リーズを率いる“奇才”ビエルサ、契約延長についてはシーズン終了後の決断を希望

2021.02.23 10:57 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドを指揮するマルセロ・ビエルサ監督が、自身の去就についてシーズン終了まで考えたくないようだ。

チャンピオンシップ(イングランド2部)で優勝を果たし、プレミアリーグに今シーズン昇格したリーズ。ここまでは10勝2分け12敗の勝ち点32で12位に位置している。


降格圏のフルアムとの勝ち点差は「10」ある状況だが、残り試合も14試合あり、まだまだ残留争いをする可能性も残されている。

そのリーズを率いるビエルサ監督は、今シーズン限りで契約が満了を迎える状況。しかし、オーナーのアンドレア・ラドリッツァーニ氏はチームにとどめたい意向のようだ。

そんな中、ビエルサ監督は自身の去就についてイギリス『BBC』でコメント。シーズン終了まで回答を待ってもらいたいと考えているようだ。

「クラブがシーズン終了前に回答を必要としたとしても、私はシーズン終了後に回答する」

「ここリーズでの仕事が終わるまで、他のオプションを行使するつもりはない」

一方で、それはリーズを去りたいということではないとビエルサ監督も強調。残りシーズンがまだある段階では、様々な要因があるとした。

「まず私が最初に強調したいのは、会長が私に延長を申し出ており、私がそれを引き延ばそうとしているように見えるからだ」

「それはクラブが私に留まってもらいたいと私以上に思っているように解釈できる。しかし、そうではない」

「2つ目はクラブでもう1年間働くという決定はとても重要であり、明確に(降格しないと)安全であることが必要だ」

「シーズンの3分の1が残っていると、この時期に心に留めておくと便利な判断を変えるようなことが起こるだろう。それが私の理由だ」

「しかし、これらが起きた場合、私はシーズンの最後に何が起こるかを考えるべきだと説明するための時間をかける」

「その場合、「OK、シーズンの終わりまで待とう」というかもしれないし、「いいや、シーズンの終わりまでに解決する必要がある」と言うかもしれない。シーズンが終わる前に答えが必要なら、返答する」

関連ニュース
thumb

リーズFWラフィーニャが母逝去のロナウジーニョを追悼…ユニフォームの下に「彼らの家族に力を」

リーズ・ユナイテッドの所属するブラジル人FWラフィーニャの見せたジェスチャーが称賛を浴びている。 23日に行われた延期分の第18節サウサンプトン戦に出場したラフィーニャ。チームは後半開始早々に先制に成功すると、さらに1点を追加して迎えた84分に、ラフィーニャは直接FKを決めて勝利に貢献した。 注目されているのはゴール後のパフォーマンスで、ユニフォームの下に着ていたシャツに「アシス・モレイラファミリーへ大きな力を。ドナ・ミゲリーナさん、安らかに眠ってください」とメッセージが書かれていた。 これは先日亡くなったロナウジーニョ氏の母と家族に向けられたメッセージ。ドナ・ミゲリーナさんは昨年12月に新型コロナウイルスに感染し入院を続けていたが、今月20日に闘病虚しく71歳で逝去していた。 その後、ロナウジーニョ氏が更新したインスタグラムにはたくさんのファンやサポーター、著名人から励ましの声が寄せられている。 2021.02.24 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

セインツに3-0でトップ10浮上のリーズ、ビエルサは「攻撃的な試合ができた」と手応え

リーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督が、プレミアリーグでの完勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リーグ連敗中のリーズは、23日に行われたプレミアリーグ第18節延期分で、日本代表MF南野拓実が所属するサウサンプトンと対戦。前半こそ拮抗した試合展開となったが、後半攻撃陣が爆発。FWパトリック・バンフォードのゴールを皮切りに、3-0で完勝した。 この結果、リーズはリーグ10位に浮上しており、上位を狙える位置につけている。試合後のインタビューに応じたビエルサ監督は、この試合で内容以上の結果を得られたと語った。 「後半素早く先制点を挙げられたことで、ゲームが開けてきたと思う。3-0という結果の差は、両チームが見せたパフォーマンスの差と比べても大きいものだ。彼らに支配されないよう、そして我々が支配した瞬間リードできるよう、大きな努力をする必要があった」 「我々としては攻撃的な試合ができたと感じており、多くのチャンスを得ていたが、それは相手も同様だ。攻守の切り替えが頻繁に起こる試合だった」 また、ビエルサ監督はこの試合で負傷から復帰し、今シーズン初となるフル出場を飾ったDFディエゴ・ジョレンテに言及。チーム全体が良かったとしつつ、クリーンシート達成に貢献した選手を称えている。 「我々の守備はチーム全員によるものだ。FWは多くの仕事をしており、守備陣がボールを回収するのは難しくないだろう。とはいえ、ディエゴ・ジョレンテは明らかにクオリティを持った選手だ」 「相手が異なるフォワードを起用し、そのほとんどは質の高い選手だった。今日のような試合において、彼の貢献は我々にとって必要なものだったと思う」 2021.02.24 12:54 Wed
twitterfacebook
thumb

まるでスローモーション…!超絶カーブシュートが驚きの滞空時間で完璧なコースにゴールイン【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はセリエCのバーリに所属するイタリア人FWミルコ・アンテヌッチがリーズ・ユナイテッド時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆スローモーションのように見える超絶カーブシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJsNEh0R1RGMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> イタリア下部リーグのジュリアノーヴァでデビューしたアンテヌッチは、国内クラブを渡り歩いた後、2014年夏に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)所属のリーズに加入した。 現在は再びイタリア下部リーグで活躍するアンテヌッチだが、2015年8月8日に行われたチャンピオンシップ第1節のバーンリー戦では、衝撃のゴールを決めている。 終盤まで0-0のまま迎えた83分、左サイドから攻めたリーズがボックス内にクロス。これはクリアされるも、クリアボールを相手陣内中央のDFガエタノ・ベラルディがヘディングでボックス手前のアンテヌッチにボールを送る。 胸トラップで上手くボールを収めたアンテヌッチは、キックフェイントで鮮やかにマークを外すと、ボックス外から左足でミドルシュート。強烈なカーブのかかったシュートは、ゆっくりとした速度でゴール左上へ飛んでいくと、グングン変化しながら完璧なコースにゴールインした。 まるでスローモーションの映像のようなゴールで先制したリーズだったが、直後に失点。試合は1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="834" data-sg-movie-title="【まるでスローモーション…!】超絶カーブシュートが驚きの滞空時間で完璧なコースにゴールイン"></span> 2021.02.24 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

南野加入後初のベンチスタートとなったセインツはリーズに3失点完敗…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第18節延期分、リーズ・ユナイテッドvsサウサンプトンが23日にエランド・ロードで行われ、ホームのリーズが3-0で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は58分からプレーした。   前節、南野のゴールもあって格上チェルシー相手に1-1のドローに持ち込んだ14位のセインツ(勝ち点30)は、リーグ戦の連敗を「6」でストップ。8戦ぶりの白星を目指して12位リーズ(勝ち点32)のホームに乗り込んだこの一戦で南野は主砲イングスと共に加入後初めてベンチスタートとなった。   試合はリーズがボールを握る展開となるが、アウェイのセインツがよりゴールに迫る場面を創出していく。まずは5分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でウォード=プラウズが正確なボールをゴール前に入れると、これをヴェステルゴーアが頭で合わすが、これは枠の左に外れる。続く8分にはテラが見事な個人技で中央をこじ開けて右足を振り抜くが、GK正面を突いた。   その後は一進一退の攻防が繰り広げられる中、30分過ぎに互いに決定機が訪れる。まずは33分、ボックス左で仕掛けたテラがDFジョレンテと交錯。このプレーでセインツにPKが与えられる。しかし、オンフィールドレビューの結果、テラが自らぶつかりにいったとの判定でPKは取り消しに。   その直後にはリーズがロングカウンターを仕掛けてダラスのフィードに飛び出したラフィーニャがボックス内まで持ち込むが、ここはシュートを大事に打ちに行こうとしたところをロメウが後方から見事なスライディングでボールを突いて決定機を阻止した。   互いに決定機を作り合うもゴールレスで折り返した試合は立ち上がりにいきなり動く。47分、リーズが自陣からロングカウンターを仕掛けると、ハーフウェイライン付近のロバーツから出たスルーパスを受けたバンフォードがボックス内まで持ち込んで丁寧な左足のシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   ホームチームの先制点によってここからよりオープンな展開となると、アームストロングのミドルシュート、ボックス内でのロバーツの連続フィニッシュと互いに相手ゴールへ迫る場面を作り出す。   失点以降、相手の勢いに押されて劣勢の状況が続くセインツは58分、テラとレドモンドを下げて南野とイングスの主力2選手を同時投入。だが、直後の61分にはリーズのカウンターを浴びてボックス左でラフィーニャが折り返したボールをジョレンテにワンタッチで蹴り込まれるが、ここはGKマッカーシーのビッグセーブで事なきを得た。   その後、負傷したロメウを下げてジェネポを投入したセインツだが、2失点目を防ぐのが精いっぱいでなかなか決定機まで持ち込めない。すると、78分には南野の右からのクロスを撥ね返された流れのリーズのカウンターからボックス手前中央でエウデル・コスタの横パスを受けたダラスに左足アウトにかけた見事なシュートを突き刺されてリードを広げられる。   さらに、84分にはペナルティアーク付近で与えたFKをキッカーのラフィーニャに壁の間を抜く見事なシュートでゴール左隅に決められて瞬く間に3失点を喫することになった。   何とか一矢報いたいアウェイチームだったが、その後も相手の勢いを止めきれぬまま試合はタイムアップ。リーズに連敗ストップの白星を献上したセインツは敵地で完敗し、チェルシー戦でのドローを良いキッカケにすることはできなかった。 2021.02.24 04:58 Wed
twitterfacebook
thumb

一体何を確認? 鬼才ビエルサが敵地乗り込んだ際にアーセナルの集合写真に熱視線

リーズ・ユナイテッドを率いるマルセロ・ビエルサ監督が敵地で行われたアーセナル戦のスタジアム入場の際に奇妙な行動を見せた。 ビエルサ監督は、その独特な戦術、トレーニングメソッドなど、“エル・ロコ(変人)”の異名を持つフットボール界屈指の癖の強さを持つ指揮官だ。 そのアルゼンチン人指揮官は14日に行われたプレミアリーグ第24節で、エミレーツ・スタジアムに乗り込んだ際に、スタジアム内に飾られている今シーズンのアーセナルの集合写真をじっくりと見入る謎の行動を見せた。 スタジアム入りの様子を映した中継映像に映ったビエルサ監督は、スタジアムの通路に飾られていた対戦相手の集合写真の前で立ち止まると、何が気を引いたのかは不明だが、じっくりと写真を確認していた。 選手の顔などを確認したいのであれば、スマートフォンやタブレット、パソコン、あるいは書類で選手名鑑を見れば事足りる上、今季の対戦は2度目ということもあり、研究熱心な同監督が改めて確認する必要はないと思われる。 だが、ビエルサ監督はその集合写真をじっくりと確認しており、そこには何らかの意図があったはずだ。 その意図は“エル・ロコ”のみが知るところだが、勝手に推測するのであれば、MFメスト・エジルなど開幕時からいなくなった選手を確認したのか、集合写真の並びを通じて各選手の関係性などに思いをはせていた、といったところか。あるいは、アウェイゲームの際に必ず確認しているルーティーンという可能性もありそうだ。 ちなみに、肝心の試合はFWピエール=エメリク・オーバメヤンにハットトリックを決められるなど、2-4の黒星となっている。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Leeds boss Marcelo Bielsa checking out the Arsenal squad photo upon arrival at the Emirates! <a href="https://t.co/DL669eZBcS">pic.twitter.com/DL669eZBcS</a></p>&mdash; Football Daily (@footballdaily) <a href="https://twitter.com/footballdaily/status/1360967756477329412?ref_src=twsrc%5Etfw">February 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.15 08:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly