「COVID-19で死ねばいい」ニューカッスル指揮官が子供からの報告でSNSでの殺害脅迫を知る

2021.02.12 22:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が、氏を望まれていたことを告白した。イギリス『BBC』が伝えた。度重なる人種差別行為や殺害予告などが横行しているソーシャルメディア。その中で、ニューカッスルの指揮官が被害に遭っていた。

ブルース監督自身はソーシャルメディアの類を使用していないが、自身の子供たちから標的にされていることを報告されたという。


ブルース監督は「いくつかのものは卑猥なものであった。憎しみを感じたし、何かをしなければならないと感じた」とコメント。自身が脅迫を受けたいたことを認識したと語った。

「私はソーシャルメディアを使わないが、もちろん私の近くの人は利用している。そして、彼らは自分の父親のことに敏感だ。私はそれに対処する必要があった」

「それをより監視する必要があり、そこには弱い人もいる。私がいくつかをみたが、完全に下品なものだった」

「私が受けた虐待、殺害の脅迫、その他全てのこと、例えば審判が間違いを犯したために標的になることを見ていると、人々は彼らの人生を脅かし、馬鹿げた行為だ」

「本当に恐ろしいことで私は本当に息が詰まるほどだった。誰かが「COVID-19で死ねばいい」と言っているようなものもあった」

「虐待がどこまで遡ってのものなのかはわからないが、ここ数日の家族との会話で、マイク・ディーンの状況が私にもあることに気がついた」

マイク・ディーン氏は、2試合連続でVARからの助言でオンフィールド・レビューをし選手を退場させていたものの、いずれも異議申し立てが行われどちらも取り消されるという誤審をしており、SNS上で殺害予告がされていた。
関連ニュース
thumb

ラッシュフォードが学生の頃から8年をともにした恋人と破局

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(23)が、ガールフレンドのルシア・ロイさん(23)と破局したようだ。イギリス『サン』が伝えている。 『サン』によると、2人は学生時代に知り合い、15歳の頃から交際を続けていたとのことだ。 ラッシュフォードは、コロナ禍において貧困問題の改善のために自身の寄付を含めて尽力し、その活動が評価されて大英帝国勲章も授与されたが、ルシアさんもPR担当として携わっていた。 公私ともにパートナーだったが、コロナ禍の生活ですれ違いが生じ、ルシアさんはすでにラッシュフォードの家を出ているという。 『サン』は、2人はまだ連絡を取り合っており、問題が解決すれば寄りを戻すかもしれないとしているが、若きスターはどのような決断を下すだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ラッシュフォードと学生時代から交際していたルシア・ロイさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Marcus Rashford&#39;s girlfriend Lucia Loi supports beau in Three Lions shirt <a href="https://twitter.com/hashtag/CROENG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CROENG</a> <a href="https://t.co/AxdSwmyEfo">https://t.co/AxdSwmyEfo</a> <a href="https://t.co/kKMJEQ8p34">pic.twitter.com/kKMJEQ8p34</a></p>&mdash; Daily Express (@Daily_Express) <a href="https://twitter.com/Daily_Express/status/1017139967338909696?ref_src=twsrc%5Etfw">July 11, 2018</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.18 06:35 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーFWの彼女が監督を痛烈批判!「得点王を外して…」「どうしたらそんな判断が下せるの?」

チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハムのガールフレンドであるリア・モンローさんが、トーマス・トゥヘル監督を痛烈に批判した。イギリス『サン』が伝えている。 昨季はフランク・ランパード前監督の下で飛躍を遂げ、今季もここまで公式戦31試合の出場で12得点6アシストの数字を残すエイブラハム。しかし、今年1月下旬からトゥヘル監督が率いるようになってからは出番を減らし、将来が疑問視され始めている。 さらに、15日に行われたレスター・シティとのFAカップ決勝では、ここまで4ゴールと大会得点王タイだったにもかかわらずベンチ外となると、モンローさんが憤慨。自身のインスタグラムでトゥヘル監督の判断を公に批判した。 「一体どうしたらトップのスコアラーをチームから外して決勝に臨むという決断が下せるの?何の意味もない」 投稿はすでに削除されたが、レスター戦のチェルシーはゴールを奪えず、0-1で敗れてタイトル獲得を逃しており、モンローさんは今なお怒り心頭かもしれない。 ガールフレンドの行動によって、その去就にさらなる注目が集まることとなったエイブラハムだが、本人の胸中はいかに。 <span class="paragraph-title">【写真】トゥヘル監督を批判したエイブラハムの美人彼女、リア・モンローさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CN0Loy3g2CJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CN0Loy3g2CJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CN0Loy3g2CJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@leahmonroe_)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.05.17 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

デレ・アリに熱愛報道…お相手は“まさか”、グアルディオラ監督の愛娘

トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリ(25)に熱愛報道が出ており、そのお相手が意外な話題だ。イギリス『サン』が伝えている。 2016年からモデルのルビー・メイさんと交際していたデレ・アリは、今年2月に破局を迎えてフリーの身であったが、次の相手はまさか。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の娘であるマリアさん(20)だった。 『サン』はドレッドヘアーが目立つデレ・アリと白いパーカーを着ていたマリアさんが、ロンドンのバー「クラウド9」の屋上のベンチに並び、キスしている瞬間を激写している。 一方で、マリアさんは「ただの友達」だと語っているともしている。 まだ学生であるマリアさんとデレ・アリが出会ったのは1カ月前とのこと。ルビー・メイさんとの破局は人気オンラインゲーム『Fortnite』のやりすぎとも言われていたデレ・アリだが、新たなロマンスは成就するだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】デレ・アリとの熱愛報道が出ているグアルディオラ監督の愛娘・マリアさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Dele Alli &#39;seen kissing Pep Guardiola&#39;s daughter Maria&#39;.<a href="https://t.co/GBylG9359Z">https://t.co/GBylG9359Z</a></p>&mdash; SPORTbible (@sportbible) <a href="https://twitter.com/sportbible/status/1393502356499746816?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.16 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルMFがまさかの失態…派手なユニフォームで新ロゴを披露も1人だけ仲間外れ

インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが、思わぬミスを犯していた。 セリエAの優勝を決定したインテルは、12日にセリエA第36節でローマと対戦した。 この試合では、インテルが今シーズン着用したユニフォームを組み合わせた特別な4thキットで臨むことに。奇抜なユニフォームは多くの目を惹いた。 さらに、インテルのロゴが新たなものとなっており、「I」と「M」が組み合わさったものに変更。新たなユニフォームも新ロゴが採用されていた。 しかし、この試合でブロゾビッチが大きな注目を集めることに。なんと、1人だけショーツが間違っていたのだ。 派手なユニフォームに合わせられたショーツは、これまで通り黒一色のもの。しかし、右腿あたりには新たなロゴが付いているものが着用されていた。 しかし、ブロゾビッチは古いロゴが入っているショーツを着用。鋭い視聴者によって指摘されていたのだ。 この試合で11分に先制ゴールを記録したブロゾビッチ。ゴール以上に注目を集めるとは、本人も思っていなかっただろう。 <span class="paragraph-title">【写真】先制点のブロゾビッチ(中央)の下のほうをよく見ると何かが違う</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/get20210514brozovic.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> 2021.05.14 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドファンの怒りは収まらず、再び抗議デモで2名が逮捕

ファンの抗議活動により延期されていたマンチェスター・ユナイテッドvsリバプールの一戦。13日に日程が変更されて開催されたが、この日も多くのファンがスタジアムに集結した。 当初は2日に予定されていた試合だったが、多くのユナイテッドファンがオーナーであるグレイザー・ファミリーへの抗議を実施。ピッチ内に侵入するなどし、試合開催ができない状況となっていた。 13日の試合は厳戒態勢で行われた中、数百人のファンが抗議活動。その中で、ユナイテッドの選手たちが先にスタジアムを訪れ、キックオフの6時間半に到着するなど警戒した。 また、リバプールのチームバスは警察に先導される形でスタジアムに到着。キックオフ1時間半前に無事に到着していた。 グレートマンチェスター警察は今回の件について声明を発表。2人の逮捕者が出ていることを明かしている。 「現在、オールド・トラッフォードの外で抗議が行われていることを認識している。少数の人々が日程を壊そうとしているようだ」 「警察は、平和的な抗議の権利を促進しながら、安全を維持するために出動している。公序良俗違反に関連し、2件の逮捕が行われた」 2021.05.14 12:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly