ミラン加入に喜び爆発のマンジュキッチ「このためにハードワークを続けてきた」

2021.01.20 17:44 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが、新天地での意気込みを語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。

マンジュキッチは2015年夏にユベントスに加入すると、4年半の期間でセリエA通算118試合31ゴール13アシストを記録。昨年1月にカタールのアル・ドゥハイルに移籍したものの、7月に退団してからはフリーの状態が続いていた。


ミランはFWズラタン・イブラヒモビッチのバックアッパーとなれる選手を探しており、イタリアでの経験が豊富な元クロアチア代表の獲得を画策。19日に正式な契約が締結され、マンジュキッチはミランで9番を身につけることになった。

加入発表後、『ミランTV』のインタビューに出演したマンジュキッチは、歴史あるビッグクラブに加われた喜びを語っている。

「ミランのようなビッグクラブからオファーをもらうため、俺はハードワークを続け、多くのトレーニングをこなしてきた。トロフィー挑戦のため、俺がどれだけ努力をしてきたか身近な人たちは知っているよ。だから、フィットネスレベルを心配する必要はない」

「ミランのようなクラブは、常に大きな目標と野望を持っている。俺はそうした環境に慣れているから、何の問題もない。それにそれは、俺たちがフットボールをする理由でもあるんだ。俺は今ここにいて、ミランのためベストを尽くすつもりさ」

「ここは特別なクラブだ。『ミラン』と言うだけで、誰もが何を意味しているか分かる。ミランの歴史は信じられないものであり、偉大なチャンピオンたちがここでプレーしてきた。世界中がこのクラブに魅了されているし、スタートを切るのが待ちきれないよ」

インタビューのなかで、マンジュキッチはヴォルフスブルク時代の同僚であるDFシモン・ケアーや、同胞のFWアンテ・レビッチの存在が、自分の助けになると言及。また、イブラヒモビッチと共にプレーできる喜びついても語っている。

「シモン・ケアーがここにいて嬉しいよ。彼はミランの柱であることをパフォーマンスで証明している。それから、数日前アンテ・レビッチに電話して、移籍を伝えたんだ」

「俺は若い頃からズラタンの成長を見続けてきた。最終的に、彼と同じチームでプレーできるのが嬉しいよ。俺たちは2人とも成功に飢えている。彼はまだピッチ上で獣のようであり、自分もそうでありたい。俺たちは一緒に、うまくやっていけると思う」


関連ニュース
thumb

これぞ“神”対応? 通行止めに巻き込まれたイブラヒモビッチがヒッチハイク! ミラニスタのバイクに2人乗り

やはり自身を“神”と称する男は、ピッチ外でも次元が違うようだ。 ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、想定外のピンチを思わぬ方法で切り抜けた。 イブラヒモビッチは、イタリアのサンレモで行われているポピュラー音楽の音楽祭である「サンレモ音楽祭2021」で、ゲスト出演していた。 この音楽祭は1955年よりイタリア『Rai 1』で全国的に放送されている人気のイベント。1週間にわたって行われる。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり試合が過密日程になっていることから、イブラヒモビッチはイベント期間中に試合が組まれており、3日のウディネーゼ戦に参加するために一度イベントを離れていた。 ウディネーゼ戦ではメンバー外となったイブラヒモビッチだが、翌日にはチームメイトとトレーニングを実施。その後、サンレモに向けて車で出発していた。 しかし、イブラヒモビッチの前に立ちはだかったのは交通事故による道路の封鎖だった。 これでは音楽祭に間に合わない状況となったイブラヒモビッチだが、無事に会場に到着。その際に明かした移動手段が流石だった。 「車の中で3時間座っていたが、俺は運転手に降りなければならないと言った。俺は通りすがりのバイカーを止めて、サンレモに連れて行ってくれないかと尋ねたんだ」 「幸いなことに、彼はミラニスタだった。彼は俺をバイクで60km運んでくれ、俺は到着した。本当に寒かったよ。高速道路に降り立ったのは初めてだった」 イブラヒモビッチはヘルメットをかぶった姿でバイクの後部に乗り、トンネルを走り抜ける動画を共有。機転を利かせたこともさすがだが、そうまでしてイベントに間に合おうとしたところが“神”対応と言えるだろう。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">60 km in moto per raggiungere <a href="https://twitter.com/SanremoRai?ref_src=twsrc%5Etfw">@SanremoRai</a>: la clip è su <a href="https://twitter.com/hashtag/RaiPlay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RaiPlay</a> <a href="https://t.co/YmmduZpfTp">https://t.co/YmmduZpfTp</a> <br>Il video di <a href="https://twitter.com/Ibra_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@Ibra_official</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Sanremo2021?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Sanremo2021</a> <a href="https://twitter.com/RaiUno?ref_src=twsrc%5Etfw">@RaiUno</a> <a href="https://t.co/l1HHkJ4Fq1">pic.twitter.com/l1HHkJ4Fq1</a></p>&mdash; Ufficio Stampa Rai (@Raiofficialnews) <a href="https://twitter.com/Raiofficialnews/status/1367603881904119811?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

イタリアが誇るスーパースター、バッジョがミラン時代に見せたピンポイントアシスト/1996-97【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWロベルト・バッジョ氏がミラン時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆バッジョのピンポイントクロス<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIwSllrUW9WWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ユベントスでスーパースターとしての地位を確固たるものとしたバッジョ氏は、1995年夏にミランに移籍。1997年夏に退団するまでの2シーズンで公式戦67試合に出場し、19ゴール25アシストを記録した。 創造性あふれるプレーで観客を魅了するファンタジスタとして知られたバッジョ氏だが、1997年3月2日に行われたセリエA第22節のローマ戦では、見事なアシストを記録している。 0-0のまま迎えた65分、相手陣内中央右でミランがFKを得ると、キッカーのバッジョが右足のクロスをボックス内に入れる。ふわりとしたボールながら、絶妙の軌道を描いたバッジョのボールは、GKとDFのちょうど間を通り、ファーポストで待つDFピエトロ・ヴィエルコウッドの下へ。ヴィエルコウッドはややオフサイドにも見えたが、このパスに頭で合わせ、見事な先制ゴールとなった。 先制したミランだったが、その後失点。強豪同士の試合は1-1のドローに終わった。 <span data-sg-movie-id="885" data-sg-movie-title="【イタリアが誇るスーパースター】バッジョがミラン時代に見せたピンポイントアシスト"></span> 2021.03.04 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

劇的ドローもスクデットが遠のくミラン、ピオリはパフォーマンスに不満「がっかりしている」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、ドローに終わった試合に不満を示している。イタリア『スカイ』が伝えた。 ミランは3日に行われたセリエA第25節で、ウディネーゼと対戦。首位インテルとのタイトル争いを続けていくため白星を掴みたいところだったが、後半先制点を許す苦しい展開に。それでも後半アディショナルタイムに得たPKで追い付き、1-1のドローとなった。 この結果、敗戦こそ免れたミランだったが、インテルの結果次第ではポイント差が「6」にまで広がる可能性があり、スクデット争いは厳しい状況になっている。 試合後のインタビューに応じたピオリ監督もこの結果には不満を示しており、チームのパフォーマンスが不十分だったことも認めた。 「当然、もっと良い結果を期待していた。だが、試合の難しさについては理解している。相手が非常に守備的なチームだった以上、デュエルでもっと上回る必要があり、もっと良い何かが求められていた」 「我々は上手く特徴が出せていなかったと思う。攻撃のスペースがあれば輝く選手はいたが、(負傷中の)イブラ(ズラタン・イブラヒモビッチ)や、(ハカン・)チャルハノールがいれば良かったかもしれない。我々のアイデンティティははっきりしているが、相手に合わせて試合を展開する必要もあるんだ。今日は1対1の場面もあまり良くなかった」 「上手く機能しているチームに対して、最高のパフォーマンスができなかったこと自体は失望するべきではない。しかし、失点シーンについては非常に残念だ。今日のパフォーマンスにはがっかりしているが、我々は勝利を目指す野心的なチームであり、成功しなければ満足はできない。だから今は、次の試合について考えている」 また、ピオリ監督は2018年3月4日に亡くなった元イタリア代表DFダビデ・アストーリについて言及。3周忌を迎えたフィオレンティーナ時代の教え子を、忘れることはないと語った。 「全ては過ぎ去っていくものだと人々は言うが ダビデ(・アストーリ)を知っていた者にとって、それは真実ではない。彼はいつも、我々と一緒にいるのだから」 2021.03.04 11:36 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラ欠いたミラン、ラストプレーのPK弾でウディネーゼに追いつくも痛恨ドロー《セリエA》

ミランは3日、セリエA第25節でウディネーゼをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節ローマとの上位対決に競り勝って首位インテルとの4ポイント差を維持した2位ミラン(勝ち点52)は、イブラヒモビッチとチャルハノールが負傷し欠場となった。一方、ローマ戦で負傷交代したレビッチはスタメン起用となった。 12位ウディネーゼ(勝ち点28)に対し、レオンを最前線で起用したミランは2列目に右からカスティジェホ、ディアス、レビッチと並べた。 そのミランが押し込む展開で立ち上がっていくも、自陣に引き5バックを形成するウディネーゼの堅い守備網を攻略することができない。 39分にカスティジェホの個人技からようやくシュートシーンを迎えたが、ドリブルでボックス右に侵入して放ったシュートはGKムッソのセーブに阻まれた。 迎えた後半、ミランは開始3分に大ピンチ。テオ・エルナンデスのバックパスミスをカットされた流れからネストロフスキーのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン前に戻っていたロマニョーリが好クリアで凌いだ。 助かったミランは52分にメイテがミドルシュートで、直後のCKからケシエがヘディングシュートで立て続けにゴールに迫ったが、68分に失点する。デ・パウルの右CKからベカンのヘディングシュートが決まった。 失点したミランは終盤にかけてもウディネーゼの集中した守備を崩せずにいたが、ラストプレーでPKを獲得する。追加タイム6分、レビッチが左サイドからクロスを上げると、ラーセンが軽率にハンドを犯した。 このPKをケシエが決めて1-1とし、敗戦を免れたミランだが、明日試合を行う首位インテルがパルマに勝利すると、6ポイント差を付けられる状況になってしまった。 2021.03.04 06:47 Thu
twitterfacebook
thumb

低空でユラユラ揺れるブレ球FK!セードルフが決めたパワフルな無回転シュート/2010-11【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ氏がミラン時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆セードルフのゆらゆら揺れる低空ブレ球FK!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxc0F0N0RDWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 現役時代にアヤックスやレアル・マドリー、ミランなどで活躍したセードルフ氏。5度のチャンピオンズリーグ優勝などタイトルホルダーとして知られている。 圧倒的なパワーと抜群のテクニックを持つ名手として活躍したセードルフ氏だが、2011年4月16日に行われたセリエA第33節のサンプドリア戦では、豪快なFKを決めている。 0-0で迎えた20分、ボックス手間左の位置でミランがFKを得ると、キッカーはセードルフ。右足から放たれたパワフルなシュートは、無回転のままブレながら飛んでいくと、GKの手前で変化しながらワンバウンドしてゴール右のネットに突き刺さった。 セードルフのゴールで先手を取ったミランは、後半にも追加点を奪い、3-0で快勝している。 <span data-sg-movie-id="878" data-sg-movie-title="【ゆらゆら揺れるブレ球FK!】セードルフが決めたパワフルな無回転シュート"></span> 2021.03.03 18:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly