「COVID-19で死ねばいい」ニューカッスル指揮官が子供からの報告でSNSでの殺害脅迫を知る

2021.02.12 22:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が、氏を望まれていたことを告白した。イギリス『BBC』が伝えた。

度重なる人種差別行為や殺害予告などが横行しているソーシャルメディア。その中で、ニューカッスルの指揮官が被害に遭っていた。

ブルース監督自身はソーシャルメディアの類を使用していないが、自身の子供たちから標的にされていることを報告されたという。

ブルース監督は「いくつかのものは卑猥なものであった。憎しみを感じたし、何かをしなければならないと感じた」とコメント。自身が脅迫を受けたいたことを認識したと語った。

「私はソーシャルメディアを使わないが、もちろん私の近くの人は利用している。そして、彼らは自分の父親のことに敏感だ。私はそれに対処する必要があった」

「それをより監視する必要があり、そこには弱い人もいる。私がいくつかをみたが、完全に下品なものだった」

「私が受けた虐待、殺害の脅迫、その他全てのこと、例えば審判が間違いを犯したために標的になることを見ていると、人々は彼らの人生を脅かし、馬鹿げた行為だ」

「本当に恐ろしいことで私は本当に息が詰まるほどだった。誰かが「COVID-19で死ねばいい」と言っているようなものもあった」

「虐待がどこまで遡ってのものなのかはわからないが、ここ数日の家族との会話で、マイク・ディーンの状況が私にもあることに気がついた」

マイク・ディーン氏は、2試合連続でVARからの助言でオンフィールド・レビューをし選手を退場させていたものの、いずれも異議申し立てが行われどちらも取り消されるという誤審をしており、SNS上で殺害予告がされていた。

関連ニュース
thumb

メッシのタトゥーを背中に入れた“熱狂的”ファンの願い叶う!体にサインしてもらう

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの大ファンであるブラジル人の男性イゴール・マガリャエスさんが、憧れの本人からサインを貰った。『ESPN』が伝えている。 マガリャエスさんは、ブラジル人でありながら自身の背中にメッシのタトゥーを入れている珍しい人物。2017年4月23日に行われたレアル・マドリーとのクラシコで、メッシがバルサ公式戦通算500ゴール目を決めて3-2で勝利した瞬間に、メッシが自身のユニフォームを掲げている姿のタトゥーを入れている。 コパ・アメリカ2021に臨んでいるメッシを応援しているマガリャエスさんは、現地メディアの『TycSport』の公式インスタグラムでこのタトゥーを披露。すると、これを見たメッシ本人が「ひどいタトゥーだ。でも僕は大好きだ。見てサインしたい」とコメントしていた。 そして20日、アルゼンチン代表の宿泊先のホテルを訪れたマガリャエスさんをメッシが発見。自身が描かれたタトゥーの下にサインした。 憧れのメッシにサインを貰ったマガリャエスさんは自身のインスタグラムを更新。「今ならもう死んでもいい」と喜びを表現していた。 また、その数時間後にはメッシのサインをなぞらえたタトゥーを披露。しっかりと体に刻み込んだようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】マガリャエスさんが背中に入れたメッシのタトゥー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQZH-BtHyJw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQZH-BtHyJw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQZH-BtHyJw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Igor Magalhães(@igormagalhaez)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡SE VIENE LA FIRMA MÁS ESPERADA!<br><br>Igor, el hincha brasileño que sorprendió a Messi, consiguió su firma en el cuerpo y en minutos la tendrá para toda su vida en la piel. Así lo mostró <a href="https://twitter.com/MatiPelliccioni?ref_src=twsrc%5Etfw">@MatiPelliccioni</a>. <a href="https://t.co/TP0gjwUBz0">pic.twitter.com/TP0gjwUBz0</a></p>&mdash; TyC Sports (@TyCSports) <a href="https://twitter.com/TyCSports/status/1406769148349321221?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.23 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「落としましたよ~」広島DF荒木隼人とカードを落とした主審のやり取りに反響「珍しい」

19日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ第18節の柏レイソル戦で、約3カ月ぶりのホーム白星を飾ったサンフレッチェ広島。その試合の64分に起きたDF荒木隼人と主審のやり取りが注目を集めている。 柏が左CKを獲得した場面。荒木がおもむろにソックスの中からイエローカードとレッドカードが入ったホルダーを取り出し、高山啓義主審に手渡す。 なぜ荒木が持っているのかと言うと、直前のプレーでダッシュした高山主審が落としてしまったものを拾い、ソックスの中にしまった状態で数十秒間プレーしていたのだ。 思わぬ落とし物をしてしまった高山主審も「申し訳ない、ありがとう」と荒木に感謝したうえで、「(時間)止めます。止まっています」と試合時間をしっかりと止めていることを周囲に説明した。 このシーンは、Jリーグの公式ツイッターも「落としましたよ〜!! #サンフレッチェ広島 の #荒木隼人 選手が落とし物を拾ってくれていました」と紹介しており、ファンからもこのやり取りに対し「珍しい」「可愛い」「いい人だ」といった声が上がり、中々お目にかかれないハプニングを楽しんでいた。 <span class="paragraph-title">【動画】広島DF荒木隼人が高山主審の“落とし物”を拾う</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>落としましたよ〜‼️<br>\<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E5%BA%83%E5%B3%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サンフレッチェ広島</a> の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E9%9A%BC%E4%BA%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#荒木隼人</a> 選手が落とし物を拾ってくれていました☺️<a href="https://twitter.com/sanfrecce_SFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@sanfrecce_SFC</a> <a href="https://twitter.com/0807hayatoraman?ref_src=twsrc%5Etfw">@0807hayatoraman</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/fh23lCF901">pic.twitter.com/fh23lCF901</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1407268874953838600?ref_src=twsrc%5Etfw">June 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.23 06:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーロでピッチ侵入の女性、過激タンクトップで“仮想通貨”を宣伝

21日にロシアのサンクトペテルブルクで行われたユーロ2020グループC最終節、フィンランド代表vsベルギー代表の一戦で、1人の女性がピッチに乱入した。イギリス『サン』が伝えている。 試合が行われている最中に1人の女性が柵を乗り越えてピッチに侵入。試合は一時中断され、女性はハーフウェイライン付近まで到達した後、警備員に確保された。 露出度が高い黒のタンクトップを身に纏っていた女性だが、服には「WTF COIN」と書かれており、仮想通貨の宣伝のためのストリーキングだったようだ。 なお、この日はルケン・スタディオンで行われたグループB最終節、ロシア代表vsデンマーク代表の試合でもピッチへの乱入が発生。ロシアのユニフォームを着た男性がピッチに降りたが、こちらもすぐに警備員に確保されている。 <span class="paragraph-title">【写真】ピッチに侵入した女性の過激なタンクトップには「WTF COIN」のリンクが</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">belçika - finlandiya maçında sahaya giren protestocu kadın <a href="https://t.co/xAacfgC2FG">pic.twitter.com/xAacfgC2FG</a></p>&mdash; baddies sport (@baddiespor) <a href="https://twitter.com/baddiespor/status/1407090309696307200?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTWUQ1QWpwSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.22 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

スアレス“らしい”嫌がらせ…元同僚GKの目の前に移動して靴紐結ぶ

コパ・アメリカ2021の6日目が現地時間21日に開催。グループA第3節のウルグアイ代表vsチリ代表の一戦で、ウルグアイのFWルイス・スアレスが“らしさ”を見せた。 強豪同士の対決は、両者譲らず1-1の同点のまま試合終盤へ。87分にチリのゴールキックとなる。 この場面でスアレスは靴紐がほどけたのか、左足のスパイクを一度脱いで履き直す。それを横目にチリのGKを務めるクラウディオ・ブラーボがボールをセットした。 すると、人数不利での再開を防ごうとしたのか、スアレスがわざわざブラーボの目の前に移動してから再びスパイクを履き直す。 バルセロナ時代には同僚としてプレーしたこともある2人だが、ブラーボもこれには思わず無言の抵抗。スアレスに優しく2回ほどボールをぶつけた。 このシーンはコパ・アメリカの公式ツイッターも「私たちは常にルイス・スアレスをチームに加えたいと思っている(笑)」と取り上げており、ファンからも「スアレス大好き」「ブラーボ優しい」「スアレスらしい」といった声が寄せられている。 なお、試合はそのまま1-1で終了し、ウルグアイはここまで1分け1敗と今大会の初勝利はまだ挙げていない。 <span class="paragraph-title">【動画】スアレスが“わざわざ”ブラーボの目の前で靴紐を結ぶ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/CopaAm%C3%A9rica?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CopaAmérica</a> <br><br>Siempre queremos un Luis Suárez en nuestro equipo <br><br> Uruguay Chile <a href="https://twitter.com/hashtag/VibraElContinente?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VibraElContinente</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VibraOContinente?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VibraOContinente</a> <a href="https://t.co/rBOBxW00QA">pic.twitter.com/rBOBxW00QA</a></p>&mdash; Copa América (@CopaAmerica) <a href="https://twitter.com/CopaAmerica/status/1407124981633404928?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.22 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

スコットランド主将ロバートソンが物議醸すSNS投稿を削除…コロナ感染ギルモアと卓球に興じる

チェルシーMFビリー・ギルモアの新型コロナウイルス感染に揺れるスコットランド代表の主将が物議を醸すであろうSNSの投稿をすかさず削除した。イギリス『SPORTBIBLE』が報じている。 スコットランドサッカー協会(SFA)は21日、ギルモアの新型コロナウイルス感染を報告した。 ゴールレスドローに終わった直近のイングランド代表戦でマン・オブ・ザ・マッチに選出された20歳MFは、10日間の隔離期間に入るため、22日に行われるグループステージ最終節のクロアチア代表戦の欠場が確定。さらに、現時点では濃厚接触者やその他の陽性判定者は確認中となっており、更なる離脱者が出ることも懸念されている。 そういった中、同国代表でキャプテンを務めるリバプールDFアンドリュー・ロバートソンは、自身の『インスタグラム』の公式アカウントで投稿していた動画を削除した。 ロバートソンが投稿した動画にはギルモアの感染が確認された前日の夜に滞在先の室内で、ギルモアとアストン・ビラMFジョー・マッギン、ロバートソンが共にマスク着用なしで卓球に興じている様子が映されていた。 そのため、ロバートソン、マッギンが今後新たに感染が判明するか、濃厚接触者に認定された場合、大きな問題に発展する可能性も指摘されている。 なお、現状、勝ち点1でグループDの最下位に沈んでいるスコットランドは、逆転突破のためには、最終節でクロアチア代表に勝利した上、イングランド代表がチェコ代表に敗れる必要がある。 <span class="paragraph-title">【画像】屋内にてマスク着用なしで卓球に興じる</span> <span data-other-div="movie"> <div id="cws_ad"></div><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Robertson DELETES clip of him &amp; Gilmour after Scotland ace&#39;s positive Covid test <a href="https://t.co/Yidq0BJgGC">https://t.co/Yidq0BJgGC</a></p>&mdash; Irish Sun Sport (@IrishSunSport) <a href="https://twitter.com/IrishSunSport/status/1407001130610143238?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></span> 2021.06.22 06:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly