まるで背中に目!?フランス屈指の逸材が見せた絶妙ノールックヒールアシスト【ベスト・アシスト】

2021.02.24 22:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。今回はリヨンのフランス代表MFフセム・アワールが記録したアシストだ。


◆期待の若手が見せたノールックアシスト

11歳で名門リヨンの下部組織に入団したアワールは、2016-17シーズンに若くしてファーストチームデビュー。今では中盤の主力として欠かせない存在になっている。

抜群のテクニックを持ち、フランス屈指の若手として活躍するアワールだが、2020年12月16日に行われたスタッド・ブレスト戦では、見事なアシストを記録している。

1-1と同点のまま迎えた81分、右サイドからリヨンがチャンスを作ると、MFラヤン・チェルキがボックス内のFWメンフィス・デパイにパス。このパスは大きくなり相手DFにカットされるも、素早く反応したチェルキが拾い、すぐさまゴール前のアワールにボールを送る。

アワールは、相手を引き付けた絶妙のタイミングで、後ろを確認することなく後方へヒールパス。このパスにMFマクスウェル・コルネがしっかりと合わせ、見事な勝ち越しゴールを決めた。

阿吽の呼吸の連携から勝ち越しに成功したリヨンだったが、終了間際にまさかの失点。試合は2-2の引き分けに終わっている。


関連ニュース
thumb

変幻自在のパスさばき!メッシが決めたアシストのハットトリック!/2015-16【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆メッシが見せた変幻自在のパスさばき<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2cEtGWXd3RCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> サッカー史上最高の選手と呼び声高いバルセロナのメッシは、その天才的なセンスとテクニックを武器にここまで圧巻のパフォーマンスを披露している。 今まで信じられないようなスーパーゴールを数多く決めてきたメッシだが、素晴らしいアシストも多く記録しており、2016年3月12日に行われたラ・リーガ第29節のヘタフェ戦では、アシストのハットトリックを決めている。 まずは1-0とバルセロナリードの19分、MFアンドレス・イニエスタの浮き球パスにボックス内で抜け出したメッシは、ダイレクトで中央へパス。これにFWムニル・エル・ハダディがヘディングで合わせ、2点目を決めた。 続いて32分、相手陣内中央でボールを持ったメッシが、左から裏へ走るFWネイマールに絶妙のスルーパス。ボックス内でパスを受けたネイマールが、ゴール右下へシュートを流し込み、3点目をマークする。 自らのゴールで4-0とリードを広げた51分、再びメッシが相手陣内中央でボールを持つと、中央へスルーパスを送る。相手のブロックの間を縫うような正確なパスをネイマールがボックス内で受けると、落ち着いてシュートをゴール右に沈め、5点目を決めてみせた。 試合は、メッシの1ゴール3アシストを含む、大量6ゴールを挙げたバルセロナが、6-0で大勝している。 <span data-sg-movie-id="1015" data-sg-movie-title="【変幻自在のパスさばき】メッシが決めたアシストのハットトリック!"></span> 2021.03.30 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

爆発的スピードでサイドをえぐる!ブラジルの新星が決めたマルセイユ初アシスト/2020-21【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はマルセイユのブラジル人FWルイス・エンリケ(19)が記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ブラジルの新星が見せたスピード<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxd2k2enNudiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くして母国ブラジルでプロキャリアをスタートさせたエンリケは、2020年夏にマルセイユに加入。期待の若手選手として徐々に出場機会を増やしている。 2021年2月17日に行われたリーグ・アン第11節のニース戦では、マルセイユ移籍後初アシストを記録している。 1-0とマルセイユリードの42分、左サイドを攻略し、裏のスペースにエンリケが抜け出す。爆発的な加速でマークに来たDFを突き放すと、ボックス内左深部に侵入し、マイナスのパスを送る。このボールにMFサリフ=エディヌ・カーウィがダイレクトシュートを合わせ、見事な追加点を決めた。 その後試合は打ち合いになったものの、3-2でマルセイユが競り勝っている。 <span data-sg-movie-id="1014" data-sg-movie-title="【爆発的スピード】ブラジルの新星が決めたマルセイユ初アシスト"></span> 2021.03.29 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

まるで送りバント!パスマスター、セスクが丁寧なダイレクトパスで味方のゴールをお膳立て/2020-21【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はモナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆セスクの送りバントのような丁寧なアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1QVBucFd0TSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> バルセロナの下部組織で育ったセスクは、若くしてアーセナルに引き抜かれ、大ブレイク。その後古巣バルセロナとチェルシーでのプレーを経て、2019年1月からモナコでプレーしている。 抜群のパスセンスでアシストを量産するセスクだが、2021年3月19日に行われたリーグ・アン第30節のサンテチェンヌ戦では、優しいパスで味方をアシストしている。 3-0とモナコ大量リードの76分、モナコが左サイドを攻めると、ボックス内にクロスが入る。このボールを走り込んだセスクが受けると、ダイレクトで隣でフリーになっていたMFクルパン・ディアタにパス。野球の送りバントのような優しいタッチで送られたパスに、ディアタがしっかりとミートしたシュートを合わせ、ゴール右に決めた。 止めを刺す4点目を決めたモナコが、そのまま4-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="1002" data-sg-movie-title="【まるで送りバント】パスマスター、セスクが丁寧なダイレクトパスで味方をお膳立て"></span> 2021.03.25 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

怒涛の好アシスト3連発!若き日のスアレスが見せた絶妙アシストのハットトリック/2008-09【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがアヤックス時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆若きスアレスが見せた絶妙パス3連発<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1Z2JrSDlFZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リバプールやバルセロナで大活躍を見せ、現在ではアトレティコ・マドリーで活躍を続けるスアレス。今では欧州でも屈指のストライカーとして知られているが、頭角を現したのは、2007年に加入したアヤックスだった。 2007年夏から2011年の1月にリバプールに移籍するまでの3シーズン半アヤックスに在籍したスアレスだが、2008年12月28日に行われたエールディビジ第17節のADOデン・ハーグ戦では、見事なアシストのハットトリックを決めている。 まずは開始早々の6分、自陣に攻めてきた相手に対して、味方のクリアボールを自陣で受けたスアレスは、素早く前を向きカウンターのスイッチを入れる。ハーフウェイラインまで進むと、裏へ走るFWダリオ・ツビタニッチに絶妙のスルーパスを出し、先制ゴールをお膳立てする。 続く17分、右サイドのスペースでスアレスがパスを受けると、低めの鋭いクロスを入れる。このパスに再びツビタニッチがニアポストで合わせ、2点目もアシストしてみせた。 最後は2-0のまま後半に入って迎えた57分、ボックス内のパスにスアレスが抜け出すと、ダイレクトでゴール前にふわりとしたクロスを上げる。ファーストポストにフリーで走り込んだツビタニッチが頭で合わせると、ハットトリックを達成。スアレスにとってもアシストのハットトリックの達成となった。 試合はそのまま3-0でアヤックスが勝利している。 <span data-sg-movie-id="991" data-sg-movie-title="【怒涛の絶妙アシスト】若き日のスアレスが見せた絶妙アシストのハットトリック"></span> 2021.03.23 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アシストマシーン、ミュラーが絶妙胸トラップで味方を優しくお膳立て/2020-21【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンの元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ミュラーの優しいアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiZEFFTndHdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 11歳からバイエルンに所属するミュラーは、2009年のファーストチーム昇格以来、生え抜きのアタッカーとして活躍。数多くのタイトルをチームにもたらしている。 天才的なポジショニングセンスで、ゴールに絡むプレーを得意とするミュラーだが、2021年3月13日に行われたブンデスリーガ第25節のブレーメン戦では、優しいパスで味方のゴールをお膳立てしている。 1-0でバイエルンリードの35分、ボックス内に走り込んだところで後方の味方から浮き球のパスを受けたミュラー。ジャンプしながら空中で胸トラップし、完全にボールをコントロールすると、足元に落としたボールを優しく裏にパス。走り込んだFWセルジュ・ニャブリが落ち着いてシュートを沈め、見事な追加点を奪った。 勢いに乗ったバイエルンは、さらにもう1点を追加。3-1で快勝している。 <span data-sg-movie-id="974" data-sg-movie-title="【絶妙胸トラップ】アシストマシーン、ミュラーの優しいお膳立て"></span> 2021.03.19 16:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly