「麻也、観てるよオレは」内田篤人の鋭い指摘に吉田麻也ビビる「先輩に怒られるんじゃないかって…」

2021.02.22 10:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、元日本代表DF内田篤人氏の解説に反応した。内田氏は『DAZN』の自身の番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』内で、14日に行われたセリエA第22節のフィオレンティーナ戦での吉田のプレーについて言及。その中でも辛口で評価したのが、サイドバックへのパスの部分だった。


吉田のパスがややバウンドした状態で右サイドバックのバルトシュ・ベレシュインスキに渡ったシーンでは、「あーもう浮いてるわ!ボールが。あんなの来たらオレはもう…」と右サイドバックでプレーした自身の経験をもとに解説すると、別の場面では吉田のパススピードがやや遅かったことを見逃さず、「このパスも緩いから、もっと足元にパンッとね」と指摘。「麻也、観てるよオレはちゃんと」と長年日本代表として共にプレーした吉田にエールを送っていた。

一方、吉田が大きなサイドチェンジを通したシーンについては、「これは良かったのよ。このサイドチェンジは良かった」と素直に称賛。その場面でたまたま鳥の群れが羽ばたいていたことから「ほら、鳥も喜んでるわ。祝福してるね」と茶目っ気たっぷりに伝えていた。

内田の厳しいチェックを受けた吉田は、自身のツイッターで反応。1学年上の“先輩”内田からの檄が日頃のプレーに生かされていることを明かしている。

「今でもボテボテパスをする度に先輩に怒られるんじゃないかって頭をよぎります。#内田篤人 こういったプレー毎に切り取って解説、アドバイスしたら面白いと思う!勉強になります!」
関連ニュース
thumb

ラツィオがウノゼロ勝利でCLバイエルン戦に弾み、サンプ吉田は前半のみの出場《セリエA》

セリエA第23節、ラツィオvsサンプドリアが20日に行われ、1-0でラツィオが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也は前半のみの出場となっている。 前節インテルに力負けとなって連勝が6で止まった7位ラツィオ(勝ち点40)は、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦を控える中、ラッツァーリが出場停止で欠場となった以外は現状のベストメンバーで臨んだ。 一方、吉田が先発に復帰してフィオレンティーナに競り勝った10位サンプドリア(勝ち点30)は、吉田が引き続きセンターバックでスタメンとなった。 吉田が[3-5-2]の3バック中央でスタートした中、ラツィオがボールを握る立ち上がりとなる。静かな展開で立ち上がった中22分、ラツィオに決定機。 コレアのポストプレーからボックス左のルイス・アルベルトがシュート。だが、GKアウデーロのセーブに阻まれた。それでも24分に先制する。ミリンコビッチ=サビッチのパスを受けたボックス左のルイス・アルベルトがゴール右へシュートを蹴り込んだ。先制後もラツィオが主導権を握った中、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、吉田が交代となったサンプドリアは4バックに変更。しかし、ラツィオのペースは変わらない。 バイエルン戦を見据え、コレアやルイス・アルベルト、ルーカス・レイバら主力をベンチに下げていったラツィオが危なげなく時間を進める中、サンプドリアに付け入る隙を見せない。 そのまま1-0で勝利したラツィオがバイエルン戦に弾みを付ける勝利を挙げている。 2021.02.21 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

“天才”の華麗なステップでDFを翻弄!カッサーノが決めた鮮やかなゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏がサンプドリア時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆天才の華麗なゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJqbEZCYkRVTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ローマで大ブレイクを果たしたカッサーノ氏は、レアル・マドリーやインテルなどでプレー。その後はイタリア国内を渡り歩いた。 その特大のポテンシャルから天才とも謳われた才能の持ち主だったカッサーノ氏だが、サンプドリア時代の2010年10月17日に行われたセリエA第7節のフィオレンティーナ戦では、その片鱗を見せつけるゴールを決めている。 フィオレンティーナに先制を許しながらも、1-1とサンプドリアが追いついて迎えた82分、相手陣内右サイドでボールを持ったFWグイド・マリルンゴが、中央で裏へ走り出したカッサーノにパスを送る。 このパスを反転しながらのトラップで一瞬にしてマークを外したカッサーノは、そのままボックス内に侵入。ゴール前で相手DF2人がブロックに入ったものの、細かいステップとボールタッチでスペースを作り、右足でシュートを放つ。コースを読んできたGKの裏をかいたシュートはゴール中央に決まり、見事な逆転ゴールとなった。 試合はそのままサンプドリアが2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="804" data-sg-movie-title="【天才の華麗なゴール】カッサーノが相手DFを翻弄!"></span> 2021.02.18 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

サンプ吉田の新同僚が豪快ヘッドでデビュー戦での初ゴールをマーク【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はサンプドリアのイタリア人FWエメスト・トレグロッサが決めたクラブ初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆新戦力がみせた豪快ヘッド<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIya0Q0SmdEcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> イタリア国内の数多くのクラブを渡り歩いたトレグロッサは、ブレシアでエースとして活躍。昨シーズンは、チームのセリエBへの降格を味わったが、2021年1月にDF吉田麻也も所属するサンプドリアにレンタルで加入している。 2021年1月16日に行われたセリエA第18節のウディネーゼ戦では、サンプドリアデビューを果たしたが、いきなりの初ゴールをマークしている。 0-1とサンプドリアビハインドの62分、トレグロッサが途中交代でピッチに立ち、サンプドリアでの公式戦デビューを果たす。すると、1-1と同点に追いついて迎えた81分、パス回しから左サイド深くでボールを受けたDFトンマーゾ・アウジェッロがクロスを上げる。このパスにトレグロッサが合わせると、高い跳躍で相手DFを跳ね飛ばし、豪快ヘディングシュート。逆転のゴールを決めた。 トレグロッサのデビュー弾で勝ち越したサンプドリア。そのまま2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="797" data-sg-movie-title="【豪快ヘッド】吉田の新同僚がデビュー戦で決めたサンプドリア初ゴール"></span> 2021.02.17 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

圧倒的なボックス内での強さ!クアリアレッラの決定力が光るハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、サンプドリアの元イタリア代表FWファビオ・クアリアレッラが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆クアリアレッラの圧倒的な決定力!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtTzIzUTZYViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> クアリアレッラは、トリノやフィオレンティーナ、サンプドリア、ウディネーゼ、ナポリを渡り歩き、2010から2014年までユベントスでプレー。その後、トリノを経て、再びサンプドリアに在籍している。 ここまでセリエA通算487試合で172ゴールを記録しているクアリアレッラだが、2018年1月21日に行われたセリエA第21節のフィオレンティーナ戦では、決定力の高さを見せつけるハットトリックを決めている。 まずは0-0で迎えた30分、右サイドからMFガストン・ラミレスがクロスを上げると、ゴール前のクアリアレッラが見事なトラップでボールを収める。ファーストタッチで相手のマークを外したクアリアレッラが至近距離からゴールを決め、先制点を挙げた。 後半に入った60分、再びラミレスのスルーパスから、ボックス内で抜け出したクアリアレッラがゴール左の位置からGKの頭上を抜くシュート。GKとの1対1の場面で強さを見せ、追加点をマークする。 極め付きは直後の68分、味方とのパス交換からボックス内右でボールを持ったラミレスが、後ろのクアリアレッラに落とすと、今度はゴール右から強烈なシュート。またしてもGKの頭上を抜くシュートを沈め、ハットトリックを達成した。 チャンスを確実にものにするクアリアレッラの活躍もあり、試合はサンプドリアが3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="795" data-sg-movie-title="【圧倒的なボックス内での強さ!】クアリアレッラの決定力が光るハットトリック"></span> 2021.02.17 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

吉田が先発復帰のサンプドリア、クアリアレッラ弾でフィオレンティーナに競り勝つ《セリエA》

サンプドリアは14日、セリエA第22節でフィオレンティーナをホームに迎え、2-1で競り勝った。 前節ベネヴェント戦を引き分けに持ち込んだ10位サンプドリア(勝ち点27)は、8試合ぶりにベンチスタートとなった吉田がフラットな[4-4-2]の右センターバックで先発に戻った。 15位フィオレンティーナ(勝ち点22)に対し、守勢の入りとなったサンプドリア。吉田は主にヴラホビッチとマッチアップする形となった中、膠着した展開が続いた。 そんな中31分、右CKからニアサイドのケイタがヘッドで押し込み、サンプドリアが先制する。 しかし37分、ボックス手前左で許したFKをプルガルに直接狙われると、GKアウデーロが弾いたルーズボールをヴラホビッチに頭で押し込まれて同点とされた。 1-1で迎えた後半、54分にピンチを迎えたサンプドリアだったが、FKからクアルタの放ったヘディングシュートは右ポストに直撃し、ルーズボールに詰めたペッセッラはシュートを枠に飛ばすことができずに助かった。 直後にもボナヴェントゥーラに決定的なシュートを許したが、わずかに枠を外れて助かったサンプドリアは、守勢の中で71分に勝ち越す。 決めたのは5分前に投入されていたエースのクアリアレッラ。右サイドからのカンドレーバのグラウンダークロスを左足ダイレクトでゴール左へ蹴り込んだ。 終盤にかけては吉田を中心にフィオレンティーナの攻勢を凌いだサンプドリアが2-1で逃げ切り勝利。中位をキープする貴重な勝利を手にした。 2021.02.15 01:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly