名古屋入りも噂されたノルウェー代表FWヨンセンがMLSのモントリオールに完全移籍

2021.02.04 13:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のCFモントリオール(かつてのモントリオール・インパクト)は3日、蔚山現代でプレーしていたノルウェー代表FWビヨルン・ヨンセン(29)の完全移籍加入を発表した。

契約期間は2023年までの2年契約で、1年間の延長オプションもついているとのことだ。なお、正式契約は国際移籍証明書の発行とメディカルチェックを受けてからとなる。

ヨンセンは、母国ノルウェーやスペイン、ポルトガルの下部リーグでプレーしたのち、ハーツやADOデン・ハーグ、AZ、ローゼンボリでプレー。2020年1月にKリーグ1(韓国1部)の蔚山現代へと加入した。

蔚山ではKリーグ1で15試合に出場し3ゴール1アシストを記録。また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも9試合に出場し5ゴール1アシストを記録。準決勝のヴィッセル神戸戦でも1ゴールを記録していた。

また、ノルウェー代表としても16試合に出場し5ゴールを記録していた。

ヨンセンは名古屋グランパスへの移籍も一部で報じられていたが、最終的にはアメリカへ渡ることとなった。

関連ニュース
thumb

シャフタールがU-23ブラジル代表FWペドリーニョの獲得を正式発表!

シャフタール・ドネツクは13日、ベンフィカからU-23ブラジル代表FWペドリーニョ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までとなる。 過去にバルセロナやレアル・マドリーが関心を示したペドリーニョは、2017年3月にコリンチャンスでプロデビューしたブラジルの逸材アタッカー。左利きのウイングで、ブラジル人らしい足元の技術やドリブルを最大の特長としている。 しかし、昨夏加入したベンフィカでは公式戦31試合に出場したものの、リーグ戦とヨーロッパリーグでは思うようなプレータイムを得られず、23試合で0ゴール0アシストに終わっていた。 なおベンフィカの発表によれば、ペドリーニョの移籍金は1800万ユーロ(約24億円)になるとのことだ。 2021.06.14 01:10 Mon
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、ベテランFWアル・ガディウィとの契約を2022年まで延長!

シュツットガルトは13日、モロッコ人FWハマディ・アル・ガディウィ(30)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 2019年にSSVヤーン・レーゲンスブルクから当時2部のシュツットガルトに加入したアル・ガディウィは、主に試合の流れを変えるジョーカーとして起用され、ブンデス2部で28試合に出場し8ゴール4アシストを記録し、1部復帰に貢献。 今季は序盤から度重なるケガに苦しみ、ブンデスリーガ6試合の出場にとどまっていた。 新契約にサインしたアル・ガディウィは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「シュツットガルト経営陣の信頼を得られたことをとてもうれしく思っているよ。チームはこの2年間で大きく成長しているね。ただ僕は、ケガの影響で思うようにチームの助けにはなれなかった。ここでは居心地の良さを感じるし、来季に向けて最高のモチベーションをもっている。ファンの前でプレーするのが待ち遠しいよ」 2021.06.14 00:35 Mon
twitterfacebook
thumb

退任の噂もあったモイーズ監督がウェストハムと3年契約、今季は6位と躍進

ウェストハムは12日、デイビッド・モイーズ監督(58)との契約延長を発表した。新契約は3年間とのことだ。 モイーズ監督は、プレストンで監督キャリアをスタートすると、2002年5月に就任したエバートンで長期政権を築き、チームを上位争いに導く手腕を発揮。2013年7月には同郷のサー・アレックス・ファーガソン監督の後任としてマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任した。 しかし、ユナイテッドではシーズン途中に解任。その後は、レアル・ソシエダやサンダーランドで指揮を執ると、2017年11月にウェストハムの監督に就任する。 ただ、9勝10分け12敗と結果を残せずにそのシーズン限りで退任。その後はフリーになるが、2019年12月に再び監督に就任していた。 今シーズンはシーズン開幕から好調を維持すると、一時はチャンピオンズリーグ出場権を争うなど上位争いに。最終的には6位でシーズンを終えていた。 今夏はカルロ・アンチェロッティ監督が電撃退任した古巣のエバートンに復帰するという報道もあった中、ウェストハムと3年契約を締結した。 モイーズ監督は契約締結に「ウェストハムと将来を約束できて嬉しく思う」とコメント。「私が居たい場所であり、幸せだ。全員で達成したことをさらに発展させられる機会を与えられ、とても嬉しい。オーナーと私は、クラブの発展と改善を続けたいことで一致している」と語り、来シーズン以降のさらなる飛躍に期待を寄せた。 2021.06.12 20:43 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表GK川島永嗣がストラスブールと2年間の契約延長「全力を尽くしていきたい」

ストラスブールは12日、日本代表GK川島永嗣(38)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月30日までとなる。 大宮アルディージャでプロキャリアをスタートさせた川島は、2004年1月に名古屋グランパスへと完全移籍。しかし、当時日本代表の守護神だったGK楢崎正剛の前にポジションを掴めないでいると、2007年1月に川崎フロンターレへと移籍。正守護神として活躍する。 2010年7月に海を渡りベルギーのリールセへと完全移籍。その後ははスタンダール・リエージュ、ダンディー・ユナイテッド、メスへと移籍を繰り返し、2018年8月にストラスブールへと加入した。 ストラスブールではポジションを失うこともありながら、今シーズンはリーグ・アンで24試合に出場。チームを残留に導く活躍を見せていた。 川島は自身のインスタグラムでも契約延長を報告している。 「この度ストラスブールと2年契約延長をしました。このクラブで自分の挑戦を続けられる事、そしてクラブからの信頼に心から感謝しています」 「ここからがまたスタート。ストラスブールというクラブと共に夢を共有し、叶えるために全力を尽くしていきたいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】川島永嗣、ストラスブールでのセーブ集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="SQTm_LO9t14";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.06.12 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルトが主将クロスとの契約を2022年まで延長! 来季で11年目のシーズンに

アルミニア・ビーレフェルトは11日、ドイツ人FWファビアン・クロス(33)との契約を1年延長したことを発表した。新たな契約期間は2022年6月30日までとなる。 クロスは2011年夏に当時ドイツ3部リーグに属したビーレフェルトに加入。チームが2部昇格や3部再降格を経験しながら、2019-20シーズンのブンデスリーガ2部で21ゴールを挙げて得点王に輝き、チームの11年ぶりとなる1部昇格に貢献した。 今季もキャプテンとして残留を争うチームの支柱となり、センターFWとして前線のターゲット役としても奮起。得点こそ「5」にとどまったものの、空中戦の勝利数は2位のDFマッツ・フンメルス(ドルトムント)に70回以上の差をつける最多「242」を記録するなど、重要な役割を担った。 来シーズンで11年目を迎えるクロスは公式サイトで契約延長と来季への意気込みについて次のようにコメントしている。 「アルミニアでの次のシーズンを楽しみにしている。ブンデスリーガで、このクラブでもう1年間プレーできることを嬉しく思い、特にファンの前で再びプレーする機会が与えられたことを誇りに思う」 2021.06.12 14:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly