「直感だった」バルサがPKを2度セーブされるのは初、コルネジャGKにとっても初の快挙「僕の心が…」

2021.01.22 13:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セグンダB(スペイン3部)のコルネジャに所属するGKラモン・フアンが、偉業を達成していた。スペイン『アス』が報じた。

コルネジは21日、コパ・デル・レイ3回戦でバルセロナと対戦した。


圧倒的なバルセロナ有利との見方が強かったなか、コルネジャは試合中に2本のPKを与える状況。しかし、90分間はゴールレスで終え、延長戦の末に敗れていた。

2本のPK失敗には、バルセロナのロナルド・クーマン監督も「わけがわからない」と叱責していたが、ラモン・フアンの2つのセーブは偉業だった。

1本目は38分、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチがキッカーを務めるも、ラモン・フアンは完璧に読み切りセーブする。

そして2本目は79分、今度はフランス代表FWウスマーヌ・デンベレがキッカーを務めたが、股下を狙ったシュートを再びセーブし、得点を許さなかった。

バルセロナが1試合で2つのPKをセーブされたのは、なんとこれが初の出来事。さらに、自身としても2つのPKを止めたのは初めてだったようだ。

ラモン・フアンは「僕は自分のキャリアで2つのPKを止めたことはない。PK戦でもセーブしたことはないと思う」とコメント。「GKコーチと少し話したが、直感だった。ユベントス時代のピャニッチのPKを見たことはあるけど、よく右にシュートをしていた。デンベレは直感だった。僕の心が「真ん中にいろ」と言っていたし、運が良かったね」と語り、自分でも驚きのセーブだったようだ。

関連ニュース
thumb

ラキティッチがコパ準決勝バルセロナとの2ndレグへ意気込み「より美しい舞台へ」

セビージャのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグのバルセロナ戦に向けてコメントしている。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 先月10日に行われた1stレグではホームで2-0で先勝したセビージャ。古巣戦となったラキティッチは86分に2点目を決めて、決勝進出へより有利な状況にした。 ラ・リーガでも好調を維持しており、現状で首位のアトレティコ・マドリーとは勝ち点差10の4位に位置。4位以上ないしは優勝の可能性すらまだまだ残されている。 ラキティッチは3日に行われる2ndレグを前に、バルセロナ時代との心境の変化について語った。 「今の僕はより完璧な選手に近づいているよ。前よりもフットボールを楽しめているし、前よりも感謝する機会が多くなった。細かい部分を重要視するようになったんだ」 「もちろん、もっと良くならなければならない。バルセロナという成功が約束された場所に6年もいたら、それが当たり前になっていた。チーム(セビージャ)がやっていることは信じられないことで、普通のことではない」 2ndレグ直前には、セビージャはリーグ戦でホームにバルセロナを迎え、0-2で敗れている。今回の一戦は、1勝1分けで迎える3試合目となる。しかしながら、ラキティッチはこれまでの2試合の結果がもたらす影響はないとし、決勝進出に向けてチームが大きな野望を持っていることを主張した。 「ひとつの試合が次の試合に影響を与えることはない。コパの1stレグと2ndレグもまた大きく異なっている」 「僕たちが伝えたいのは、スペインでプレーできる最も美しい試合に到達するという並外れた野心を持っているということ。バルセロナにとってはそれが義務であると言うことは知っているけど、僕たちはそれを楽しみたい。この街で決勝戦を行えるよう、精一杯戦うよ」 2021.03.03 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「クラブのイメージにはよくない」バルサ前会長の逮捕にクーマン監督「私は困惑した」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、家宅捜索が行われ、逮捕されたジョゼップ・マリア・バルトメウ元会長について言及した。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナでは1日、「バルサゲート」と呼ばれる過去の汚職事件の疑いによりオフィスが家宅捜索。関与していたとされる前会長のバルトメウ氏の他、CEO(最高経営責任者)のオスカル・グラウ氏、法務を担当していたロマン・ゴメス・ポンティ氏、バルトメウ氏の右腕としても知られたジャウメ・マスフェレール氏も逮捕されたと報じられていた。 そのバルセロナは、3日にセビージャとのコパ・デル・レイ準決勝2ndレグが控えており、試合前に大きな話題を呼ぶ事態となっていた。 セビージャ戦に向けた会見に出席したクーマン監督は、今回の事態についてコメント。バルセロナというクラブが引き起こす興味であると見解を述べた。 「世界最大のクラブだ。誰もがバルサを見ており、サッカー以外の質問が多い。マスコミがクラブについてのことを知ろうとしていることを理解しているし、それを問題だとは思わない」 一方で、自身がまだバルセロナにいなかった時期の話により前会長ら幹部が逮捕されたが、会長らのイメージについてコメント。また、クラブへ与える影響はあるとしながらも、自身はサッカーに集中すると語った。 「ニュースが出た時、バルトメウ、オスカル・グラウをよく知っているので私は困惑した。バルトメウは常に例外的な人物だった」 「クラブのイメージにはよくないことだ。何が起こるのかを待つ必要がある。私はここにいなかった時のことだ。何が起きているのかわからないし、何もできない。サッカーに集中しなければならない」 2021.03.03 10:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ペドリが驚異的な回復力披露! 左足負傷で数週間の離脱報じられるも2日に全体練習へ参加

バルセロナのU-21スペイン代表MFペドリが驚異的な回復力を見せている。 ペドリは2月27日に行われたラ・リーガ第25節のセビージャ戦で先発出場。だが、71分に左足のふくらはぎを痛めて負傷交代していた。 その後、クラブは左足ヒラメ筋の負傷と発表し、スペイン『アス』などは、離脱期間が3週間程度になるとも報じていた。 しかし、ペドリは2日午前に行われたトレーニングセッションでグループトレーニングに参加しており、3日に行われるセビージャとのコパ・デル・レイ準決勝2ndレグでも起用可能な模様だ。 その一方で、同じセビージャ戦で足首のケガを再発させたウルグアイ代表DFロナルド・アラウホは別メニューでの調整となった。 ラス・パルマスから加入したペドリは、ここまで公式戦37試合の出場で3得点4アシストの数字を収め、大きな飛躍を遂げている。 2021.03.03 01:50 Wed
twitterfacebook
thumb

まさかに変幻自在!アーセナルを翻弄したイニエスタの神パスとメッシの超絶テクニック/2010-11【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

【得点者プロフィール】 リオネル・メッシ(当時23歳) 国籍:アルゼンチン 所属:バルセロナ ポジション:FW 身長:170cm その変幻自在のドリブルを武器にたった1人で試合を変えてしまう力を持つメッシ。相手から徹底的なマークを受けることもしばしばあるが、その度に驚くようなプレーで状況を打開し、結果を残し続けている。 【試合詳細】 日程:2011年3月8日 大会:チャンピオンズリーグ ラウンド16・2ndレグ 対戦相手:アーセナル 時間:後半4分(0-0) <div id="cws_ad">◆イニエスタの神パス&メッシの超絶テクニック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuelpXREtPMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アウェイでの1stレグを1-2で落としていたバルセロナだが、49分にメッシが魅せる。敵陣ボックス前でMFアンドレス・イニエスタがボールを奪うと、絶妙なタッチで相手DFを引き付ける。 ギリギリまで引き付けたところで、イニエスタは相手DFの間を抜く浮き球のパスを選択。上手くトラップしたメッシは、相手GKマヌエル・アルムニアとの1対1になるが、落ち着いてボールを浮かせて簡単に抜いてしまう。最後は無人のゴールに左足で叩き込んだ。 メッシは2009-10シーズンのCLでもアーセナル相手に1試合4得点を記録。アーセナルサポーターやアルムニアにとっては、トラウマのような存在かもしれない。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title=""></span> 2021.03.02 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

逮捕されたバルサ前会長を糾弾するイタリア代表OB「サッカー界に大きな災いをもたらした」

かつてインテルやフィオレンティーナでプレーした元イタリア代表DFダニエレ・アダーニ氏が、バルセロナの前会長であるジョゼップ・マリア・バルトメウ氏を猛烈に批判している。『フットボール・イタリア』が伝えた。 2014年1月にバルセロナの会長に就任したバルトメウ氏は、在任期間中に4度のラ・リーガ優勝、1度のチャンピオンズリーグ制覇、4度のコパ・デル・レイ制覇を達成。一方で、汚職問題やクラブ運営に関する批判も多く、選手の中傷工作を行っているとも報じられていた。 こうした行いもあり、バルトメウ氏らクラブフロントと、FWリオネル・メッシら多くの選手は対立。加えて、ファンから辞任要求のデモが起こされたこともあり、昨年10月に会長職を辞任している。 そして今月1日、クラブの内部情報や財務取引の文書が流出したことで浮上した「バルサゲート」への関与があり、汚職・不正を行った疑いがかけられたことで、バルトメウ氏はカタルーニャ警察に逮捕された。 会長辞任後もスキャンダルを起こし続けるバルトメウ氏に対しては厳しい批判が多く上がっており、アダーニ氏も『Twitch』を介して「彼が許されることはない」と酷評している。 「人生において、ある行動を行えば高い代償を払うものだ。ここ4~5年、サッカー界においてバルトメウのバルセロナは、いくつかの大きな災いをもたらした」 「バルセロナは選手を買い続け借金を膨らませただけでなく、メッシや(ジェラール・)ピケのような選手の信用を落とし続けた。すべては自分がまいた種だよ」 「スペインでは、幸いなことにイタリアよりもしっかり正義が下されるようだ。もしもバルトメウがメッシとピケを貶めるため、ソーシャルメディアを使ったのが事実ならば、彼はスペインから追放されるべきだろう」 「私は彼を許すことができない。彼はスペイン国民全体をも踏みにじっているからね」 2021.03.02 16:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly