【DAZN欧州組応援部】1月度のベストプレーヤーズを選出!TOP3に選ばれたのは?

2021.02.11 12:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、1月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。

この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。

対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ。今回は12/29(火)〜1/27(水)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。

★参加10メディア ※順不同
DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー

「DAZN欧州組応援部」1月度のTOP3選手はこちら!


3位:FW伊東純也(ヘンク)
Getty Images

出場試合:6試合(先発6試合)
出場時間:530分
成績:3ゴール2アシスト
チーム成績:2勝1分け3敗


今シーズンも主力としてプレーし、ほとんどの試合で先発出場を続けている伊東。12月は数字という点で結果を残せていなかったが、1月の6試合では3ゴール2アシストと活躍。特に左ウイングでのプレーが増えたが結果を残した。しかし、チームの結果に繋がらず。この先は勝利に繋がる活躍が見たい。

2位:GK川島永嗣(ストラスブール)
Getty Images

出場試合:4試合(先発4試合)
出場時間:360分
成績:1失点
チーム成績:3勝1分け


この企画初のランクインとなった日本代表の守護神。シーズン序盤はベンチに座ることもあったが、11月からは正守護神としてプレー。1月に入っての4試合では3試合連続クリーンシートとチームの勝利に大きく貢献していた。

1位:FW鈴木優磨(シント=トロイデン)
©STVV

出場試合:6試合(先発6試合)
出場時間:502分
成績:5ゴール
チーム成績:3勝1分け2敗


2カ月連続で1位に輝いた鈴木は期間中5ゴールと圧巻の数字を残す活躍。チームもゴールを決めた試合では3勝。リーグの得点ランキングでも上位に位置するなど、本格的なゴール量産体制に入っている。

超WS的期待の選手:GKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)
©STVV

出場試合:6試合(先発6試合)
出場時間:540分
成績:6失点
チーム成績:3勝1分け2敗


失点数が少ないわけではないが、2試合のクリーンシートを記録。さらにパフォーマンスも向上しており、チームを救うセーブも見せていた。エースの鈴木とともに守護神としての仕事を果たせば、チームはさらに勝利をつかめるはずだ。

関連ニュース
thumb

フル出場の伊東が先制アシストもヘンク、シャフタールに逆転負け《CL予選》

3日、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦1stレグの7試合が行われた。 MF伊東純也の所属するヘンクはホームにシャフタールを迎え、1-2で逆転負けしている。 伊東が[4-2-3-1]の右MFでスタートしたヘンクは、シャフタールに押し込まれる展開を強いられる。それでも39分、ボックス右角から伊東が上げたクロスをオヌアチュがヘッドで押し込み、ヘンクが先制した。 しかし後半、62分にPKを与えて同点に追いつかれると、81分にパトリックに逆転弾を浴びて先勝を許した。2ndレグは来週行われる。 またMF堂安律不在のPSVはミッティランをホームに迎え、ゲッツェらのゴールで3-0と快勝している。その他の試合結果は以下の通り。 ▽8/3(火) ヘンク 1-2 シャフタール PSV 3-0 ミッティラン スパルタ・プラハ 0-2 モナコ マルメ 2-1 レンジャーズ クルージュ 1-1 ヤング・ボーイズ ツルヴェルナ・ズヴェズダ 1-1 シェリフ オリンピアコス 1-1 ルドゴレツ ▽8/4(水) スパルタク・モスクワ vs ベンフィカ ディナモ・ザグレブ vs レギア・ワルシャワ フェレンツヴァーロシュ vs スラビア・プラハ 2021.08.04 05:55 Wed
twitterfacebook
thumb

FW鈴木優磨をアンデルレヒトが本気で狙う? 移籍金は5億円か

シント=トロイデンのFW鈴木優磨(25)が、アンデルレヒトへの移籍に近づいているようだ。ベルギー『Het Laatste Nieuws』が伝えた。 鈴木は2019年7月に鹿島アントラーズからシント=トロイデンへと加入。2年目となった2020-21シーズンはジュピラー・プロ・リーグで全34試合に出場し17ゴール4アシストを記録。リーグの得点ランキングで4位タイにつける好成績を残した。 今夏の移籍市場ではステップアップを目指す中、トルコクラブからの関心が寄せられ、一時はボローニャが獲得に動き出しているという報道もあった。 しかし、ボローニャは最初のターゲットであったオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチを確保。鈴木の獲得は無くなった。 プレシーズンはシント=トロイデンで過ごした鈴木だが、開幕から2試合はメンバー外に。さらにプレシーズンマッチにも出場しておらず、退団が濃厚と見られていた。 そんな中、ベルギー『ラ・キャピタル』はアンデルレヒトが鈴木の獲得に動くと報道。移籍金は400万ユーロ(約5億1700万円)になるという。一方で、シント=トロイデンのデイビッド・マーカーズ会長はオファーを受けていないと語っているようだ。 一方で、ベルギー国外からの関心は継続してある様子。特にヘルタ・ベルリンが熱心に興味を持っているようだ。また、中東からも関心を寄せられているとのことだ。 2021.08.03 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

原口元気がPSMで衝撃ゴール! 強烈ボレー叩き込みビルバオに勝利

ウニオン・ベルリンの日本代表MF原口元気が好調ぶりを見せている。 ウニオン・ベルリンは7月31日にアスレティック・ビルバオと対戦。2-1で勝利を収めた。 遠藤渓太が先発したこの試合。ホームに観客を入れた中行われた。 試合は互いに攻め込みチャンスを作るもののなかなかゴールは生まれない。それでも31分、アスレティックはカウンターを仕掛けると、最後はアレックス・ベレンゲルがボックス右から落ち着いて決める。 アスレティックがリードして迎えた後半も、ウニオン・ベルリンは押し込まれる展開が続き何度も決定機を迎えられる。 原口は60分から途中出場。すると74分に圧巻のゴールを見せる。 ウニオン・ベルリンはボックス手前でFKを獲得。これを直接狙うが壁に当たりボールが跳ね上がる。しかし、これをボックス手前で待っていた原口が胸トラップから豪快ボレー。ゴール左隅に強烈なシュートが突き刺さり、同点に追いつく。 さらに81分には、左からのクロスに対してティモ・バウムガルトルが豪快ヘッド。これで逆転したウニオン・ベルリンが2-1で勝利を収めた。 ウニオン・ベルリン 2-1 アスレティック・ビルバオ 【ウニオン】 原口元気(74分) ティモ・バウムガルトル(81分) 【アスレティック】 アレックス・ベレンゲル(31分) <span class="paragraph-title">【動画】原口元気がトラップから豪快ボレー叩き込む!(3:00〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">RESUMEN I Lo más destacado del cuarto partido de pretemporada disputado en Berlín entre el <a href="https://twitter.com/hashtag/AthleticClub?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AthleticClub</a> y el <a href="https://twitter.com/fcunion?ref_src=twsrc%5Etfw">@fcunion</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FCUnionAthletic?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCUnionAthletic</a> <a href="https://t.co/jB9ZFsukR7">pic.twitter.com/jB9ZFsukR7</a></p>&mdash; Athletic Club (@AthleticClub) <a href="https://twitter.com/AthleticClub/status/1421505392543158283?ref_src=twsrc%5Etfw">July 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.03 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「悩む必要はなかった」セルティック加入の古橋亨梧が入団会見、イニエスタからの助言も明かす

セルティックの日本代表FW古橋亨梧が、入団会見に臨んだ。 古橋は7月16日にセルティック加入が発表。30日には背番号が「8」になることが発表されていた。 7月31日には、スコティッシュ・プレミアシップの開幕戦であるハート・オブ・ミドロシアン戦でデビュー。およそ10分間プレーしたが、チームは2-1で敗れていた。 その古橋は2日に入団会見に臨み、記者からの質問に応対。いきなりのデビューとなったが「少しずつ落ち着いてきています」とスコットランドにも慣れていると語った。 「すごくエキサイティングで面白いと感じましたし、今は自分のプレーに集中してチームに貢献したいと考えています」 アンジェ・ポステコグルー監督とはJリーグ時代にも何度も対戦している古橋。ポステコグルー監督のサッカーについては「日本にいる時から凄く面白いサッカーをしていて、サイドの選手がゴールに向かって走っていく、ボールをつないで全員でゴールへ向かっていく面白いサッカーをしていました」とコメント。「セルティックでもそれができると思いますし、僕はそれができるからここに来ました。自分のプレーに集中できたらと思います」と、セルティックでも面白いサッカーができると感じているようだ。 セルティック移籍の理由については「歴史ある素晴らしい大きなクラブで、ここでプレーするということは僕のキャリアにとっても大きなことで、悩む必要はなかったです。ここでプレーできることを今は幸せに感じています」とコメント。ヴィッセル神戸の同僚であったアンドレス・イニエスタからは「自分のやってきたことを信じてやれば活躍できる。だから頑張ってこい」と言われと明かした。 セルティックについては「すごく良い選手が揃っていますし、目指すべきところは高く持っています」と語り、「監督も素晴らしいので、僕たちは自分たちを信じて、自分たちにフォーカスを当てて試合ができれば、結果がついてくると思います」と自信を持っているとコメント。「先のことはあまり考えたくないですし、今は目の前のことを考えたいですが、優勝を目指して頑張りたいです」とあまり先を見過ぎないとしながらも、リーグ優勝を目標に掲げた。 セルティックと言えば、かつてMF中村俊輔 (横浜FC)が所属し、偉大な功績を残した。その中の1つには、チャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦で決めたFKがある。 古橋は中村のFKにも触れ、自身も同じように結果を残したいと語った。 「僕にとっても、ファン・サポーターのみなさんにとっても、チャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦で決めたFKは歴史ある素晴らしいゴールだなと思います」 「僕もチャンスがあるなら、そういった大きな大会で結果を残せたらなと、この素晴らしいクラブで結果を残せたらと思います」 開幕戦でデビューした古橋は「まずデビューできたことは幸せです」とコメント。ホームでのデビューが待たれるところだが「楽しみで仕方ないですし、ここで得点を決めて、たくさんのファン・サポーターの皆さんと喜べることが楽しみで仕方ないです」と、観客を沸かせたいと語った。 次節は5日にヨーロッパリーグ予選のヤブロネツ戦がアウェイで開催。8日にはホームで第2節のダンディー戦が行われる。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧がセルティック入団会見に臨む</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJaVkM1UjJrdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.03 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

週給820万円の削減、構想外のFW武藤嘉紀の放出にニューカッスルも前向き

ニューカッスルは、元日本代表FW武藤嘉紀(29)を手放すことに前向きであるようだ。イギリス『Chronicle Live』が伝えた。 2020-21シーズンはエイバルへのレンタル移籍を経験した武藤。エイバルではラ・リーガでは26試合で1ゴール2アシストと数字を残せず、チームは2部へと降格。武藤はニューカッスルに復帰していた。 プレシーズンマッチに出場するなど、現在はニューカッスルで調整する武藤だが、先日はギリシャのアリス・テッサロニキへの移籍が報じられていた。 しかし、アリスへの移籍は交渉途中で話がストップしたようだ。 また、武藤にはヴィッセル神戸への移籍が報道され、この件はニューカッスルにとっても受け入れられるものだとのこと。完全に構想外であり、サラリーを抑えられることをプラスに考えているようだ。 『Chronicle Live』によれば、武藤の週給5万4000ポンド(約823万円)が負担となっており、戦力とみなしていない選手に払うのを避けたい状況。アリスへの移籍は無くなったが、神戸に売却してサラリーを削減したいと考えているようだ。 神戸は今シーズン15ゴールを決めていた日本代表FW古橋亨梧がセルティックへと完全移籍し、新たなストライカー確保に動いている状況だ。 武藤はFC東京でキャリアをスタート。公式戦61試合で26ゴール5アシストを記録すると、2015年7月にマインツへと移籍。マインツでは公式戦72試合で23ゴール11アシストを記録し、そこでの活躍が認められ2018年8月にニューカッスルへと移籍。しかし、プレミアリーグでは結果を残せず、2020-21シーズンはエイバルへとレンタル移籍した。 なお、ニューカッスルでは公式戦28試合の出場にとどまり、2ゴールしか記録していなかった。 <span class="paragraph-title">【動画】武藤嘉紀がコパ・デル・レイで決めたゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVaHVZdlhzVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.02 15:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly