高卒でポルトガルへ! ポルティモネンセが高校サッカー選手権優勝の山梨学院高校MF広澤灯喜を獲得

2021.02.07 12:28 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ポルティモネンセに今冬3人目の日本人選手が加入することとなった。

ポルトガル『レコルド』によると、高校サッカー選手権で優勝を果たした山梨学院高校のMF広澤灯喜が、ポルティモネンセに加入することとなった。

広澤は、湘南ベルマーレの下部組織出身で、山梨学院高校へと進学。決勝の青森山田高校戦では、鋭いゴールで先制点を記録していた。

契約期間などは明らかになっていないものの、ポルティモネンセのメインスポンサーである株式会社セレモニーの志賀司 代表取締役社長のインスタグラムにも登場している。

なお、ポルティモネンセは今冬には柏レイソルからGK中村航輔の獲得を発表。また、クラブからは何も公式発表がなされていないものの、自身で発表したボタフォゴを退団したMF本田圭佑に続いて、3人目の日本人選手獲得に。現在はDF安西幸輝と合わせて、4名が在籍することとなる。



関連ニュース
thumb

元浦和MFエヴェルトンがポルティモネンセにフリーで加入、解除金は26億円

かつて浦和レッズでもプレーしたポルトのMFエヴェルトン(28)が、ポルティモネンセへと完全移籍で加入した。 契約期間は2024年6月30日までの3年間。契約解除金は2000万ユーロ(約26億円)に設定されている。 エヴェルトンはブラジル国内クラブでプレーしたのち、2014年8月にポルティモネンセへと完全移籍。2018年7月にポルトへと完全移籍した。 そのままレンタル移籍でポルティモネンセに加入。2019年1月には浦和レッズへとレンタル移籍で加入していた。Jリーグでは2シーズンを戦いJ1通算51試合に出場し4得点、リーグカップで2試合に出場し1得点を記録していた。 2020年12月にポルトへと帰還したエヴェルトンは、2021年1月にポルティモネンセへとレンタル移籍。今夏、フリートランスファーで完全移籍となった。 ポルティモネンセには、GK中村航輔、MF中島翔哉、MF川﨑修平と日本人が3名所属している。 2021.08.30 12:12 Mon
twitterfacebook
thumb

中島翔哉に続いてG大阪注目株も! 川崎修平、ポルティモネンセ完全移籍が決定

ガンバ大阪は26日、FW川崎修平(20)がポルトガル1部のポルティモネンセに完全移籍で加わると発表した。 G大阪ユース出身の川崎は重心の低いドリブルからのシュートが武器のアタッカーで、2種登録選手として2019年6月にU-23チームでプロデビュー。昨季に正式昇格を果たすと、ルーキーイヤーから明治安田生命J1リーグ15試合に出場した。 今季はJ1リーグ3試合の出場で無得点だが、AFCチャンピンズリーグ(ACL)2021グループステージ第5節のタンピネス戦でハットトリックを成し遂げるなどの活躍。G大阪でこれからが期待される逸材だったが、欧州での勝負を決断した。 現地メディアでも事前にポルティモネンセ移籍が取り沙汰され、2026年6月末までの5年契約での加入とみられる川崎。今週末の現地入りも噂されるパリ・オリンピック世代のアタッカーはクラブを通じて、感謝の言葉とともに活躍を誓った。 「この度、ポルトガルのポルティモネンセSCに移籍することになりました。ガンバ大阪では約7年半お世話になり、ジュニアユース、ユースの6年間はたくさん悔しい思いをしてきましたが、たくさん色んな人に助けてもらい成長できました」 「そしてユースの最後の年に森下監督と出会い、腐りかけていた自分を大きく変えてもらい、プロになる事ができました。U-23の森下監督とトップチームの宮本監督、松波監督には、プロでの厳しさ、辛さ、楽しさを教えていただき感謝の気持ちでいっぱいです」 「ポルトガルに行ってもその初心を忘れずに覚悟を持って頑張りたいと思います。ガンバ大阪での7年半、お世話になったコーチ陣の方々、スタッフの方々、チームメイトの方々、そしてサポーターの皆様、本当にありがとうございました」 なお、これまでも多くの日本人プレーヤーが所属したことでも知られるポルティモネンセには現在、日本代表GK中村航輔が在籍。先日には元日本代表FW中島翔哉の復帰も決定している。 2021.08.26 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表の元10番、ポルトMF中島翔哉が古巣ポルティモネンセへ1年間のレンタル移籍

ポルティモネンセは25日、ポルトのMF中島翔哉(27)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。中島は3年ぶりの復帰となる。 中島は東京ヴェルディの下部組織出身。2012年10月にトップチームへ昇格すると、2014年1月にFC東京へと完全移籍。カターレ富山へのレンタル移籍を経験すると、2017年8月にポルティモネンセへとレンタル移籍した。 2018年1月に完全移籍へと切り替わると、ポルティモネンセでは公式戦47試合に出場し15ゴール19アシストを記録。2019年2月にカタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍すると、2019年7月にポルトへと完全移籍した。 ポルトでは期待をかけられたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大しリーグ戦が中断して以降は、セルジオ・コンセイソン監督の信頼を失って居場所がなくなり、2021年1月にUAEのアル・アインへとレンタル移籍。しかし、トレーニング中に脛骨を骨折しシーズン絶望に。2試合に出場したのみでポルトへと復帰していた。 なお、ポルトでは公式戦37試合で1ゴール4アシストに終わっていた。中島はクラブを通じてコメントしている。 「会いたかったです。戻ってこられて嬉しいです。ファンの皆さんやこのスタジアムが本当に好きです」 「ケガに関しては何も感じず、違和感もありません。僕は大丈夫です。個人トレーニングをしていました」 「明日からはトレーニングを再開し、できるだけ早く復帰できるようにリカバリーしていきたいです」 ポルティモネンセには、日本代表GK中村航輔が所属している。 <span class="paragraph-title">【動画】中島翔哉がポルトで決めた唯一のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4RTBqYmVacyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.26 11:49 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪育成出身FW川崎修平、ポルティモネンセ移籍か…パリ五輪世代のアタッカー

ガンバ大阪の注目株がブレイクを待たずしてポルトガルに戦いの場を移すようだ。 その選手とはプロ2年目のFW川崎修平(20)だ。G大阪ユース出身で、重心の低いドリブルからのシュートが武器のアタッカーは2種登録選手として2019年6月にU-23チームでプロデビューを果たすと、昨季に正式昇格。ルーキーイヤーから明治安田生命J1リーグ15試合に出場した。 今季もAFCチャンピンズリーグ(ACL)2021グループステージ第5節のタンピネス戦でハットトリックを成し遂げ、才能を片鱗を見せたが、ここまでJ1リーグ3試合の出場にとどまり、無得点。G大阪でのこれからが期待される注目株だったが、今夏にも欧州挑戦を果たす模様だ。 そう報じたのはポルトガル『SIC Noticias』。UAEの強豪アル・アインやウクライナの名門シャフタール・ドネツク、そして昨季のラ・リーガ王者アトレティコ・マドリーからの関心もあるとされる川崎だが、ポルトガル1部のポルティモネンセが争奪戦を制したという。 パリ・オリンピック世代でもある川崎は今週末にも現地入りして、ポルティモネンセと2026年6月末までの5年契約を結ぶ見込み。4000万ユーロ(約51億5000万円)の契約解除条項も設定されての移籍になるようだ。 2021.08.25 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島がDF安西幸輝を完全移籍で獲得、2年ぶりの復帰で背番号は内田篤人がつけていたSB伝統の「2」

鹿島アントラーズは19日、ポルティモネンセのDF安西幸輝(26)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は内田篤人がつけていた「2」となる。 兵庫県出身の安西は東京ヴェルディの下部組織で育ち、2014年のトップチーム昇格を経て、2018年に鹿島へ完全移籍した。 左右のサイドバックとサイドハーフをこなして、加入初年度にクラブの悲願だったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇に貢献。2年目の2019年7月にポルティモネンセへと完全移籍した。 鹿島では明治安田生命J1リーグで通算43試合6得点、YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。 ポルティモネンセでは、加入初年度からリーグ戦20試合に出場すると、レギュラーに定着した2020-21シーズンは、左サイドバックを主戦場にリーグ戦31試合に出場していた。 安西はクラブを通じてコメントしている。 「鹿島アントラーズに復帰することになりました。2018年に移籍し、ACL優勝、クラブワールドカップ出場、そして、日本代表と色々な経験をして、1年半の中で大きく成長することができました」 「自分にとって鹿島は大切なクラブであり、自分を必要としてくれたさまざまな方々の協力でまた帰ってくることができ、本当に感謝しています。鹿島のために戦います。すべては勝利のために、持っている力をピッチで出し切ります!応援、よろしくお願いします!」 なお、背番号「2」は前述の内田の他、元ブラジル代表DFジョルジーニョ、元日本代表DF名良橋晃と鹿島の歴代サイドバックが着用していた番号となる。 2021.07.19 17:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly