守護神エデルソン語る同僚ストーンズとの仲「いつも彼をサポートしているし、成功を喜んでいる」

2021.01.26 16:51 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティに所属するブラジル代表GKエデルソンが同僚であるイングランド代表DFジョン・ストーンズを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。

エデルソンは今季でシティ在籍4シーズン目。新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示した影響で欠場したことはあったものの、シティの不動の守護神として君臨し続けている。


そんなエデルソンは、ストーンズについて「彼は素晴らしいセンターバックだよ」とコメント。共にシティの守備を支える同僚を称賛した。

「僕は前から彼のことが好きだったんだ。彼は寛大な心を持っていて、とても仲良くしているよ。僕はいつも彼をサポートしているし、彼の成功を喜んでいる。僕は彼が、今シーズン経験した全てのことを幸せだと思っているんだ。ケガから復帰したこともね」

「僕にとって非常に重要なのは、センターバックとしてプレーする選手が集中しているということだ。それはジョン・ストーンズやルベン・ジアスだけの話ではないよ」

「ここ数試合、ジョンとルベンは非常に高いレベルにあるし、彼らと他のディフェンスラインのパフォーマンスにはとても満足している。今後も同じレベルを維持できることを願っているよ」

また、エデルソンはシーズン前半戦を終えてのチームの出来についても言及。リーグ最少失点を誇る堅い守備を中心に、素晴らしいパフォーマンスを発揮できていると振り返った。

「以前聞いた言葉に『ゴールを決められないときに、勝利は近づく』というのがあったんだ。それは本当だったよ。僕たちは守備がうまくいっていると思うし、ほとんどゴールを許していない」

「シーズン初めのホームでのレスター・シティ戦は5ゴールを許してしまい、難しい状況に陥った。だけどその後チームはハードワークをしてきたし、今シーズンはディフェンスラインが非常にしっかりしている。クリーンシートを維持することは嬉しいことだけど、このクラブの主な目標はトロフィーを獲得することなんだ」

「僕らはより強固なものになっていると思う。特に守備面でね。ジョン・ストーンズとルベン・ジアスの出場機会が増えているけど、彼らの動きは信じられないほどだ。また、サイドバックも素晴らしいレベルにあるし、中盤の選手たちも良いね。ディフェンスラインだけではなく、チーム全体が守備的に連携していると思う。」

「それはチームメイト全員のおかげだよ。僕たちは良いパフォーマンスができるように試合の間にハードワークをしていて、試合数が負担になることもあるけど、チームは良い勢いに乗っていると思うんだ。選手交代して新しい選手が入ってきても、チームは高いレベルでパフォーマンスを発揮し、良いサッカーをし続けている。僕らは正しい道を歩んでいるよ」

関連ニュース
thumb

公式戦20連勝のシティ、ルベン・ジアスがチームのメンタリティ語る「無限の野心を持っている」

マンチェスター・シティに所属するポルトガル代表DFルベン・ジアスが、公式戦20連勝と圧倒的な強さを誇るチームのメンタリティについて語った。 シティは現在、公式戦破竹の20連勝中。ジアスを筆頭とした鉄壁の守備陣を武器に、圧倒的な強さを見せ、プレミアリーグでは26試合を消化した現時点で首位を独走している。 クラブ公式サイトのインタビューに応えたジアスは、チームの持つメンタリティについて言及。選手全員が勝ちたいという強い意思を持っていると明かした。 「チームを作っているのは、僕たち全員なんだ。誰もがそれぞれ特性を持っているけど、チームが勝ち抜いているのは、僕たち全員が優れていて、正しいメンタリティを持っているからだ」 「勝利への無限の野心を、全員が持っている。ここまでの欲望を持ったチームは僕の経験上では、見たことがないよ」 「その欲望は『トップレベルにいたい』、『もっともっと勝ちたい』というものだよ。みんなのこういった想いが、チームを作っているんだ」 また、チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督については、「間違いなくチームの中で、最も重要な役割の一つを担っている」とコメント。指揮官の手腕を絶賛した。 「彼が試合ごとに僕たちを信じさせる方法、そして与えてくれる解決策は、僕たちが相手よりも多くのことを達成するためのものだ。それらは常にターニングポイントになるだろう」 「もし彼が何を言っているのか、何を望んでいるのかを 理解できるのなら、僕たち選手の質は充分高いよ。彼には大きな信用がある。彼は敵の中にあるものを見て、僕らに道を与えてくれるんだ」 2021.03.02 12:51 Tue
twitterfacebook
thumb

期待の若手CBのバルサ行きを予想するグアルディオラ「私にとって息子のような存在」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、チームに所属するスペイン代表DFエリック・ガルシア(20)の移籍先について予想している。スペイン『マルカ』が伝えた。 2017年夏にバルセロナの下部組織からシティに加入したエリック・ガルシアは、グアルディオラ監督の下で公式戦32試合に出場。将来に高い期待がかけられていた。しかし、2021年夏にシティとの契約が満了となるエリック・ガルシアは、クラブからの再三に渡る延長オファーを固辞。昨夏も古巣のバルセロナへの移籍が取り沙汰されたが、今夏にも古巣バルセロナ復帰が確実視されている。 こうした事情や、シティが昨夏にポルトガル代表DFルベン・ジアスやオランダ代表DFナタン・アケを獲得したこともあり、エリック・ガルシアの出場機会は激減。今シーズンはここまで公式戦9試合の出場にとどまっている。 しかし、エリック・ガルシアの移籍についてメディアから質問されたグアルディオラ監督は、行先はバルセロナになるだろうと予想しつつ、選手に対しては変わらぬ愛情を持っていると強調した。 「バルセロナは平凡な選手の獲得は考慮しないクラブだ。エリック(・ガルシア)がトップクラスの選手だからこそ、クラブは彼を欲しがっており、彼もまたバルセロナでのプレーを望んでいると思う」 「エリックが私にとってどのような存在であるか、皆には想像もつかないだろう。彼は私にとって、息子のような存在なんだ」 「昨シーズンの新型コロナウイルス(COVID-19)による中断明けから、彼は我々にとって最高のセンターバックだった。彼は我々とのプレーで、1度もミスをしていない。本当に1度もね」 2021.03.02 12:06 Tue
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ヤヤ・トゥーレの技巧派ミドルシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年3月2日にご紹介するのは、今から7年前に元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆頼れる男のゴールで反撃の狼煙!パワー型MFヤヤ・トゥーレが見せた技巧派ミドルシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6azJLbDduZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 思い切り振りきるのではなく、ゴルフのアプローチのように狙いすましたシュートで相手GKの届かないコースへと蹴り込む。ここしかないというコースへピンポイントで吸い込まれた素晴らしいゴールです。 ◆意表を突くダイレクトシュート 2月にウクライナのオリンピック・ドネツクでアシスタントコーチに就任したヤヤ・トゥーレ氏は、2010年に加入したマンチェスター・シティで公式戦316試合に出場し79ゴール50アシストを記録。中盤の選手らしからぬ得点力を発揮しました。 2014年3月2日に行われたEFLカップ決勝のサンダーランド戦では、テクニックの光るゴールを決めています。 格下とされながらも、リーグ戦でマンチェスター・シティが苦戦することの多かったサンダーランドとの決勝戦となったこの試合では、サンダーランドが先制。それでも0-1で迎えた55分にシティにチャンスが訪れます。 右サイドのDFパブロ・サバレタのボールを敵陣中央やや左で受けたヤヤ・トゥーレは、ゴールまで距離のある位置からダイレクトでロングシュート。狙いすまされたカーブシュートは、相手GKの虚をつき、美しい弧を描きながらファーサイドのサイドネットへと吸い込まれていきました。 ヤヤ・トゥーレの同点弾で反撃の狼煙を上げたシティは、直後にすぐさま勝ち越し。試合終了間際にも1点を加え、3-1で見事EFLカップを制覇しています。 2021.03.02 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! マンチェスター・シティ攻撃陣の完璧な崩し!

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年3月1日にご紹介するのは、今から約3年前に元スペイン代表MFダビド・シルバが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆完璧な崩し!シティ攻撃陣による流れるようなパスワークから生まれたD・シルバの2ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6YUVQbVlCbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! ワンタッチもしくはツータッチのパスを続け、相手のディフェンスを翻弄した上でのゴール。攻撃的かつ流動的なサッカーの理想形とも言えるゴールです。 ◆マンチェスター・シティの中盤を司る存在 ジョゼップ・グアルディオラ監督のもと、質そして量ともに申し分ない中盤を擁し、支配的なサッカーを披露するマンチェスター・シティ。今シーズンからレアル・ソシエダでプレーするD・シルバはシティの中盤をコントロール存在として唯一無二の存在感を発揮しました。 2018年3月2日に行われたプレミアリーグ第30節のストーク・シティ戦では、シティの攻撃陣がその能力を存分に発揮しています。 まずは、0-0で迎えた10分、中央を経由してのサイド突破で、FWラヒーム・スターリングが右サイドの相手DFの裏を取るとそのままボックス右まで侵入。ここで絶妙のタイミングで攻撃参加し、相手DFの間でフリーになっていたD・シルバがゴール前でボールを受け、これを流し込み先制点を決めます。 続いて1-0で迎えた50分、またしても素早いパス回しでハーフウェイライン付近から瞬く間にゴール前でチャンスを作ると、ボックスの手前でボールを受けたD・シルバが、FWガブリエウ・ジェズスとのパスを経て、ボックス内でパスを受けます。飛び出してきたGKの取れないコースにしっかりとシュートを放つと、貴重な追加点を奪いました。 これで完全に試合の主導権を握ったシティは、D・シルバの2ゴールをそのまま守り、2-0で危なげなく勝利しています。 2021.03.01 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ペップ、誇る! 「20連勝は我々史上最大の偉業の1つ」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が充実ぶりを露わにした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 シティは27日に本拠地で行われたプレミアリーグ第26節のウェストハム戦を2-1で勝利。デイビッド・モイーズ監督の下で上位争いを演じる難敵との一閃だったが、しっかりと叩いてみせ、今節の戦いを残す2位マンチェスター・ユナイテッドを13ポイント差に突き放した。 これでリーグ14連勝となり、公式戦でも驚異の20連勝。チャンピオンズリーグ(CL)やFAカップ、EFLカップも勝ち残るなか、リーグ戦でも圧倒的な強さを見せつけ、2シーズン前の3冠を上回る成功を収めそうな勢いのグアルディオラ監督は試合後、チームの歩みを誇った。 「この時期、この時代、この状況で、20連勝を成し遂げられたのはおそらく我々史上最大の偉業の1つだ。間違いないね」 「もちろん、それはタイトル獲得を意味するものというわけじゃないが、この時期、イングランドで最も過酷な時期である冬は3〜4カ月間、1週間の休養さえもない」 「新型コロナウイルスやケガ人の状況もあるなかで、3日ごとに試合がある。こうした連勝は勝つ、勝つ、勝つ、勝つの積み重ねであり、メンタル的な強さを意味する」 「今日は良い絵を描けなかったが、こういう試合はシーズン中にたくさんある。チャンスが多かったわけじゃないが、失点しなかった。それは良い兆候で、安定している」 「ここまでの歩みは異常だ。例外さ。普通なら、勝ち点を落としたり、引き分けたり、負けたりする。それがフットボールの常態だ」 「3シーズン前の我々は確かに勝ち点100を成し遂げ、アンストッパブルな存在となり、昨季はリバプールがそうだった」 「今季の我々は良くないスタートを切ってしまったが、今は良いランをしている」 2021.02.28 08:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly