アントワープが壮絶な打ち合いを演じるもレンジャーズにホームで敗戦…《EL》

2021.02.19 07:16 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
三好康児の所属するアントワープは18日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグでレンジャーズと対戦し、3-4で敗戦した。三好は92分からプレーした。

トッテナムが同居したグループJを2位で通過したアントワープと、グループDを首位で通過したレンジャーズのベスト16を懸けた1stレグ。アントワープの三好は、公式戦3試合連続のベンチスタートとなった。


立ち上がりから一進一退の展開が続く中、アントワープは20分にボックス右でパスを受けたアウレリオ・ブタのクロスが直接ゴールを脅かしたが、これはわずかに逸れて左ポストをかすめた。

対するレンジャーズは29分、バリシッチのスルーパスでDFの裏に抜け出したモレロスが決定機を迎えたが、ボックス左からのシュートは飛び出したGKベイランヴァンドのブロックに阻まれた。

すると、アントワープは38分に不用意なミスから先制を許す。敵陣からのロングフィードをアウレリオ・ブタが胸でGKに戻すが、飛び出したGKベイランヴァンドがこれをファンブル。ボックス外までこぼれたボールは素早く反応したモレロスが先に触ると、最後はアリボにゴールへ流し込まれた。

このまま前半終了かと思われたが、アントワープはセットプレーから同点に追いつく。45分、バイタルエリア右で獲得したFKからレファエロフがクロスを供給すると、ボックス中に走り込んだアベナッティがヘディングシュート。ふわりと浮いたボールがそのままゴール左に吸い込まれた。

さらにアントワープは、前半アディショナルタイム7分にボックス左でパスを受けたレファエロフがデイビスに倒されPKを獲得すると、レファエロフがPKをゴール右に突き刺し、2-1で前半を終了した。

迎えた後半、リードするアントワープは57分にピンチ。左クロスをボックス内で競り合ったデ・ラエトがモレロスのユニフォームを引っ張ってしまうと、VARの末にPKを献上。これをバリシッチにゴール右隅に決められた。

後半開始早々の失点で追いつかれたアントワープだったが、すぐに突き放す。66分、ボックス左手前からカットインしたレファエロフのパスを受けたホングラのミドルシュートが左ポストに当たり、そのままゴールネットを揺らした。

その後はしばらく膠着状態が続いたが、試合は再び振り出しに戻る。83分、モレロスとのパス交換でボックス内に侵入したケントがカットインからシュートをゴール右に突き刺し、レンジャーズが追いついた。

さらにアントワープは89分、ケントのシュートがボックス内のセックの腕に当たりPKを献上すると、このPKをバリシッチに決められた。さらにセックは、この試合2枚目のイエローカードで退場処分となった。

数的不利となったアントワープは、92分から三好を投入。三好は94分に右ポスト直撃のミドルシュートを放ったが、アントワープは最後まで同点弾は奪えず。試合はそのまま3-4でタイムアップ。来週に敵地で行われる2ndレグでの逆転に向けてはかなり厳しい状況となった。

関連ニュース
thumb

三好途中出場のアントワープがレンジャーズに連敗でラウンド16進出を逃す…《EL》

三好康児の所属するアントワープは25日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグでレンジャーズ(スコットランド)と対戦し、2-5で敗戦した。この結果、2戦合計スコア9-5でレンジャーズがラウンド16進出。なお、三好は82分からプレーした。 18日にホームで行われた1stレグを3-4で落としたアントワープは、その試合から先発を4人変更。三好は公式戦5試合連続のベンチスタートとなった。 逆転突破へ2点差以上での勝利が必要なアントワープだが、ミスからレンジャーズに先制を許す。9分、ゲランのバックパスがケントにカットされると、ボックス右からの折り返しをモレロスに流し込まれた。 その後もレンジャーズが押し込む展開が続く中、アントワープは30分に決定機。左サイドを突破したJ・ルカクのクロスをファーサイドのアウレリオ・ブタがボレーシュートで合わせたが、これはゴール左に外れた。 直後の31分にも、味方とのパス交換で左サイドを抜け出したJ・ルカクからチャンスが生まれる。切り返しでマークを剥がしたJ・ルカクがボックス左深くまで切り込みグラウンダーのクロスを供給すると、ニアで合わせたレファエロフのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 勝ち越しを狙うアントワープは、前半終了間際の44分にもボックス左からカットインしたJ・ルカクがチャンスを迎えたが、シュートは左サイドネットに外れた。 1-1で迎えた後半、アントワープはゲランを下げてボヤを投入。対するレンジャーズは、バログンを下げてパーターソンをピッチに送り出した。すると、開始早々の16秒で再び試合が動く。 右サイドを駆け上がったパーターソンがモレロスのスルーパスで抜け出すと、そのままボックス右から侵入しゴール左隅にシュートを流し込んだ。さらに55分にも、裏街道でDFを抜いたモレロスがボックス右から侵入すると、折り返しをケントに決められた。 2点差を付けられたアントワープだが、すぐに反撃。58分、レファエロフのパスに抜け出したランケル・ゼが飛び出したGKをかわし無人のゴールへ流し込んだ。 その後互いに交代カードを切っていく中、再びスコアを動かしたのはレンジャーズだった。79分、デイビスのスルーパスに反応したモレロスがル・マルシャンにボックス内で倒されPKを獲得。このPKをバリシッチがゴール右に決めた。 アントワープは82分に三好を投入したが、後半アディショナルタイムにもレンジャーズにPKを献上。このPKをイッテンに決められ、2-5で試合終了。この結果、2戦合計スコア9-5で勝利したレンジャーズがラウンド16進出を決めた。 2021.02.26 05:05 Fri
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンが2位アントワープに引き分け連敗ストップ、GKシュミットが躍動《ジュピラー・プロ・リーグ》

21日、ベルギーのジュピラー・プロ・リーグ第27節のアントワープvsシント=トロイデンが行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 シント=トロイデンは、FW鈴木優磨と日本代表GKシュミット・ダニエルが先発出場。鈴木は88分までプレーした。また、DF松原后はベンチ入りも出場機会がなかった。 一方で、アントワープのMF三好康児はベンチスタート。71分に途中出場を果たしている。 リーグ戦2連敗中のシント=トロイデンが、2位のアントワープのホームに乗り込んだ一戦。序盤はアントワープがボールを握る展開が続く。 5分、ラムケル・ゼが左サイドを抜け出すと、そのままボックス内に持ち込みシュート。しかし、これはGKシュミット・ダニエルがセーブする。 17分には右サイドからのクロスが流れるも、ラムケル・ゼが拾うとマイナスのパス。ボックス手前中央で受けたリオル・ラファエロフがコントロールから横パス。最後は、アブドゥライエ・セックがシュートも力なくシュミット・ダニエルがセーブする。 押し込まれ続けたシント=トロイデンは43分にチャンス。鈴木が敵陣でボールを持って攻め込むと、イロンベ・ムボヨからのパスに抜け出し、ボックス左からクロス。これをクリスティアン・ブルースがヘッドで合わせるが、枠を外れる。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1faj43njis4mb1upt0nu199i8b" async></script></div> 前半アディショナルタイムにはアントワープが決定機。右サイドからのグラウンダーのクロスに走り込んだリッチー・デ・ラエトが合わせにいくも、GKシュミット・ダニエルがセーブする。 ゴールレスで迎えた後半、シント=トロイデンが攻め込む。66分にはFKからのクロスに対してボックス内に飛び込んだ鈴木がダイレクトでシュート。しかし、枠に飛ばせない。 直後にはアントワープが決定機。ボックス左からジョルダン・ルカクがクロスを上げると、ピーター・ゲルケンスがヘッド。しかし、これはわずかに枠の右に外れる。 82分には浮き球のボールをボックス中央でディミトリ・ラヴァレーがヘッド。シュートはネットを揺らすが、その前にファウルがありノーゴールとなる。 結局そのままスコアは動かずに試合終了。シント=トロイデンは上位相手のドローで連敗をストップした。 アントワープ 0-0 シント=トロイデン 2021.02.22 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「ご心配をおかけしました」新型コロナ感染の三好康児が回復を報告

アントワープの日本代表MF三好康児が、回復を報告した。 三好は、今シーズンのジュピラー・プロ・リーグで15試合に出場し2ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグで6試合に出場し1アシストを記録していた。 しかし、1月21日に新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したと報道。チームから離脱していた。 その三好は自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルスの陽性反応が出たために隔離していたと語り、メッセージを送ってくれたことへ感謝を示していた。 「ご心配をおかけしました。試合前のコロナ検査で陽性反応が出てしまい2週間の隔離期間を経て無事に復帰出来ました!」 「多くの方からメッセージなどを頂きとても感謝しています!またこれから元気な姿をプレーで見せていけたらと思います」 「皆さんも引き続き体調には気を付けて元気に過ごしてください!」 ここからコンディションを取り戻す必要がある三好だが、再び輝きを放てるだろうか。 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CK09DqWjcJq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CK09DqWjcJq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CK09DqWjcJq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">三好 康児 Koji Miyoshi(@kojimiyoshi_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.02.03 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

三好康児所属のアントワープ、フルアムからマキシム・ル・マルシャンをレンタル

アントワープは2月1日、フルアムからフランス人DFマキシム・ル・マルシャン(31)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 スタッド・レンヌ出身のル・マルシャンは、ル・アーブルやニースなど母国クラブを経て、2018年夏にフルアムに移籍。本職はセンターバックだが、左サイドバックもこなせる器用さを生かしてプレミアリーグ初年度は26試合に出場した。 しかし、チャンピオンシップに降格した昨季は出場機会が激減した中で、背中のケガで長期離脱を強いられリーグ戦では12試合のみの出場に。プレミアリーグ昇格を果たした今季は完全に構想外となっていた。 新天地となるアントワープは日本代表MF三好康児が在籍。現在ジュピラー・プロ・リーグで首位クラブ・ブルージュと勝ち点差14で2位に位置しており、ヨーロッパリーグでも決勝トーナメントに進出している。 なお、アントワープは今冬の移籍市場でスタンダール・リエージュからウルグアイ人FWフェリペ・アベナッティ(27)、オイペンからベルギー人GKオルトウィン・デ・ウォルフ(23)をレンタルで獲得している。 2021.02.02 17:50 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表MF三好康児が新型コロナウイルス感染

アントワープに所属する日本代表MF三好康児が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した。ベルギー『Gazet Van Antwerpen』が報じた。 報道によると、三好のほか、センターバックのDFジェレミ・ゲランも感染しているという。 すでにチームを離れており、トレーニングにも参加していないとのことだ。 その他、MFリオル・リファエロフやFWディウメルシ・ムボカニもケガのため20日のセルクル・ブルージュ戦を欠場していたとのことだ。 三好は今シーズンのジュピラー・プロ・リーグで15試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 2021.01.21 19:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly