南野所属のセインツは8試合未勝利に…指揮官は「パンチ力に欠ける」攻撃に嘆き

2021.02.24 12:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、チームの敗戦を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。日本代表MF南野拓実の所属するサウサンプトンは、23日に行われたプレミアリーグ第18節延期分で、リーズ・ユナイテッドと対戦。前節チェルシーと引き分け連敗を「6」で止めたものの、この日は再び守備が崩壊。後半3失点を喫するとそのまま0-3で敗れた。

この結果、サウサンプトンはリーグ8試合未勝利となり、順位も14位と低迷。試合後のインタビューに応じたハッセンヒュッテル監督は、この試合の完敗を認めている。


「リーズは勝ち点3点に値する。特に後半は、彼らの方がはるかに良いチームであり、1対1のクオリティと後半のエネルギー量で我々を凌駕した。今日の敗因はこれに尽きるだろう」

「前半は我々が全てをコントロールしていた。だからこそ、リーズがよりトライしてくるだろうことは分かっていた。我々も試合の中では良かった場面はあったと思う」

「1失点目の取られ方は、正直言って大失敗だった。あんな簡単な失点は、絶対に起こしてはいけない。失点後は、相手を勢いづかせてしまい難しくなってしまった」

また、ハッセンヒュッテル監督はチームの課題として決定力に言及。得点力向上のため、改善が必要だと語った。

「2失点目の前、我々にもチャンスはあったんだ。それは大きなチャンスだったと思うが、得点には至らなかった。そして、相手のチャンスはすぐゴールに結びついた」

「我々はアタッキングサードでのパンチ力に欠けている。今のところ、ゴールを奪えず先制点を許すことに苦戦しているんだ」
関連ニュース
thumb

マネ&チアゴ初弾にアリソン躍動のリバプールが公式戦4試合ぶりの白星! 南野欠場のセインツはリーグ4戦未勝利…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第35節、リバプールvsサウサンプトンが8日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-0で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は契約上の問題で招集メンバー外となった。   前々節にニューカッスル相手に痛恨のドローとなった7位のリバプール(勝ち点54)は、2日に開催予定だったマンチェスター・ユナイテッド戦が対戦相手のサポーターによるスタジアムでの過激な抗議活動の影響で試合当日に延期となるアクシデントに見舞われた。   その影響により2週間ぶりの試合となった今節は15位のサウサンプトン(勝ち点37)を相手に公式戦4試合ぶりの白星を狙った。ニューカッスル戦からは先発2人を変更。負傷のオザン・カバクに代えてリース・ウィリアムズ、フィルミノに代えてフィリップスを起用。ファビーニョをアンカーに戻し、前線は右からサラー、ジョタ、マネの3トップとなった。   休養十分のホームチームは勝ち切れない直近数試合の反省を生かして立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。ボール支配に加え、守備時も高い位置からプレッシャーをかけて攻守の主導権を掴むと、アレクサンダー=アーノルドのロングフィードに反応した10分のマネの決定機を皮切りに、サラー、ジョタがGKフォースターにファインセーブを強いる。さらに、28分にはアレクサンダー=アーノルドの右CKをワイナルドゥムが頭で合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。   ゴール前あと一押しという状況が続くリバプールだが、30分には一転して大ピンチを迎える。DFフィリップスがテラに背後を取られて決定的なカウンターシーンに持ち込まれると、テラの折り返しに反応したボックス中央フリーのチェ・アダムスにシュートを許すが、ここはGKアリソンが見事な飛び出しでシュートコースを消してブロック。さらに、こぼれ球を回収したレドモンドのシュートも素早くポジションを取り直した守護神がきっちり防いだ。   すると、守護神の連続ビッグセーブに触発された攻撃陣が直後にゴールをこじ開ける。31分、相手ボックス手前でルーズボールを回収したファビーニョがボックス右角のサラーに繋ぐと、サラーからファーに走り込んだマネに絶妙な浮き球のクロスが供給される。そして、セネガル代表FWが古巣のゴールへヘディングで流し込んだ。   先制に成功したリバプールは以降も攻撃の手を緩めずに積極的に追加点を狙うが、サラーの決定的なシュートが相手DFのブロックに遭うなど前半の内に2点目を奪うまでには至らず。それでも、レドモンドやテラの決定機を危なげなく凌ぎ切り、1点リードで試合を折り返した。   互いに選手交代なしで臨んだ後半も先にゴールに迫ったのはリバプール。49分、ロバートソンからパスを受けたボックス左のジョタが角度のないところから左足のシュートを放つが、これはニアを消していたGKフォースターの好守に遭う。   以降はなかなか決定機まで持ち込めないものの、集中した守備でリードを維持するリバプール。だが、66分にサウサンプトンのオバフェミ、ディアロの同時投入という交代策によって徐々に劣勢を強いられる。   盛んに背後を狙うオバフェミにスピード不足のセンターバックコンビが幾度か入れ替わられる場面を作られる中、GKアリソンが見事な飛び出しや決定的なシュートストップでピンチを救った。   その後も2点目が遠い中で逃げ切りを意識し始めたクロップ監督は79分にジョタを下げてフィルミノ、87分にサラーを下げてオックスレイド=チェンバレンをピッチへ送り出す。すると、この逃げ切り策が結果的に試合を決める追加点をもたらした。90分、相手陣内左サイドでマネとの連携でボールを奪い切ったフィルミノからボックス手前でパスを受けたチアゴがペナルティアーク付近まで切り込んで丁寧な右足のコントロールシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   そして、途中投入フィルミノのお膳立てからチアゴに待望の加入後初ゴールが生まれたリバプールはこのまま試合をクローズ。守護神アリソンに救われる場面は多かったものの、きっちり格下相手に勝ち切って公式戦4戦ぶりの白星を挙げてトップ4争いに何とか踏みとどまった。 2021.05.09 06:13 Sun
twitterfacebook
thumb

南野拓実の将来は…? サウサンプトン指揮官「まだわからない」

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が日本代表MF南野拓実(26)の去就について、不透明さを口にした。イギリス『デイリー・エコー』が報じている。 リバプール在籍2年目の今季もポジション奪取に至らず、今冬の移籍市場最終日にシーズンローンでサウサンプトンに活躍の場を移した南野。デビュー戦で即ゴールを挙げると、翌々節のチェルシー戦でも得点をマークして、インパクトを残した。 しかし、徐々に出場機会が減り、ここまでプレミアリーグ7試合の出番のみ。今季終了後の去就が注目されるなか、第34節のレスター・シティ戦で4試合ぶりの先発復帰を果たしたが、退場者の影響もあり、守備に追われ、76分にピッチを退いた。 そうしたなか、ハッセンヒュッテル監督が南野の将来について口を開き、8日に行われる第35節でリバプールとのアウェイ戦に向けた会見で南野との交渉の有無を問われると、「いや、まだだ」と返答。さらに、「まだわからない」と濁した。 「我々は彼にできるだけ出場時間を与えようとしているだけ。彼は我々の下で居心地の良さを感じていると思う。先のレスター戦でも守備のクオリティを示しつつ、チームのために懸命に頑張ってくれた。非常に強いメンタリティを持った選手だ。我々のために良い仕事をしてくれている。この夏に何が起こるのかまだわからない」 2021.05.08 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

レスター戦で一発退場のヴェステルゴーア、処分撤回でリバプール戦出場へ

プレミアリーグは5日、サウサンプトンのデンマーク代表DFヤニク・ヴェステルゴーアに対する退場処分を撤回したことを発表した。 ヴェステルゴーアは4月30日に行われたプレミアリーグ第34節レスター・シティ戦(1-1)で先発。開始10分に一発退場となっていた。しかし、サウサンプトンがこの退場に異議を申し立て、その主張が通った格好だ。 ヴェステルゴーアは自陣ゴール前でトラップが大きくなり、ロストしたボールをFWジェイミー・ヴァーディから奪い返すべくスライディングタックルを行ったが、ボールを捉えた後にヴァーディの足首にスパイクが入っていた。プレミアリーグはこのタックルが退場処分に値しないと判断し、処分が撤回された。 この結果、ヴェステルゴーアは8日に行われる次節リバプール戦に出場できることになった。 2021.05.06 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「理解するのが難しい」80分間10人で戦いドローのサウサンプトン、選手を絶賛もVARの判定に苦言

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、レスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 サウサンプトンは4月30日、プレミアリーグ第34節でレスターをホームに迎えての一戦。トップ4を相手に残留を決めたいサウサンプトンが臨んだ。 ケガ人も出ている中で、日本代表MF南野拓実も先発出場。しかし、試合開始10分でDFヤニク・ヴェステルゴーアが退場。ボールコントロールを誤り、ルーズボールをバックパスすると、そこに飛び込んだジェイミー・ヴァーディを倒す形となり一発退場となった。 試合のほとんどを数的不利で戦ったサウサンプトンだが、後半にPKをジェームズ・ウォード=プラウズが決めて先制。しかし、68分に失点し1-1の引き分けに終わった。 試合後ハッセンヒュッテル監督は、数的不利で80分間戦った選手たちを称賛。一方で、退場処分のシーンについては、判定に納得がいかず、VARの意味がわからないと苦言を呈した。 「選手たちが今日やったこと、特に守備において、とても大変な仕事だった。しかし、このようなプレーを見せたときは、何かを手に入れるに値する」 「レッドカードに関しては、実際はそうでないと思う。VARの決定でこういった罰を与えられた場合、レッドカードを与える必要があるかどうかはわからない」 「最も重要なこそ、そしてこれは我々が話すべきことだが、それは“努力”だ」 「しかし、私にとってはヴァーディがボールをコントロールできていなかったので、明確なゴールチャンスを与えたとは言えないと思っている。彼は決してボールには触っていないし、GKへのバックパスだった。私にとっては理解するのが難しい」 「私はすぐに交代させ、センターバックを投入しなければいけなかった。前回のように長々と待つわけにはいかなかった。このとき、我々はより素早く行動し、センターバックを投入してチームとして守ることを学んだ」 「良い形で行えていたと思う。そして80分間プレッシャーにさらされた中で、良いプレーをしたのは明らかだ。ピッチでもよく組織されていた。そして、得点した後にもさらにチャンスがあったが、それは欲張りすぎた」 「今日はサッカーでは時々起こることが起き、その時に強くなる必要があった。彼らは全てヤニク(・ヴェステルゴーア)のために戦ったとお思う。これはチームとしてあるべき姿だ」 「今日、私はピッチでプレーした全ての選手を誇りに思ったと言わなければならない」 <span class="paragraph-title">【動画】開始10分で不可解な退場、サウサンプトンvsレスター</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=ulvyih21abt1qrralbn1ikoz" async></script> 2021.05.01 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

足踏みの3位レスター、落胆の指揮官ロジャーズ「いつもの我々なら…」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が悔しさを口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 レスターは4月30日に行われたプレミアリーグ第34節でサウサンプトンと対戦。日本代表MF南野拓実も4試合ぶりに先発起用した15位のサウサンプトンが開始10分に退場者を出すが、61分に先制する。 そこから68分にDFジョニー・エバンスのゴールで追いついたレスターだが、勝ち越せず、1-1のドローで終了。3位レスターは連勝が「2」で止まり、勝ち点2を落とした感の強い結果に終わっている。 2位マンチェスター・ユナイテッドを追いかけるなかで下位相手に手痛い足踏みを強いられ、4位チェルシーにも詰め寄る隙を許したロジャーズ監督は試合後、「少し悔しいね。勝つために十分なことができなかった」と述べた。 「いつもの我々なら、こういった類の試合で非常に良いのだが、失点するまでテンポが上がってこなかったんだ。サウサンプトンを褒めよう。深くで10人のコンパクトな守備に徹して、我々を苦しめた。ただ、我々はがっかりしている」 「相手に退場者が出たのは我々を推し進めるものだったが、試合自体が遅すぎた。ゲームスピードもボールを動かしたくなるようなテンポじゃなかったね。何度か良いポジションに辿り着いたが、最後のパス精度やタイミングが悪かった」 2021.05.01 08:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly