ベネヴェント、CSKAからアルゼンチン代表FWガイチを買取OP付きレンタルで獲得

2021.01.30 02:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベネヴェントは29日、CSKAモスクワのアルゼンチン代表FWアドルフォ・ガイチ(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。

サン・ロレンソでプロデビューを飾った190cmの大型FWであるガイチは、2020年夏にCSKAモスクワに加入。CSKAでは今季、リーグ戦13試合の出場でノーゴール1アシスト、ヨーロッパリーグで5試合に出場して1ゴールを記録していた。

2019年9月にアルゼンチン代表デビューも果たしているガイチの加入によって、昇格組ながら今季ここまで11位と大健闘のベネヴェントは、後半戦も好結果を収められるか。


関連ニュース
thumb

トッテナム下部組織出身の逸材サイ・ゴダードがAリーグのセントラルコースト・マリナーズに加入

オーストラリアのセントラルコースト・マリナーズは20日、元U-17日本代表MFサイ・ゴダード(24)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。 イギリス人の父親と日本人の母親を持つサイ・ゴダードは、2013年にトッテナムのアカデミーに入団し、U-18チームで背番号10を背負うなど将来を嘱望されていた。しかし、トップチームへの昇格は叶わず、2018年夏にベネヴェントへ完全移籍。 3年契約で加入したベネヴェントでも、なかなか出場機会には恵まれず、2019-20シーズンはキプロスのパフォスへ、2020-21シーズンはインドのムンバイ・シティへとレンタル移籍に出されていた。 かつてはアジアの有望な若手トップ10にも選ばれていた逸材は、セントラルコーストへの移籍について「オーストラリアの地で新たなスタートを切れることをとても楽しみにしている」とコメントしている。 なお、サイ・ゴダードはホテルでの2週間の隔離期間を経て、チームに合流するとのことだ。 2021.08.20 23:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、シルベストリ後釜にベネヴェント守護神モンティポを獲得

エラス・ヴェローナは20日、セリエBのベネヴェントからイタリア人GKロレンツォ・モンティポ(25)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 今回の契約には出場試合数など幾つかの条件を満たした場合、買い取り義務が生じる条項が盛り込まれている。 ノヴァーラでプロキャリアをスタートしたモンティポは2018年にベネヴェントへレンタル移籍。その翌年に完全移籍に移行すると、守護神としてセリエA昇格に大きく貢献した。昨シーズンは自身初のセリエAの舞台で最終節を除く全37試合に出場し、安定したゴールキーピングを見せていた。 そして、この活躍が認められ、ウディネーゼに旅立ったイタリア人GKマルコ・シルベストリの後釜としてヴェローナ加入を果たした。 2021.07.21 15:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ベネヴェントに快勝のアタランタが2位死守《セリエA》

アタランタは12日、セリエA第36節でベネヴェントをホームに迎え、2-0で快勝した。 前節、降格の決まっていたパルマに5発圧勝として2位をキープしたアタランタは、通常の3バックではなく[4-2-3-1]を採用。最前線にサパタ、2列目に右からマリノフスキー、ペッシーナ、ムリエルと並べた。 降格圏に沈む18位ベネヴェントに対し、立ち上がりから押し込む展開としたアタランタは7分にペッシーナがボックス右から決定的なシュートを浴びせると、22分に先制した。 マリノフスキーとのパス交換からスルーパスに抜け出したムリエルがボックス中央に進入し、GKとの一対一を制した。先制後もアタランタがペースを握り、ベネヴェント陣内で試合を進めたが、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半もアタランタが攻め込む展開とすると、67分に途中出場のパシャリッチが追加点を奪う。 サパタのパスを受けたボックス中央のパシャリッチがシュートを決めた。終盤の82分、カルディローラが2枚目のイエローカードを受けて10人となったベネヴェントに対し、アタランタが2-0で快勝。2位を死守している。 2021.05.13 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラ復帰のミラン、チャルハノール&テオ弾で暫定ながらCL圏内再浮上《セリエA》

ミランは1日、セリエA第34節でベネヴェントをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節ラツィオに0-3と完敗して2位からチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落したミラン(勝ち点66)は、出場停止と負傷により欠場が続いていたイブラヒモビッチが4試合ぶりに復帰を果たした。 降格圏に沈む18位ベネヴェント(勝ち点31)に対し、最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からサーレマーケルズ、チャルハノール、レオンと並べたミランが6分に先制する。ボックス手前右のサーレマーケルズのパスをゴール前に走り込んだケシエがスルー。後方のチャルハノールがボックス中央からダイレクトでゴール右へ蹴り込んだ。 先制したミランは続く16分、ロングカウンターからレオンがGK強襲のシュートを浴びせると、前半終盤に追加点のチャンス。 まずは37分、ボックス左からテオ・エルナンデスのミドルシュートが枠の右を捉えたが、GKの好守に阻まれた。さらに追加タイム3分、ケシエのパスを受けたボックス右のイブラヒモビッチがGK強襲のシュートを浴びせたが、追加点は奪えずに前半を終えた。 迎えた後半もミランが追加点に迫るも、GKモンティポの好守に阻まれてしまう。それでも60分、ミランが突き放した。ボックス左からイブラヒモビッチの放ったシュートがGKモンティポを強襲すると、ルーズボールをテオ・エルナンデスが詰めた。 75分にレオン、サーレマーケルズ、テオ・エルナンデスを下げたミランは終盤にかけて、ベネヴェントの反撃を許さずに時間を消化。3試合ぶりの勝利とし、暫定ながらCL圏内へ再浮上している。 次節はCL出場権を争うユベントスと激突する。 2021.05.02 05:49 Sun
twitterfacebook
thumb

インザーギ兄弟対決第2ラウンドは弟シモーネに軍配、ラツィオが打ち合い制す《セリエA》

ラツィオは18日、セリエA第31節でベネヴェントをホームに迎え、5-3で勝利した。 前節ヴェローナ戦を後半追加タイムの劇的弾で辛勝した6位ラツィオ(勝ち点55/1試合未消化)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位アタランタを6ポイント差で追う中、インモービレとコレアの2トップで臨んだ。 コロナ感染のため指揮を執れなかった弟シモーネ率いるラツィオと、兄フィリッポ率いる16位ベネヴェント(勝ち点30)の兄弟対決。 試合は開始4分、ファレスの折り返しにインモービレが頭で合わせたシュートが右ポストに直撃したラツィオは10分、コレアのワンタッチスルーパスに抜け出したインモービレがGKとの一対一を制した。ゴール直後はオフサイドを取られたものの、VARの末にオンサイドと判定されゴールが認められた。 先制したラツィオはさらに20分、ミリンコビッチ=サビッチの縦パスを受けたインモービレがボックス中央からシュートを決めきり、リードを広げる。 止まらないラツィオは37分、カウンターの流れからインモービレのスルーパスを受けたコレアがGKと一対一に。GKに倒されてPKを獲得し、このPKをコレア自ら決めて3-0とした。 前半終了間際の45分、サウにミドルシュートを決められたもののラツィオが3-1で前半を終えた。 迎えた後半開始3分、インモービレのスルーパスを受けたコレアがボックス左ゴールライン際からクロスボールを入れると、GKの足に当たったボールがゴールに吸い込まれ4点目を挙げた。 余裕の展開としたラツィオだったが55分、インモービレがPKを失敗すると、雲行きが怪しくなっていく。 63分、PKで2失点目を喫すると、66分にはCKからラパドゥーラにゴールを決められかけるも、VARの末にファウルがあったとしてノーゴールとなり助かった。 しかし終盤の85分、再びCKからグリクのヘディングシュートでゴールを決められ、1点差とされてしまう。それでも追加タイムにインモービレがハットトリックとなるダメ押しの5点目を決めてラツィオが打ち合いを制して勝利。 アタランタに敗れた4位ユベントスとの勝ち点差を4に縮めている。 2021.04.19 00:16 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly