開始90秒での失点を嘆くアルテタ「シティに勝つなら全てを完璧にしないと」

2021.02.22 11:18 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのミケル・アルテタ監督がチームのパフォーマンスを悔やんでいる。クラブ公式サイトが伝えた。アーセナルは21日に行われたプレミアリーグ第25節で首位マンチェスター・シティと対戦。前節4試合ぶりの白星を掴み、上位浮上のきっかけとしたいところだったが、この日は開始90秒で失点を喫すると、そのまま逃げ切られ、0-1で敗れた。


他チームの結果次第で再びボトム10に後退する恐れもあるアルテタ監督は試合後、立ち上がり方に問題があったと落胆。あまりにも早すぎる失点を嘆いた。

「本当に悔しい。我々は強く説得力のある状態でスタートする必要があった。しかし、実際にはその逆になってしまったと思う。シティにボックスの周辺で時間を与えてしまい、(ラヒーム・)スターリングがボックスの真ん中でヘディングシュートを放った。シティに勝ちたいなら、あんなプレーをしてはいけない」

「その後、我々は可能な限り最善の方法での対応を試みたと思う。本当に良い瞬間が何度かあり、素晴らしいチャンスも何度か作れた。しかし、ゴールを決めるためのクオリティが足りていなかったね。この相手に対しては、すべてが完璧でなければならない」

「キャラクターと勇気を示して、シティ相手に今日のようなプレーをするのは簡単ではない。私はシティのここ数カ月の試合を何度も見てきた。それは誇りに思うべきことだが、この試合では何も得られず明らかにがっかりしている」

また、アルテタ監督はこの試合で負傷明けのDFキーラン・ティアニーやDFパブロ・マリが、フルタイム出場を果たしたことに言及。厳しい日程で疲労が溜まっているチームにとって、大きな出来事だと語っている。

「選手皆を必要としており、2人の復帰は非常に重要だ。今のところ、我々には疲労回復に苦労している選手がいる。彼らは多くの試合でプレーしてきており、最後には両チームとも疲労が見られた。選手たちは努力していて、非常に懸命に働いているので、彼らに多くを要求することはできない」
関連ニュース
thumb

底力見せたアーセナルが敵地で4発圧勝! 元指揮官エメリ率いるビジャレアル待つ準決勝進出《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、スラビア・プラハvsアーセナルが15日にシノー・ティップ・アレナで行われ、アウェイのアーセナルが0-4で勝利した。この結果、2戦合計1-5としたアーセナルの準決勝進出が決定した。 優勝候補に挙がるアーセナルと、レスター・シティ、レンジャーズのイギリス勢を連破してきたスラビア・プラハの初戦は互いに後半終盤に1ゴールずつを奪い合う白熱の1-1のドローに終わった。 再三の決定機逸と後半ラストプレーの失点によって逃げ切り失敗のアーセナルは公式戦4戦未勝利に。それでも、週末のリーグ戦では最下位のシェフィールド・ユナイテッド相手にラカゼットの2ゴール、マルティネッリの今季初ゴールによって3-0の完勝。公式戦15試合ぶりのクリーンシートまで達成し、良い流れで敵地での2ndレグを迎えた。 アルテタ監督は1stレグから先発4人を変更。ホールディングを除く最終ライン3人を入れ替え、ベジェリン、ガブリエウ、セドリックに代わってチャンバース、パブロ・マリ、ジャカを起用。また、セバージョス、ペペをスタートから起用し、前線はラカゼットの1トップに2列目は右からサカ、スミス・ロウ、ペペという並びに。なお、オーバメヤンとウーデゴールは引き続きメンバー外となった。 一方、持ち味の粘り強い戦いぶりでアウェイゴールを持ち帰ることに成功したスラビア・プラハは、スパルタ・プラハとのダービーとなった週末のリーグ戦も2-0で快勝。ホームでの大一番に向けて大きな弾みを付けた。 直近のブレイズ戦と同様にジャカを左サイドバックに置く変則的な布陣で臨んだアーセナルだが、攻守両面で強度の高いプレーを見せるホームチームを前に主導権を奪うことができない。 それでも、14分には右サイドからドリブルで切り込んだサカがボックス手前で鋭いシュートを枠の左に飛ばすと、これはGKコラージュに触られてポストを叩く。これをスミス・ロウが冷静にゴールネットへ流し込んだ。最高の時間帯の先制点かに思われたが、長いVARのリプレーの結果、非常に微妙ながらスミス・ロウのオフサイドと判定されてゴールは取り消しとなった。 この厳しい判定によって流れを失うかに思われたアーセナルだが、逆に開き直ってここから圧巻の連続ゴールを見せる。 まずは18分、ボックス手前で味方から足元に縦パスを受けたラカゼットから短い落としを受けたスミス・ロウがDF3枚を相手に粘りのボールキープから正確なラストパスをゴール左でフリーのペペに通す。ペペはDFとGKの寄せで窮屈な体勢となるも左足のシュートを蹴り込んで2試合連続ゴールを挙げた。 これで2戦合計スコアでも優位に立ったアーセナルは直後の20分にはサカがボックス内でホロマダに倒されてPKを獲得。これをキッカーのラカゼットが冷静に右隅へ流し込み、瞬く間にリードを広げる。さらに、24分にはチャンバースから縦パスを受けたサカがスミス・ロウの幻の先制点の起点となったフィニッシュと似たような形で放った左足のシュートがゴール右下隅に決まり、わずか6分間で3点目を奪った。 厳しい連続失点で逆転には4点が必要となったスラビア・プラハはここからリスクを冒して前に出て相手を押し込む。前半終了間際には続けてフィニッシュの場面を作り出したが、前半の内にゴールを奪うことはできなかった。 迎えた後半、スラビア・プラハはスタンチュや両サイドバックを下げて4枚替えを敢行。奇跡の逆転に向けて大胆な動きを見せた。 一方、後半は前がかりな相手の攻撃を受け止めながら要所でカウンターを仕掛けてけん制していくアーセナル。前半のようになかなか決定機まで持ち込めないが、危なげなく試合を進めていく。 その後、67分にスミス・ロウを下げてエルネニーをピッチを送り込み試合を締めにかかる中で、77分には左サイド深くまでボールを運んだペペからの折り返しをボックス中央で収めたラカゼットが見事な左足のシュートでニア下を射抜き試合を決定づける4点目を奪った。 その後、アーセナルは殊勲のサカ、ラカゼット、トーマスを下げてエンケティア、マルティネッリ、セドリックとフレッシュな3選手を同時投入。週末のリーグ戦を睨んだ余裕の采配を見せた中、相手の反撃をクリーンシートで凌ぎ切った。 そして、敵地でスラビア・プラハを圧倒する見事な戦いぶりを見せたアーセナルが2戦合計5-1のスコアで、元指揮官エメリが率いるビジャレアルが待つ準決勝進出を決めた。 2021.04.16 05:58 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルがフルミネンセのマルティネッリに関心か ジョルジーニョに似たゲームメイカー

アーセナルが、フルミネンセのブラジル人MFマテウス・マルティネッリ(19)に関心を持っているようだ。ブラジル『Globo Esporte』が報じている。 昨年末にフルミネンセの下部組織からトップチームデビューした2001年生まれのマルティネッリ。プレースタイルは、アーセナルがかつて獲得に動いたチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョに近く、フルミネンセのマルカン監督は「マルティネッリはゲームを読む力を持っており、30歳のような雰囲気だ」と高く評価している。 『Globo Esporte』によると、アーセナルは過去数カ月にわたってブラジルへスカウトを送っているようで、どのチームよりも先に動き出している模様。そのスカウトが目撃したかは定かではないが、今年2月に行われたブラジル・セリエAのゴイアス戦では2ゴールを挙げる活躍を披露しており、市場価値はすでに3500万ポンド(約52億4700万円)にまで上昇しているようだ。 あるブラジルメディアの取材において、マルティネッリは自身の去就について「ヨーロッパに行くことは全プレイヤーの夢。だけど今シーズンはまだやるべきことがある」とし、将来的な欧州進出の野望を明かしていた。 フルミネンセでは最近、U-17ブラジル代表FWカイキのマンチェスター・シティ移籍が迫っていることが報じられた。イギリス『ガーディアン』によると、1000万ユーロ(約12億7000万円)+インセンティブ(最大700万ユーロ)という条件で、来夏に5年契約を結ぶ見込みと伝えられている。 アーセナルが本格的に獲得に動くかどうかは、現在レアル・マドリーからレンタルしているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールとスペイン代表MFダニ・セバージョスの去就次第だが、現在はマンチェスター・ユナイテッドも関心を示していると言われており、いずれにせよヨーロッパの舞台にやって来る日が遠くなさそうだ。 2021.04.15 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】窮地アーセナル、激戦必至のローマvsアヤックスに注目! 4強懸けた運命の第2戦

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグが15日に開催される。ベスト4進出を懸けた4つのビッグマッチの見どころを紹介していく。 ◆準々決勝2ndレグ◆ ▽4/15(木) 《28:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs(AGG:2-0) グラナダ スラビア・プラハ vs(AGG:1-1) アーセナル ローマ vs(AGG:2-1) アヤックス ビジャレアル vs(AGG:1-0) ディナモ・ザグレブ ★3選手サスペンションもユナイテッドの逃げ切り濃厚 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210414_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッドと、今大会初出場ながら快進撃を見せるグラナダの初対決は、ユナイテッドが地力の差を見せつけ、敵地で2-0の先勝を飾った。 グラナダの健闘もあって試合内容自体に大きな差はなかったが、DFリンデロフとFWラッシュフォードの見事な連携プレー、MFブルーノ・フェルナンデスが決めたPKによるゴールによってユナイテッドがきっちり勝ち切った。 この快勝によって大きなアドバンテージを手にした今回の2ndレグに臨むプレミアリーグ2位チームは先週末のリーグ戦ではトッテナムとのビッグマッチをMFフレッジ、FWカバーニ、FWグリーンウッドのゴールによって鮮やかな逆転勝利で飾り、公式戦3連勝を達成した。グラナダとのリターンマッチに向けて唯一の懸念材料は、いずれもサスペンションとなるDFマグワイア、DFショー、MFマクトミネイと3選手の欠場。とりわけ、逃げ切りを図る上で最終ラインの主力2選手の欠場は不安要素だが、代役を担うDFトゥアンゼベやDFテレスらの奮闘を期待すると共に自慢の攻撃力で押し切りたい。 一方、逆転に向けてかなり厳しい立場にいるグラナダだが、直近のリーグ戦ではバジャドリー相手に試合終盤のFWモリーナ、DFキニの連続ゴールによって劇的な逆転勝利を収め、公式戦の連敗を「4」でストップしている。格上相手に失うものがないメンタル面のアドバンテージを武器に開き直ったアグレッシブな戦いを期待したい。 ★窮地のアーセナル勝負強さ発揮できるか <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210414_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 優勝候補に挙がるアーセナルと、レスター・シティ、レンジャーズのイギリス勢を連破してきたスラビア・プラハの初戦は白熱の1-1のドロー決着となった。 試合を通してボールの主導権を握ったアーセナルは前半半ばにMFサカ、DFホールディング、後半立ち上がりにFWラカゼットに絶好の先制機が訪れたが、いずれもイージーなフィニッシュを決め切れず。その後、選手交代で流れを引き寄せたホームチームはFWペペのゴールによって土壇場で先制に成功。だが、後半ラストプレーで与えた右CKの流れからDFホレシュに劇的同点ゴールを決められて逃げ切り失敗となった。 この拙い試合運びによって公式戦4戦未勝利となったアーセナルだが、週末のリーグ戦では最下位のシェフィールド・ユナイテッド相手にラカゼットの2ゴール、FWマルティネッリの今季初ゴールによって3-0の完勝。公式戦15試合ぶりのクリーンシートまで達成し、良い流れで敵地での2ndレグに臨む。FWオーバメヤンやMFウーデゴールに欠場の可能性がある中、サカやラカゼット、ブレイズ戦で本来のパフォーマンスの一端を示したMFトーマスらの奮起でベスト4進出を果たしたい。 一方、持ち味の粘り強い戦いぶりでアウェイゴールを持ち帰ることに成功したスラビア・プラハは、スパルタ・プラハとのダービーとなった週末のリーグ戦も2-0で快勝。最高の形で逃げ切りを図るホームでの大一番に臨む。前回対戦では右サイドから内に入ってくるサカの対応に苦慮していただけに、布陣や人選の変更なども含めてきっちり修正したい。それ以外は前回対戦の戦いを踏襲し、ゴールの匂いを感じさせるセットプレーでゴールをこじ開けたい。 ★ローマ優位も激戦必至 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210414_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今ラウンド屈指の好カードとなったローマとアヤックスの名門対決の初戦は互いにミスから1失点ずつ喫した中、アウェイのローマが試合終盤のゴールによって敵地で2-1の先勝を飾った。 戦前は公式戦24試合無敗中のアヤックス優位との見方が多く、試合全体を見てもハイライン・ハイプレスで主導権を握ったオランダ王者がより優位に試合を運んだ。そして、前半終盤には相手のバックパスのミスを突きMFクラーセンが先制点を挙げると、後半立ち上がりにも押し込んだ形からPKを獲得。2点目のチャンスを得たが、FWタディッチの中央を狙ったシュートをGKパウ・ロペスが見事な反応で阻止。 この直後にMFペッレグリーニの直接FKをアヤックスGKスヘルペンがファンブルしローマに同点ゴールが生まれると、以降はアヤックスの猛攻をローマ守護神が再三のビッグセーブで阻止。さらに、試合終了間際には左CKからDFイバニェスに圧巻の左足ボレーでのゴールが決まり、やや大味だった初戦はローマに軍配が上がった。 アウェイゴールだけでなく望外の勝利を持ち帰ることに成功したローマは、先週末のリーグ戦でもボローニャ相手にFWマジョラルのゴールでウノゼロの勝利。リーグ戦でも4試合ぶりの白星を手にした。今節ではMFスピナッツォーラを負傷、MFブルーノ・ペレスを欠くことになるが、サスペンション明けのDFカルスドルプに加え、負傷明けのMFムヒタリアンの復帰は朗報だ。加えて、FWジェコら主力もボローニャ戦で温存されており、休養十分でこの大一番に臨めるはずだ。初戦ではジェコを起点としたカウンターが機能した一方、GKと最終ラインのビルドアップでミスを重ねており、その改善が4強進出のカギを握る。 一方、ショッキングな形で2021年初黒星を喫したアヤックスだが、週末のRKC戦では多くの主力を起用した中で今大会登録外のFWアラーのゴールによって1-0で勝ち切り、リバウンドメンタリティを示した。敵地での逆転突破を狙う一戦ではMFレンシュがサスペンションとなるが、古巣対戦のGKステケレンブルフに復帰の可能性があり、経験豊富なベテランの復帰は追い風だ。初戦ではハイプレスが機能した一方、最終ラインと相手の攻撃陣の力関係で劣勢を強いられたことで、一度プレスを剥がされると、即ピンチというリスキー過ぎるスタイルの弱点も露呈。当然、アドバンテージを持つローマはプレス回避のプランを準備しているだけに修正が求められるところ。また、レフティーが並ぶアタッカー陣のノッキングも顕著だっただけに前線の人選にも注目したい。 ★試合巧者ビジャレアルが逃げ切り狙う <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210414_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> EL3度制覇のエメリ監督率いるビジャレアルの経験と、トッテナム撃破の勢いを持つディナモ・ザグレブの第1ラウンドは、試合巧者のスペインの強豪が敵地で1-0の先勝を飾った。 試合内容自体は互いに決定機を作り合う非常に拮抗した展開となったが、GKルジの再三の好守とDFアルビオルを中心とする繊細なラインコントロールなどエメリ仕込みの堅守が光ったビジャレアルがホームチームにゴールを割らせず。 逆に、やや幸運なハンドで得た前半終了間際のPKをエースFWジェラール・モレノがきっちり決めてアウェイゴールを奪取。流れの中では決定機をモノにできなかったものの、要所を締めたビジャレアルが老獪な試合運びで初戦をモノにした。 ホームで逃げ切りを図るビジャレアルだが、先週末のラ・リーガのオサスナ戦ではジェラール・モレノを温存するなど、大幅なターンオーバーを敢行した結果、ホームで1-2の敗戦。公式戦の連勝が「6」でストップとなった。主力不在のエクスキューズはあったものの、この敗戦が今回の大一番にどのような影響を与えるか。 一方、前ラウンドのトッテナム戦同様に初戦を落としたディナモ・ザグレブだが、週末のロコモティヴァ戦は2-0で快勝きっちりバウンスバックを果たしている。トッテナム戦での逆転劇はホームでの戦いだったが、ビジャレアル相手の初戦では最後の精度を除き互角以上に戦えていただけに、臆せずアグレッシブな戦いを期待したい。トッテナム撃破の立役者であるFWオルシッチに加え、攻撃の起点を担うMFマイェルのパフォーマンスに注目だ。 2021.04.15 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

EL準決勝進出の重要性を説くアルテタ監督「クラブのあるべき姿」

ヨーロッパリーグ(EL)のスラビア・プラハ戦が控えるアーセナルのミケル・アルテタ監督が、準決勝進出への意欲を燃やしている。UEFAが試合前コメントを伝えた。 15日にEL準々決勝のスラビア・プラハ戦2ndレグに臨むアーセナル。8日にホームで行われた1stレグでは、86分にFWニコラ・ペペのゴールで先制したものの、後半アディショナルタイムに被弾し1-1という結果に終わっていた。 やや不利な状況の中、アルテタ監督はヨーロッパの大会で勝ち進める重要性を強調し、そのためのキーマンの活躍に期待を込めた。 「これは我々にとって非常に重要な大会であり、個人的な利益ではなく、集団的な利益が得られるものだ。我々は全ての大会で良い結果を出したいと思っている」 「我々はヨーロッパの大会で準決勝に進める立場にある。これこそがこのクラブのあるべき姿だ。そのためにベストを尽くさなければならない」 「ビッグゲームではビッグプレイヤーが魔法のような瞬間を生み出すシーンを我々は示してきた。今回もそうできることを期待しているよ」 突破に向けては最低1得点が必要な状況だが、元々戦線離脱中のDFダビド・ルイスとDFキーラン・ティアニーに加え、エースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンとMFマルティン・ウーデゴールも欠場の可能性があるという。指揮官は両選手の出場の可否について「わからない、当日の彼らの状態を見てみないとね」とコメントするにとどめている。 2021.04.15 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

オーバメヤン&ウーデゴールはELスラビア・プラハ戦の出場微妙か…指揮官が状態明かす

アーセナルは15日に控えるスラビア・プラハ戦に向けて2人の主力を欠くことになるかもしれない。 アーセナルは8日にホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグでスラビア・プラハと対戦し、試合終了間際に痛恨のアウェイゴールを献上し、初戦を1-1のドローで終えた。 そして、敵地で行われるリターンレグに向けては若干のディスアドバンテージを背負った中、ベスト4進出を目指すことになる。 現在、DFダビド・ルイスとDFキーラン・ティアニーと最終ラインの主力2選手を欠くチームだが、今回の大一番ではFWピエール=エメリク・オーバメヤン(体調不良)、MFマルティン・ウーデゴール(右足首)の2選手も欠く可能性があるようだ。 ミケル・アルテタ監督は前日会見の場で両選手が直前のトレーニングを欠席したことを認めると共に、起用の可否は試合当日のギリギリまで待つ必要があると説明している。クラブ公式サイトがスペイン人指揮官のコメントを伝えている。 「(オーバメヤンとウーデゴールの起用の可否は?)わからない、今日の彼らの状態を見てみないとね。ここ数日に渡って他にもいくつか試合があり、とにかく今日の全員の状態を見て、トレーニングの後、明日の試合に向けてどう反応するかを見なければならない」 「昨日は二人ともトレーニングできなかった。今日は参加できるといいね。今日は天気も晴れているので、彼らにとって良いことかもしれない」 なお、直近のシェフィールド・ユナイテッド戦で左腿を痛め、前述の2選手と共に欠場の可能性が懸念されたMFブカヨ・サカに関してはすでに全体トレーニングに復帰しており、起用可能な状態にあるという。 2021.04.14 23:06 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly