DFエドゥアルドが鳥栖のキャプテン就任、豊田陽平、松岡大起、朴一圭が副キャプテンに

2021.02.01 16:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は1日、2021シーズンのキャプテンにDFエドゥアルドが就任したことを発表した。

また、副キャプテンにはFW豊田陽平、GK朴一圭、MF松岡大起が就任する。

エドゥアルドは2020シーズンに松本山雅FCから完全移籍で加入。明治安田J1で21試合に出場していた。

豊田は明治安田J1で20試合、松岡は32試合、シーズン途中に加入の朴一圭は10試合に出場していた。

キャプテンに就任したエドゥアルドはクラブを通じてコメントしている。

「キャプテンになれて本当にうれしいです。キャプテンの役割は雰囲気をつくることだと思っています」

「スタッフ選手のみんな力が必要になります。上の順位にいけると思うので、信じて頑張っていきましょう」

関連ニュース
thumb

「もう一段階成長したい」自身の成長を胸に鳥栖から清水へと移籍した松岡大起が決意を語る「勝つために自分の全力を尽くす」

清水エスパルスは5日、サガン鳥栖から完全移籍で加入したMF松岡大起(20)の入団会見を実施した。 鳥栖の下部組織で育った松岡は、高校2年次の2018年にトップチームデビュー。2024年のパリ・オリンピック世代の1人で、Jリーグ屈指の若手注目株だ。 2020シーズンは明治安田生命J1リーグで32試合に出場するなどチームを支える主軸となると、今シーズンも上位に位置するチームでアンカーや3バックの一角などで21試合に出場。主軸としてプレーしていた。 その松岡は、2日に清水への電撃移籍が発表。多くの驚きを呼んだ移籍となった。 松岡は入団会見の冒頭で「これからしっかり自分の特徴や、やるべきことをやって、チームが勝つために全力で頑張ります」とコメント。下位に沈むチームにおいて、しっかりと結果を残したいと意気込んだ。 簡単ではない今回の移籍。「この決断は簡単ではなかったですし、その上で自分は人間的にもプレーヤーとしても、もう一段階成長したいと思って決断しました」と、自身の成長を考えて移籍したとのこと。合流してあまり時間は経っていないが「実際に清水に来て、まだわからないことがたくさんありますが、これからもっともっと自分としてもチームとしてもよくなるためにやっていこうと思いますし、今はすごくワクワクしています」と新天地への期待を口にした。 今回の清水移籍に当たっては周りにも相談したと語った松岡。「チームメイトになったことがある権田(修一)選手や原(輝綺)選手に連絡して、今もサポートしてもらったり、鈴木唯人選手や中村慶太選手は話していたので、今もサポートしてもらっています」とコメント。これまで知っている選手たちと連絡を取っていたと明かした。 その清水では「自分としてしっかりチームが勝つためにやらないといけないと思っていますし、自分としてやるべきことはチームが勝つために自分の全力を尽くすだけだと思っています」と語り、何よりも勝利を目指すと語った。 U-18から所属し、金明輝監督の下で育った松岡。その慣れた鳥栖を離れ、現在は下位で苦しむ清水移籍への決め手については「自分自身はたくさんの方に相談させてもらいましたし、その中で自分自身、全てリリースに書いてあった通りですが、自分自身が成長するために選びましたし、その中で大熊さんだったり清水の方々の話もたくさん聞いた上で、自分の中のもっと成長できるんじゃないかというのを感じていました。それで選びました」と語り、自身のさらなる成長が見込めることを理由に挙げた。 豊富な運動量とインテンシティの高い守備が売りの松岡。自身のストロングポイントについては「しっかりコミュニケーションをとること、ボールを奪い切るところは特徴として持っていると思います」とコメント。「清水に来てもっと色々なことができるようならなければいけないと思っています。チームのコンセプトをいち早く理解して、味方とコミュニケーションをしっかり取ってプレーしていきたいと思います」と、早くチームに馴染みたいと語った。 自身にとって鳥栖以外のユニフォームを着るのはプロになって初。オレンジのユニフォームについては「周りの選手とかも違和感ないと言っていたので、自分としてもしっくり来ています」とコメント。清水のサポーターについては「サッカー王国というイメージがあって、清水のファン・サポーターの方もすごくサッカーへの思いが熱いと感じます」と語り、「サガン鳥栖もそうでしたが、清水に来てすごく感じます。そういう部分のサッカーへの思いは数日ですが、凄いと感じています」と、ファンの熱量をすでに感じていると明かした。 現在は東京オリンピックが行われており、U-24日本代表は準決勝でU-24スペイン代表に敗戦。明日、3位決定戦でU-24メキシコ代表と対戦する。 パリ・オリンピック世代の選手もMF久保建英やGK谷晃生らが出場しているが、オリンピックについては「自分の中で出たいという気持ちは凄く強くありますが、自チームで出て活躍しないと出られないと思いますし、1日1日を全力でやらないとそういうこともないです」とコメント。「目標ではありますが、1日をどう生活するか、サッカーが上手くなるためにどう行動するかを考えています」とし、遠くの目標の前に日々の行動やプレーを大事にしたいと語った。 松岡のデビューは早ければ9日に行われる横浜F・マリノス戦。背番号「33」を着てIAIスタジアム日本平で躍動する松岡が見られるか注目だ。 2021.08.05 18:48 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖MF松岡大起、清水に完全移籍 「新たな環境で厳しいチャレンジしたいという気持ちが…」

清水エスパルスは2日、サガン鳥栖からMF松岡大起(20)の完全移籍加入を発表した。背番号は「33」を着用する。 パリ五輪世代の松岡は鳥栖下部組織出身で、高校2年時の2018年にトップチームデビュー。2019年6月にプロ契約を結び、世代別代表にも呼ばれてきた鳥栖の有望株だ。 昨季は明治安田生命J1リーグ32試合に出場と不動の主力として活躍。チームがJ1リーグで上位躍進を続ける今季もボランチを主戦場にここまで21試合でプレーした。 今季の鳥栖に反して、残留争いの真っ只中にいる清水行きを決断した松岡はクラブを通じて、意気込みを語っている。 「こんにちは。清水エスパルスのファン、サポーターの皆様、サガン鳥栖から来ました松岡大起です。このタイミングでの加入になりましたが、やってきたことや学んだことを自分らしく全力で表現します。これから清水エスパルスの為に戦います! また多くの方々に感動を与えます! 応援よろしくお願いします!」 一方、鳥栖を通じては移籍決断までの経緯に触れるなど、長文のメッセージを発信した。 「こんにちは。松岡大起です。いつも温かく、心強いご声援ありがとうございます。毎試合、選手1人1人の心の支えとなっています。急ではありますが、私、松岡大起は清水エスパルスに移籍する事を報告させて頂きます」 「この移籍を考え、決断に至るまで、生きてきた中で一番悩みました。評価されているはずのポジティブな悩みなのに、毎日のルーティンをする中で、勝手に涙が出てきたり、口の中にたくさん口内炎ができたり、寝ているはずなのに、寝た気がしなかったり、目を動かす度に眼球が痛くなったりもしました。正直、今のサガン鳥栖なら、リーグ優勝を狙う事も出来るし、ACLを目指す事も出来ます。シーズンが終わってからでも遅くは無いのでは?と何度も自分自身に問いかけました」 「しかし、海外で活躍する為、自分の夢を叶える為、更に自分自身を奮い立たせ、新たな環境でプレーしたいという強い想いが、常に頭の中にあり続けました。選手、監督、コーチングスタッフ、トレーナー、スポンサー、ファンサポーター、サガン鳥栖に関わる全ての皆様と共に、Jリーグ優勝やACLを目指したかった想いはすごく強いです。それでも自分自身の夢や目標を1番に考えた時、新たな環境で厳しいチャレンジしたいという気持ちが抑えられず、今回の移籍の決断に至りました」 「今の自分があるのは、12年間もの長い間、成長を見守ってくれた「ソレッソ熊本」の皆様。そして、サッカー選手として、1人の人間として、ユースを合わせ5年間、大きく成長の機会を与えて頂いた、サガン鳥栖関係者の皆様へは感謝しかありません。そして、どんな時でもサポートしてくれた両親にも感謝してます。本来であれば選手、スタッフ、トレーナー、ファンサポーター、自分の成長に関わって頂いた方、応援してくれてる全ての方に想いや御礼を1人1人に伝えたい所ですが、それは難しいので、この場を借りて伝えさせて頂きました」 「正直、この文を読んで頂き、気持ちを理解してもらいたいのですが、すべての方に理解してもらえない事もわかります。将来、この決断を理解して頂けるよう、1人の人間として、行動、言動で示し、またプロサッカー選手として結果で表現していきます。チームは変わってもサガン鳥栖は自分自身の心の中にあります。これから先もずっと、僕は変わらずサガン鳥栖が大好きです。また、スタジアムで会いましょう」 「最後に明輝さんへ。明輝さんが居たから、今の自分があります。どんな時も明輝さんは常に声をかけてくれました。プレーがうまく行かず、悩んでいる時に声をかけてくださいました。プレーにおごりがあった時も強く声をかけてくださいました。どんな事も僕の為を思って言って頂いた言葉で、すべてが僕にとって最高の思い出です。明輝さんは僕にとって最高の監督です。また必ず、成長した姿で会いに行きます。本当にお世話になりました。ありがとうございました」 2021.08.02 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖の17歳DF中野伸哉が正式にトップ昇格、2種登録でJ1通算34試合に出場

サガン鳥栖は30日、DF中野伸哉(17)のトップチーム昇格を発表した。 7月30日付で正式にトップチームの一員となる。なお背番号は変わらず「47」をつける。 中野はU-15から鳥栖に所属しており、現在は鳥栖U-18所属ながら2種登録でJリーグの試合に出場。2020シーズンは明治安田生命J1リーグで14試合、今シーズンはここまで20試合に出場していた。 またU-15から日本代表に招集されており、2019年にはU-17ワールドカップにも出場。今年はU-24日本代表にも招集されていた。 中野は改めて正式にトップチームに昇格し喜びを語った。 「この度、トップチームに昇格することができ、大変嬉しく思います」 「常に支えてくれた両親をはじめ、お世話になってきた監督やスタッフ、サポーターの皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、これからももっともっと頑張ります!」 「ここからがスタートなので、プロとしての自覚を持ち日々の練習から全力で取り組みます。応援よろしくお願いします!」 2021.07.30 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖の大卒ルーキー今掛航貴が水戸に育成型期限付き移籍

水戸ホーリーホックは29日、サガン鳥栖からDF今掛航貴(22)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号は「44」を着用する。 今掛は興國高校、中央大学を経て、今季から鳥栖でプロキャリアをスタート。JリーグYBルヴァンカップでこそ3試合に出場したが、明治安田生命J1リーグで出番に恵まれずにいた。 出場機会を求め、シーズン途中の移籍を決断した今掛は水戸を通じて「1日でも早くチームに馴染み、勝利に貢献できるように頑張ります! よろしくお願いします!」とコメントした。 一歩、鳥栖を通じては「この度、水戸ホーリーホックに期限付き移籍することになりました」と移籍の報告とともに、新天地での活躍を誓っている。 「サガン鳥栖という素晴らしいクラブで沢山のことを学び、経験できて本当によかったです。成長した姿を見せれるように頑張ってきます!」 2021.07.29 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖の18歳FW二田理央がオーストリア2部のヴァッカー・インスブルックへ期限付き移籍、日本人MF財前淳も所属

サガン鳥栖は27日、FW二田理央(18)がオーストリアのヴァッカー・インスブルック へ期限付き移籍することを発表した。 なお、二田はU-23チームに加入することとなる。期限付き移籍期間は2021年7月15日から2022年6月30日までとなり、すでにチームのトレーニングに合流しているとのことだ。 二田は大分県出身で、鳥栖のU-18に在籍し、今シーズンは6月に2種登録。6月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の横浜F・マリノス戦でデビューし、6月30日にプロ契約を結んでいた。その後、7月1日から練習参加していたとのことだ。 二田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、オーストリアのFC Wacker Innsbruckへ期限付き移籍することになりました。サガン鳥栖ではたくさんのことを経験させてもらい、選手としても人間としても成長をさせてもらいました。そうして学んだ全てを生かして頑張ってきます」 「これまで自分に携わってくださった全ての方々への感謝の気持ちを忘れずに、サッカーを楽しみたいと思います。オーストリアという新たな環境で更に成長できるよう、全力を尽くします」 ヴァッカー・インスブルックはオーストリア2部に所属するクラブ。U-23チームは3部に所属している。 これまでオーストリア・ブンデスリーガで10度の優勝を誇っているが、ここ2シーズンは2部で戦っている。 チームには日本人MFの財前淳(22)が所属。財前は京都サンガF.C.のU-18出身で、トップチーム昇格は叶わなかったものの、練習参加していたヴァッカー・インスブルックに加入した。財前はここまでオーストリア・ブンデスリーガ2部で78試合に出場し19ゴール12アシストを記録していた。 2021.07.27 17:12 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly