「素晴らしいゴール」デビュー戦ゴールの南野拓実、指揮官は敗戦を悔やむもゴールを喜ぶ「我々の助けになる」

2021.02.07 11:57 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、デビュー戦でゴールを決めた日本代表FW南野拓実を称賛した。イギリス『ハンプシャー・ライブ』が伝えた。今冬の移籍市場最終日にリバプールから電撃移籍でサウサンプトンへと加入した南野。6日に行われたプレミアリーグ第23節のニューカッスル戦で先発デビューを飾った。

中盤の左サイドで先発した南野は、2-0で迎えた30分にいきなり結果を残す。
ボックス手前で流動的に動くと、左サイドからライアン・バートランドが斜めのパスを入れる。これを南野はボックス前でトラップ。前方のスペースにボールを出すと、ボックス内左から豪快に左足を振り抜き、ゴールを記録した。

その後、互いに1点ずつを加えると、ニューカッスルは退場者と負傷退場で9人に。それでも堅い守りを崩せず、3-2でサウサンプトンは敗れていた。

試合後、ハッセンヒュッテル監督は敗戦を悔やみ、十分ではなかったとコメント。その中で、先発フル出場とデビュー戦で奮闘した南野のゴールを喜んだ。

「タキ(南野拓実)にとって、それは素晴らしいゴールだった。彼は自分の動きで、我々に10番のポジションで助けることができると示してくれた」

「これは彼のようなタイプのための試合ではないので、彼にとって最後は大変だっただろう。でも、今日は我々を助けることができると示した」

サウサンプトンは、現在FWダニー・イングスが7ゴールでチーム最多。しかし、昨シーズンは22ゴールを記録しており、物足りない状況だ。またFWチェ・アダムスも4ゴールと得点力不足が問題となっている。

ハッセンヒュッテル監督は、その状況で南野がいきなりゴールを決めたことは重要だとし、他の選手もゴールを奪う努力が必要だと語った。

「現時点でチェ(・アダムス)とイングスのゴールは十分ではない」

「イングスのゴールが足りていない。彼は運が悪かった。ポストに当ててしまっていた。だから、私は“タキ”が得点したことを嬉しく思っている」

「彼はすぐに我々の助けになると示した。現時点で彼らはターゲットを捉えることができていない」

「これが変わっていくことを願っているが、彼らは取り組む必要がある。他に何ができるだろうか?」

関連ニュース
thumb

47年ぶりファイナルのニューカッスル監督「今の我々にはチームスピリットと一体感がある」

ニューカッスル・ユナイテッドのエディ・ハウ監督が喜びを言葉にした。 ニューカッスルは1月31日にサウサンプトンとのカラバオカップ準決勝2ndレグに臨み、2-1で勝利。MFシェーン・ロングスタッフの2発で2-1の勝利を収め、1stレグに続く白星で決勝進出を決めた。 プレミアリーグでトップ4争いを演じるなか、カラバオカップでも47年ぶりにファイナルの舞台に導いたハウ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で自軍を誇った。 「チームスピリットと一体感は長い道のりを乗り越える力だ。今の我々にはそれがある。それを守り、鼓舞し、高めるのが私の役目。ドレッシングルームには今季を通じてクラブを誇らしくさせるプロフェッショナルたちがいる」 殊勲のロングスタッフについても「彼はニューカッスル出身であり、非常に重要な存在。素晴らしい選手だし、彼がゴールを重ねると、周りも意識が高まる。称賛に値する選手だし、とても嬉しいよ」と語った。 また、レッドカードのMFブルーノ・ギマランイスについては「大きな痛手だし、受け入れるのに時間がかかる。すべてが彼を経由してだし、重要な選手。彼の不在は悲しい。でも、他の選手にはチャンスだ」と述べた。 なお、もう1つのカードであるマンチェスター・ユナイテッドとノッティンガム・フォレストの2ndレグは1日に開催。先の1stレグでは3-0でユナイテッドが先勝している。 2023.02.01 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯にも出場したガーナ代表FWスレマナがサウサンプトンに完全移籍、両ウイングでプレー

サウサンプトンは1月31日、スタッド・レンヌのガーナ代表FWカマルディーン・スレマナ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年夏までとなる。 スレマナは、これまでノアシェラン、レンヌでプレー。レンヌでは公式戦通算47試合に出場し6ゴール4アシストを記録していた。 今シーズンもリーグ・アンで14試合に出場し1ゴール。ヨーロッパリーグ(EL)でも4試合に出場し2アシストを記録していた。 両ウイングでプレーできるスレマナは、ガーナ代表としても15試合に出場。カタール・ワールドカップ(W杯)でも2試合に出場していた。 2023.02.01 11:27 Wed
twitterfacebook
thumb

伊東純也の元相棒、ヘンクのFWオヌアチュがサウサンプトンに完全移籍

サウサンプトンは1月31日、ヘンクのナイジェリア代表FWポール・オヌアチュ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2026年夏までの2年半となる。 オヌアチュはミッティラン、ヴェイレとデンマークでプレー。2019年8月にヘンクに完全移籍で加入する。 2mを超える長身を生かしヘンクでブレイク。日本代表MF伊東純也(スタッド・ランス)とのコンビは破壊力抜群で、ヘンクでは公式戦134試合で85ゴール10アシストを記録。2020-21シーズンは33ゴールを決めてジュピラー・プロ・リーグの得点王に輝いていた。 今シーズンもリーグ戦19試合で16ゴールと驚異的な得点力を誇り、チームも首位を快走していたが、プレミアリーグへの挑戦を選択した。 なお、サウサンプトンは現在最下位。プレミアリーグ残留の起爆剤となれるか注目だ。 2023.02.01 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

充実のニューカッスルがロングスタッフの2発でセインツ撃破、47年ぶり決勝進出《EFLカップ》

EFLカップ準決勝2ndレグ、ニューカッスルvsサウサンプトンが1月31日に行われ、2-1でニューカッスルが勝利。この結果、2戦合計スコアを3-1としたニューカッスルが決勝へ進出している。 1stレグではニューカッスルが敵地で1-0と先勝していた一戦。 決勝進出へあと一歩に迫ったニューカッスルはウィルソン、ジョエリントン、アルミロンの3トップで臨んだ。 一方、逆転突破を目指すサウサンプトンはアダムスとアームストロングの2トップで臨んだ。 立ち上がりからニューカッスルが攻勢に出ると5分に先制する。ボックス右でトリッピアーのパスを受けたロングスタッフがシュートを決めきった。 その後もニューカッスルが攻め手を緩めず試合を進めると、21分に加点。決めたのはまたもロングスタッフ。ボックス左でスルーパスを引き出したアルミロンのクロスをゴール前に走り込んだロングスタッフが押し込んだ。 劣勢のサウサンプトンは28分、ワンチャンスで1点を返す。ジョエリントンのバックパスミスをカットしたアダムスがミドルシュートを叩き込んだ。 それでもハーフタイムにかけても主導権を握ったニューカッスルが2-1とリードして前半を終えた。 迎えた後半も前がかるサウサンプトンに対し、ニューカッスルが難なく受け止めると、61分にはイサクやサン=マクシマンらフレッシュなアタッカーを投入。 サウサンプトンに対する牽制を強めた中、72分のピンチではGKポープがアームストロングとの一対一を阻止。そして79分にギマランイスの左足ミドルがポストに直撃した。 その後、80分にギマランイスがボールを奪いにかかったプレーでエドジーの足首にスパイクが入り、VARの末に一発レッドカードを受けるアクシデントがあったものの、2-1のまま逃げ切り。2戦合計スコア3-1で47年ぶりの決勝進出とした。 2023.02.01 07:15 Wed
twitterfacebook
thumb

セインツが今冬3人目の補強! ジョーンズ監督の教え子である右SBを獲得

サウサンプトンは26日、ルートン・タウンからイングランド人DFジェームズ・ブリー(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「14」に決定。契約期間は2026年6月30日までの3年半となる。 バーンズリーでプロキャリアをスタートしたブリーは、2016年にアストン・ビラへ完全移籍。その後、2019年夏にルートンへ1年間のレンタルを経験すると、その翌シーズンに完全移籍へ移行した。 以降はチャンピオンシップ(イングランド2部)に在籍するクラブの右サイドバックの主力に君臨。今回がプレミアリーグ初挑戦となるが、チャンピオンシップでは通算187試合2ゴール20アシストと十分な実績を持つ。 178cmとサイズは平均的だが、3バックでは右のウイングバックとセンターバックの右でもプレー可能なユーティリティー性を持っており、攻守両面での貢献が期待できる。さらに、ルートンで2年間ネイサン・ジョーンズ監督の指導を受けており、戦術面の適応は非常にスムーズにいくはずだ。 現在、プレミアリーグ最下位に沈むセインツにとっては、FWミスラフ・オルシッチ、MFカルロス・アルカラスに続く、今冬3人目の新戦力となった。 2023.01.27 06:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly