アジア王者の蔚山現代がジョージア代表MFカザイシュヴィリを獲得

2021.02.17 13:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジア王者であるKリーグ1の蔚山現代は16日、ジョージア代表MFヴァレリ・カザイシュヴィリ(28)の加入を発表した。カザイシュヴィリは母国のサブルタロでキャリアをスタート。その後、メタルルギ・ルスタヴィでのプレーを経て、2011年8月にフィテッセへと完全移籍。ポーランドのレギア・ワルシャワでのプレーも経験した。


フィテッセでは公式戦121試合に出場し28ゴール13アシストを記録。エールディビジでも104試合に出場し25ゴール10アシストを記録していた。

2017年7月にはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のサンノゼ・アースクウェイクスへと完全移籍。MLSでは90試合に出場し26ゴール12アシストを記録していた。

また、ジョージア代表としてもここまで52試合に出場し11ゴールを記録。ボールコントロールと判断のスピード、展開力を備えたアタッカーとして活躍した。

蔚山現代は王者として臨む2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では、グループFに入り、タイのBGパトゥムユナイテッド、ベトナムのベトテルに加え、プレーオフ1の勝者と同居。プレーオフ1では、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)、上海上港(中国)、カヤFC(フィリピン)が戦い、Jリーグ勢は同じ組には入っていない。
関連ニュース
thumb

攻撃陣躍動のアル・ドゥハイルが蔚山現代との5位決定戦を制す!《クラブ・ワールドカップ》

FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2020・5位決定戦の蔚山現代(韓国)vsアル・ドゥハイル(カタール)が7日に行われ、1-3でアル・ドゥハイルが勝利。この結果、アル・ドゥハイルが5位となっている。 2回戦でティグレス(メキシコ)に敗れた蔚山と、アル・アイン(エジプト)に敗れたアル・ドゥハイルの5位決定戦。蔚山ではかつてアビスパ福岡でプレーしたウォン・ドゥジェが、アル・ドゥハイルでは今冬に加入した昨季J1得点王のFWオルンガが先発に名を連ねた。 大会初勝利を目指す両者の一戦は、4分にアル・ドゥハイルが決定機を迎える。相手CKのこぼれ球からカウンターを仕掛けると、ドゥドゥのパスをボックス左で受けたエジミウソンがシュート。さらに相手GKの弾いたボールをゴール前のドゥドゥが押し込んだが、これはドゥドゥのオフサイドを取られた。 アル・ドゥハイルは15分にも、ボックス左でボールを収めたドゥドゥの落としからエジミウソンがミドルシュートでゴールを脅かしたが、これはGKチョ・ヒョヌの好セーブに阻まれた。 その後も攻勢を続けるカタール王者は21分、バイタルエリア中央でカリミとスイッチしたエジミウソンがペナルティアーク手前まで切り込むと、コントロールショットをゴール右隅に突き刺さった。 さらにアル・ドゥハイルは、42分に中盤でのボール奪取からドゥドゥがカウンター。ラストパスでゴール前に抜け出したオルンガがチップキックでゴールを狙ったが、これはGKチョ・ヒョヌのセーブに防がれた。 迎えた後半、1点を追う蔚山はヒンテルゼーアとデイビッドソンを下げてキム・ジヒョンとキム・インソンを投入。すると62分、ボックス右深くまで侵入したキム ソンジュンのクロスをファーサイドのキム・インソンが折り返すと、相手DFにディフレクトしたボールを最後はユン・ビッカラムがゴールに流し込んだ。 同点に追いつかれたアル・ドゥハイルだったが、すぐに反撃に出る。66分、ドゥドゥの絶妙なループパスでゴール前に抜け出した途中出場のM・ムンタリがボレーシュートで流し込んだ。 さらに82分には、右サイドでイスマエルが競り合ったこぼれ球を拾ったアルモエズ・アリがボックス右から侵入。冷静にGKの股下を抜くシュートでネットを揺らした。 結局、試合はそのまま3-1で勝利したアル・ドゥハイルが5位で大会を終えた。一方、初勝利を逃した蔚山はCWC4連敗となっている。 2021.02.08 02:01 Mon
twitterfacebook
thumb

初出場の北中米王者・ティグレスがアジア王者・蔚山撃破で大会初勝利! パルメイラス待つ準決勝進出《クラブ・ワールドカップ》

FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2020準々決勝、UANLティグレス(メキシコ)vs蔚山現代(韓国)が4日に行われ、2-1で逆転勝利したティグレスが準決勝進出を果たした。   新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期となっていたCWCだが、カタールでの開催が無事に決定。その記念すべき初戦ではCONCACAFチャンピオンズリーグを制した北中米カリブ海王者のUANLティグレスと、AFCチャンピオンズリーグを制したアジア王者の蔚山現代が対峙した。   ティグレスは元フランス代表でエースのジニャックやメキシコ代表のディエゴ・レジェスやアキーノら主力がスタメンに名を連ねた。一方、韓国代表のレジェンドであるホン・ミョンボ監督の初陣となる蔚山ではかつてアビスパ福岡でプレーしたウォン・ドゥジェや司令塔ユン・ビッカラムらがスタメンを飾った。   ボールの空気圧の問題でキックオフ直後にいきなり数分間の中断と水を差される格好となった一戦は、立ち上がりこそ蔚山が積極的な入りを見せたが、以降は互いに相手の動きをけん制し合う形に。   徐々にボールの主導権を握るティグレスに対して蔚山は18分、久々に深い位置まで侵攻した中でキム・ジヒョンがGKグスマンを脅かす、両チームを通じて最初の枠内シュートを放つ。すると、直後の19分にはティグレスが相手CKからのロングカウンターで左サイドからボックス付近まで斜めにボールを運んだジニャックが強烈なミドルシュートでこちらも蔚山ゴールを脅かした。   互いに決定機を作り合って試合が動き始める雰囲気を漂わせると、その流れ通りにゴールが生まれる。24分、蔚山の左CKの場面でキッカーのユン・ビッカラムが右足インスウィングで鋭いボールを入れると、中央からニアに走り込んだキャプテンのキム・ギヒが頭で合わせてニアを破った。   蔚山の先制後はしばらくバタつく状況が続いたティグレスだったが、30分を過ぎた辺りから再び主導権を取り戻す。36分にはジニャックの強烈な直接FK、直後の37分にはカリオカの右CKをピサーロが頭で合わせて同点ゴールに迫るが、いずれもGKチョ・ヒョヌのビッグセーブに阻まれる。   それでも、攻勢を続ける北中米カリブ海王者は38分、カリオカの右CKをニアに飛び込んだディエゴ・レジェスが頭でフリックすると、遅れてファーに飛び込んだジニャックが丁寧な右足ボレーで合わせてようやくゴールをこじ開ける。さらに、前半終了間際の左CKの場面ではジニャックのヘディングが競ったDFキム・ギヒの上げた手に当たる。すると、オンフィールドレビューの結果、ハンドの判定が下されてPKが与えられる。これをジニャックが再び決めて前半アディショナルタイム5分の逆転ゴールとした。   前半終了間際の連続ゴールで試合を引っくり返したティグレスはメサに代えてカルロス・ゴンサレスをハーフタイム明けにピッチに送り込み、システムを[4-1-4-1]から[4-4-2]に変更した。   一方、前半と同じ布陣で同点を目指す蔚山は58分、最後尾のブルトハイスのロングフィードに反応したユン・ビッカラムがボックス中央でゴールを背にして胸トラップでボールを収めてそのまま鋭い反転シュートでゴールネットを揺らす。だが、このファインゴールは抜け出しの場面でわずかにオフサイドラインを越えておりゴールは認められず。   互いに積極的に交代カードを切っていく中、後半半ば以降は蔚山が相手を押し込む時間が長くなるが、割り切って中央を固める相手の堅守をなかなか崩し切れず、フィニッシュの数が増えていかない。   その後、完全に逃げ切り態勢に入ったティグレスは蔚山の反撃をきっちり凌ぎ切って試合をこのままクローズ。そして、北中米カリブ海王者がアジア王者を2-1で撃破し、今大会初出場で初勝利を挙げた。   なお、準決勝進出を果たしたティグレスは7日にコパ・リベルタ・ドーレスを制した南米王者のパルメイラス(ブラジル)と対戦する。一方、敗れた蔚山は同じく7日に行われる5位決定戦でアル・ドゥハイル(カタール)vsアル・アハリ(エジプト)の敗者と対戦する。 2021.02.05 01:01 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋入りも噂されたノルウェー代表FWヨンセンがMLSのモントリオールに完全移籍

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のCFモントリオール(かつてのモントリオール・インパクト)は3日、蔚山現代でプレーしていたノルウェー代表FWビヨルン・ヨンセン(29)の完全移籍加入を発表した。 契約期間は2023年までの2年契約で、1年間の延長オプションもついているとのことだ。なお、正式契約は国際移籍証明書の発行とメディカルチェックを受けてからとなる。 ヨンセンは、母国ノルウェーやスペイン、ポルトガルの下部リーグでプレーしたのち、ハーツやADOデン・ハーグ、AZ、ローゼンボリでプレー。2020年1月にKリーグ1(韓国1部)の蔚山現代へと加入した。 蔚山ではKリーグ1で15試合に出場し3ゴール1アシストを記録。また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも9試合に出場し5ゴール1アシストを記録。準決勝のヴィッセル神戸戦でも1ゴールを記録していた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtQ3dIODF3RyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> また、ノルウェー代表としても16試合に出場し5ゴールを記録していた。 ヨンセンは名古屋グランパスへの移籍も一部で報じられていたが、最終的にはアメリカへ渡ることとなった。 2021.02.04 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

アジア王者・蔚山現代のエースFWネグランが退団、新天地は?

アジア王者であるKリーグ1の蔚山現代は、ブラジル人FWジュニオール・ネグラン(34)の退団を発表した。 ネグランは、2018年1月に韓国の大邱FCから蔚山現代にフリートランスファーで加入。加入後はチームのエースとして活躍する。 2018シーズンはKリーグ1で27試合に出場し19ゴール1アシストを記録すると、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では3試合で2ゴールを記録した。 2年目の2019シーズンはKリーグ1で31試合に出場すると16ゴール5アシストを記録。ACLでは7試合で2ゴールを記録する。 迎えた3年目の2020シーズンは、Kリーグ1で22試合に出場し24ゴール2アシストと過去最高の数字を残すと、ACLでも9試合で7ゴール1アシストを記録。グループステージこそ2ゴールに終わったが、準々決勝の北京国安戦で2ゴールを記録すると、準決勝のヴィッセル神戸戦でも1ゴールを記録。そして、決勝のペルセポリス戦では2ゴールを記録し、チームをアジア王者に導いていた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ4UjhXM2ZOZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ネグランはクラブの公式フェイスブックで「ここで3年間を過ごしましたが、さようならを言う時が来ました。ここで一緒に働いてくれた全ての人に感謝します」とコメント。「ここにはたくさんの良い友人ができました。最初からたくさんの愛情を注いでくれたファンにも感謝します。しかし今、私は変えなければなりません」と退団することを明かした。 なお、アジアでの結果を残しているネグランは中国スーパーリーグのクラブへ移籍する可能性が報じられている。 2021.01.30 18:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ネグランのPK弾で逆転勝利の蔚山現代が8年ぶり2度目のアジア王者に輝く!《ACL2020》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020決勝のペルセポリス(イラン)vs蔚山現代(韓国)が19日に行われ、1-2で蔚山現代が勝利した。 準決勝でアル・ナスル(サウジアラビア)を下し2年ぶりの決勝へ駒を進めたペルセポリスと、準決勝で横浜F・マリノスを下し8年ぶりの決勝へ駒を進めた蔚山現代の一戦。 試合は蔚山現代がペースを握る展開で推移する中、先手を取ったのはペルセポリス。45分、パク・チュホのバックパスミスを敵陣でメフディ・アブディがカットすると、ボックス内まで持ち上がりシュートをゴール左隅に流し込んだ。 先制を許した蔚山現代だったが、すぐに試合を振り出しに戻す。前半アディショナルタイム1分、最終ラインからのロングフィード前線で受けたユン・ビッカラムがネグランとのワンツーでボックス内に侵入すると、ボックス内での混戦でノールッラヒーに倒された。主審は一度プレーを流したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)検証の結果、ノールッラヒーのファウルが認められ蔚山現代がPKを獲得。 ネグランのPKはGKラクが弾いたが、こぼれ球に反応したネグランが押し込み、ゴールネットを揺らした。 1-1で迎えた後半、先に追加点を奪ったのは蔚山現代。53分、ボックス右手前でパスを受けたイ・チョンヨンのクロスをクリアにいったメフディ・シリの腕に当たりに当たる。主審は一度プレーを流したが、VARでの検証の結果、メフディ・シリのハンドが認められ蔚山現代がこの試合2度目のPKを獲得。このPKはネグランがゴール右に沈めた。 逆転を許したペルセポリスは、66分にノールッラヒーが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これは相手GKがセーブ。さらに83分には、左サイド深くまで侵入したアガエイの折り返しをニアで反応したノールッラヒーがキム・ギヒに倒されたが、VARでの検証の結果、ファウルは認められなかった。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。ネグランのPK2本で逆転勝利を飾った蔚山現代が8年ぶり2度目のアジア王者に輝いた。 ペルセポリス(イラン) 1-2 蔚山現代(韓国) 【ペルセポリス】 メフディ・アブディ(前45) 【蔚山現代】 ネグラン(前49[PK]) ネグラン(後10[PK]) 2020.12.19 23:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly