

一方、ホームで先勝し大きなアドバンテージを得たセビージャだが、前述のように直近のリーグ戦での敗戦により、ラ・リーガの連勝が「6」でストップ。その影響が懸念される中で臨んだ苦手カンプ・ノウでの一戦では先発6人を変更。負傷かベンチ外となった守護神ブヌに代わってヴァツリークが起用された一方、スソとエン=ネシリに加えて負傷明けのアクーニャが復帰。同じく負傷明けのオカンポスがベンチに戻ってきた。


バルセロナが[3-5-2]を継続したのに対して、並びを合わせてくる可能性もあったセビージャは普段通りの[4-3-3]でスタート。逆転での突破に向けて3点が必要なホームチームがボールを握って押し込んでいく中、10分にはブスケッツがミドルシュートで最初の枠内シュートを放つ。

すると、直後の12分にはボックス左でDFクンデとのイーブンボールの奪い合いを制したデンベレがそのままキープして一瞬相手守備の動きが止まった隙を突いて右足を一閃。ジョルダンにディフレクトしてややコースが変わったシュートがゴール左上隅の完璧なコースに決まった。

逆転に向けて士気が高まる早い時間帯のゴールで勢いに乗るバルセロナは、以降も相手の連動性を欠くプレスをいなしながら相手を押し込み続ける。また、ボールを奪われても素早い囲い込みで相手のプレーを制限し、3バックがことごとくデュエルを制して攻撃を起点を作らせない。

以降も完全に主導権を握るホームチームは30分過ぎにペドリのミドルシュート、ボックス左で仕掛けたメッシのシュートのこぼれ球がゴールに向かうなど、決定機を幾度も作り出すが、最後のところで身体を張るセビージャを前に2点目を奪い切れずに前半を終えることになった。

後半も引き続きバルセロナが主導権を握るが、割り切って守るセビージャの守備をなかなか崩し切れない。

そういった流れの中で先に動きを見せたのはアウェイチーム。54分、足を痛めたアレイシ・ビダル、アクーニャ、ルーク・デ・ヨングを下げてヘスス・ナバス、レキク、ラキティッチを一気に投入。さらに、63分にはオリベル・トーレスに代えて負傷明けのオカンポスをピッチへ送り出した。

一方、後半に入ってなかなか決定機まで至らないバルセロナは63分、デストを下げて切り札のグリーズマンを投入。この交代で並びを[4-3-3]に変更した。すると、67分にはボックス左でデンベレの浮き球のクロスに反応したジョルディ・アルバが左足のジャンピングボレーで合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩く。

粘り強く守りながらアウェイゴールを奪って試合を決めたいセビージャは71分、千載一遇のチャンスを得る。ボックス手前で仕掛けたオカンポスがミンゲサと入れ替わりかけてボックス内で交錯。すると、微妙な判定ながらPKを獲得する。しかし、キッカーのオカンポスが左を狙って蹴ったシュートはGKテア・シュテーゲンに完璧に読まれて痛恨の失敗となった。

守護神のビッグセーブで首の皮一枚繋がったバルセロナは、完全に専守防衛の構えを見せるアウェイチームに対してここから決死の猛攻を仕掛けていく。

試合終盤にかけてはイライクス、ジュニオル・フィルポ、トリンコン、ブラースヴァイトと次々に交代カードを切ってパワープレーを仕掛けていくと、最後の最後に劇的同点ゴールを奪う。

94分、右CKの二次攻撃から左サイドで相手のクリアボールを回収したグリーズマンが絶妙なクロスを入れると、これをゴール前で競り勝ったピケがドンピシャのヘディングシュートをゴール右隅に流し込んだ。そして、前ラウンドのグラナダ戦に続く後半ラストプレーで追いついたバルセロナが延長戦に持ち込んだ。

失点直前にフェルナンドが2枚目のカードをもらったことで、数的優位で延長戦に入ったバルセロナはすぐさま勝ち越しに成功する。延長前半5分、左サイドのアルバが上げた絶妙なクロスをゴール前に飛び込んだブラースヴァイトがダイビングヘッドで合わせ、一気に試合を引っくり返した。

これでいよいよ厳しくなったセビージャだが、アウェイゴールを奪えば一気に優位に立てることもあり、バルセロナの猛攻を凌ぎながらカウンターでワンチャンスを狙う。110分にはオカンポスがボックス内で競った際にボールがDFラングレの手に当たり、この試合2度目のPK奪取かに思われたが、ここはノーファウルの判定となった。

やや微妙な判定に救われて何とか窮地を脱したバルセロナはここから冷静に時計を進めると、延長後半のセビージャの猛攻をGKテア・シュテーゲンを中心に凌ぎ切った。

そして、1stレグの0-2から驚異的な勝負強さを発揮して逆転したバルセロナが2戦合計3-2で見事に決勝進出を決めた。
関連ニュース
thumb

メッシが今季30ゴールもセルタに逆転負けのバルセロナが終戦…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第37節、バルセロナvsセルタが16日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのセルタが1-2で逆転勝利した。 前節、一時2点差を付けるもレバンテ相手に2度のリードを守り切れず、痛恨の3-3のドローとなった3位のバルセロナ(勝ち点76)は、わずかな可能性に懸けて8位のセルタ(勝ち点50)とのホームゲームに臨んだ。レバンテ戦からの変更はサスペンションのフレンキー・デ・ヨングに代えてイライクスを起用する1点のみとなった。 立ち上がりからアグレッシブな入りを見せたバルセロナは開始10分に決定機。メッシのスルーパスに抜け出したグリーズマンがボックス左でGKと一対一となるが、ここはGKにコースを消されて開始早々の先制点とはならず。 それでも、後方から安定したビルドアップで中盤から前線の選手に良い形でボールが入るホームチームは以降もセルタに何もさせない圧倒的な試合運びを見せる。 そして、28分にはボックス手前左でブスケッツが入れた絶妙なクロスに反応したメッシがゴール前に飛び出して頭で合せると、このシュートがゴール左隅に決まった。 メッシの今季ラ・リーガ30点目で幸先よく先制に成功したバルセロナは前節の反省を生かして積極的に2点目を狙っていく。だが、38分には一瞬の隙を突かれてカウンターを浴びると、左サイドからアスパスが折り返したボールをペナルティアーク付近で受けたサンティ・ミナに意表を突くタイミングで右足を振り抜かれると、DFピケがブラインドになったか、GKテア・シュテーゲンが全く反応できず。このミドルシュートがゴール左に決まった。 試合内容を反映しない1-1のイーブンで後半に臨むことになったバルセロナは、うまく気持ちを切り替えられなかったのか、後半は一転して流れを掴み切れない。61分にはアラウホにセットプレーの場面でチャンスが訪れるも、決め切ることができない。 流れを変えたいクーマン監督はは64分にピケを下げてデストを投入。後ろを1枚削ってより攻撃的な布陣にシフト。さらに、やや疲れが見えたグリーズマンとデンベレを諦め、70分にトリンコンとブラースヴァイトを同時投入。77分にはボックス内で仕掛けたメッシがゴール左角度のないところからシュート性の折り返しを入れるが、これに味方は合わせ切れず。 すると、2点目が遠い我慢の展開の中で83分にはラングレがケビンへのアフターチャージで2枚目のカードをもらってしまい痛恨の退場に。1人少ない中で勝ち越しゴールを目指すことになったホームチームは87分、ボックス左に侵攻したジョルディ・アルバから絶妙なクロスが供給されるが、これをゴール前のブラースヴァイトが押し込むことができない。 この千載一遇のチャンスを逃した直後の89分には、ソラーリの右からのクロスが左ポストに当たってゴール前にこぼれたところをサンティ・ミナに押し込まれてドブレーテを許した。 その後、一人気を吐いたメッシが後半アディショナルタイムに個人技でゴールに迫るも、左足のシュートはわずかに枠の右に外れて試合はこのままタイムアップ。 今季を象徴する勝負強さを欠く内容で逆転負けのバルセロナは、2シーズン連続でラ・リーガ優勝を逃すことになった。 2021.05.17 04:04 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシが“ゴールド”のネメシスを着用?トレーニングで新スパイクが確認される

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが新たな相棒を手にするようだ。ユニフォームやスパイクといったギアを専門とするサイト『Footy Headlines』が伝えている。 首位アトレティコ・マドリーを勝ち点差4で追うバルセロナは16日、ラ・リーガ第37節でセルタとホームで対戦する。 逆転優勝はかなり厳しいとはいえ、負けられない一戦に向けてバルセロナの面々は前日練習を行っていたが、メッシはこれまでとは異なるスパイクを着用していた。 2017年にアディダスと生涯契約を結んだメッシ。これまではメッシのシグネチャーロゴが施されたスパイクや「NEMEZIZ(ネメシス)」を着用しており、3月には新色の「ネメシスメッシ.1FG」を披露したが、それとも別物。メッシの足元には“ゴールド”に輝く「ネメシス」の姿があった。 『Footy Headlines』はゴールド、赤、黒で構成されるこの「ネメシス」をセルタ戦でメッシが履き、数日内に発売されるのではないかとしている。 メッシは新たな相棒でゴールを奪うことができるか、その足元にも注目したい。 <span class="paragraph-title">【写真】メッシが着用した“ゴールド”のネメシス(記事内に詳細画像あり)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Last-Ever | Gold Adidas Nemeziz Messi Signature Boots Leaked: <a href="https://t.co/2n9bFWg2iw">https://t.co/2n9bFWg2iw</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1393801411448684547?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br> Sound On <br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/Bar%C3%A7aCelta?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarçaCelta</a> <a href="https://t.co/rpOCLbZwkB">pic.twitter.com/rpOCLbZwkB</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1393703110200201216?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.16 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

デパイ、今夏こそバルサへ?…クーマン続投前提で加入合意

リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)がバルセロナ移籍で合意に達したようだ。 昨夏、今季から指揮を執るロナルド・クーマン監督の意向を受けて、デパイ獲りの動きが取り沙汰されたバルセロナ。昨夏にその実現に迫り、今冬も獲得の憶測が囁かれたが、いずれも叶うことなく、ここまで来ている。 だが、スペイン『マルカ』によると、バルセロナとデパイは今夏加入で合意。今季限りでリヨンと契約切れのデパイはクーマン監督との仕事を望み、来季からバルセロナに加わるために年俸の要求額を引き下げたという。 とはいえ、バルセロナはジョアン・ラポルタ氏が会長に復職して以降、クーマン監督からの指揮官交代が取り沙汰されている状況。実際にデパイがバルセロナ入りできるか否かはクーマン監督の続投が前提条件のようだ。 デパイは2017年にマンチェスター・ユナイテッドからリヨンに移り、今季は公式戦38試合の出場で21得点10アシストをマーク。19得点を挙げるリーグ・アンにおいては得点ランキングで2位タイにつけている。 バルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)からの連れ戻しが噂されたブラジル代表FWネイマールが先日に契約延長。ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドもターゲットにあがるが、コストがかかるため、フリーのデパイが優先的な候補のようだ。 2021.05.16 15:45 Sun
twitterfacebook
thumb

アグエロがバルサと交渉? スペイン人記者が明かす「誰もが望んでいる」

今シーズン限りでマンチェスター・シティを退団することが決定しているアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)だが、バルセロナ加入が近づいているようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 アグエロは2011年7月にアトレティコ・マドリーからシティへと完全移籍で加入。10シーズンを過ごした今夏、契約満了を受けて退団することが決定している。 この10シーズンで、公式戦通算388試合に出場し258ゴール74アシストを記録しているアグエロ。盟友であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも在籍するバルセロナが、当初から興味を示していた。 そんな中、『BBC』でスペイン人ジャーナリストのギジェム・バラゲ氏がコメント。アグエロとバルセロナはすでに話し合いを行っていると語った。 「まだ完了はしていないが、誰もがそれが実現することを望んでいる。クラブとアグエロ陣営は話し合いを行っている」 「コストを削減する必要があることは理解しており、4つの独立した監査を行い、どれぐらいの資金があるかを確認している。つまり、メッシにどのような契約条件を与えるかを考えている」 「しかし、そのような背景がある中で、移籍市場でのチャンスを探している。アグエロはフリーで、マルティン・ブラースヴァイトを改善できるだろう。多くの選手を売る必要もあり、そうしようとしているが、その場合はアグエロ加入の確実性があることを意味している」 アグエロを獲得できれば、前線の選手を売却することができるバルセロナ。一方で、昨夏も騒動になった大エースのメッシとの契約延長も行う必要があり、今夏の移籍市場での動きは難しい立場にある。 それでも、アグエロを獲得することでメッシをチームに留まらせる可能性は上がり、戦力としても、メッシの退団抑止にも効果を持つアグエロの獲得は願ったり叶ったりだろう。 「メッシからの要求ではないが、彼らがやろうとしていることは、メッシを説得する方法の1つであることは確かだ」 「しかし、ドルトムントのアーリング・ハーランドに示した興味は一歩下がっている。外部から資金が調達できるのであれば、復活させたいようだ」 2021.05.14 10:02 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、セルジ・ロベルトが右腿負傷で離脱…

バルセロナは12日、スペイン代表DFセルジ・ロベルトの負傷を報告した。 セルジ・ロベルトは、11日にシウダ・デ・バレンシアで行われたラ・リーガ第36節のレバンテ戦(3-3のドロー)に、ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホとの交代で後半頭から出場。しかし、試合終盤の85分に右足を痛めてスペイン人MFリキ・プッチとの交代でピッチを後にしていた。 そして、バルセロナは試合翌日に行われた精密検査の結果、同選手が右足大腿直筋の腱に不快感を訴えていることを明かした。 現時点で離脱期間は明かされていないが、今シーズンの残り2試合での復帰は絶望的な模様だ。 なお、来月にはスペイン代表としてユーロ2020本大会を控えるセルジ・ロベルトだが、今回のケガによってメンバー入りが危ぶまれるところだ。 2021.05.13 01:11 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly