遠藤フル出場のシュツットガルトがカライジッチの4戦連発弾で3試合ぶりの勝利を飾る!《ブンデスリーガ》

2021.02.21 01:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
遠藤航の所属するシュツットガルトは20日、ブンデスリーガ第22節でケルンと対戦し、1-0で勝利した。遠藤はフル出場している。3試合ぶりの勝利を目指す10位シュツットガルト(勝ち点26)が、14位ケルン(勝ち点21)のホームに乗り込んだ一戦。遠藤は[3-4-2-1]のボランチで開幕から22試合連続スタメンとなった。


立ち上がりから一進一退の展開が続く中、シュツットガルトは17分にピンチ。スローインの流れでボックス右深くから侵入したスクヒリのラストパスを走り込んだドゥダにダイレクトで合わせられたが、シュートは枠の上に外れて難を逃れた。

徐々にボールの主導権を握るシュツットガルトは、何度もアタッキングサードまでボールを運ぶが、集中した守りを見せるケルン守備陣を攻略することができず、なかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めない。

前半終了間際の44分には、カストロの右CKからマヴロパノスがヘディングシュートを放ったが、これも枠を捉えず。前半は枠内シュート0本に終わった。

ゴールレスで迎えた後半は、開始早々にスコアが動く。49分、左サイドで獲得したFKからソサがクロスを供給すると、ニアで合わせたカライジッチのヘディングシュートがゴール右隅に吸い込まれ、シュツットガルトが先制した。

さらにシュツットガルトは53分にも、中央を持ち上がった遠藤のパスをカライジッチが繋ぎ、最後はボックス右に駆け上がったワマンギトゥカがシュートを放ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。

膠着状態が続く中、シュツットガルトは70分にピンチ。マイヤーのスルーパスで右サイドを突破したデニスがボックス右から侵入。切り返しでマークを外し左足を振り抜いたが、シュートはゴール左に外れた。

さらに77分には、ボックス右手前からカットインしたエズジャンの強烈なミドルシュートがシュツットガルトゴールを脅かしたが、これはクロスバーに救われた。

終盤は同点弾を狙うケルンに押し込まれる展開となったシュツットガルトだが、集中した守りで失点を許さず、3試合ぶりの勝利を飾った。
関連ニュース
thumb

EL権争う遠藤対決は実現せず、渓太不出場のウニオンが航フル出場のシュツットガルトに勝利《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第29節、ウニオン・ベルリンvsシュツットガルトが17日に行われ、2-1でウニオンが勝利した。ウニオンのMF遠藤渓太はベンチ入りも出場せず、シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 7位ウニオン(勝ち点40)と9位シュツットガルト(勝ち点39)によるヨーロッパリーグ出場権を争う日本人対決。 前節バイエルン戦で3試合ぶりにスタメン出場を果たして勝ち点1獲得に貢献した遠藤渓太はベンチスタートとなった。 対するシュツットガルトは前節、ドルトムントに2-3で打ち負けた。1ポイント差のウニオンとのシックスポインターに向けて、開幕から連続スタメンを続ける遠藤航が[3-4-2-1]のボランチで先発となった。 一進一退の攻防で立ち上がった中、20分にウニオンが最初のチャンスを生かして先制する。サイドチェンジに反応したトリメルが右サイドゴールライン際から折り返し、ファーサイドのプロメルがダイビングヘッドで押し込んだ。 先制後、ウニオンがポゼッションを高める中、43分に加点する。ルーズボールを拾ったトリメルが右サイドを突破してクロスを上げ、最後はムサが押し込んだ。 シュツットガルトの良さが出ずに2点ビハインドで迎えた後半、フェルスターら3選手を交代したシュツットガルトが開始4分に1点を返す。 カミンスキのフィードをボックス右のカライジッチが丁寧に落とし、最後はフェルスターが蹴り込んだ。 反撃の狼煙を上げたシュツットガルトが後半はボールを持つ流れとなったものの、その後はゴールに迫るようなチャンスを生み出すことができない。 すると64分にはトリメルのミドルシュートでウニオンが牽制すると、続く73分にはクルーゼが決定的なヘディングシュートを浴びせた。 終盤にかけてはウニオンが危なげなく逃げ切り。EL出場権を懸けた直接対決を制している。 2021.04.18 00:47 Sun
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、オーストラリアの19歳FWクオルを獲得

シュツットガルトは16日、セントラル・コースト・マリナーズのオーストラリア人FWアルー・クオル(19)の獲得を発表した。フリートランスファーのため、移籍金は発生していない。 スーダン出身のストライカー兼ウインガーのクオルは、内戦の影響により3歳で家族共々生まれ故郷を離れ、4歳からシドニーに在住。 2014年にアマチュアクラブのゴールバーン・バレー・サンズに加入し、2019年からセントラル・コースト・マリナーズでプレーしていた。そして昨年3月にトップチームデビューを果たし、今季ここまでオーストラリア・リーグ16試合の出場で7ゴール2アシストの活躍を見せていた。 シュツットガルトでは先日、U-21トルコ代表MFエメル・ベヤズ(17)の獲得に成功しており、将来有望な若手の獲得に立て続けに成功した形だ。 2021.04.17 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト主将カストロ、退団決定に「非常に失望している」

シュツットガルトの元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ(33)が自身のSNSで退団決定に対する心境を綴った。 日本代表MF遠藤航も所属するシュツットガルトは14日、カストロに関して、今季限りで満了する契約を延長しないことを発表。主将を務めるカストロはブンデスリーガ第28節終了時点で22試合に出場とチームの主力を担う存在だけに、驚きが広がっている。 そのなか、カストロは自身のインスタグラム(gonzocastro27)を更新。今季限りでの退団を自ら報告し、ファンへ感謝を伝えた。 「ファンのみんなへ。残念ながら、今シーズンをもって、僕のシュツットガルトでの旅は終わりを迎える。スポーツの醍醐味と痛快な敗北を経験したとても感動的な3年間だったよ」 「アスリートであれば、困難があっても諦めずにチャレンジすることで成長することができる。それこそが降格したシーズンの後に、僕らチームが目指したことだった。そして、昇格を果たして迎えた今シーズン、見事にその成長を感じることができたよ」 しかし、契約延長問題については「クラブが別の道を選んだことは尊重するが、それでもオファーを出さなかったことにはとても失望している」とも。ドイツ『キッカー』はクラブとカストロとの間で、財政面での折り合いがつかず、契約交渉が決裂したと伝えている。 2021.04.16 13:43 Fri
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト主将MFカストロが今季終了後に退団

MF遠藤航の所属するシュツットガルトは14日、元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ(33)との契約を延長しないことを発表した。スポーツ・ディレクターを務めるスヴェン・ミスリンタント氏が明かしている。 今季主将を務めているカストロはレバークーゼンで活躍後、2018年夏にドルトムントからシュツットガルトに3年契約で加入。シュツットガルトでは公式戦83試合に出場して8ゴール14アシストを記録し、昨季は1部復帰に貢献。今季はブンデスリーガ22試合に出場して3ゴール2アシストをマークし、ヨーロッパリーグ出場権を争うチームの主力として活躍していた。 契約延長に至らず今季終了後に退団することになったカストロは「シュツットガルトでは浮き沈みの激しい時期を過ごしてきた。何よりとても悔しかった降格後に、1部復帰を果たせたことはとても感慨深かったよ」とコメントを残している。 2021.04.14 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

クナウフのプロ初弾でドルトムントが遠藤フル出場のシュツットガルトに競り勝つ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第28節、シュツットガルトvsドルトムントが9日に行われ、2-3でドルトムントが勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節ブレーメン戦を制してヨーロッパリーグ出場権争いに踏み止まった8位シュツットガルト(勝ち点39)は、開幕からスタメン出場を続ける遠藤が[3-4-2-1]のボランチで引き続き先発となった。 一方、前節フランクフルト戦を落とした5位ドルトムント(勝ち点43)はチャンピオンズリーグ出場権獲得が厳しくなってきた中、4日前に行われたCLマンチェスター・シティ戦では好パフォーマンスを見せたものの、1-2と惜敗した。そのシティ戦のスタメンから2選手のみを変更。ジャンとクナウフに代えてレイナとデラネイを起用した。 立ち上がりら押し込んだのはドルトムントだったが、先制はシュツットガルト。17分、遠藤が中央で起点となった流れから、左サイドのソサが上げたクロスをファーサイドのカライジッチがヘッド。ループで狙ったシュートがゴール左に決まった。 その後もカウンターを狙って主導権を渡さないシュツットガルトは、30分にソサの左クロスからクリバリのヘディングシュートで牽制する。 なかなかシュートに持ち込めないドルトムントは34分にロイスが枠内シュートを放つも、GKの守備範囲だった。 それでも迎えた後半、開始2分にドルトムントが追いつく。ダフードのクサビのパスをレイナが落とし、ボックス中央のベリンガムがゴール右へ蹴り込んだ。 さらに52分、ドルトムントが一気に突き放す。レイナが右サイドを突破した流れから、モレイのラストパスをボックス左のロイスがダイレクトでゴール右へ流し込んだ。 逆転されたシュツットガルトは66分、クリバリに同点のチャンスが訪れるも、左クロスに合わせたシュートはミートしきれない。 それでも78分に同点に追いつく。モレイのバックパスミスをカライジッチがカットし、最後はディダヴィがGKとの一対一を制した。 しかし80分、途中出場のクナウフが大仕事。ボックス左でパスを受けると、DFに対応されながらもカットインシュートをゴール右に決めきった。 クナウフのキャリア初ゴールが生まれたドルトムントがシュツットガルトとの打ち合いを制してシティ戦に弾みを付けている。 2021.04.11 03:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly