ボルシアMGのシティ撃破を期待するクラブOB「彼らはマドリー相手にも実力を示した」

2021.02.24 16:28 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてボルシアMGとマンチェスター・シティでプレーした経験を持つ元ドイツ代表DFミヒャエル・フロンツェック氏が、チャンピオンズリーグ(CL)で2つの古巣クラブが対戦することに見解を語った。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。

ボルシアMGとシティは、24日に行われるCLラウンド16・1stレグで対戦。マルコ・ローゼ監督が来季よりドルトムントの指揮官に就任すると発表され、チームに激震が走ったボルシアMGに対して、シティは現在公式戦18連勝中と勢いがとどまるところを知らない。

こうした2チームの状況もありシティが圧倒的有利と見られているが、ボルシアMGで286試合に出場した経歴を持つフロンツェック氏は、ドイツのチームにも勝利する可能性は十分にあると語った。

「シティは私のお気に入りであり、大会優勝候補だ。だが、ボルシアMGがサプライズを引き起こす可能性は非常に高いと思うよ。ジョゼップ・グアルディオラ監督はボルシアMGをよく知っており、強さも理解しているだろう」

「ボルシアMGはシティを苦戦させることが可能だ。グループステージではレアル・マドリー相手に実力を示せていた。もちろん、すべての選手は限界までプレーする必要があり、どんな遅れも許されない。守備的にも攻撃的にも、まとまりのあるチームパフォーマンスを見せなければならないんだ」

「私はローゼの去就がパフォーマンスに影響を与えないと固く信じている。クラブ全体にとって大きな試合であり、選手は全力を尽くすはずだ。もちろん、ファンの失望は理解できる。しかし、こうしたこともビジネスの一部だ。決定的な局面では、誰もが力を合わせることが重要になる」

ボルシアMGへの期待を語る一方で、フロンツェック氏は現役時代ケガに苦しみ活躍できなかったものの、シティには愛着があるとコメント。また、同胞であるMFイルカイ・ギュンドアンの活躍も喜んでいる。

「シティで過ごした1年間は非常に大変だった。キャリアは終わりに差し掛かり、ずっとケガをしていたこともありパフォーマンスは冴えなかったのだ。それでも、私にとっては最高の経験だった。シティには素敵なファンがいて、無条件にサポートしてくれたんだ。だから私は毎日、ここは偉大な伝統あるクラブだと実感していたよ」

「ギュンドアンの成長にはとても満足だ。彼は攻撃的なポジションに移ったことで、ボックス内に飛び出してくる場面も多く、最近では信じられないほど正確なプレーを見せている。以前から常に素晴らしいフットボーラーだったが、今ではゴールスコアラーとしても活躍しており、抜群のフォームだね」

関連ニュース
thumb

ケガ人多数のボルシアMG、FWプレアもフレンドリーマッチでヒザを負傷

ボルシアMGは26日、元フランス代表FWアラサン・プレアの負傷を発表した。 クラブの発表によると、プレアは24日に行われたメスとのプレシーズンマッチで負傷したとのことだ。 プレアは試合序盤にシュートを試みた時、右ヒザの関節胞を損傷したとのこと。離脱期間は明かされていない。 プレアは2018年7月にニースから完全移籍で加入。これまで公式戦107試合で37ゴール20アシストを記録。2020-21シーズンはブンデスリーガで29試合6ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグで8試合5ゴール4アシストと活躍を見せていた。 なお、ボルシアMGは昨シーズンまでフランクフルトで指揮を執っていたアディ・ヒュッター監督が今シーズンから指揮。しかし、MFクアディオ・コネ、FWブリール・エンボロ、DFラミ・ベンセバイニが負傷離脱中となっており、ここにプレアも加わることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】昨シーズン飛躍したプレアのゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJkODJlcnFHcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.27 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、ザカリアがコロナ陽性判定

ボルシアMGは26日、スイス代表MFデニス・ザカリアが新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたことを発表した。 スイス代表の一員としてユーロ2020を戦っていたザカリアは、休暇を終えてボルシアMGのプレシーズンに臨むべくメディカルチェックを受けた結果、コロナ陽性となってしまった。 クラブによればザカリアは他のチームメートと接触しておらず、体調面も問題ないようだが、自己隔離に入っているとのことだ。 2021.07.27 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

去就注目のザカリア、今夏のボルシアMG退団を希望! SDが選手サイドの意向認める…

スイス代表MFデニス・ザカリア(24)が今夏のボルシアMG退団を希望していることが明らかとなった。ドイツ『キッカー』が報じている。 今夏の移籍市場でアーセナルやマンチェスター・シティなどプレミアリーグ勢、バイエルンの関心を集めるザカリア。 ボルシアMGの財政難の影響もあり、今夏の去就に注目が集まる中、選手自身もステップアップの移籍を希望していることが明らかになった。 同クラブでスポーツ・ディレクターを務めるマックス・エバール氏は、ザカリアの去就に関して契約延長を試みているものの、選手が移籍を希望していることを認めた。 「我々はデニスと共に(昨年)10月から彼の契約を延長しようと試みてきた。しかし、デニスと彼の代理人は、彼らが今年の夏に移籍を希望していることを、かなり明確に我々に伝えてきた」 母国ヤング・ボーイズでの活躍が認められ、2017年夏にボルシアMGへステップアップしたザカリアは、190cmの屈強なフィジカルを持つボランチ。 その体格通りのボール奪取力に加え、ポジショニングセンス、推進力にも長けた総合力の高い守備的MFは、ボルシアMGでの3シーズン半で130試合近くに出場するなど絶対的な主力に成長。また、昨シーズンから就任したマルコ・ローゼ監督の下、3バックの一角を担うなどプレーヤーとしての引き出しを増やしていた。 近年は負傷に悩まされているものの、ポテンシャル十分の逸材MFは今夏イングランドに渡ることになるのか…。 2021.07.25 18:06 Sun
twitterfacebook
thumb

スイス代表DFミヒャエル・ラングが3年ぶりに古巣バーゼルに復帰!

バーゼルは19日、ボルシアMGからスイス代表DFミヒャエル・ラング(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までで、1年間の延長オプションが付随している。 ザンクト・ガレンでプロデビューしたラングは、グラスホッパー、バーゼルでのプレーを経て、2018年の夏にボルシアMGへ完全移籍。加入初年度はブンデスリーガ17試合に出場したが、翌シーズンはブレーメンへレンタル移籍。 昨季はボルシアMGに復帰するも、マルコ・ローゼ監督の構想外となり、公式戦わずか3試合の出場となっていた。 3年ぶりの古巣復帰となったラングは、公式サイトのインタビューでなぜバーゼルに復帰したのかと問われ、次のように話した。 「バーゼルでは自分のキャリアで最高なシーズンを過ごしたからだ」 「バーゼルは今でも野心的なクラブで、僕もそうだ。僕たちの関係は加入当初からとてもうまくマッチしていて、それは今でも変わっていない。個人としては、ピッチで再び全力を尽くす姿を見せたい。そして、チームの中での役割を果たし、これまでの経験をチームに伝えていきたいと思っているよ」 2021.07.19 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

元ボルシアMGのラファエウが現役続行を宣言! 無所属1年続くも「諦めていない」

元ボルシアMGのブラジル人FWラファエウ(36)が現役続行を宣言した。 2013年にディナモ・キエフからボルシアMGへと加入したラファエウは在籍7年間で公式戦200試合に出場して71ゴール35アシストを記録。攻撃の核として活躍していたが、近年はケガや新加入選手の台頭で出場機会が激減した。そして、一昨シーズンはわずか公式戦10試合で122分の出場にとどまり、昨年6月の契約満了をもって退団していた。 ボルシアMGに別れを告げてから1年が経つものの、所属先が決まらずにいるラファエウ。しかし、ドイツ『ビルト』のインタビューを受けた同選手はトレーニングを積みながら、現役続行を目指していると話した。 「僕はまだ夢を持っていて、諦めていない。体調は万全だし、年間を通してたくさんのトレーニングをしてきたんだ。僕はまだ1年か2年、フットボールを続けるよ」 「僕にとってサッカーは、楽しむことがすべてなんだ。もちろん最終的には家族に合うものでなければならないけどね」 また、新天地については明かさなかったものの、「僕の子供たちはみんなドイツで生まれたし、ドイツ人になったような気持ちだ。僕たちは長年、ここに住んでおり、現役を終えた後もここに留まりたいと思っている」ともコメント。キャリアの多くを過ごしたドイツの地への愛着を語った。 2021.07.09 17:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly