チェルシーDFリュディガー、ランパード解任との関係性を否定 「僕を巡る多くのナンセンスな噂が…」

2021.02.03 14:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーフランク・ランパード氏の監督解任に自身がひと役買ったという憶測を否定した。

昨夏に上層部から大型補強のバックアップを受け、指揮2年目の今季を迎えたランパード氏。昨年12月にプレミアリーグで首位に立った時期もあったが、先月25日にそれまでの8試合で2勝1分け5敗と負けが大きく先行する状況も受けて解任された。

その監督交代劇の主な理由の1つして、一部選手との摩擦が指摘され、筆頭の1人として名が挙がったリュディガーだが、イギリス『アスレティック』のインタビューで事実に反すると主張した。

「先週から僕を巡り、多くのナンセンスな噂が流れているよね。監督の状況だったり、他の話題で上層部と話し合ったことなんてない」

「フランク・ランパードはクリスマス後、非常に厳しい状況にもかかわらず、僕の能力を信頼してくれ、僕自身も感謝してもいた。それが僕から代理人に冬の移籍を探さなくて良い旨を伝えさせてもらった主な理由でもある」

「僕らは残念ながら、監督のために事態を好転させられなかった。常に監督とクラブのためにベストを尽くす所存ではあるんだけどね」

また、チームが移行期に直面するなかで、生え抜きの若手を1stチームの戦力として台頭させ、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に導いた就任初年度の昨季を引き合いに出して、その功績を称えた。

「監督がチームを率いるようになったのは僕ら全員にとって、物事が非常に複雑な昨季からだった。でも、そんな彼と一緒にチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を手にしたんだ」

「彼から1stチームでのチャンスをもらった多くの若手は今も素晴らしい仕事をしている。フランク・ランパードが他のクラブを率いるのはすぐの話さ。僕はそう確信している」

関連ニュース
thumb

ファン・ヒンケル、チェルシーからの放浪に終止符! レンタル先のPSVと2年契約

PSVは18日、元オランダ代表MFマルコ・ファン・ヒンケル(28)と2023年までの2年契約を締結したと発表した。 ファン・ヒンケルは2013年夏にフィテッセからチェルシー入りしたが、長きにわたるレンタル生活を強いられ、ミラン、ストーク・シティ、PSVを転々。2018年夏からチェルシーに戻ったが、ケガの影響もあり、戦力として稼働できず、昨年10月にPSVへ3度目のレンタルが決定した。 だが、チェルシー時代から悩まされ続けるヒザのケガがなかなか完治せず、今年1月13日に行われたエールディビジ第16節のAZ戦でやっと今季の初実践に。実に983日ぶりの公式戦出場となり、最終的に12試合の出場で1得点1アシストという数字を収めた。 そんなファン・ヒンケルは保有元であるチェルシーとの契約が今季最終年であり、今月いっぱいでフリーに。3度のレンタルで公式戦通算76試合32得点の数字を残すPSVの正式な一員に来季からなることが決まり、喜びの思いとともに、決意を新たにした。 「この美しいクラブに残ることができて、すごく嬉しい。僕はチームに貢献できると確信しているし、今後数年間で多くのことを達成したいと思っている」 なお、PSVのフットボールディレクターを務めるジョン・デ・ヨング氏は「我々は彼との契約を望み、マルコからも残りたいの話があった。チェルシーが彼との契約を延長しないと決定したとき、我々はすぐに彼と話を始めたんだ」と説明している。 2021.06.19 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「練習も超一流の姿勢なら…」 アザールの欠点をモウリーニョが暴露

来季からローマを率いるジョゼ・モウリーニョ氏がかつて指導したレアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールの欠点を暴露した。 2人は2013年夏〜2015年12月までチェルシーで共闘。2014-15シーズンのプレミアリーグ制覇に共闘。個人としてもそのシーズンのリーグ年間最優秀選手賞に輝いたアザールは言うまでもなく攻撃陣の軸となり、2年間のモウリーニョ二次政権でも圧倒的な存在感を放った。 だが、ポルトガル人指揮官は練習も懸命に励めば、もっと良い選手になれたと話す。今オフを利用してユーロ2020の解説者を務めるなか、イギリス『talkSPORT』で元教え子であり、レアル・マドリーで燻るアザールについて、練習姿勢が「酷かった」と振り返った。 「真実は見ての通り、素晴らしい選手。だが、練習ぶりが酷い素晴らしい選手だ。練習も超一流な姿勢で取り組んでいれば、彼が今頃どうだったか想像できる。いずれにせよ、素晴らしい少年で、家族思いでもあるのだがね」 「彼は今の選手にしてみれば、とても穏やか。家族や子供、両親とも静かな生活を好む。しかし、毎朝のようにピッチに立つと、あまり頑張ろうとしない。試合に出たときは1週間の努力じゃなく、才能でプレーしている」 「だから、彼は素晴らしい選手。ただ、仮に彼がトップのプロだったら?とイメージしてみると良いだろう」 2021.06.19 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランがチェルシーDFトモリの買取OP行使を発表、4年契約

ミランは17日、チェルシーからイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)の買い取りオプションを行使したことを発表した。 なお、契約期間は2025年6月30日までの4年間となる。 チェルシーの下部組織出身のトモリは、ブライトン&ホーヴ・アルビオンやハル・シティ、ダービー・カウンティへのローン移籍を経て2019-20シーズンにファーストチームに定着。しかし、そのシーズンの後半戦から出番を失うと、今シーズンもフランク・ランパード前監督の下で構想外に。冬の移籍市場でミランへ移籍した。 レンタルで加入したミランでは、すぐにDFアレッシオ・ロマニョーリからポジションを奪い、DFシモン・ケアーとのセンターバックコンビを形成。セリエAで17試合、ヨーロッパリーグでも加入からラウンド16までの全4試合にフル出場するなど、半年で多大な貢献を果たした。 シーズン途中から買い取りオプションを行使するという噂が流れていた中、正式に完全移籍が発表された。 2021.06.17 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

代理人がハキミのインテル退団を明言! PSG&チェルシーが関心

モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)のインテル退団は決定事項のようだ。同選手の代理人が『Cómo te va』で明言している。 昨夏、レアル・マドリーから4000万ユーロ(約53億円)でインテル入りしたハキミ。アントニオ・コンテ前監督の下、右ウイングバックで絶対的な主力となり、11年ぶりのスクデットを獲得した今季は37試合に出場し7ゴール10アシストの成績を残した。 しかし、インテルは経営規模縮小に向けて今夏の主力売却を考えており、選手本人も退団を希望していると見られるハキミは換金対象の1人と見なされている。 そういった中、ハキミとアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏は、『Cómo te va』で両選手の去就に関して言及。ハキミの今夏の退団の可能性を明言している。 「現時点で私が代理人を務めるプレーヤーでインテルを離れるのは、ハキミだけだ。ラウタロに関しては諸々取り組む必要がある」 なお、ハキミの新天地に関しては以前から関心が伝えられるパリ・サンジェルマン(PSG)と、すでに公式にコンタクトを取ったと言われるチェルシーの2クラブが有力な候補に挙がっている。 2021.06.16 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

セスクが来季のヴェルナーとハヴァーツについて展望を語る「最高のパフォーマンスを確信している」

チェルシー所属のドイツ代表FWティモ・ヴェルナーとMFカイ・ハヴァーツについて、モナコでプレーする元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが2人の来季の展望を語った。イギリス『メトロ』が『テレグラフ』を引用して伝えている。 チェルシーは昨夏、4750万ポンド(約74億円)でヴェルナーを、7100万ポンド(約100億円)でハヴァーツを獲得。前者は公式戦52試合に出場して12ゴールにとどまり、後者はシーズン終盤には調子を上げてチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・シティ戦で決勝点を挙げたものの、加入当初のパフォーマンスは前評判ほどではなかった。 そんな両選手について、セスクは『テレグラフ』のコラムで来季の展望を執筆。ヴェルナーに関しては、MF視点で貴重な存在だと主張し、自信とアイデア次第でゴールは自ずとついてくるとアドバイスを送った。 「僕はチェルシーの全試合を観戦しているから、ヴェルナーとハヴァーツの加入初年度のプレーをすべて見たよ。来シーズンは、彼らの最高のパフォーマンスを見ることができると確信している」 「アシストをするのが好きなMFとして、僕は以前、調子が悪かったり自信を失ったりしているストライカーの後ろでプレーしたことがあるんだ」 「決定機を逃して悔しい思いをすることもあるけど、いつかはヴェルナーがゴールを決めてくれるだろうと思っていたよ」 「最も重要なのは、彼が走り続けること、タイミングが良いこと、オフサイドにならないこと、そして彼のスピードがあれば必ずチャンスを得ることができるということなんだ」 「最近の選手は足元でボールを受けたがる傾向にあるけど、MFからするとパスに抜け出してほしいんだ。だからヴェルナーのような選手は貴重だよ」 「サッカーでは自信とアイデアがとても重要で、特にストライカーは得点するかしないかに大きく左右される」 また、ハヴァーツについては、かつてレバークーゼンで同選手とチームメイトで、現在はモナコに所属するMFケビン・フォラントに話を聞いたというセスク。シーズン終盤に見せた好調さから来季への期待を高めている。 「彼が言うには、ハヴァーツはシーズンの初めには調子が上がらないことが多いが、一度明確な動きができるようになり、精神的にも良い状態になれば、素晴らしいプレーをするとのことだった」 「チェルシーに加入したばかりのハヴァーツはあまり良くなかったし、ペースを乱すようなこともあった。でも、トーマス・トゥヘルが彼をゼロトップで起用してからはうまく機能するようになったね」 「彼はたくさんボールに触る必要はなかったけど、チームの動きを助けていたね。ボールを失わず、他の選手の安全を確保し、創造性を発揮していた。シーズン終盤の彼はとても良かったと思う」 「直近の親善試合でヴェルナーとハヴァーツの2人がドイツ代表として活躍したのを見たから、彼らにとって良い大会になることを願っている。間違いなく、来シーズンのチェルシーでは違った姿を見ることができると思うよ」 ドイツ代表は15日、ユーロ2020のグループF第1節にて、フランス代表と対戦する。2人は来シーズンに繋がるような活躍を残すことはできるだろうか。 2021.06.15 15:14 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly