花束に笑顔!今季絶望と報じられたMF中島翔哉がインスタで状態を報告「まずは最善だと感じる治療をする」

2021.03.01 14:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
アル・アインのMF中島翔哉が、自身のインスタグラムでケガの状態を報告した。今冬にポルトからのレンタル移籍でUAEのアル・アインへと加入したナカジマ。2試合に出場し1アシストを記録していた。


しかし、トレーニング中に負傷。クラブも2月23日に足首の負傷を発表し、一部では脛骨を骨折した上、じん帯も損傷する重傷を負い、シーズンが絶望との報道もされていた。

その中島は自身のインスタグラム(hoya_nakajima_22)でケガを報告。人々のサポート、暖かさを感じているとしていた。

「アルアインに関わる全ての方々の応援と励ましにとても感謝しています!また、松葉杖をついてる僕に対してのアルアインの街の人たちの優しさも肌で感じて、とても感謝しています」

「もっとこのチームでプレーを楽しみたいと思っていたので、今回の怪我は残念ではありますが、たくさんの人たちの温かさを改めて身をもって感じることができました」

「今回の怪我に関しては僕自身は決して誰かの責任だとは思っていないです。この経験を通してまた楽しく人生を歩んでいくために僕に必要なことだと思うので、まずは自分自身が最善だと感じる治療をして、またアルアインのユニフォームを着てプレーすることを楽しみにしています!」

「また、今シーズンがアルアインにとってより良いシーズンになることを願っていますし、アルアインに関わる全ての方々に感謝しています」

関連ニュース
thumb

今季17発の鈴木優磨、ファンが選ぶクラブ年間MVPに輝く

シント=トロイデンのFW鈴木優磨(24)が今季におけるファン選定のクラブ年間MVPに輝いた。 2019年夏に鹿島アントラーズから加入して今季で2年目の鈴木。今季のシント=トロイデンはジュピラー・プロ・リーグ10勝8分け16敗の15位に終わったが、34試合に出場して17得点3アシストを記録した。 加入初年度の公式戦7得点を大きく上回るチーム得点王の活躍を披露した鈴木の受賞は18日に行われたレギュラーシーズンの最終節となるアンデルレヒト戦前に発表。その一戦も先発して、88分までプレーした。 勝利での締めくくりを狙ったなかで無得点に終わり、チームも敗戦した鈴木だが、試合後のインタビューで受賞を受けての率直な思いを問われると、喜びの心境を口にした。 「今シーズンの苦しいときも、チームとして調子が良いときも、試合に出られたので、そこが評価されたのかなと、嬉しく思います」 クラブの厳しい財政状況もあり、一部の現地メディアで今夏の移籍も取り沙汰され始めている鈴木。大きな活躍を披露しての今夏だけに、動向からも目が離せない。 2021.04.19 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「パフォーマンスを維持するのは難しい」「何も残していない」元日本代表MF松井大輔や高崎寛之がサイゴンFCの選手登録抹消へ

元日本代表MF松井大輔ら3選手が、サイゴンFCの選手登録を外れることになるようだ。ベトナム『ラオドン』が報じた。 サイゴンFCは、かつてレノファ山口FCで指揮を執っていた、霜田正浩監督が指揮を執っていたことでも知られるクラブ。日本のクラブをモデルとしてチームを作っており、FC東京やFC琉球と提携している。 その一環なのか、2021シーズンに向けて松井に加えて、FC岐阜で昨シーズンプレーしていたFW高崎寛之、そしてMF禹相煥を獲得。Jリーグ化をさらに進めていった。 松井はここまでリーグ戦6試合に出場。高崎は4試合に出場も無得点、禹相煥は9試合に出場していたが、サイゴンFCは14チーム中13位と低迷を続けている。 助っ人として期待を掛けられた3人だったが、『ラオドン』によると選手登録を外れると報じている。 『ラオドン』は「禹相煥が最も活躍する選手だが、役割しか果たしていない。松井大輔は序盤戦は印象的なプレーを見せたが、40歳を過ぎて体力とパフォーマンスを維持するのは難しい。ストライカーの高崎だけは、何も残していない」と辛辣な評価を下している。 Vリーグ1では外国人選手は3名まで登録が可能。さらに帰化選手が1名まで登録が認められている。加えて、AFCカップに出場するクラブには追加で1名の外国人選手が認められている。そのため、低迷するクラブとしては、貴重な外国人枠を有効に使いたいという意思があるのだろう。 また、後半戦に向けてはかつてFC岐阜でもプレーし、その後はインドネシアやベトナム、タイ、マレーシアなどでプレーを続けていたMF苅部隆太郎(28)を再登録するとのこと。苅部はAFCカップに向けてチームが獲得した選手だったが、リーグ戦要員にするようだ。 サイゴンFCは現在10試合を終えて3ゴールしか決められていない最悪の状況。霜田監督も3月をもって退任しており、現在はベトナム人指揮官のタン・フォン・フン監督が率いている。 そのためセネガル人DFパペ・ディアキテ、ブラジル人DFチアゴ・パペウ、苅部に加え、外国人FWを獲得するとみられている。 2021.04.19 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデン、レギュラーシーズン最終節は敗戦で15位《ジュピラー・プロ・リーグ》

ジュピラー・プロ・リーグのレギュラーシーズン第34節が18日に行われ、シント=トロイデンはホームにアンデルレヒトを迎え、0-1で敗れた。 15位のシント=トロイデンと4位のアンデルレヒトの対戦。試合前には、ファンが選ぶ年間MVPの授賞式があり、FW鈴木優磨が選出された。 この試合では、鈴木とDF橋岡大樹が先発出場。シュミット・ダニエルは久々のベンチスタートとなった。 試合は21分、アンデルレヒトが左サイドから組み立てると、ボックス内でパスを受けたマジード・アシメルがシュートを放つが、GKケニーステッペがセーブする。 23分にもアンデルレヒトがチャンス。ハーフウェイライン付近で入れ替わってしまうと、ドリブルで持ち上がったマイケル・ムリージョがそのままボックス中央に侵入しシュート。しかし、シュートはわずかに右に外れる。 31分にはシント=トロイデンがチャンス。左CKからのクロスが混戦となると、拾った橋岡がボックス内で倒れるがPKはなし。すると、ここからアンデルレヒトがカウンター。フリーで持ち上がったヤリ・フェルスハーレンがボックス手前からシュートを放つが、これは右に外れる。 44分には鈴木が決定機。ボックス手前でキープしたイロンベ・ムボヨが浮き球のパス。鈴木がうまく抜け出していくが、シュートは打てない。 ゴールレスで前半を終えると、後半もアンデルレヒトがペースを握る。57分には右サイドからのパスを受けたサンビ・ロコンガがボックス手前からミドルシュートを放つも枠の左に。58分には味方とのワンツーを2度繰り返したサンビ・ロコンガが再びシュートも、枠を捉えられない。 その後もシント=トロイデンのゴールを脅かすアンデルレヒトは79分に先制。パスカットしたジョシュア・カレンが持ち出しショートカウンター。右のルーカス・ネメハにパスを出すと、ダイレクトで高速クロス。これにフェルスハーレンが飛び込んで合わせて、アンデルレヒトが先制する。 このゴールが決勝点となり、アンデルレヒトが0-1で勝利を収めた。 シント=トロイデン 0-1 アンデルレヒト 0-1 79分:ヤリ・フェルスハーレン(アンデルレヒト) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】シント=トロイデンvsアンデルレヒト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=rb3q2n8h6e2w15ovlghwnbo9d" async></script> 2021.04.19 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

主力多数不在のマドリー、ヘタフェ相手に劣勢のドロー…久保建英は4戦ぶりに出番なし《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第33節、ヘタフェvsレアル・マドリーが18日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF久保建英はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節、バルセロナとのエル・クラシコを2-1で制した2位のマドリー(勝ち点66)は、首位のアトレティコ・マドリーとの勝ち点差を1ポイントに縮めた。そして、ラ・リーガ5連勝を狙う今節は15位のヘタフェ(勝ち点30)との自治州ダービーに臨んだ。 直近のチャンピオンズリーグ(CL)では敵地アンフィールドで0-0のドローに持ち込み、リバプールを破ってベスト4進出を決めたジダン率いるチーム。だが、重要な3連戦を無敗で終えたチームは、その代償にルーカス・バスケス、メンディが相次いで負傷離脱。さらに、今節ではカゼミロとナチョをサスペンションで欠く上に新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となったバルベルデが起用不可に。 この緊急事態を受け、急造の最終ラインはオドリオソラ、ミリトン、チュスト・ガルシア、マルセロとなり、クロースとベンゼマのベンチスタートを受け、マリアーノとイスコが代役を担うことになった。 対して5戦未勝利と低迷が続くヘタフェは、保有元相手に2試合連続スタメン起用が期待された久保がベンチスタートとなり、2トップにはマタとウナルが並んだ。 飛車角抜きのマドリーに対して予想外に攻撃的な入りを見せたヘタフェが先にチャンスを作り出す。立ち上がりに続けてセットプレーを得た中で6分にゴール前のマタがファーストシュートを放つと、直後の7分にもマティアス・オリベラとニョムがゴール前に飛び込んで決定機に絡む。 一方、何とか序盤の劣勢を撥ね返したマドリーは8分にミリトンからの縦パスに抜け出したマリアーノがボックス内でGKをかわして無人のゴールへシュートを流し込む。だが、VARのレビューの結果、わずかにオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められず。 以降は連動性と運動量、アグレッシブさで上回るヘタフェが急造布陣でしっくりいかない相手の隙を突いて押し込む形に。10分にアランバリが枠のわずか左に外れる際どいシュートを放てば、23分にはマクシモビッチのクロスにゴール前で反応したマタが巧みなバックヘッドシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 対するマドリーも28分にはマルセロからの絶妙なクロスに反応したマリアーノにこの試合2度目の決定機が訪れるが、これはDFティモルの見事なゴールカバーに掻き出されて先制点とはならず。さらに、徐々に盛り返した前半終盤の39分にはオドリオソラからの好クロスをゴール前のヴィニシウスが頭で合わせるが、枠の左を捉えたシュートはGKソリアにキャッチされた。 0-0のイーブンで折り返した後半も試合展開に大きな変化はなし。それでも、全体の動き出しの少なさ、距離感の問題を抱えてボール回しが停滞するマドリーに対して、ヘタフェの高い位置でのボール奪取が嵌りショートカウンターからフィニッシュの場面を創出。59分にはその形からマタとパス交換したウナルがペナルティアーク付近から決定的な右足のシュートを放つが、これはGKクルトワのビッグセーブに阻まれた。 後半も流れが悪いマドリーは65分、マリアーノに代えて切り札のベンゼマ、ロドリゴに代えてこれがトップデビューとなる20歳MFアントニオ・ブランコを投入。この交代によって[4-3-3]に並びを代えて、ピボーテにブランコ、ドブレピボーテのイスコとモドリッチがインテリオールにポジションを上げた。 前半からのハイペース、相手の3トップが主力に入れ替わったことを受けボルダラス監督は、マタに代えてすでに投入したアンヘルに続き76分にはアレーニャを下げてダミアン・スアレスを投入。本職サイドバックのウルグアイ代表DFを右サイドハーフに置き、引き分け良しの戦い方にシフト。それでも、78分にはククレジャのボール奪取からショートカウンターに転じると、マクシモビッチが放ったミドルシュートがDFにディフレクトしてゴールに向かう。しかし、これもGKクルトワのビッグセーブに阻まれる。 その後も膠着状態が続く中、ヘタフェは試合終了間際にウナルを下げて前節トップデビューのホセテ・ミランダを最後のカードとして投入。これにより、久保の古巣対戦は実現せず。 そして、試合はこのまま0-0でタイムアップを迎え、多数の主力を欠いたマドリーは格下相手に守勢を強いられながらも、守護神の活躍もあって最低限の勝ち点1を持ち帰ることになった。 なお、今節先に試合を行っていたアトレティコが勝利していたため、両者の勝ち点差は再び3ポイントに広がっている。 2021.04.19 05:59 Mon
twitterfacebook
thumb

岡崎欠場のウエスカが不調アラベスに痛恨の敗戦…アラベスは9戦ぶりの白星《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは18日、ラ・リーガ第33節でアラベスと対戦し0-1で敗戦した。岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 2連勝中の16位ウエスカ(勝ち点27)が、8試合勝利のない19位アラベス(勝ち点24)のホームに乗り込んだ一戦。岡崎は8試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりからやや押し込まれる展開となったウエスカは、25分にチャンス。左クロスのセカンドボールをボックス外で拾ったヴァヴロが素早くミドルシュート。これがゴール左下を捉えたが、シュートはGKパチェコのセーブに弾かれた。 その後も一進一退の展開が続いたが、アタッキングサードでの精度を欠いてチャンスを生み出すには至らず、前半をゴールレスで終了した。 迎えた後半、ウエスカは開始早々にセットプレーからゴールを脅かされる。47分、L・ペレスの左CKをホセルに頭で合わせられたが、これはクロスバーに救われた。 膠着状態が続く中、ウエスカは68分にサンドロ・ラミレスを下げてセルヒオ・ゴメスを投入。しかし、先に再びチャンスを迎えたのはホームチームだった。 アラベスは73分、右サイドを持ち上がったペリストリの折り返しをボックス手前で受けたジョタがミドルシュート。これをGKアンドレス・フェルナンデスが弾くと、ゴール前のL・ペレスが押し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ピンチを凌いだウエスカは、77分にセオアネ、モスケラ、フェレイロを下げてミケル・リコ、ドゥンビア、エスクリチェを投入する3枚替えを敢行した。 対するアラベスは、84分にグイデッティとデイベルソンという攻撃的なタレントを投入すると、直後にスコアが動く。85分、中盤からのFKをボックス右手前のラグアルディアが頭でゴール前に折り返すと、ペドロ・ロペスのクリアミスを走り込んだバッタリアがダイレクトシュート。これがゴール右に突き刺さった。 先制を許したウエスカは88分、パスで右サイドを抜け出したペドロ・ロペスの右クロスをエスクリチェが頭で合わせたが、これはクロスバーを直撃した。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップを迎え、ウエスカは4試合ぶりの敗戦を喫した。一方、アラベスは9試合ぶりに白星となった。 2021.04.19 01:16 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly