スカッとゴール! 軌道が読めないドログバの無回転ミドル

2021.01.24 07:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。

2021年1月24日にご紹介するのは、今から10年前に元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏が決めたゴールです。
◆セーブ不能、ドログバの強烈ミドル!

◆ここがスカッと!
飛んだコースはGKの正面にも関わらず、その威力と無回転による予測不可能な動きでネットを揺らす、GK泣かせのスーパーゴールです。


◆ドログバの右足シュートが炸裂
チェルシーの頼れるエースストライカーとして、4度のプレミアリーグ優勝や、チャンピオンズリーグ制覇など多くのタイトルを獲得してきたドログバ氏。在籍した8シーズンで公式戦164ゴール86アシストを記録しました。

中でも見事だったのが、2011年1月24日に行われたプレミアリーグ第24節のボルトン戦でのゴール。

前半11分、MFフローラン・マルダからのパスを受けたドログバは、相手のプレッシャーが弱いことをみるやすかさず右足でミドルシュートを放ちます。ゴールまでは25m以上あったものの、シュートはグングンと伸び、浮き上がるような弾道でゴールネットに突き刺さりました。

後ろからの角度で観ると、無回転のシュートは全く予想のつかない軌道を描いており、相手GKユッシ・ヤースケライネンの反応が遅れたのも納得のゴールです。

関連ニュース
thumb

スカッとゴール! 途中出場からの決勝点 ストライカー、サモラーノの一撃

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月28日にご紹介するのは、今から23年前に元チリ代表FWのイバン・サモラーノ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆チリの英雄的ストライカー、サモラーノが決めたエレガント過ぎるバックヒールゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtRjdNVHBTcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 0-0の状況でベンチから投入され、ワンタッチのシュートで決勝点を奪いきる。ストライカーの真骨頂のようなサモラーノ氏のバックヒールでのゴールです。 ◆背番号「9」へのこだわり ストライカーの代名詞とされる背番号「9」に特別なこだわりを持っていたサモラーノ氏。インテル在籍時の1998年に元ブラジル代表FWロナウド氏に背番号「9」を譲ることとなると、背番号18のユニフォームの1と8の間に小さな「+」を加えて「9」にしていたことでも知られます。 まだ背番号「9」を着けていた1998年2月28日に行われたセリエA第23節のナポリ戦では、ストライカーらしいゴールを決めています。 ホームにナポリを迎えたこの試合では、拮抗した展開となり0-0の状態が続きます。しかし、迎えた63分、途中出場のサモラーノが均衡を破ります。 サイド攻撃から相手を崩したインテルは、右サイドで裏を取ったMFフランチェスコ・モリエーロがボックス右から低めのクロスを上げます。 中央に入ってきたサモラーノは、これを走りながら華麗なバックヒールで合わせると、完璧なシュートはゴール左サイドのGKの届かないコースに飛んでいき、エレガントな先制ゴールとなりました。 他のFW陣がケガがちだった中、サモラーノ氏はその情熱溢れるプレーを武器に2001年にメキシコに移籍するまでインテルで活躍しました。 2021.02.28 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ラインを割る寸前で拾ったボールをそのままネットインする技ありの一発

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月27日にご紹介するのは、今から22年前に元ブラジル代表FWのエウベル氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ブンデス史に残るストライカーFWエウベルがコーナーフラッグ付近からサイドネットに決める!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0ZTBvcFFsNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! ボールがゴールラインを割りそうなところで、体を入れる相手GKからボールを奪いきり、コーナーフラッグ付近の角度のない位置から目の前で決めるというアドレナリンが爆発しそうなゴールです。 ◆リーグ最優秀ゴール エウベル氏は、高さ、強さ、スピード、決定力を高いレベルで兼ね備える万能型ストライカー。選手層が厚かったブラジル代表では主力になれなかったものの、ブンデスリーガでは通算133ゴールを記録しました。 1999年2月27日に行われたブンデスリーガ第20節のハンザ・ロストック戦では、その年のリーグ最優秀ゴールにも選ばれる素晴らしいゴールを決めています。 0-0で迎えた69分、味方のFWカルステン・ヤンカーが右サイドで出したパスが少し大きくなり、相手GKマーティン・ピッケンハーゲンがボックスを出てゴールラインを割るまで待とうとします。 しかし次の瞬間、エウベルが隙を見て一気に詰めると、やや虚を突かれたピッケンハーゲンからボールをラインぎりぎりで奪い、右コーナーフラッグ付近から左足でそのままシュート。カーブのかかったボールは、無人のゴールの逆サイドネットへとゆっくり吸い込まれていきました。 このゴールで先制したバイエルンは一気に畳みかけ、後半だけで4得点を記録。エウベル自身も2ゴール1アシストと見事な活躍を見せています。 2021.02.27 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! C・ロナウドのノールックバックヒール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月26日にご紹介するのは、今から9年前にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆大胆かつエレガント!C・ロナウドが相手全員の裏をかいた極上バックヒール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTZFpBWlFyTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手選手の意表を突くことができるヒールシュート。ゴールに背を向けた状態からのシュートとなるため、必然的に難易度は上がりますが、C・ロナウドのヒールシュートは相手選手全員を騙します。 ◆相手選手は動けず ユベントスでは、その決定力やポジショニングで、効率よくゴールを奪うスタイルにシフトしてきているC・ロナウドですが、レアル・マドリー時代には今よりもそのテクニックを発揮するシーンも多くありました。 2012年2月26日に行われたラ・リーガ第25節ラージョ・バジェカーノ戦の53分、マドリーが左サイドからのコーナーキックを得ます。ゴール前の混戦からボールが転々とすると、ボールがゴールとは反対方向に転がります。 C・ロナウドもゴールに背を向ける状態でしたが、そこからバックヒールシュート。しっかりとボールスピードもあるシュートは、虚を突かれた相手選手たちはGKを含めて反応できず、そのままボールだけがネットに吸い込まれました。 このゴールはこれまでにも何度も紹介されており、C・ロナウドを語るうえで外せないゴールになっています。 2021.02.26 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 強烈なノビとブレる軌道、元仏代表レフティーの圧巻シュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月24日にご紹介するのは、今から19年前に元フランス代表MFのジェローム・ロタン氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆黄金の左足!ロタンの無回転ミドルシュートがかっこいい<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2Wm41eFdnViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手陣内中央から放たれたシュートは強烈に伸び、無回転のボールはブレながら進んでいきます。見るだけで爽快なミドルシュートです。 ◆左足が最大の武器 左足の精度の高さを武器にキャリアのほとんどをフランスで過ごしたロタン氏。2002年に加入したモナコでは、不動の左サイドハーフとして数々のチャンスメイクをこなし、2003-04シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝の原動力にもなりました。 2002年2月23日に行われたリーグ・アン第27節のギャンガン戦ではその左足から素晴らしいゴールを決めています。 1-1で迎えた45分、ロタンは敵陣中央でボールを受けます。一歩踏み出すと、ロタンはそこから左足を一閃。強烈な無回転シュートは、綺麗な弾道でゴール左上へと突き刺さりました。 フィジカルの弱さを指摘されながらも、左足1本でフランス代表にまで登り詰めたロタン氏の凄さを象徴するようなゴールです。 2021.02.24 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ワンツー、シザース、チップキック…ロナウジーニョのビューティフルゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月22日にご紹介するのは、今から18年前に元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆これぞファンタジスタ!PSG時代のロナウジーニョが華麗なドリブルで次々と相手を抜き去って決めた圧巻のゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCemhQeXhhRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! サッカー史に残るファンタジスタとして世界中を虜にしたロナウジーニョ氏。バルセロナ加入前のパリ・サンジェルマン(PSG)時代からその輝きは圧倒的でした。 ◆欧州デビューとなったPSG 母国ブラジルのグレミオでのプロデビューを経て、2001年夏に加入したPSGで欧州デビューを果たしたロナウジーニョ氏。2003年2月22日に行われたリーグ・アン第28節のギャンガン戦では、素晴らしいゴールを決めています。 0-0で迎えた20分、ハーフウェイライン付近でロナウジーニョがボールを持つと、ドリブルを開始。タックルに来たFWディディエ・ドログバを一瞬の加速で振り切ると、味方とのワンツーで前線に侵入します。 ロナウジーニョがリターンパスを受けるところを狙ってスライディングして来た相手を華麗なフリックで抜き去り、そのままボックス内へ。必死にコースを切りに来るDFをシザースで鮮やかに抜き去ると、GKの頭上を華麗に抜くチップシュートを沈め、スーパーゴールを決めてみせました。 PSG時代には監督との確執もあったロナウジーニョ氏ですが、シーズン終了後にバルセロナへと移籍。スペインで素晴らしい活躍を見せることになります。 2021.02.22 07:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly