J2昇格の相模原、ホムロと契約更新! 昨季チーム最多の13ゴール

2021.02.08 14:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
SC相模原は8日、ブラジル人MFホムロ(29)との契約更新を発表した。ホムロは母国ブラジルやタイでプレーした後、昨年2月に相模原入り。加入初年度ながら明治安田生命J3リーグ30試合に出場してチーム最多の13得点を挙げ、クラブ初のJ2リーグ昇格に大きく貢献した。


新シーズンも引き続き背番号「10」を背負うホムロはクラブを通じて「再びこのファミリーの一員になれる事を嬉しく思います! 2021年もみんなで大きな事を成し遂げましょう!」と意気込みを語った。
関連ニュース
thumb

元日本代表MF水野晃樹が神奈川県2部のはやぶさイレブン加入、元日本代表FW永井雄一郎ら所属

SC相模原は14日、元日本代表MF水野晃樹(35)が神奈川県社会人サッカーリーグ2部のはやぶさイレブンへ完全移籍することを発表した。 水野は、ジェフユナイテッド千葉、セルティック(スコットランド)、柏レイソル、ヴァンフォーレ甲府、ベガルタ仙台、サガン鳥栖、ロアッソ熊本でプレー。2019年から相模原でプレーしていた。 2019シーズンは明治安田J3で10試合に出場していた水野だが、2020シーズンは試合に絡むことなくシーズンが終了していた。 J1通算157試合16得点、J2通算32試合1得点、J3通算10試合に出場していた。 水野はクラブを通じてコメントしている。 「初めまして、水野晃樹です。はやぶさイレブンで早く昇格に向けて力になれるように頑張りたいと思います」 「自分としてはやっぱり結果にこだわって、得点やアシストというわかりやすい結果を残したいと思います。よろしくお願いします」 はやぶさイレブンは、浦和レッズなどで活躍した元日本代表FW永井雄一郎やニュージーランドのオークランド・シティで長年プレーし、クラブ・ワールドカップの舞台に何度も立っているDF岩田卓也が所属。また、元なでしこジャパンのFW永里優季(レーシング・ルイビルFC)が加入したことでも大きな話題となっていた。 2021.02.15 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

田中、杉本、関根のゴールで浦和が相模原とのトレーニングマッチ2試合目も快勝!

13日、POLUS presents トレーニングマッチの浦和レッズvsSC相模原の第2試合が埼玉スタジアム2002の第2グラウンド行われ、3-0で浦和が勝利した。 埼玉スタジアム2002で行われた第1試合で2-0と勝利した浦和。2試合目は11名を入れ替え、[4-2-3-1]のシステムで相模原と対戦した。 GKには鈴木彩艶が入り、最終ラインは右から宮本優太(流通経済大学/特別指定選手)、藤原優大、工藤孝太(ユース)、福島竜弥が並び、ボランチには戸田大翔(ユース)、金子大毅が並んだ。2列目には右から大久保智明、関根貴大、田中達也と並び、1トップに杉本健勇が入った。 立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せる浦和は13分、バイタルエリア中央でボールを受けた杉本が左サイドから中に絞り、スルーパス。これに抜け出た田中がボックス内に侵入すると、相手DFのマークに遭いながらもボールを押し込み、浦和が先制する。 右サイドの大久保、左サイドの田中を中心に攻め立てる浦和が試合中盤に追加点を奪う。 30分、左サイドのスペースに抜け出した田中が縦に突破。これがファーサイドに流れるも大久保が受けて折り返すと、関根はシュートを空振り。それでも田中が反応してシュートフェイントからシュートを放つが、相手に後ろから倒されてPKを獲得する。 このPKのチャンスを、キッカーに名乗りを上げた杉本が右足でゴール右に決めて追加点を奪う。 2-0と浦和リードの後半は30分のプレーイングタイムに。GKに塩田仁史を据えてスタートする。 すると、浦和が守備からのカウンターで追加点を奪う。62分、相模原の左CKをクリアすると、ここからロングカウンター。右サイドを縦に持ち上がった杉本が味方の押し上げを待ちつつ、バイタルエリア中央にスルーパス。相手の追走を振り払い、相手GKと一対一の形に持ち込んだ関根がチップキックで華麗に決め、リードを3点とした。 その後は相模原が反撃に出る時間帯もあるも、浦和がしっかりと対応し3-0で勝利。2試合とも勝利を収めた。 ◆浦和レッズスタメン GK:鈴木彩艶(→塩田仁史) DF:宮本優太、藤原優大、工藤孝太、福島竜弥 MF:戸田大翔、金子大毅 MF:大久保智明、関根貴大、田中達也(→岡本岳) FW:杉本健勇 2021.02.13 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和が新戦力MF伊藤敦樹の初ゴール&汰木康也のゴールで相模原に勝利

13日、POLUS presents トレーニングマッチの浦和レッズvsSC相模原が埼玉スタジアム2002で行われ、2-0で浦和が勝利した。 浦和は7日に行われた北海道コンサドーレ札幌戦からおよそ1週間ぶりの試合に。GKには西川周作を起用すると、[4-4-2]の布陣で臨み、最終ラインは右から宇賀神友弥、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔、2列目は右から武田英寿、伊藤敦樹、阿部勇樹、汰木康也、2トップは明本考浩、武藤雄樹が並んだ。 立ち上がりから浦和が押し込む展開となると、19分に武藤がミドルシュートを放つも、これは枠を外れる。26分には山中のクロスを武藤がヘッドも枠外。30分には汰木がミドルシュートで狙うも枠を外れる。 決定的なシュートは35分、山中のクロスを武田が落とすと、最後は武藤がフィニッシュ。しかし、これはGKがセーブする。 37分にも明本が阿部のパスを受けると、ボックス手前正面から左足ミドル。しかし、GK正面に飛ぶ。 それでも40分、右CKからのクロスをニアサイドで阿部がフリック。これがファーに流れると、武藤の折り返しを伊藤が押し込み浦和が先制する。 先制した浦和は40分に相手のクリアボールを拾った宇賀神がパス。ボックス内で受けた武藤がシュートも僅かに枠の左に外れていく。 このまま前半が終わるかと思われた45分には、ボックス右からの明本のパスを汰木がシュート。これがゴール右に決まり、浦和がリードを広げる。 メンバー交代なしで迎えた後半は、序盤こそ浦和が押し込んでいくも、徐々に運動量が落ちてペースダウン。相模原もチャンスを伺うが、最後までゴールは奪えず、そのまま2-0で浦和が勝利した。 なお、この日は相模原と2試合を予定。2本目は第2グラウンドで行われる。 ◆浦和レッズスタメン GK:西川周作 DF:宇賀神友弥(→岡本岳)、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔(→大野海翔) MF:武田英寿、伊藤敦樹、阿部勇樹、汰木康也 FW:明本考浩、武藤雄樹 2021.02.13 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

J2昇格の相模原が福岡大学のGK真木晃平の加入を発表「結果という形で恩返しできたら」

SC相模原は9日、福岡大学のGK真木晃平(22)が加入することを発表した。背番号は「34」となる。 真木は岡山県出身で、大分トリニータU-18から福岡大学へと進学。184cm、90kgの恵まれた体躯で、2015年、2016年は大分で2種登録されていた。 真木はクラブを通じてコメントしている。 「福岡大学から加入することになりました真木晃平です。この素晴らしいクラブでキャリアをスタートできることを大変嬉しく思っています」 「これまで支えてもらった沢山の方々に、結果という形で恩返しできたらと思っています。1日でも早くクラブに貢献できるように頑張りますので、応援宜しくお願いします」 2021.02.09 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

相模原退団のMF梶山幹太が九州サッカーリーグのヴェロスクロノス都農へ完全移籍

SC相模原は4日、昨シーズン限りで退団していたMF梶山幹太(22)が九州サッカーリーグのヴェロスクロノス都農に完全移籍することを発表した。 梶山は新潟県出身で、名古屋グランパスU-18から2017年にトップチーム昇格。2018年9月から相模原へ期限付き移籍すると、2019年には完全移籍で加入していた。 相模原では2シーズン半プレー。2019シーズンは明治安田J3で30試合に出場も、今季は5試合の出場に留まっていた。通算では、明治安田J3で46試合1得点だった。 ヴェロスクロノス都農は、J.FC MIYAZAKIというチーム名で活動していた宮崎県都農市のクラブ。Jリーグ加盟を目指すにあたり、2021シーズンからチーム名を「ヴェロスクロノス都農」に変更することが発表されていた。 梶山はクラブを通じてコメントしている。 「初めまして!SC相模原から加入しました梶山幹太です。このチームの為に自分の持ってる力を全部出して結果で貢献していきたいと思います。よろしくお願いします!」 2021.02.04 11:17 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly