物議を醸したフェリックスの“黙れ”パフォーマンス、その矛先はシメオネ監督ではなく…

2021.03.01 12:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスは、28日に行われたラ・リーガ第25節のビジャレアル戦で途中出場からゴール。その直後にはベンチに向かって、自身の人差し指を口に当てる“黙れ”パフォーマンスをみせていた。

そのジェスチャーは、自身を先発で起用しないディエゴ・シメオネ監督へのアピールなのではないかと話題を呼び、試合後の記者会見で問われたシメオネ監督は次のように語っていた。「次の練習の時に彼に聞いてから、君たちに話すかを確認するよ。選手たちがプライドを示すことは大好きだ。ジョアンが最後にゴールしてからどのくらい経った?反抗的な選手がいるならばむしろ私にとって喜ばしいことだ」


フェリックスの態度は物議を醸したが、ビジャレアル戦でベンチにいたブラジル代表DFレナン・ロージが種明かし。自身のインスタグラムのストーリー機能を使い、フェリックスの問題のシーンの写真とともに「子供じゃないんだから。有言実行だ。僕たちは一緒だ、兄弟」と語った。

スペイン『cope』によると、フェリックスはビジャレアル戦前に、ロージからゴールを決めていないことを指摘されたという。その見返しとばかりに、ロージに対してあのアクションを取ったとのことだ。
関連ニュース
thumb

アトレティコのリーガ優勝メンバー、クリスティアン・ロドリゲスが引退…ウルグアイ代表では110キャップ

元ウルグアイ代表MFクリスティアン・ロドリゲス(35)がプロキャリアに終止符を打った。所属先のペニャロールが7日に発表した。 同クラブの下部組織出身のクリスティアン・ロドリゲスは、2005年夏にパリ・サンジェルマンに移籍し渡欧。ベンフィカへのローン移籍を経て、2008年夏に加入したポルトでは4年間の在籍で公式戦120試合に出場し、3度のリーグ制覇や国内カップ3連覇などに貢献した。 2012年夏にアトレティコ・マドリーに加入すると、2013-14シーズンにクラブの18年ぶりとなるラ・リーガ優勝を経験。C・ロドリゲスはリーグ戦20試合の出場だった。 その後はブラジルのグレミオ、アルゼンチンのインデペンディエントなどでプレーし、2017年2月にペニャロールに復帰。同シーズンと翌シーズンのウルグアイリーグ連覇に大きく貢献した。 また、ウルグアイ代表としても輝かしいキャリアを持ち、2003年10月のメキシコ代表戦のデビューから通算110試合に出場。2011年のコパ・アメリカ優勝メンバーでもあった。なお、2008年と2013年、2014年と、日本代表とは3度対戦している。 そして、El Cebolla(エル・セボージャ:玉ねぎの意)の名で親しまれたクリスティアン・ロドリゲスは、プロデビューを果たしたペニャロールで20年のキャリアに幕を下ろした。ツイッターでは「ペニャロールに関わる方々に、挨拶と感謝を。変わらぬ愛と応援をありがとう。クラブは永遠だ」と別れの言葉を綴っている。 2021.04.08 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコFWスアレスが左足負傷で離脱、今季はここまで19ゴール

アトレティコ・マドリーは7日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの負傷を発表した。 クラブの発表によると、スアレスはクラブのメディカルサービスで検査を受けたとのこと。左足の筋肉を負傷したとのことだ。 なお、ケガの程度など詳細はわかっていないが、スアレスは7日のトレーニングで違和感を訴えたとのことだ。 バルセロナから今季アトレティコに加入したスアレスは、ここまで公式戦32試合に出場し19ゴール2アシストを記録。首位のチームを牽引していた。 なお、11日に予定されているラ・リーガ第30節でレアル・ベティスと対戦するが、スアレスは出場停止のためケガに関係なく欠場予定だった。 2021.04.07 21:50 Wed
twitterfacebook
thumb

今季公式戦で16ゴールもモラタは1年で退団か? ユベントスの懐事情が厳しいことに

アトレティコ・マドリーからユベントスへとレンタル移籍しているスペイン代表FWアルバロ・モラタ(28)だが、1年でそのレンタル期間は終わるかもしれない。 2020年夏に1000万ユーロ(約13億円)でユベントスへとレンタル移籍で加入したモラタ。シーズン終了後に4500万ユーロ(約58億6000万円)で買い取れるオプションがついている。 また、1000万ユーロをさらに支払うことで2021-22シーズンもレンタルが可能。2022年夏に3500万ユーロ(約45億6000万円)で買い取れるオプションもついている契約となっている。 モラタは、ユベントスで公式戦35試合に出場し16ゴール12アシストと一定の結果を残している状況。成績だけを見れば残留することも考えられるが、どうやらその可能性が揺らいでいるという。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ユベントスは財政危機が続いている状況。さらに、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが残留となれば資金が必要となり、今夏の移籍市場でモラタの買い取りに4500万ユーロを費やす気は無いとのことだ。 一方で、1000万ユーロでもう1年レンタルできる契約があるが、それでも買い取れるわけでは無いため、惜しいと考えているようだ。 ユベントスはアンドレア・ピルロ監督を迎えたものの、セリエAでは10連覇が限りなく難しい状況になっている。 クラブの財政面では来シーズンのチャンピオンズリーグに出場できるかどうかが重要になってくるが、現在は5位に位置しており、確実とは言えない状況だ。 一方でモラタは、ディエゴ・シメオネ監督との折り合いが良くないとされており、アトレティコに戻る可能性は低いとみられている。果たしてどのような道を歩むだろうか。 2021.04.07 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコがスペイン人得点王で久保の元同僚FWジェラール・モレノ獲得か? ネックは130億円の移籍金

アトレティコ・マドリーが、新シーズンに向けてストライカー補強に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 アトレティコが獲得に興味を持っているのは、ビジャレアルのスペイン代表FWジェラール・モレノ(28)とのこと。今夏の移籍市場での補強を目指しているようだ。 アトレティコはバルセロナから加入したウルグアイ代表FWルイス・スアレスが今夏に退団できる条項を持っている状況。さらに、リヨンからレンタル移籍で獲得したFWムサ・デンベレを3350万ユーロ(約43億6500万円)で買い取るかどうかが不透明な状況となっている。 さらにユベントスへとレンタル移籍しているスペイン代表FWアルバロ・モラタに関しても復帰する可能性が低いと見られ、ストライカーが不在になる可能性が見られている。 そんな中、ディエゴ・シメオネ監督のお気に入りでもあるジェラール・モレノの獲得が浮上。2019-20シーズンはラ・リーガで18ゴールを記録し得点ランキング3位となると、今シーズンもここまで19ゴールを記録し、スアレスと並び2位タイとなっている。 スペイン人選手としてラ・リーガで最も点を取っているジェラール・モレノだが、ビジャレアルとは2023年6月まで契約を残している状況。今夏獲得するには1億ユーロ(約130億円)の契約解除条項があり、簡単にはいかない状況だ。 ビジャレアルもこの金額を下げるつもりはなく、アトレティコとしては資金を捻出する必要がある状況。これまでも大金をはたいて選手を獲得した際には、主力を売却して資金を生み出していたが、今夏はどんな動きを見せるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英とモレノがリフティング対決!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJEb1ZNT3ZBdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.06 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、得点ランク2位のジェラール・モレノを狙う?ビジャレアルは契約解除金を1億ユーロに設定

ビジャレアルに所属するスペイン代表FWジェラール・モレノ(28)が、アトレティコ・マドリーの今夏における獲得リストに名を連ねているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 現在、ラ・リーガで首位に立つアドレティコでは昨季加入したポルトガル代表FWジョアン・フェリックスとウルグアイ代表FWルイス・スアレスの主力2人に加え、アルゼンチン代表FWアンヘル・コレア、今冬にリヨンから加入したフランス人FWムサ・デンベレと4人のFWが在籍。 ただ、スアレスの34歳という年齢面のリスク、デンベレの買い取りオプションの行使の有無を考慮した場合、来シーズン以降に向けて補強が必要なポジションの1つとなっている。 そんな中、フルミネンセの逸材FWマルコス・パウロの獲得も報じられたアトレティコが、今夏のターゲットとして、新たにジェラール・モレノをリストアップした模様。 ビジャレアルでプロデビューしたジェラール・モレノは、2015年夏に保有権の50%を買い取ったエスパニョールに完全移籍すると攻撃の主軸として活躍。2018年にビジャレアルが買い戻しオプションを行使し、古巣帰還を果たした。 ビジャレアルでは、2シーズンで公式戦86試合に出場し33ゴールを記録。今季はラ・リーガでバルセロナのFWリオネル・メッシ(23ゴール)に次ぐ、19ゴールを記録。全公式戦では23ゴールをマークしている。 しかし、ビジャレアルは2023年6月まで契約を残している同選手の移籍金を1億ユーロ(約130億円)に設定しており、財政面で問題を抱えるアトレティコとしては大幅な減額交渉が必要になりそうだ。 2021.04.06 01:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly