スパーズで苦しむベイルにセバージョスが同情「かつてベイルがいたプレミアじゃない」

2021.01.21 18:02 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのスペイン代表MFダニ・セバージョスが、トッテナムで苦しむウェールズ代表FWガレス・ベイルの現状を心配している。イギリス『ミラー』が伝えた。

ベイルはレアル・マドリーを構想外となった後、昨夏に古巣のトッテナムへレンタルで加入。しかし、負傷の影響もありジョゼ・モウリーニョ監督から信頼を得ることはできず、ここまでリーグ戦はわずか4試合の出場にとどまっている。


こうした状況に対して、マドリー時代にチームメイトだったセバージョスは、スペイン『EFE』のインタビューに応じた際、現在のベイルが抱える問題について語った。

「ベイルがプレミアにいた7年前と比べて、リーグは変わったと思う。たとえば、トーマス・パルティや(リバプールの)ファビーニョは、プレミアが非常にフィジカルなリーグだと知っていたと思う。それでも、実際にプレーすると、想像の2倍の激しさを実感するんだ」

「プレミアリーグは、すぐに適応するのが難しいリーグさ。それが今、ベイルに起きていることなのかもしれないね」

また、2シーズン続けてアーセナルにレンタル移籍をしているセバージョスは、自身の去就についても言及。今後もマドリーからレンタルで移籍する可能性を、口にしている。

「マドリーにいたときの自分は、平等にチャンスがあるということを知る必要があった。再びプレーしたいと、夢中になっていたんだ。ただ、ある時この状況を変えようと思った。マドリー以外のクラブで、重要な存在になることがベストだと気づいたんだ」

「もし再びレンタル移籍となれば、またプレーする機会を得られるだろうね。それ以外、今言えることはないよ」

関連ニュース
thumb

快勝のスパーズ、モウリーニョは2G1Aのベイル称賛 「コンディションが非常に良い」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がプレミアリーグでの快勝を喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 トッテナムは2月28日に行われた第26節でバーンリーと対戦。前節のウェストハム戦を落として、リーグ連敗となったものの、この日はFWガレス・ベイルが2ゴール1アシストもあり、4-0のスコアで完勝を収めている。 順位を8位に上げ、1試合未消化でありながら4位との勝ち点差も「6」まで縮めたモウリーニョ監督は試合後、ヨーロッパリーグ(EL)での快勝に引き続き、好パフォーマンスを披露したチームを称えている。 「ELの4-0という結果自体にはあまり意味を持たないが、良いパフォーマンスだったと思う。そして、今日はより勝利が必要となる重要な試合だった。勝ち点3が必要であり、その方法は94分に勝ち越しゴールを決めてのものでも良かった。だが、もちろん、自分たちのやり方で勝てる方が良い」 「堅実で優れたパフォーマンスだったと思う。開始2、3分でゴールを決められれば、状況は少し楽になるね。ハーフタイムまでで3-0になったのは重要だったが、バーンリーは最後の1秒までベストを要求してくるチームだ。結果はどうであれ、最後まで走り続ける」 「チームはたくさんの努力をしたと思う。非常にポジティブなチームパフォーマンスだった。92分と93分に、2つのCKが相手にあったが、我々は4-0ではなく、1-0のときのように守れた。この姿勢こそが根本的にチームが必要とすることなんだ」 また、モウリーニョ監督はこの試合で大活躍だったベイルにも言及。ゴールという結果だけでなく、パフォーマンス全般に満足感を示した。 「2ゴールだけでなく、根本的に彼には今日のような強度のパフォーマンスが重要だったんだ。今の彼は一定ではなく、プレーするエリアをときには外、ときには中に位置を変えたり、スピードに緩急をつけられたりしている」 「彼は非常に良いプレーをしてくれた。コンディションも非常に良い。何より、チームの勝利に貢献してくれたことが最も重要だ。彼には満足しているよ」 2021.03.01 11:58 Mon
twitterfacebook
thumb

圧巻2G1Aのベイルが完全復活の兆し! 攻撃陣爆発のスパーズがリーグ3戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、トッテナムvsバーンリーが2月28日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-0で圧勝した。   現在、9位のトッテナム(勝ち点36)は前節、ウェストハムとのダービーに惜敗して直近のリーグ戦6試合で5敗と低迷。15位のバーンリー(勝ち点28)をホームで迎え撃ったこの一戦では2試合ぶりの白星を目指した。   控え中心のスカッドで臨んだ直近のヨーロッパリーグ(EL)ではヴォルフスベルガーを4-0で圧倒し、順当にラウンド16進出を決めた。なお、ウェストハム戦からは先発3人を変更。タンガンガ、ダイアー、ラメラに代えてオーリエ、アルデルヴァイレルト、ベイルが起用された。   試合は開始早々に動く。2分、相手陣内左サイドでボールを受けたソン・フンミンが右足インスウィングの低いクロスをゴール前に入れると、ギリギリでオフサイドをかいくぐったベイルが右足のワンタッチで合わせて公式戦2試合連続となる今季リーグ戦2点目とした。   先発に抜擢したベイルが早速結果で応えたトッテナムは失点以降、前がかりになるアウェイチームの攻勢に晒される一方、幾度もカウンターチャンスが訪れる。6分にケインが際どいミドルシュートを放つと、10分にはソン・フンミンとのパス交換で中央を破ったルーカス・モウラがゴール前まで持ち込んで鋭いシュートを枠に飛ばすが、これはGKポープのビッグセーブに阻まれる。   それでも先制点に気を良くするウェールズ代表FWが再び魅せる。15分、自陣ボックス手前でボールを受けたベイルから絶妙なフィードが左サイドのスペースに走り込むケインに通る。ケインは冷静にボックス内まで運んで右足を振ると、DFタルコウスキにディフレクトしたボールがゴールネットに突き刺さった。   狙っていた形から追加点を奪ったトッテナムは以降も相手を自陣に引き込みながら鋭いロングカウンターで決定機を創出する。31分にはベイルのサイドチェンジを受けたレギロンの左サイドからのクロスがDFに当たってゴール前にこぼれると、これをルーカスが足元で収めて左足の鋭いシュートをゴール左隅に突き刺し、リーグ2試合連続ゴールとした。   自慢の攻撃陣の躍動によって効率よく得点を重ねたホームチームは、以降も相手の反撃をきっちり撥ね返し続けて前半を3点リードで終えた。   後半はやや省エネモードの入りを見せたトッテナムだが、完全復調の気配を漂わすベイルの勢いが止まらない。55分、左サイドのハーフウェイライン付近から持ち上がったソン・フンミンが中央からニアへ斜めのランニングでDFを引っ張ったルーカスの空けたスペースに走り込むベイルへ丁寧なパスを通す。ベイルはワントラップから絶妙な左足のシュートをゴール左隅の完璧なコースに突き刺し、試合を決定づける4点目を挙げた。   その後、66分にルーカスに代えてデレ・アリ、70分には殊勲のベイルを下げてラメラをピッチに送り込んだトッテナムだが、以降も攻撃の手を緩めない。71分にはケインの強烈なミドルシュート、73分にはソン・フンミンと決定的なシュートを放っていくが、いずれもGKポープの好守に阻まれた。   5点目こそ奪えなかったものの、アウェイチームの終盤のパワープレーを冷静に撥ね返し続けたトッテナムがクリーンシートで試合を締めくくり4-0の圧勝。怪物ベイルが完全復活の兆しを色濃く示した実りある内容でリーグ3戦ぶりの白星を手にした。 2021.03.01 00:53 Mon
twitterfacebook
thumb

D・ザグレブと対戦決定のスパーズ、意気込むモウリーニョ監督「次のステップは彼らを倒すこと」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の抽選結果に反応した。 トッテナムは26日に行われた抽選によって、ディナモ・ザグレブとの対戦が決定。両チームは2008-09シーズンに同大会の前身であるUEFAカップで対戦しており、結果は4-0でトッテナムが勝利している。 対戦が決定したことを受け、モウリーニョ監督はディナモ・ザグレブについて言及。対戦相手のグループステージ、そしてラウンド32での戦いを振り返った。 「彼らはグループのトップで、一度も負けていない。4勝2引き分けだ。ヴォルフスベルガーだけでなく、フェイエノールトとCSKAモスクワにも負けていない」 「彼らはクラスノダールに2勝してラウンド32を突破している。とても調子が良いだろう。ロシアのチームとは私自身、何度も対戦しているが、決して簡単ではなかった。彼らは2試合とも勝っている」 また、「ベスト16まで来ると、甘いチームは後れを取るようになる。我々は準々決勝に残りたいので、次のステップは彼らを倒すことだ」ともコメント。ベスト8進出に向け、意気込んだ。 なお、1stレグは3月11日に開催予定。トッテナムはディナモ・ザグレブの本拠地、スタディオン・マクシミールへと乗り込んでの一戦となる。 2021.02.27 18:27 Sat
twitterfacebook
thumb

不振のモウリーニョ監督、指揮官につきまとうプレッシャーは「酸素のようなもの」と持論

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が指揮官にとって常につきまとうプレッシャーに持論を展開した。イギリス『BBC』が伝えている。 モウリーニョ監督はトッテナムを率いるようになってから1年が経過。しかし、昨シーズンはプレミアリーグで6位、今シーズンも24試合を消化した時点で9位と十分な結果を残しているとは言えない状況が続いている。 そんなモウリーニョ監督は自身にもつきまとう指揮官としてのプレッシャーについて、なくてはならないものであり、他の監督もみな抱えていると語った。 「もしプレッシャーがなかったら、それは問題だ。プレッシャーは私にとって酸素のようなものになってしまった。私たちにとっての命だ」 「目標やこの類のプレッシャーを抱えていない監督はいないと思う。どういったように報道されるかということを知り、慣れる必要があるだろう」 深刻な低迷により、解任の噂も立っているモウリーニョ監督。ここからはプレッシャーすらも味方に、良い結果を残すことはできるだろうか。 2021.02.27 13:33 Sat
twitterfacebook
thumb

ELで若手を積極起用のモウリーニョ、下部組織との連係強調 「アカデミーの仕事を後押ししたい」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が多くの若手選手を起用したことに言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 24日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグで、トッテナムはヴォルフスベルガーと対戦。1stレグで大勝したこともあり、この日は大幅なターンオーバーを敢行したが、それでもMFデレ・アリの先制点を皮切りに、4ゴールを奪い、4-0で勝利した。 この結果、トッテナムは2戦合計8-1のスコアでベスト16進出が決定。しかし、モウリーニョ監督は試合後のインタビューで、結果よりもFWデーン・スカーレットやMFナイル・ジョン、DFマルセル・ラヴィニアら多くの若手がプレーしたことを強調した。 「まずは(デーン・)スカーレットの話から始めよう。彼は素晴らしい選手であり、信じられない才能を持つ少年だ。それから、(マルセル・)ラヴィニエや(ナイル・)ジョンもね。私が聞かされた話が本当なら、ジョンは7歳でクラブに加入して、10年後このスタジアムで、ELでプレーしている。驚くべきストーリーだ」 「だからこそ、アカデミーやそこに所属する少年たち全員におめでとうと言いたい。彼らは皆友達であり、皆が同じ夢を持っているんだ。そのうちの何人かが夢に到達したとき、皆が幸せを感じていると、私は信じている」 「私はアカデミースタッフの仕事を尊敬している。彼らの仕事を少しでも後押しすることができればと思っているんだ。アカデミーから少年たちを連れてくることで、トップチームへのドアは開かれていると感じてもらいたい」 「私は自分の仕事をしているだけだ。アカデミーの少年とは何度も一緒にトレーニングをしており、時には11対11の試合をしている。関係はとても良く、チャンスを与えるたび私も幸せだ。デーンはすでに3回目のチャンスを得ており、これからもそれは続くだろう。そしてそれは、他の選手にとっての後押しにもなる」 また、モウリーニョ監督はヴォルフスベルガー戦の内容についても言及。1stレグでほぼ決着がついていたにもかかわらず、この試合でも全力に臨んだ選手たちの姿勢を称えている。 「我々は良いプレー、真剣なプレーをして、美しいゴールを決めた。4ゴールはすべて美しかったが、それ以上に重要なのが態度だ。選手たちは皆真剣な態度で試合に臨んでくれたと思う。だから、我々にとって良い夜だった」 2021.02.25 12:06 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly