元セレソンFWパトがオーランドにフリー加入! 過去には同胞カカが在籍

2021.02.14 07:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するオーランド・シティは13日、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(31)の加入を発表した。契約期間は1年となる。

セレソン時代の元同僚であるMFカカ、MFジュリオ・バチスタに続き、クラブ歴代3人目の元ブラジル代表の獲得に成功したオーランドの補強担当のルイス・ムッツィ氏は、百戦錬磨のベテランへの期待を口にしている。

「我々はパトをオーランドに迎えることができて非常に興奮している。彼は世界のトップクラブで活躍し、国際レベルでの実績を持つベテランプレーヤーだ。パトがもたらす経験は、クラブにとって非常に貴重なものになるだろう」

かつてミランで活躍したパトは、コリンチャンスやサンパウロ、チェルシー、ビジャレアル、さらには中国の天津天海足球倶楽部を渡り歩き、2019年5月にサンパウロへ復帰。だが、2020年8月に退団して以降はフリーの状態が続いていた。

また、ブラジル代表では通算27試合に出場し、10ゴールを挙げている。



関連ニュース
thumb

パウリーニョが広州FCと契約を解除…コロナの影響で中国に再入国できず

元ブラジル代表MFパウリーニョ(32)が20日、広州FCとの契約を双方合意の上で解除したことを発表した。 コリンチャンスやトッテナムでプレーしたパウリーニョは、2015年に広州恒大(現・広州FC)に移籍。2年間過ごした後、2017年に4年契約でバルセロナへ完全移籍するも、翌年の夏にレンタル移籍で広州FCに復帰。さらに2019年1月には買取オプションが行使され、ブラジル代表MFは2度目の完全移籍を果たすこととなった。 4年半を過ごした広州FCでは、公式戦172試合に出場し74ゴール29アシストを記録。3度の中国スーパーリーグ制覇に加え、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝、中国FAカップ優勝など8つタイトル獲得に貢献していた。 昨季終了後に母国に帰国したパウリーニョは、新型コロナウイルスの影響でいまだに中国へ再入国できておらず、現在もブラジルに滞在。古巣のレッドブル・ブラガンチーノでトレーニングを続けていた。 そのパウリーニョは、20日に自身のインスタグラムを更新。その中で広州FCとの契約を解除したことを報告した。 「今日、私のキャリアの中で最も重要なサイクルの一つが終わりを告げた。広州FCは2015年から私を信頼して、仕事を与えてくれた。その信頼関係は172試合で74ゴール、8つのタイトルを獲得したことに表される。広州でのことは仕事面でも個人的にも信じられない年月で、とても懐かしく記憶に残っているよ」 「パンデミックは世界の動きを大きく変え、私の場合は残念ながらクラブとの早い別れを余儀なくされました。胸が締め付けられるような思いだけど、達成感を感じるよ。クラブ、同僚、そして中国でできた友人たちには感謝しかありません。ありがとう広州FC、ありがとう中国。またね!」 2021.06.21 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

鬼才ゼーマンがセリエCクラブの指揮官に就任

チェコ人指揮官ズデネク・ゼーマン氏(74)が、セリエCに所属するフォッジャ・カルチョの新監督に就任した。19日にフォッジャ・カルチョが公式ツイッターで発表した。 これまでラツィオやローマ、ナポリなどイタリア国内で長年にわたり多くのクラブで監督を務めたゼーマン氏は、直近では2017年2月からペスカーラを率いていたが2018年3月に解任されて以降は、フリーの状態が続いていた。 なお、ゼーマン氏は過去3度フォッジャ・カルチョの指揮官を務めており、今回は2011年1月以来、10年ぶり4度目の指揮官就任となった。 昨季のフォッジャ・カルチョはセリエCのグループCで9位に終わり、セリエB昇格プレーオフでも2回戦でSSCバーリに敗戦した。 2021.06.20 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レンヌ、1年半レンタルで在籍したエンゾンジの退団を発表

レンヌは19日、元フランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(32)とのレンタル契約が満了し、退団することを発表した。 アミアンでプロデビューを飾ったエンゾンジは、ブラックバーンやストーク・シティでプレー後、セビージャで活躍。 そして2018年夏にローマに移籍したが、ローマでは実力を発揮しきれなかった。そしてガラタサライへのレンタルを経て、昨年1月にレンヌへレンタル。レンヌでは主力として活躍し、今季はリーグ・アン34試合に出場。チームは6位でフィニッシュしていた。 2021.06.20 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナがデパイをフリーで獲得、契約は2年間

バルセロナは19日、リヨンを退団するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)の獲得で合意したことを発表した。契約期間は2022-23シーズンまでの2年間となっている。 PSVでプロデビューを飾り、2014年のブラジルワールドカップで鮮烈な活躍を見せたデパイ。その活躍を受け移籍したマンチェスター・ユナイテッドでは鳴かず飛ばずに終わったが、2017年から活躍の場に移したリヨンで見事に復活。公式戦178試合76得点55アシストの数字を収め、今季は公式戦38試合の出場で21得点10アシストをマーク。19得点を挙げたリーグ・アンにおいては得点ランキングで2位タイの成績を残した。 また、現在開催されているユーロでもオランダ代表の主軸として存在感を示している。 バルセロナの他、パリ・サンジェルマンやインテル、ユベントスらがオファーを提示していたようだが、オランダ代表で指導を受けたロナルド・クーマン監督との仕事をデパイが望んだことで、バルセロナ行きが実現する運びとなった 2021.06.20 02:02 Sun
twitterfacebook
thumb

ファン・ヒンケル、チェルシーからの放浪に終止符! レンタル先のPSVと2年契約

PSVは18日、元オランダ代表MFマルコ・ファン・ヒンケル(28)と2023年までの2年契約を締結したと発表した。 ファン・ヒンケルは2013年夏にフィテッセからチェルシー入りしたが、長きにわたるレンタル生活を強いられ、ミラン、ストーク・シティ、PSVを転々。2018年夏からチェルシーに戻ったが、ケガの影響もあり、戦力として稼働できず、昨年10月にPSVへ3度目のレンタルが決定した。 だが、チェルシー時代から悩まされ続けるヒザのケガがなかなか完治せず、今年1月13日に行われたエールディビジ第16節のAZ戦でやっと今季の初実践に。実に983日ぶりの公式戦出場となり、最終的に12試合の出場で1得点1アシストという数字を収めた。 そんなファン・ヒンケルは保有元であるチェルシーとの契約が今季最終年であり、今月いっぱいでフリーに。3度のレンタルで公式戦通算76試合32得点の数字を残すPSVの正式な一員に来季からなることが決まり、喜びの思いとともに、決意を新たにした。 「この美しいクラブに残ることができて、すごく嬉しい。僕はチームに貢献できると確信しているし、今後数年間で多くのことを達成したいと思っている」 なお、PSVのフットボールディレクターを務めるジョン・デ・ヨング氏は「我々は彼との契約を望み、マルコからも残りたいの話があった。チェルシーが彼との契約を延長しないと決定したとき、我々はすぐに彼と話を始めたんだ」と説明している。 2021.06.19 18:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly