理由はズラタン? 古巣復帰で輝きを取り戻しつつあるヨビッチがミラン移籍拒否の理由

2021.01.22 21:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーからフランクフルトへとレンタル移籍で加入したセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(23)だが、ミランへの移籍を断っていたようだ。

ヨビッチは、フランクフルトから2019年夏にマドリーへと完全移籍。移籍金6000万ユーロ(約73億5000万円)、年俸1000万ユーロ(約12億2000万円)の5年契約を結んだとされている。


その移籍金に大きな期待を寄せられていたが、在籍1シーズン半で公式戦32試合で2ゴール2アシストと思うような活躍を見せられず。加えて、新型コロナウイルスのパンデミックが起こっていた昨年3月にクラブに無断でセルビアに帰国し、隔離措置も取らずに恋人の誕生日パーティーに参加する愚行もあった。

さらに、挙げ句の果てには、同年11月に自らも感染し、その後のケガも重なって以降は公式戦出場が一度もない状況となっていた。

そのヨビッチは古巣に復帰すると、復帰初戦でいきなり2ゴールの活躍。マドリー時代の1年半でやっと奪ったゴールをすぐさま取り戻すと、20日のフライブルク戦にも途中出場を果たしていた。

今冬の移籍市場では、ミランへの移籍も噂され、ウェストハムやウォルバーハンプトンも獲得に動いていたがフランクフルトへの復帰を決めていた。

中でもミランを選ばなかった理由はドイツ『ビルト』によると、出場時間をしっかりと得られない恐れがあること。さらに、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを差し置いてプレーできないと考え、拒否したようだ。

ミランは、39歳になったイブラヒモビッチに頼り切るわけにもいかず、新たなストライカーを探しており、最終的には無所属だった元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを獲得した。

そのイブラヒモビッチはケガによりおよそ1カ月半の離脱。18日のセリエA第18節カリアリ戦で久々に先発出場すると2ゴールを記録しチームを勝利に導いていた。

ヨビッチがミランを選択しなかったことは正解だったかもしれない。

関連ニュース
thumb

バイエルンも下したフランクフルト指揮官「今日の勝利は我々のエネルギーやパワー、自信に」

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督が喜びの心境を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 20日に行われたブンデスリーガ第22節でバイエルンをホームに迎え撃ったフランクフルトは12分にMF鎌田大地のゴールで先制すると、続く31分にMFアミン・ユネスが追加点。後半にFWロベルト・レヴァンドフスキの一発を浴びたが、それ以上の反撃を許さず、2-1で勝利した。 首位を破り、リーグ5連勝を達成したフランクフルト。昨年12月中旬からリーグ11戦無敗を続けるアディ・ヒュッター監督は試合を振り返り、満足感を示した。 「全く異なる2つのハーフがあった。我々はハーフタイム明けからより守備的になり、高い位置でプレスをかけられなくなってしまったよ。バイエルンがいかに一流のチームなのかを実感させられた」 「勝てはしたが、少々の運も味方したね。これでバイエルンと7ポイント差。22試合を戦って、2敗しかしていないのは素晴らしいことだ。ワールドクラスのチームを倒せて満足だよ」 「我々はここ11試合で33ポイントのうち、29ポイントを手にした。この流れのままいきたいね。今日の勝利は我々にエネルギーやパワー、そして自信をもたらしてくれるはずだ」 2021.02.21 13:05 Sun
twitterfacebook
thumb

2試合勝ちなしのバイエルン指揮官、鎌田大地が輝いた前半を悔やむ

バイエルンのハンジ・フリック監督が悔しさを滲ませつつ、前を向いた。クラブ公式サイトが伝えている。 首位バイエルンは20日に行われたブンデスリーガ第22節で3位フランクフルトのホームに乗り込んだが、日本代表MF鎌田大地に1得点1アシストの活躍を許して、0-2のビハインドで後半へ。その後半序盤にポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのゴールで1点を返したが、反撃続かず、1-2の敗北を喫した。 FIFAクラブ・ワールドカップを制してからのリーグ2試合で白星から遠ざかるバイエルン。フリック監督は試合後、エンジンがかかり切らなかった前半の内容を敗因に挙げた。 「悪い試合の立ち上がりだった。前半のフランクフルトは非常に良くやってのけ、スピードもあり、我々にプレッシャーをかけてもきた」 「そういうなかで、後半に巻き返そうとして、それがうまくいった。後半のような戦いが最初からできていれば、勝者はバイエルン・ミュンヘンだっただろうね」 「とはいえ、そうならず、受け入れるしかない。後半の戦いぶりに関しては満足だ。チームが存在した証だ。タフな日々を過ごしているのも忘れるべきじゃない」 「ハーフタイム明けに目を覚ました。残念ながらチャンスを勝ち点に繋げられなかったが、それに値したと思う。シーズンは長い。後半の戦いを土台にしていきたい」 2021.02.21 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部誠の契約延長は? バイエルン戦勝利にも貢献し指揮官は前向き?「もう1シーズンはやれる」

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督が、MF長谷部誠の契約延長に前向きなようだ。 フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第22節で首位のバイエルンと対戦。12分に鎌田大地が先制ゴールを決めると、その鎌田のパスから31分にアミン・ユネスがゴールを奪い、2-0とする。 後半立ち上がりにロベルト・レヴァンドフスキに1点を返されるも、その後はしっかりと守備を固めて2-1で勝利を収めた。 フランクフルトはこれでリーグ戦5連勝。引き分けを挟んで9連勝としたが、長谷部はこのバイエルン戦でもボランチでフル出場を果たしていた。 その長谷部は、フランクフルトとの契約が今シーズンで満了を迎える状態。まだクラブとの契約延長はなされていない。 長谷部は先日ドイツ『シュポルト・ビルト』で「僕自身は落ち着いています。もちろん、このままフランクフルトでプレーを続けられたらと思ってます」とクラブに残りたい意思を表明していた。 昨シーズンまではリベロとしてプレーしていた長谷部だが、今シーズンはボランチでの起用が続いており、チームも好調を維持。さらに、キャプテンのDFダビド・アブラアムが退団したことで、リーダーとしての役割も期待されている。 バイエルン相手に貴重な勝利を挙げたヒュッター監督も長谷部の働きを評価。ドイツ『スカイ』で契約延長にも前向きであることを明かした。 「37歳でまだ週に3試合のゲームを、ボランチとしてプレーしている。もう1シーズンはやれるだろう」 37歳になり円熟味を増しながらも大きな存在感を見せている長谷部。まだ、フランクフルトでピッチに立つ姿を見られそうだ。 2021.02.21 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田1G1Aのフランクフルトがバイエルン撃破で5連勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第22節、フランクフルトvsバイエルンが20日に行われ、2-1でフランクフルトが勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は93分までプレーし、MF長谷部誠はフル出場している。 前節ケルン戦を鎌田の先制点アシストなどで2-0と快勝し、ここ9戦で8勝と絶好調の3位フランクフルト(勝ち点39)は得点源のアンドレ・シウバが負傷欠場となった中、鎌田と長谷部が引き続きスタメンとなった。 一方、クラブ・ワールドカップ優勝を果たしたバイエルンは前節、格下ビーレフェルトとまさかの打ち合いになった末、引き分けに終わった。2位ライプツィヒとの勝ち点差が5に縮まった中、3日後に控えるラツィオとのチャンピオンズリーグ(CL)を前にベンチにはコロナ明けのゴレツカとハビ・マルティネスが戻ってきた。 [4-2-3-1]で臨んだバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からサネ、チュポ=モティング、コマンと並べた。 一方、[3-4-2-1]で臨んだフランクフルトは鎌田が2シャドーの一角で、長谷部がボランチでスタートした中、12分に先制する。決めたのは鎌田。ユネスのスルーパスでボックス左に侵入したコスティッチがマイナスにクロスを送ると、鎌田が右足ダイレクトでゴール右へ流し込んだ。 良い入りを見せたフランクフルトの攻勢が続く中、15分にはユネスが意表を突くロングシュートで追加点に迫ると、31分に加点する。鎌田のパスを受けたボックス左のユネスが中に切り込んでゴール右へ豪快なシュートを蹴り込んだ。 ハーフタイムにかけてはバイエルンが反撃に出たものの、GKトラップの好守もあって、フランクフルトが2点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、ロカに代えてゴレツカを投入したバイエルンは53分に1点差に詰め寄る。サネがボックス右でDF2人を置き去りにしてクロスを入れると、最後はレヴァンドフスキが押し込んだ。 その後もバイエルンが押し込む時間が続くも、自陣で集中した守備を続けるフランクフルトを崩しきることはできない。 終盤の90分にコスティッチがGKノイアーを強襲するシュートを浴びせたフランクフルトは、2-1のまま逃げ切り。5連勝を飾っている。 2021.02.21 01:31 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルトに大きな懸念材料…練習中の負傷でアンドレ・シウバがバイエルン戦を欠場か

フランクフルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバが、20日に行われるブンデスリーガ第22節のバイエルン戦を欠場する可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 同紙によれば、アンドレ・シウバは水曜日に行われたトレーニング中に腰を負傷し、そのままトレーニングを離脱した模様。アディ・ヒュッター監督は18日の公式会見で、アンドレ・シウバについて以下のように明かした。 「アンドレ・シウバが週末の試合に間に合うようにできる限りのことを尽くしている。彼は重要な選手だ」 昨シーズンにミランからレンタル加入したアンドレ・シウバは今シーズンから完全移籍に切り替え、ブンデスリーガの得点ランキングでは、ここまで25ゴールでトップに立つバイエルンFWロベルト・レバンドフスキに次ぐ18ゴールで2位につけている。 2021.02.19 07:00 Fri
twitterfacebook