首位奪還目指すスールシャール、直近7戦1敗のフルアムを警戒「崩すのが最も難しいチーム」

2021.01.20 17:11 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
20日に未消化分のフルアム戦に臨むマンチェスター・ユナイテッドだが、オーレ・グンナー・スールシャール監督は相手の守備を警戒しているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

過密日程を考慮し延期されていたプレミアリーグ第1節のフルアム戦。暫定的にトップに立つレスター・シティから首位奪還を目指し、敵地クレイブン・コテージに乗り込む。


試合を前にスールシャール監督は、リーグ戦直近7試合で1敗のみと粘り強さを見せるフルアムを警戒。スコット・パーカー監督によって築かれたチームを崩すのは難しいと語った。

「開幕頃と比べてとても良く持ち直したと思う。移籍市場が終わってみれば、的確な補強をしたと感じるし、その後は素晴らしい指導を受けていることがわかるだろう。スコットとチームは、自分たちの組織、そしてチームの形を信頼している」

「クレイブン・コテージは十分に難所だが、それに加えて彼らはボールを持っているときも持っていないときも、非常によく組織化されている。崩すのが最も難しいチームの一つだ。守備にも素晴らしい選手が何人かいるし、非常に速くて強い。ボールを持っているときも同様に良い。またしてもタフな試合になるだろう」

また、スールシャール監督はシーズン前半戦を振り返り、ここまでの成績に満足している模様。最近の勢いを維持していきたいと意気込んだ。

「当然のことながら今シーズンもタイトな試合があった。(ここからも)とにかくきつい試合が続くだろう。周りのチームの中で、我々に勝っているのはトッテナムだけであり、失点もそこまで多くない」

「もちろんチェルシーやマンチェスター・シティ、リバプールに負けなかったことも強みになっている。 我々は勢いをつけてきた。最近のように勝ち続ければ、最後まで競争力を維持するチャンスがあると思う」



関連ニュース
thumb

“個人的な事情”でパレス戦欠場のデ・ヘアは今後5試合欠場? 妊娠中のパートナーと共に母国一時帰国か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが今後5試合を欠場する見込みだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ユナイテッド在籍10年目の守護神は今シーズンもプレミアリーグ24試合に出場。だが、3日に行われた第29節のクリスタル・パレス戦(0-0)では遠征メンバーから外れていた。 守護神不在の理由に関してオーレ・グンナー・スールシャール監督は、パレス戦前後の会見の場で、ケガや体調不良ではなく「個人的な事情」とのみ説明していた。 そして、今回『デイリー・メール』が新たに伝える情報によると、デ・ヘアの“個人的な事情”とは、昨年11月に第一子妊娠を公表したパートナーのエドゥルネさんに関することのようだ。 エドゥルネさんの健康状態や出産時期などの詳細は不明も、デ・ヘアはクラブからの許可を得てエドゥルネさんと共に母国のスペインに一時帰国しているという。 また、スールシャール監督はデ・ヘアに対して、今月末のインターナショナルマッチウィークが終了するまでスペイン滞在を許可しているようだ。 仮に、今回の報道が事実である場合、デ・ヘアは次節のマンチェスター・シティとのダービーや、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16のミランとの2試合を含め今後の公式戦5試合を欠場することになる。 また、パレス戦を含めて6試合でプレー機会が与えられるイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンにとっては、守護神奪取に向けた最大のアピールの場となる。 2021.03.05 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フィル・チスナル氏が78歳で逝去…ユナイテッドからリバプールに移籍した最後の選手

かつてマンチェスター・ユナイテッド、リバプールなどでプレーしたイングランド人FWのフィル・チスナル氏(享年78)が4日に逝去した。ユナイテッドとリバプールがクラブOBの逝去に哀悼の意を表している。 ユナイテッドのアカデミー出身のチスナル氏は1959年にプロ契約を締結。当時の指揮官サー・マット・バスビーの下、ミュンヘンの悲劇から再建を図るユナイテッド期待の若手アタッカーとして1961年12月にトップチームデビュー。1964年までの在籍期間に公式戦47試合に出場し、10ゴールを挙げていた。 そして、1964年4月には当時の指揮官ビル・シャンクリーからの熱心な誘いを受け、ライバルチームのリバプールに移籍。だが、同クラブでは思うように出場機会を得られず、1967年にサウスエンド・ユナイテッドに完全移籍。その後、1972年にストックポート・カウンティで現役を引退した。 選手として大きな実績を残すことはできなかったが、ユナイテッドとリバプールというイングランド最大のライバル関係において“禁断の移籍”を果たした最後の選手として広く知られている存在だった。 2021.03.04 23:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの公式アカウントで放送事故、スタッフの“レンチン”が3万7千人に視聴される

レアル・マドリー、バルセロナのスペイン2強に続き、サッカークラブでは世界で3番目のフォロワー数を誇るマンチェスター・ユナイテッドのインスタグラムで、あるアクシデントが起きた。イギリス『サン』が伝えている。 ゴールレスドローに終わったクリスタル・パレス戦の前、ユナイテッドのインスタグラムアカウントで突如としてライブが開始された。 試合前の選手たちの様子が映し出されるかと期待もされたが、映像は真っ暗なまま、電子レンジと思われる機械音や、お皿を置く音が流れた後、約30秒後にライブは終了していた。 約3947万人のフォロワーを持つユナイテッドのアカウントということもあり、この放送事故は約3万7千人に視聴されてしまった。 『サン』は、今頃ユナイテッドのSNS担当者が“赤面した悪魔”になっているだろうと揶揄している。 <div id="cws_ad">◆スタッフは電子レンジで何を温めたのだろうか…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">37,000 people are currently watching Man Utd’s accidental Instagram live.<br><br>Sounds like an admin is microwaving lunch and making a cup of tea. <a href="https://t.co/Qqr1UaZ7H6">pic.twitter.com/Qqr1UaZ7H6</a></p>&mdash; Pete Evans (@PeteEvans87) <a href="https://twitter.com/PeteEvans87/status/1367095497782161416?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.04 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

G・ネビル氏、3試合連続ゴールレスドローのユナイテッドを「夢遊病」と揶揄

イギリス『スカイ・スポーツ』で解説を務めるギャリー・ネビル氏が、苦戦が続く古巣マンチェスター・ユナイテッドに苦言を呈した。 一時プレミアリーグで首位に立ちながらも、ここ8試合はわずか2勝しか挙げられていないユナイテッド。特にここ数試合は、先月末のチェルシー戦と3日のクリスタル・パレス戦でゴールレスドローとなっており、ヨーロッパリーグのソシエダ戦も含めると3試合連続で無得点となっている。 この結果、2位ユナイテッドと首位のマンチェスター・シティの勝ち点差は14ポイントに広がり、独走を許す状況に。また、同時に下位との差も縮まり、4位ウェストハムとの勝ち点差は6ポイントに迫っている。 G・ネビル氏は、クリスタル・パレス戦のチームに対して「夢遊病にかかっている様だ」と揶揄。ここ数試合は疲労からか退屈な試合が続いていると苦言を残した。 「彼らは無気力に見え、ボディランゲージからも相当消耗していることが窺えた。クリスタル・パレスの様な相手にポイントを貯めて、2位を固めるものだと思っていた。今はリバプールやチェルシーがチャンスと捉えているだろう」 「ユナイテッドにとって良い夜ではなかった。誰が指揮していようとつまらない試合はできないが、今夜はつまらなかった。まるで夢遊病にかかっている様だ。油断しているとトップ4入りもできなくなってしまうだろう」 2021.03.04 17:17 Thu
twitterfacebook
thumb

「ユナイテッドの選手たちはブルーノのレベルに追いつかなければ」元イングランド代表FWが辛口コメント

元イングランド代表FWディーン・アシュトン氏が、マンチェスター・ユナイテッドでのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスの状況を憂いている。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 昨年1月にスポルティング・リスボンから加入し、瞬く間にチームの中心選手となったブルーノ・フェルナンデス。今季もここまで公式戦40試合で22ゴール13アシストという圧巻の数字を残し、プレミアリーグで2位につけるユナイテッドの原動力として大きく貢献している。 しかしながらビッグ6を相手にした場合、その成績は7試合で1ゴールとガクンと下がる。先月末のチェルシー戦では、それまで個人的に4試合連続ゴールを記録していたが、完全に封じられて0-0のドローに終わっていた。 現役時代にノリッジやウェストハムに在籍し、一度だがイングランド代表の試合にも出場した経歴を持つアシュトン氏は、ポルトガル代表MFがビッグマッチで輝けないのは、周りの選手のレベルが追いついていないからだと主張。0-0に終わった3日のクリスタル・パレス戦でも見られた同選手のジェスチャーから、かなりの不満が溜まっているのではないかと推測している。 「この1カ月の彼のボディランゲージは本当に興味深い。私は彼の真意に気付いてしまったかもしれない」 「彼が出したパスが上手くコントロールされなかったり、適切なエリアで彼にパスが入らなかったりした時や、効果的でないパスがチームメイトに送られたりすると、彼はうんざりした顔で背を向けながら腕を上げるジェスチャーをとる」 「周りの選手に不満を抱いているのだろう。私は個人的に、彼が他の選手たちとはレベルが一つ上だからだと思っている。(マーカス・)ラッシュフォードは別かもしれないがね」 「チェルシーやリバプール、マンチェスター・シティならフェルナンデスをターゲットにするだろう。彼へのパスコースを断ち、厳しくマークすれば、マンチェスター・ユナイテッドを無力化できることを知っているからだ」 「特にビッグマッチでは、彼はより優れた選手たちを必要としている」 「ケビン・デ・ブライネをあのチームに入れた時、シティでのパフォーマンスと同じ様にはできないだろう。シティ戦でデ・ブライネをマークすると、(イルカイ・)ギュンドアンがフリーになるし、ギュンドアンをマークすれば、今度は(リヤド・)マフレズがフリーになる」 「シティには最高の選手の周りに最高の選手がいる。ユナイテッドはそうでないのだ」 「フレッジや(スコット・)マクトミネイ、(メイソン・)グリーンウッド、(アントニー・)マルシャルがシティの選手たちと同じレベルではないと言うことはできないだろう」 「それが違いだ。エリートを相手にしたビッグマッチでは、ある一人に対して周りのレベルが達しておらず、その一人がマークされてしまえば、試合を支配するのは非常に難しくなってしまう」 2021.03.04 15:19 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly