「彼以外の誰でも決められた」リバプールFWオリジの決定力不足にOBも酷評 チームはアンフィールドで69試合ぶり黒星

2021.01.23 15:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールOBのグレアム・スーネス氏が、ベルギー代表FWディヴォク・オリジのミスを断罪した。

リーグ4試合勝利がないリバプールは、21日に行われたプレミアリーグ第18節でバーンリーと対戦。下位に沈む相手から久しぶりの白星を掴みたいところだったが、0-1で敗戦。69試合ぶりに本拠地アンフィールドで敗れるという屈辱の一敗となった。


直近のリーグ3試合で無得点に終わっていたリバプールはこの試合のスターティングメンバーにオリジを起用。明らかな得点チャンスを手にしたものの、ユルゲン・クロップ監督の期待に応えることはできなかった。

ゴールレスで迎えた43分、リバプールのクリアボールをハーフウェーライン付近で拾ったバーンリーDFベン・ミーが、GKに戻そうとするもこれがキックミス。すかさず、このボールをオリジが奪う。

オリジの前にはGKしかおらず、完全な独走態勢に入るとボックスまでボールを運ぶ。そして、GKニック・ポープとの1対1を決めるだけというところまで持ち込んだが、狙いすぎたのかシュートは無情にもゴール右上のクロスバーに直撃。その跳ね返りをポープがキャッチし、失点を逃れた。

思わず天を仰いだオリジは57分にエジプト代表FWモハメド・サラーとの交代でピッチを後に。この決定機でのミスについてスーネス氏は、イギリス『スカイ・スポーツ』で厳しく追及した。

「彼以外の誰でも、いつもの3トップだったなら(決めていたさ)。彼が過去に重要なゴールを決めたことは知っているが、彼がここでゴールを決めることはできないと言ってきた。ファーストタッチは素晴らしい。ツータッチ目も素晴らしい。彼は体を開く余裕もあった。そして外した」

「それが6インチ下か、左に6インチずれていればゴールだったが、そうではなかった。彼はネットを揺らせなかった。それは酷いミスだ」

今シーズンのプレミアリーグで初先発となったオリジだったが、期待を裏切る結果に。チームも5試合勝ちがなく、その間の得点はわずか「1」と、大スランプに陥っている。

◆「彼以外の誰でも決められた」とまで言われたオリジの決定機


関連ニュース
thumb

「このゴールは君のために」 リバプールのC・ジョーンズが父親急逝の守護神にゴールを捧げる

リバプールのU-21イングランド代表MFカーティス・ジョーンズが自身のゴールをチームメイトのブラジル代表GKアリソン・ベッカーやその家族に捧げると話した。クラブ公式サイトが伝えている。 C・ジョーンズは2月28日に行われたプレミアリーグ第26節のシェフィールド・ユナイテッド戦で先発出場。リーグ戦4試合連続スタメンとなったこの試合で後半に貴重な先制ゴールをマークして、チームの5試合ぶりの勝利に多大な貢献を果たした。 試合後にインタビューを受けたC・ジョーンズは24日に父親を事故で亡くしてこの試合を欠場していたアリソンと、その家族にゴールを捧げたいとコメント。チームメイトの力になれることを願っている。 「自分にとってもチームにとっても難しい時期だった。得点できたことは嬉しいよ。この場を借りて、このゴールはアリ(アリソン・ベッカー)のお父さんに捧げると言いたい。彼が安らかに眠れますように。そしてアリ、これを見ていたら言いたい。このゴールは君のためのものだよ」 「彼は強い人であり、チームの大黒柱だ。今日、この場にいなくて、寂しい思いをしているのは確かだね。彼や彼のお父さん、そして彼の家族のため、このゴールを捧げたいと思う」 また、C・ジョーンズはシェフィールド・ユナイテッド戦の内容についても言及。好パフォーマンスを披露し、ゴールを決められたことに満足感を示している。 「チームとしてのパフォーマンスは良く、勝ち点3にも満足している。また次の試合に向けて頑張りたいね。僕らは良い試合をしても、思うようにゴールを奪えていなかった。でも、今日の試合はすべてをうまくまとめられた良い例だ。僕もゴールを決められて満足しているし、ボビー(ロベルト・フィルミノ)や他のチームメイトのためにもなって嬉しい」 2021.03.01 11:21 Mon
twitterfacebook
thumb

5試合ぶりの勝利を喜ぶクロップ、改めてチームへの信頼強調 「一体感を疑ったことはない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がプレミアリーグでの久々の勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは2月28日に行われたプレミアリーグ第26節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦。リーグ4連敗中と絶不調のリバプールだったが、この日はMFカーティス・ジョーンズのゴールで先制に成功すると、追加点もマークし、2-0のスコアで勝利した。 この結果、5試合ぶりの勝利を飾り、4位との勝ち点差を「2」まで縮めたクロップ監督は試合後、勝利を喜ぶと共に、先制点のシーンではゴールが取り消される可能性を考えていたと明かした。 「このチームの一体感を疑ったことはなかった。世界なんてこんなもので、試合に勝てば一体感を持っていると皆が知り、勝てなければそれがないと思われる。実際はそんな単純なものではないんだ。今回も特別な1週間だったよ」 「カーティス(・ジョーンズ)の『このゴールを(父親が急逝した)アリ(アリソン・ベッカー)に捧げる』と言うコメントはとても良かった。だが、もちろん、アリのためだけでなく、我々がすべてを試せばこうした結果になるのは明らかだった」 「この勝利は非常に大きい。上位のチームに近づくには明らかにポイントが必要だった。2つのゴールはディフレクトしたボールと、明らかに相手全員がボールは外に出たと勘違いしたゴールだった。私の記憶が正しければ、シェフィールドの選手はその瞬間、皆が立ち止まっていたはずだ」 「私がゴールを喜べなかったのはより良いポジションにいた彼らがゴールキックだと思っていそうだったからだ。それに、シェフィールドのベンチがiPadで映像を見ていて、『ボールはアウトだ』と言っていた。だから、私も『そうか、ボールは出ていたんだな』と思ったよ。ボールが出ていなかったと知ったときは大きな驚きだった」 また、クロップ監督は先制点を記録したC・ジョーンズのプレーについても言及。より決定的な仕事を求めていたと語りつつ、その期待に選手が応えたことを喜んだ。 「カーティスには多くの可能性がある。ポテンシャルは並外れているからね。今週もたくさん話し合いの場を持ち、ビデオセッションも行った。彼はボールの扱いがとてもうまく、コントロールも良い。だが、決定的な場面でもっと活躍する必要があると話したんだ。だから、今夜はそれがうまくいったことに満足している」 2021.03.01 10:24 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ジョーンズ&フィルミノ弾でブレイズを下したリバプールが5試合ぶりの白星を飾る!《プレミアリーグ》

リバプールは2月28日、プレミアリーグ第26節でシェフィールド・ユナイテッド(以下ブレイズ)と対戦し、2-0で勝利した。 リーグ戦4連敗中の6位リバプール(勝ち点40)が、最下位に沈むブレイズ(勝ち点11)のホームに乗り込んだ一戦。 前節、エバートンとの“マージーサイド・ダービー”で完敗を喫したリバプールは、その試合から先発を2人変更。身内に不幸のあったGKアリソンと鼠径部の手術を行ったヘンダーソンがメンバー外となり、GKアドリアンとフィリップスが先発に名を連ねた。 いつも通り[4-3-3]の布陣でスタートしたリバプールは、開始早々の5分にピンチを迎える。右サイドで与えたFKからノーウッドがクロスを供給すると、ファーサイドのマクゴールドリックが頭で合わせたが、これはGKアドリアンが正面で弾き出した。 対するリバプールは10分、チアゴの浮き球のパスを前線でマネが競り合うと、こぼれ球を拾ったフィルミノが決定機を迎えたが、シュートはGKラムズデールの好セーブに防がれた。 その後は膠着状態が続いたが、リバプールは30分にカウンターからフィルミノのパスに抜け出したサラーがボックス右深くまで持ち上がりシュート。しかし、これもGKラムズデールの好守に阻まれた。 先制のチャンスを逃したリバプールは、36分に一瞬の隙からピンチを招く。スティーブンスのロングパスからマクバーニーがゴール左手前まで抜け出すと、対応に戻ったオザン・カバクに当たったボールがゴールネットを揺らしたが、これはマクバーニーのオフサイドで難を逃れた。 ハーフタイムにかけて何度も相手ゴールに迫ったリバプールだが、最後までブレイズ守備陣の牙城を崩すことはできず。前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、リバプールは開始早々に48分に先制する。右サイドから仕掛けたアーノルドがライン際まで切り込みクロス。これがニアサイドでジャギエルカに当たると、ボックス内でこぼれ球を拾ったC・ジョーンズがゴール左にシュートを流し込んだ。 幸先良く先制したリバプールは、53分にもロバートソンのパスでゴール前に抜け出したマネがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定で取り消された。 その後も押し込む展開を続けるリバプールは、64分に再びチャンス。マネとのパス交換でボックス中央右にカットインしたフィルミノが細かなタッチのドリブルでボックス内に切り込みシュート。ブライアンにディフレクトしたボールはGKラムズデールの頭上を越えてそのままゴールに吸い込まれた。 待望の追加点を挙げたリバプールは、76分にチアゴを下げてミルナーを投入。すると80分、C・ジョーンズのパスをボックス左までオーバーラップしたロバートソンがダイレクトで折り返すと、ゴール前に走り込んだサラーが右足で合わせたが、このシュートはわずかにゴール右に外れた。 3点目こそ奪えなかったが、最後まで危なげない試合運びを披露したリバプールが2-0で5試合ぶりの白星を飾った。一方のブレイズはリーグ戦4連敗となった。 2021.03.01 06:05 Mon
twitterfacebook
thumb

元祖“ワンダーボーイ”でリバプール唯一のバロンドーラー、マイケル・オーウェン

近年のサッカー界では、過去には考えられなかったほど若手の選手が活躍を見せ、それは世界各国のリーグで見て取れる。 例を挙げればキリがないが、ドルトムントで活躍するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドは20歳。同僚には、17歳のイングランド代表MFジュード・ベリンガムや16歳のFWユスファ・ムココも居る。 スペインに目を移せば、バルセロナには18歳のU-21スペイン代表MFぺドリや18歳のスペイン代表FWアンス・ファティがおり、イングランドではマンチェスター・シティには20歳のイングランド代表MFフィル・フォーデンがいる。 若手が多く活躍できる状況も整っている現代サッカーだが、以前はやはり珍しい存在。まして10代にしてトップレベルで活躍できる選手などは数える程であり、一瞬の輝きで終わることも少なくなかった。 その中でも『元祖ワンダーボーイ』とも言われ、17歳でトップデビューを果たした逸材が、マイケル・オーウェンだ。 <span class="paragraph-title">◆鮮烈なデビューで世界の注目を集める</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227owen_3_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 父親もサッカー選手だったオーウェンは、少年時代からリバプールの下部組織でプレー。1997年5月に17歳でファーストチームでデビューを果たした。 1997-98シーズンは本格的にファーストチームでプレーすると、18歳でなんと18ゴールを記録。プレミアリーグの得点王に輝き、勢いそのままにシーズン終了後に行われた1998年のフランス・ワールドカップにイングランド代表の一員として出場を果たした。 ワールドカップ前の1998年2月にイングランド代表としてデビューを果たしたオーウェンは、18歳と59日。当時のイングランド代表最年少デビューとなり、モロッコ代表との親善試合では初ゴールを記録。これはウェイン・ルーニーが2003年に更新するまで、イングランド代表の最年少ゴール記録だった。 当時のオーウェンは国民的な人気を誇り、特に持ち味であるスピード溢れるプレーは見るものを魅了した。そして迎えた1998年のフランスW杯。グレン・ホドル監督によって招集されると、第2戦でのルーマニア代表戦ではW杯初ゴールを記録する。 グループステージを勝ち抜いたイングランドは、決勝トーナメント1回戦でアルゼンチン代表と対戦。同僚であったデイビッド・ベッカムの報復行為による退場が多くの方の記憶にある試合だが、この試合でオーウェンは歴戦の名DFだったロベルト・アジャラとホセ・チャモを一気にかわしゴールを決めるなど活躍していた。ちなみにパスを出したのは、その後退場するベッカムだった。 <span class="paragraph-title">◆リバプールの選手として初の栄誉</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227owen_2_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 鮮烈なデビューを見せたオーウェンには『ワンダーボーイ』と名がつけられ、W杯後の1998-99シーズンは23ゴールを記録。しかし、この頃にハムストリングを負傷すると、その後のキャリアでも長く付きまとうケガとなってしまった。 2000-01シーズンにはリバプールがFAカップ、リーグカップ、UEFAカップの“カップ・トレブル(三冠)”を達成。さらに、オーウェンはリバプールの選手として初めてバロンドールを受賞することとなった。なお、後にも先にも、オーウェン以外にはリバプールの選手としてバロンドールを受賞した者はいない。 爆発的なスピードを武器とし、シュートの技術も高かったオーウェンは、国際舞台でもくすぶり続けていたイングランド代表の救世主という期待もあったが、キャリアの転機が訪れてしまった。それがレアル・マドリーへの移籍だ。 リバプール時代は、デビューした1998-99シーズンから毎シーズン、クラブの最多得点者だったオーウェン。マドリーへ移籍すると13ゴールを記録したが、たった1シーズンでプレミアリーグへ舞い戻る事となった。 当時のマドリーは“銀河系軍団”と呼ばれており、イングランド代表の同僚であるベッカムも在籍。もちろん移籍の全てが失敗だったとは言えず、バルセロナ戦ではそのベッカムからの絶妙なアシストからオーウェンがゴールを決める、1998年のフランスW杯のアルゼンチン戦の再現にも見えた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJOdnF3WXNhcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1年でマドリーを退団することとなったオーウェンには古巣のリバプールも復帰を願ったが、高額な移籍金に難色を示し、ニューカッスルに加入する。 すると、そこからはケガとの戦いが続く日々となり、4シーズン在籍したニューカッスルでは通算26ゴール、その後に加入したマンチェスター・ユナイテッドでは3シーズンで3ゴール。『ワンダーボーイ』はストーク・シティでのプレーを最後に、2013年に現役を引退した。 <span class="paragraph-title">◆キャリアの選択は重要</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210227owen_4_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 人生は一度きり、その時の選択でその先の人生が変わることはプロサッカー選手に限らず、誰にでもあることだ。そして、その決断が正しかったかどうかは、その時にはなかなか分かるものではない。 オーウェンもその1人。リバプールで放っていた存在感は異次元のものであり、チームの好不調は当然ありながらも、後に象徴となるスティーブン・ジェラードとの共演はもっと見たかったと言われている。 たらればではあるが、2019-20シーズンに30年ぶりにリーグタイトルを獲得したリバプールだが、オーウェンがそのままリバプールにいれば、もっと早くその瞬間は訪れたかもしれない。もちろん、どっちが良かったかなどは言及できないが。 ただ、少なくともキャリアを振り返ればオーウェンにとって最も幸せだったのはリバプール在籍時代。レアル・マドリーへの移籍が失敗とは言えないが、そのシーズンにリバプールがチャンピオンズリーグを制していることだけを取り上げても、やはりリバプールというクラブへの想いは強いだろう。 ケガなどの不運も続き、リバプールを去った後は活躍ができなくなったオーウェン。現代サッカーでは若き才能が溢れている中で、いずれキャリアを選択する時期がそれぞれの選手に来るだろう。そこで選んだ道が正しかったかどうかは誰にもわからない。ただ、正しいと言われるだけの結果を残せるかどうか。才能ある選手には、プレー面に集中してもらいたいものだ。 <div id="cws_ad"><hr>『ワンダーボーイ』として世界中で注目を集めたマイケル・オーウェンが、大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>イングランドで、そしてリバプールでもチームメイトだったスティーブン・ジェラードも同時に登場している。『サカつくRTW』でワンダーボーイのゴールを観たい方は是非一度チェックしよう。</div> 2021.02.27 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

レッズ主将ヘンダーソンが手術を実施…復帰は早くとも4月か

リバプールは26日、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが手術を受けたことを報告した。 ヘンダーソンは20日に行われたプレミアリーグ第25節のエバートン戦で負傷。30分程で交代を余儀なくされており、0-2で敗れた試合後、ユルゲン・クロップ監督からは「そけい部、内転筋を痛めてしまった。良くなさそうだ」と伝えられていた。 そしてこの度、内転筋の手術を受けたことが明らかに。クラブによると、具体的な離脱期間は設定されていないものの、少なくとも3月のインターナショナルブレークが終わるまで復帰できないとのことだ。 一方でイギリス『スカイ・スポーツ』は、復帰は早くても4月と見込んでおり、今夏のユーロに出場するイングランド代表にも影響する可能性があると言及している。 なお、ヘンダーソンをはじめ負傷者に悩まされるリバプールでは、24日の練習で昨年12月にヒザを痛めて以降、戦列を離れていたポルトガル代表FWジオゴ・ジョタがチームに合流。28日に行われるプレミアリーグ 第26節のシェフィールド・ユナイテッド戦での復帰が期待されている。 2021.02.26 19:14 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly