今季ほぼフルタイム出場のファン・ウェルメスケルケン際、ヒザの重傷で長期離脱

2021.02.19 11:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ズヴォレに所属するDFファン・ウェルメスケルケン際が、重傷を負ってしまったようだ。クラブが発表した。クラブの発表によると、ファン・ウェルメスケルケン際は15日のトレーニング中に負傷したとのこと。詳細の負傷状況は発表していないものの、ヒザに重傷を負ったとのことだ。


また、「長期間離脱することになる」とだけ発表されているが、シーズン絶望となる可能性が高いようだ。

ヴァンフォーレ甲府の下部組織出身のファン・ウェルメスケルケン際は、2013年7月にドルトレヒトの下部組織に加入。2015年7月に昇格すると、2017年8月にはカンブールへ完全移籍。ズヴォレには、2019年7月に加入していた。

オランダの下部リーグでのプレーを続けてきたファン・ウェルメスケルケン際にとって、日本代表DF中山雄太も所属するズヴォレへの移籍は大きな転機に。ドルトレヒト時代にエールディビジで1試合に出場したことがあるファン・ウェルメスケルケン際は、2019-20シーズンは左右のサイドバックとして18試合に出場し2アシストを記録していた。

加入2年目の今シーズンも右サイドバックを中心にここまで全22試合に先発出場し3アシストを記録。今年1月には今シーズン限りで満了する契約を2年間延長し2023年夏までの契約を結んだばかりだった。

ほぼフル出場していた中での負傷。チームにとっても本人にとっても辛い結果となってしまった。
関連ニュース
thumb

「特別な遺伝子が必要」長谷部誠のライバルはキング・カズ? フランクフルトの同僚MFがコメント

フランクフルトのMFセバスティアン・ローデが、自身のキャリア、そして同僚のMF長谷部誠について語った。 ローデは、オッフェンバッハの下部組織で育ち、2008年7月に昇格。2010年7月にフランクフルトへと完全移籍した。 2014年7月にはバイエルンへと移籍すると、2016年7月にはドルトムントへと移籍。その後フランクフルトへとレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍で復帰していた。 チームの中では年長者の部類に入るローデはドイツ『フランクフルト・ルントシャウ』でのインタビューに応じた。 フランクフルトとは2024年6月まで契約を結んでいるろーで。何もなければ、34歳までフランクフルトでプレーすることとなる。 年長者になった事については「僕は最年長の選手の1人であり、キャリアを通じて多くのことを経験してきた。多くの若い選手がそこにたどり着きたいと思うかもしれない。もちろん、僕の立場は以前よりも大きなものになっているね」と語り、自身の存在はクラブの中でも小さくないと感じているようだ。 そのローデは、引退について問われると「2024年まで契約を結んでいるけど、その先はまだ考えていない。でも、僕の足は無理をしようとしないし、体は多くの経験をしてきた。キャリアを終えて、健康に過ごしたいね」とコメント。現在の契約を全うした後のことは考えていないと語った。 そのローデはボランチでコンビを組むこともある長谷部についても言及。37歳でプレーする長谷部については「そんなに長くはプレーしないよ。それには特別な遺伝子が必要なんだ(笑)」とコメント。自身よりも年上の長谷部のプレーに驚きを隠せないようだ。 さらに「ハセは54歳の日本人選手(三浦知良)と競争するんだろう」と語り、キング・カズとして知られ54歳で現役選手としてプレーする三浦知良を引き合いに出し、長谷部のライバルだと語った。 2021.03.05 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

離脱中の南野拓実はトレーニングに復帰「見た感じは良さそう」、週末に復帰の可能性

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、ケガ人の状態について報告した。 現在プレミアリーグで9試合未勝利と苦しい時期が続いているサウサンプトン。シーズン序盤の好調ぶりがウソのような不調に陥っている。 今冬にはリバプールから日本代表FW南野拓実をレンタル移籍で獲得すると、その南野はすでに2ゴールを記録しているが、チームとしては結果が出ていない状況だ。 さらに、その南野を含めケガ人を多く抱えているサウサンプトン。6日にはプレミアリーグ第27節のシェフィールド・ユナイテッド戦を控えている中、ケガ人の状態について語った。 「ケガ人のニュースだが、これまでのところ数人の選手がトレーニングに復帰している。イブラ(イブラヒマ・ディアロ)、タキ(南野拓実)、カイル(・ウォーカー=ピータース)だ」 「彼らはトレーニングしている。試合で起用できるかどうかは確認する必要がある。ただ、見た感じは良さそうだ。週末には選択肢がいくつか増えるかもしれない」 南野を含めてトレーニングに復帰している選手がいる一方で、まだまだ復帰ができない選手についても言及している。 「ムサ(・ジェネポ)は、ここに来て以来ケガの時期が長い。週に3試合は難しい。負荷の管理は注意を払わなければならない」 「セオ(・ウォルコット)はすべての筋肉系のケガの中で最悪な状態だった。インターナショナルブレイクの後、彼が戻ってくることを願っている。今シーズンは良い影響を与えていた」 降格圏の18位フルアムとの勝ち点差は7という状況。そろそろ白星が欲しく、最下位相手の試合となるが南野の復帰はあるだろうか。 2021.03.05 12:41 Fri
twitterfacebook
thumb

離脱から8カ月、宮市亮の現在を監督が語る「とても良さそう」

ブンデスリーガ2部に所属するザンクト・パウリのティモ・シュルツ監督が、長期離脱中のFW宮市亮について語った。ドイツ『ビルト』が報じた。 2015年7月にアーセナルから完全移籍でザンクト・パウリに加入した宮市。しかし、相次ぐケガの影響もあり、加入当初はプレー機会が限られていた。 しかし、2019-20シーズンはケガなく開幕を迎え、レギュラーとしてプレー。ブンデスリーガ2部で29試合に出場し1ゴール7アシストを記録。チームでも重要な役割を担っていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断明けの5月にヒザに違和感を覚えると、2020年6月5日のボーフム戦の出場を最後に欠場。今シーズンは一度もピッチに立っていない。 シュルツ監督は宮市の状態について「とても良さそうに見える」とコメント。しかし「ただ、私はまだ予想を口にはしたくない」と復帰時期について言及することを避けた。 宮市は、内転筋、そして最近ではふくらはぎに問題を抱えていたとのこと。それでも、現在はトレーニングに復帰している。 シュルツ監督は「筋肉の問題には、細心の注意を払わなければならない。1日や1週間の問題ではない」とコメント。それでも宮市の復帰を望んでいるとし「彼が戻ってきてくれれば、みんながハッピーになれる。リョウは別の要素をチームに与えてくれるからだ」とコメント。復帰に期待を寄せていた。 ザンクト・パウリは現在ブンデスリーガ2部で11位に位置。昇格からは遠い位置にいるが、直近のリーグ戦は5連勝と急激に調子を上げており、2021年に入ってからは11試合で7勝2分け2敗と大きく勝ち点を積み上げている。 2021.03.04 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「夏に素晴らしい移籍をする」今季フル出場の板倉滉のステップアップを指揮官が示唆「彼と長く一緒にやりたい」

フローニンヘンのダニー・バイス監督が、日本代表DF板倉滉を称賛している。オランダ『Voetbal International』が伝えている。 2019年1月に川崎フロンターレからマンチェスター・シティ入りした板倉はその直後からレンタルでフローニンヘン入り。今シーズンはセンターバックとして公式戦全25試合にフルタイム出場。欠かせぬ戦力としてリーグ6位のチームを支えている。 約2年にわたって板倉を指導してきたバイス監督だが、ステップアップの時が近づいたと感じているようだ。 「我々はコウといられて幸せだ。彼は上手くプレーし、プロフェッショナルで、日々改善しようと努力している。彼の成長を見る限り、来シーズンも一緒にプレーすることは叶わないだろう。彼と長く一緒にやりたい。心は痛むが、私はコウがこの夏に素晴らしい移籍をすると思う」 また、アヤックスやPSVなどオランダ国内とトップレベルでもプレーできるかと問われると、「断言はできない。彼がすぐに適応できるかどうか。もしくは適応のために数カ月の時間が与えられるかどうかだ。ここでもその時間を必要としていた」と語った。 <div id="cws_ad">◆板倉がアクロバティックなクリアでチームのピンチを救う!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">IQONIQ Moment van de Week: Karate Ko!<br><br>Of Kung Fu Ko, nog meer suggesties? <a href="https://twitter.com/kougogo1270?ref_src=twsrc%5Etfw">@kougogo1270</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/trotsvanhetnoorden?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#trotsvanhetnoorden</a><a href="https://twitter.com/hashtag/momentvandeweek?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#momentvandeweek</a><a href="https://twitter.com/iqoniq?ref_src=twsrc%5Etfw">@iqoniq</a> <a href="https://t.co/lzWq1SOxQR">pic.twitter.com/lzWq1SOxQR</a></p>&mdash; FC Groningen (@fcgroningen) <a href="https://twitter.com/fcgroningen/status/1364107221857046531?ref_src=twsrc%5Etfw">February 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.04 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍後初先発の香川真司が華麗なターンと落としで初アシストをマーク!チームはベスト4進出

PAOKテッサロニキに加入したMF香川真司が移籍後初先発フル出場を果たし、アシストを記録した。 PAOKは3日、キペロ・エラーダス(ギリシャ杯)準々決勝2ndレグでラミアと対戦。2-2のドローに終わった。 今冬に無所属状態からPAOKに加入した香川は、ここまで6試合に途中出場していたが、ラミア戦ではトップ下で初先発となった。 ホームでの1stレグで5-2と大勝していたPAOKは8分、カウンターのチャンスから香川のラストパスを受けたFWカロル・シフィデルスキがボックス左からシュートを放つも、相手GKの好守に阻まれる。 それでも13分には相手陣内で相手のミスパスを香川が拾うと、左サイドのDFババ・ラーマンへとパス。ババ・ラーマンはボックス内のFWクリストス・ツォリスと繋ぐと、ボックス左をえぐったツォリスがマイナスのパスを送る。 これを相手DFがカットに来たところをボックス内でターンしながら受けた香川は、フリーのMFニカ・ニヌアへ横パス。ニヌアがボックス外から狙いすました左足シュートをゴール左に決めた。 前半終了間際にはPKのチャンスを獲得しながらも決めきれなかったPAOKは、後半開始早々に追いつかれるもそのまま1-1でタイムアップ。2戦合計スコア6-3で制して、準決勝進出を果たしている。 ラミア 1-1PAOKテッサロニキ 【ラミア】 マンジュレイカー・ジェイムス(後7) 【PAOK】 ニカ・ニヌア(前14) <div id="cws_ad" >◆ラミアvsPAOK ハイライト</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "yrNnkKxqAOM";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.03.04 11:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly