ジョー・コール氏がトゥヘル監督の采配に驚き「ギャンブルだ」

2021.02.21 21:03 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのレジェンドであるジョー・コール氏が、トーマス・トゥヘル監督がサウサンプトンで見せた采配に驚いている。

20日にプレミアリーグ第25節でサウサンプトンと対戦したチェルシー。FW南野拓実のゴールで先制を許す展開となると、後半立ち上がりにMFメイソン・マウントのPKで同点に追いつくものの、追加点は奪えず1-1のドローに終わっていた。


就任以降、ここまで無敗を続けるトゥヘル監督だが、この試合では後半から投入したFWカラム・ハドソン=オドイをその30分後にベンチに下げるという大胆な采配が注目の的となった。試合後に「守備の怠慢による戦術的決定」と説明していたが、選手としてはプライドに傷がつきかねない行為。

『BT Sport』に出演したジョー・コール氏も「驚いた」と話しており、新監督の采配はロッカールームを崩壊させる恐れがあるギャンブル行為であるとの見解を示した。

「シビアだったね。初めて彼の尖った部分を垣間見た瞬間だったよ。前から評判は聞いていたが、強気で大胆な手段を取る監督だ」

「カラムは確かに試合に上手く入れたとは言えなかったが、あのポジションでは瞬間的なプレーが求められる。時々(リオネル・)メッシを見てると思う。もちろん、カラムとメッシを比べるわけではないが、彼は散歩をしながら魔法をかけてくれるのだ。カラムにも一瞬の魔法をかけることができる。みんなも知っているようにね」

「しかし、カラムのプレーに満足できなかったと言った彼の行動は大胆で、過去10年間で分裂する可能性のあったチェルシーのロッカールームにおいてそれはギャンブルだ。火曜日の夜に試合に臨む選手たちに動揺を与える必要があったのかどうか私は疑問だ」

「あれは彼なりのメッセージなのかもしれない。だが勇気のいる決断だった。あれでカラムが良い思いをするはずがないからね」

関連ニュース
thumb

1月就任のトゥヘルを称賛するチェルシー守護神「すべての選手に自信を与えてくれる」

チェルシーのセネガル代表GKエドゥアール・メンディがトーマス・トゥヘル監督を称賛した。イギリス『ミラー』が伝えている。 フランク・ランパード前監督の下、プレミアリーグ9位と不振に陥っていたチェルシーだが、1月にトゥヘル監督が就任してからは公式戦8試合6勝2分け、失点数もわずか「2」と好成績を記録。順位も5位まで浮上しており、チームは立ち直りつつある。 こうした状況もあり、監督交代後も守護神としての立場を維持しているメンディは新監督に好印象を抱いているとコメント。トゥヘル監督の明るい振る舞いがチームに自信を与えてくれていると称えた。 「監督はすべての選手に自信を与えてくれるんだ。僕らは彼が何を望んでいるかがわかるから、ピッチに立ったら、監督から選ばれた理由を示さないといけない。今の状況は選手にとってポジティブであり、だからこそ素晴らしいフットボールを見せる必要があるよ」 「監督はとても表情豊かだ。彼は何か好ましいことがあったときに、それを見せる。ピッチ上で良い結果を出した時だけでなく、毎日のトレーニングや試合の中でも背中を押してくれるよ。彼はポジティブであり続けると同時に、決意も示しているんだ」 また、メンディは28日に行われるプレミアリーグ第26節のマンチェスターユナイテッド戦についても言及。難敵相手に勝利を収めたいと意気込んでいる。 「僕たちは全ての試合に勝つため仕事をしている。リーグの上位グループにいて、アトレティコとの2ndレグも控えているが、それ以上を望んでいるんだ」 「ユナイテッドとの試合は非常にタフだ。彼らは非常に良いプレーをしているからね。僕らはスタンフォード・ブリッジでプレーすることになるし、リーグにとって本当に重要な試合でもあるから、勝ちたいという気持ちを見せる必要がある」 2021.02.25 13:02 Thu
twitterfacebook
thumb

ゴール不足に苦しむヴェルナー、イングランド代表OBは苦言「見ていてイライラする」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が、チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーを批判している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 昨夏にRBライプツィヒから4750万ポンド(約71億円)の移籍金でチェルシーに加入したヴェルナー。ライプツィヒ時代は159試合95ゴールを記録しており、新たなエースとしての期待がかけられていたが、ここまで公式戦34試合10ゴールとややもの足りない成績になっている。 23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのアトレティコ・マドリー戦でも、ヴェルナーは先発出場を果たしたがゴールを記録することはできなかった。 この試合をイギリス『BTスポーツ』で振り返ったファーディナンド氏は、「彼を見ているとイライラする」と語っており、ドイツ代表ストライカーのプレーを批判している。 「(アトレティコ戦で訪れたチャンスは)簡単ではなかったが、彼が枠内にシュートを放ちゴールを決めるところが見たかったね。彼はボックス内に入るところまではできても、キーパーにセーブされてしまう。それでは十分ではない」 「加えて、彼はビルドアップ時にボールを保持した際、あっさり失ってしまうパターンが多過ぎる。それからボックス内に入った際の判断が、甘くなるシーンも見られるね」 「スピードのある選手は、試合を少しスローダウンさせることが求められる場合もある。ヴェルナーはあまりにも速く走っているから、すべてがぼやけて見えるのかもしれない」 また、ヴェルナーについては同じく『BTスポーツ』に出演していたチェルシーのOBであるジョー・コール氏も、プレーについて言及。プレーが改善されるまで、ある程度我慢が必要だと語っている。 「彼は若い頃のセオ・ウォルコットのようだ。とても才能があるのは間違いないが、ウォルコットも定期的に得点するようになったのは、キャリアの後半になってからだった。とはいえ、良い監督さえいれば改善されていくだろう。我々は我慢する必要があるんだ」 2021.02.24 18:22 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ主将コケがチェルシーとの2ndレグに意気込み「勝つためにロンドンへ行く」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表MFコケが、チェルシーとの2ndレグに向けてキャプテンとして強い意志を示している。スペイン『マルカ』が伝えた。 23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のチェルシーとの1stレグで0-1で敗れたアトレティコ。新型コロナウイルスの影響でルーマニアのブカレストがホーム扱いとなった中、守勢を強いられる中で迎えた69分、FWオリヴィエ・ジルーに見事なオーバーヘッドシュートを決められ、そのまま敗戦となった。 2ndレグは予定通りチェルシーの本拠地ロンドンで行われるが、主将のコケは2ゴールを奪って勝ちに行くと高々と宣言。また、直近4試合で1勝のみとなっているリーグ戦にも言及し、バウンスバックを誓っている。 「勝つためにロンドンに行かなければならない。それ以外の選択肢はないよ。アウェイゴールの事を考えてはいけない。2ゴールすれば僕たちは次へ進めるんだ。勝者のメンタリティでもって臨む必要がある」 「難しい時期だ。でもいつものように起き上がるだけだ。8連勝していた頃の僕たちと変わらない。よく戦えていると思うよ。すべての試合に勝つことなんてできないし、悪かった1週間も過去に経験してきた。これが現実だ」 「それでも僕たちは戦わなければならない。努力し続けなければならない。アトレティコはいつだって立ち上がってきた」 2021.02.24 15:14 Wed
twitterfacebook
thumb

先勝のチェルシー、トゥヘル監督は決勝バイシクルのジルーを称賛「誇りに思う」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がアトレティコ・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーは23日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でアトレティコと対戦。試合は68分にFWオリヴィエ・ジルーのバイシクルキックによるゴールでチェルシーが先制すると、その後試合は動かず、0-1で勝利を掴んだ。 試合後、トゥヘル監督はアウェイ扱いとなる中立地での開催となった一戦を振り返り、勝利を喜んだ。 「最高のパフォーマンスを見せてくれた。選手たち、そしてチームのためにも、このような大きな成果を得られたことをとても嬉しく思う」 「90分間集中を絶対に切らさないようにしていたこと、チャンスを作るのは難しいと受け入れていたことが非常に重要だった」 また、3月17日にホームで開催される2ndレグについても言及。MFメイソン・マウントとMFジョルジーニョを出場停止で欠くため難しい試合になると語った。 「次の試合ではマウントとジョルジーニョという2人の重要な選手がいなくなるので、簡単な試合にはならないだろう」 「メイソンを含め、全員のパフォーマンスに満足している。今日もまた、彼は高いインテンシティをもって努力しており、チームに大きな影響を与えていた」 「我々はこれからマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、エバートン、リーズと対戦することになっており、正直楽にはなれないし、気も抜けない。ここからの試合で我々は、自分自身の限界に挑むことになるだろう。2ndレグに向けての解決策は、その後で考える」 最後にトゥヘル監督は、決勝点を挙げたジルーについて「彼を誇りに思う」とコメント。限られた出場機会で結果を残し続けているベテランストライカーを称賛した。 「普段の彼を見ていれば、驚くことはない。彼は完全にフィットしていて、身体は整っており、フィジカルはトップレベルにある」 「精神面においても彼は素晴らしく、トッププレーヤーであるために日々努力している。彼に必要なレベルでだ 。彼はトレーニングにおいて真剣さと楽しさを両立させている」 「彼は常にポジティブで、それがチームにとっての大きなファクターになっている。先発でも、ベンチにいてもそのすべての質を見せてくれる」 2021.02.24 11:01 Wed
twitterfacebook
thumb

豪快バイシクルでアトレティコ撃破のジルー「何を考えていたか分からない」

チェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーがアトレティコ・マドリー戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 チェルシーは23日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでアトレティコと対戦。試合はこう着状態のまま進んだ中、68分にジルーがバイシクルシュートを叩き込みチェルシーが先制。そのまま逃げ切り、アウェイゲームを0-1と勝利した。 中立地での開催となった一戦で難しい側面もあった中、無失点、さらにアウェイゴールを奪っての先勝となったチェルシー。ジルーはチームの勝利を喜んだ。 「僕たちは試合に勝つという強い意志を持ってここにきた。試合をプレーして、僕たちは彼らに攻撃面での問題を与えられるかを理解していた」 「守備では後ろに強く、勝利にとても満足している。今日はそれに値する勝利だった」 ゴールシーンは、左サイドからのマルコス・アロンソのグラウンダーのクロスをジルーがボックス際でトラップ。これが浮き球になると、DFエルモソが触れて浮き球となり、バイシクルシュートをダイレクトで叩き込んだ。 そのシーンについては「ゴールについては何を考えていたか分からないよ。オーバーヘッドキックを打つことに集中し、ネットを揺らすのを見たときは嬉しかった」とコメント。フィーリングで放った豪快シュートだったと明かした。 しかし、このシーンではメイソン・マウントが触れたともみなされ、一度はオフサイドでゴールが取り消しに。VARによるレビューの結果、ゴールが認められていた。ジルーはそのことにも触れ、「オフサイドになったことについては、メイソン・マウントはボールに触れていないと言っていた。チームのためにも、自分のためにも良かった」とコメント。ゴールが認められたことを喜んだ。 自身のゴールによりアウェイゴールを奪って先勝したチェルシー。ジルーは「僕たちはヨーロッパの大会でのアウェイゴールの重要性を理解している。だから、チームが試合で勝つことを助けられて嬉しく思う」とコメントした。 一方で「上手くコントロールして、自信を持っていたけど、素晴らしいチームに直面した。僕たちはとても献身的だったし、彼らの強みを理解していた。それに対処したけど、集中して仕事を終えなければいけないね」と語り、2ndレグでしっかりと勝ち上がりを決めたいと気を引き締めた。 2021.02.24 09:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly